1771年

1771年(1771 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、火曜日から始まる平年

千年紀: 2千年紀
世紀: 17世紀 - 18世紀 - 19世紀
十年紀: 1750年代 1760年代 1770年代 1780年代 1790年代
: 1768年 1769年 1770年 1771年 1772年 1773年 1774年

他の紀年法

カレンダー

1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

できごと

誕生

死去

脚注

注釈

出典

関連項目

11月6日

11月6日(じゅういちがつむいか)はグレゴリオ暦で年始から310日目(閏年では311日目)にあたり、年末まであと55日ある。

12月26日

12月26日(じゅうにがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から360日目(閏年では361日目)にあたり、年末まであと5日ある。

1770年代

1770年代(せんななひゃくななじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1770年から1779年までの10年間を指す十年紀。

1772年

1772年(1772 ねん)は、西暦(グレゴリオ暦)による、水曜日から始まる閏年。

2月12日

2月12日(にがつじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から43日目にあたり、年末まであと322日(閏年では323日)ある。

アドルフ・フレドリク (スウェーデン王)

アドルフ・フレドリク(Adolf Fredrik, 1710年5月14日 - 1771年2月12日)は、スウェーデン王国ホルシュタイン=ゴットルプ朝の初代国王(在位:1751年 - 1771年)。

ウェイク郡 (ノースカロライナ州)

ウェイク郡(英: Wake County)は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州の中央部に位置する郡である。2010年国勢調査での人口は900,993人であり、2000年の627,846人から43.5%増加した。州内では人口で第2位の郡である。郡庁所在地は州都でもあるローリー市(人口403,892人)であり、同郡で人口最大の都市でもある。

ウェイク郡はリサーチ・トライアングル大都市圏に属している。その中にはローリー、ダーラム市、ケーリー町、チャペルヒル町とその周辺郊外部が含まれている。この名称はローリーとダーラムの中間に1959年に建設されたリサーチ・トライアングル・パークから来ている。この都市圏はアメリカ合衆国国勢調査局の使用するローリー・ダーラム・ケーリー広域都市圏に広がっている。都市圏人口は2010年国勢調査で1,749,525人であり、ローリー・ケーリー大都市圏の人口は、2010年4月1日時点で1,130,490人となっていた。

国内の成長速度が高い自治体として、ウェイク郡のケーリー町が第8位、ローリー市が第15位となっており、ウェイク郡は第9位の郡だった。郡政府はウェイク郡郡政委員会である。

ギルフォード郡 (ノースカロライナ州)

ギルフォード郡(英: Guilford County)は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州の中央部に位置する郡である。2010年国勢調査での人口は488,406人であり、2000年の421,048人から16.0%増加した。郡庁所在地はグリーンズボロ市(人口16,264人)であり、1938年からはハイポイント市(人口1,933人)も郡庁所在地となり、国内でも数少ない郡庁所在地が2か所にある郡となった。ギルフォード郡はピードモント・トライアド大都市圏に属している。

サリー郡 (ノースカロライナ州)

サリー郡(英: Surry County)は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州の北西部に位置する郡である。2010年国勢調査での人口は73,673人であり、2000年の71,219人から3.4%増加した。郡庁所在地はドブソン町(人口1,586人)であり、同郡で人口最大の都市はマウントエアリー市(人口10,388人)である。

スウェーデン君主一覧

スウェーデン君主一覧では、過去にスウェーデンを統治した王たちを一覧する。

ヴァイキングの部族を起源とするスウェーデンの王は、初期はデンマークやノルウェーの君主を兼ねる場合が往々にして見られた。カルマル同盟によるデンマークとの同君連合およびウップランド貴族のヴァーサ王朝を経て、近世以降はドイツ系の王朝が続いてきた。

現在はナポレオン旗下のフランス元帥であったジャン=バティスト・ベルナドットを祖とするベルナドッテ王朝であり、王位継承は1980年施行の憲法改正により最長子相続制をとっている。

なおカール王およびエリク王の即位番号は、16世紀ごろに生まれたゴート起源説により信じられている架空の王の存在を含めた番号である。

チャタム郡 (ノースカロライナ州)

チャタム郡(英: Chatham County、地元では CHA-təm) )は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州の中央部、ピードモント台地に位置する郡である。2010年国勢調査での人口は63,505人であり、2000年の49,329人から28.7%増加した。郡庁所在地はピッツボロ町(人口3,743人)であり、同郡で人口最大の町はサイラーシティ町(人口7,887人)である。

アメリカ合衆国行政管理予算局はチャタム郡をローリー・ダーラム・チャペルヒル広域都市圏に含めており、その都市圏人口は2012年推計で1,998,808人である。2003年6月6日に行政管理予算局が統計上都市圏を再定義し、それまで長くローリー・ダーラム・チャペルヒル大都市圏に入っていた区域を2つの大都市圏に分割した。ただし、2つに分かれても1つの大都市圏として機能し続けている。

ノースカロライナ州の郡一覧

ノースカロライナ州の郡一覧は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州の郡の一覧である。ノースカロライナ州内には100の郡がある。ノースカロライナ州は面積で50州のうち第29位だが、郡の数では第7位である。

バーデン (領邦)

バーデン

Baden

国歌 : Badnerlied

バーデン(標準ドイツ語: Land Baden, アレマン語: Land Bade)は、ドイツ南西部、現在のバーデン=ヴュルテンベルク州に存在した領邦。辺境伯領、後に大公国として12世紀から20世紀初頭まで存続した。

1112年にツェーリンゲン家のヘルマン2世がシュヴァーベンにおいて辺境伯となり、子孫が代々所領と財産を引き継いでいったことから始まる。バーデン家内で抗争を繰り広げ、幾度かの分裂を繰り返したが、1771年にバーデン=ドゥルラハ辺境伯カール・フリードリヒが所領を統一、バーデン辺境伯となった。また、カール・フリードリヒはナポレオン戦争最中の1803年に選帝侯となり、1806年に帝国が解体すると大公となった。1815年にドイツ連邦へ加盟した。1840年、バーデン大公国邦有鉄道会社を設立した。1866年、南ドイツ連邦への加盟が予定された。1871年にドイツ帝国の構成国となり、1918年のドイツ革命まで存続した。

八重山地震

八重山地震(やえやまじしん)は、1771年4月24日(明和8年3月10日)午前8時頃に八重山列島近海を震源として発生した地震である。推定マグニチュード7.4-8.7。地震動による被害はなかった一方、この地震が引き起こした津波により先島諸島(特に八重山列島)が大きな被害を受けた。そのため、元号を取って明和の大津波ともよばれる。

徳川宗武

徳川 宗武(とくがわ むねたけ)は、江戸幕府第8代将軍・吉宗の次男。官位は従三位権中納言。松平定信の実父に当たる。江戸時代の御三卿・田安家の初代当主であり、田安 宗武とも呼ばれる。

松平昌信

松平 昌信(まつだいら しげのぶ/まさのぶ)は、江戸時代中期の大名。駿河国小島藩4代藩主。小島藩滝脇松平家4代。官位は従五位下・内匠頭、安房守。

松平頼恭

松平 頼恭(まつだいら よりたか)は、江戸時代中期の大名。讃岐国高松藩5代藩主。官位は従四位下・侍従、讃岐守、左近衛権中将、参議。

織田信尹

織田 信尹(おだ のぶただ)は、江戸時代中期の旗本。通称は万次郎、藤九郎。

鯖江藩

鯖江藩(さばえはん)は、越前国(現在の福井県の敦賀市から北部分)に存在した藩。鯖江陣屋に藩庁が置かれた。

18世紀の十年紀と各年

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.