S-Fマガジン

S-Fマガジン』(エスエフマガジン)は、早川書房が発行しているサイエンス・フィクション専門の雑誌。偶数月25日発売。通称はハイフン抜きの「SFマガジン」。SF界では単に「マガジン」と呼称される。

沿革・概要

1959年(昭和34年)12月、アメリカ合衆国のSFとファンタジーの専門誌『ファンタジイ・アンド・サイエンス・フィクション』誌と提携して創刊された(のちに提携とりやめ)。月刊誌としてスタートした。初代編集長として福島正実が創刊にあたり、日本SFの黄金時代を演出した。

創刊号では、ロバート・シェクリイ『危険の報酬』、フィリップ・K・ディック『探検隊帰る』、アイザック・アシモフ『やがて明ける夜』、アーサー・C・クラーク太陽系最後の日』、レイ・ブラッドベリ『七年に一度の夏』等を掲載している。

1966年には『ギャラクシー・サイエンス・フィクション』と特約を結び、同誌が休刊した1969年には姉妹雑誌の『イフ』と特約した[1]。この前年12月に発行された69年2月号の特集をきっかけとして「覆面座談会事件」が発生。福島は引責退社し南山宏が跡を継ぐ。

ハードSFなど狭義のSFの他、ファンタジー奇想小説奇妙な味の作品、漫画作品なども積極的に掲載している。

1989年から1991年の間、増刊号として若年層向けの『小説ハヤカワHi!』を季刊で刊行したが、これらの増刊号も通巻号数には含まれる。

海洋研究開発機構地球情報研究センターで既刊本の収集が行われている[2]

2015年4月号(2月発売)以降は隔月刊化され、偶数月25日の発売となる[3]。2015年1月24日、隔月化に伴う企画として『SFマガジン』cakes版が無料配信[4]

執筆したことのある主な作家

歴代編集長

誌上をめぐる騒動

出典

  1. ^ R・A・ラファティ『つぎの岩に続く』巻末解説(浅倉久志
  2. ^ 地球・海洋SF文庫-外部貸し出し開始!”. JAMSTEC地球・海洋SFクラブ. 2012年5月13日閲覧。
  3. ^ “〈ミステリマガジン〉〈SFマガジン〉〈悲劇喜劇〉隔月刊化のお知らせ”. ハヤカワ・オンライン. (2014年11月26日)
  4. ^ SFマガジンの記事、コラム、読み物一覧|クリエイターと読者をつなぐサイト cakes(ケイクス)
SFファンシーフリー

『SFファンシーフリー』(SF and Fancy Free)は、手塚治虫のSF漫画作品。早川書房の『S-Fマガジン』1963年2月号から1964年2月号まで一話読み切り形式で連載された。全9話。1978年にはFM東京「音の本棚」内でラジオドラマが放送されている。

さらしなにっき

『さらしなにっき』(さらしなにっき)は、栗本薫のSF短編集。また、その表題作である短編小説。

ひかわ玲子

ひかわ 玲子(ひかわ れいこ、1958年5月17日 - )は、日本の小説家。東京都豊島区出身、東京都在住。早稲田大学社会科学部卒業。

サイボーグ・ブルース

『サイボーグ・ブルース』は、平井和正のSF連作短編小説。1968年から1969年にかけて『S-Fマガジン』に発表され、単行本は1971年に発売された。

後年、秋本シゲルにより漫画化された(徳間書店の雑誌『リュウ』に掲載)。

セイレーン (栗本薫)

『セイレーン』は、栗本薫の中編SF小説作品集。

ヴォミーサ

「ヴォミーサ」(Vomisa)は、小松左京の短編SF小説。1975年の「SFマガジン」7月号に掲載、発表された。1976年の第7回星雲賞(日本短編部門)受賞作品。ミステリー仕立ての作品である。

上弦の月を喰べる獅子

『上弦の月を喰べる獅子』(じょうげんのつきをたべるしし)は、夢枕獏のSF小説、幻想小説。

1986年から1988年まで『SFマガジン』に連載され、1989年8月に早川書房から単行本が刊行された。1989年の第10回日本SF大賞、1990年の第21回星雲賞日本長編賞を受賞する。

夜来たる

『夜来たる』(よるきたる、英: Nightfall)は、アイザック・アシモフが1941年に発表した短編SF小説。アシモフの出世作であり、SF界の古典の一つと言われている。また同題の短編集、及びロバート・シルヴァーバーグによる長編版も存在する。

幸運児

『幸運児』(こううんじ)は、藤子・F・不二雄(発表時は藤子不二雄名義)による日本の漫画作品。『S-Fマガジン』(早川書房)1976年4月号掲載。

本作品を表題とする中央公論社の愛蔵版『SF全短篇』第3巻、または『藤子・F・不二雄 SF短編PERFECT版』第3巻などのSF短編集に収録。

1991年にOVA化された。

心中天浦島

『心中天浦島』(しんじゅうてんのうらしま)は、栗本薫のSF短編およびそれを表題作とする短編集。

日本SF評論賞

日本SF評論賞(にほんエスエフひょうろんしょう)は、2006年から日本SF作家クラブが主催する、SFに関する評論の新人賞。未発表作品を対象とした公募型の賞で、応募資格はプロアマを問わない。賞品はトロフィー。受賞作は後援する早川書房の『SFマガジン』に掲載し、原稿料が支払われる。

選考委員の高千穂遥、瀬名秀明は日本SF作家クラブ会長としての参加。塩澤快浩、清水直樹はSFマガジン編集長としての参加。

第9回(2014年)をもって、一旦、休止することが『SFマガジン』2014年3月号で公表された。

早川書房

株式会社早川書房(はやかわしょぼう)は、日本の出版社。創業者は早川清。

森岡浩之

森岡 浩之(もりおか ひろゆき、1962年3月2日 - )は日本の小説家。主にSFを著す。兵庫県生まれ。六甲中学校・高等学校を経て京都府立大学文学部卒。

サラリーマン生活を経て1992年『夢の樹が接げたなら』でデビュー。1996年に『星界の紋章』を発表。同作で1997年に星雲賞を受賞。続編および外伝に『星界の戦旗』『星界の断章』がある。また、映画『立喰師列伝』(監督押井守)に出演している。

2011年に心筋梗塞で倒れて療養生活を送っていたが、2013年に『星界の戦旗』第5巻を発表して活動を再開した。2014年から2015年にかけて、日本SF作家クラブ事務局長を務めた。

樺山三英

樺山 三英(かばやま みつひで、1977年10月17日 - )は日本の小説家、SF作家。東京都生まれ。

滅びの風

『滅びの風』(ほろびのかぜ)は、栗本薫のSF連作短編集。

火星の大統領カーター

『火星の大統領カーター』(かせいのだいとうりょうカーター)は、栗本薫のパロディSF短編、およびそれを表題作とする短編集。「S-Fマガジン」誌に掲載されたパロディSF作品5編を収録したもの。1984年11月に早川書房より、「ハヤカワ・SF・スペシャル」として刊行された。のち1988年3月にハヤカワ文庫から発行された。

作品はいずれも、栗本が愛したSF作品(エドガー・ライス・バローズ『火星シリーズ』、フレドリック・ブラウン『火星人ゴーホーム』、 ロバート・E・ハワード『英雄コナン』、トム・ゴドウィン『冷たい方程式』)のパロディとなっている。また、ハヤカワ・SF・スペシャル版の装幀は1974年11月を最後に刊行が途絶えた「ハヤカワ・SF・シリーズ」の装幀を忠実に模したものであり、この装幀も含め、作者の愛したSFに対するオマージュ作品となっている。

なお、表題作『火星の大統領カーター』の「カーター」は『火星シリーズ』の主人公ジョン・カーターではなく、ジミー・カーター大統領のことである。

熟れた星

『熟れた星』(うれたほし)は、手塚治虫による短編漫画作品。初出は『S-Fマガジン』1971年2月号。

裏世界ピクニック

『裏世界ピクニック』(うらせかいピクニック)は、宮澤伊織による日本の小説。ハヤカワ文庫JAから刊行。ストルガツキー兄弟の『ストーカー』を意識した作品で「理解の及ばない異世界でのお宝探索」というコンセプトに、インターネット上で流布される実話怪談をモチーフに組み込んでいる。

登場キャラクターの造形には百合が意識されている。

鳥人大系

『鳥人大系』(ちょうじんたいけい)は、1971年3月から1975年2月に『S-Fマガジン』(早川書房)において連載された手塚治虫の漫画作品。

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.