西ヨーロッパ

西ヨーロッパ(にしヨーロッパ、: Western Europe: L’europe de l'ouest: Westeuropa)は、西欧ともいい、ヨーロッパ地域の西部を指す。

Europe subregion map world factbook
CIA World Factbookによるヨーロッパの地域の分類
  北ヨーロッパ
  西ヨーロッパ
  中央ヨーロッパ
  南ヨーロッパ
  南東ヨーロッパ
  南西ヨーロッパ
  東ヨーロッパ
  南西アジア
  北アジア
  中央アジア
  中東
Europe subregion map UN geoscheme
国際連合によるヨーロッパの地域の分類(西ヨーロッパは水色)[1]
  西ヨーロッパ
Europe-western-countries
西ヨーロッパ地域(濃い黄色の部分は第一次世界大戦までにおける西ヨーロッパ地域)

成り立ち

ローマ帝国の下で統一されていた(パクス・ロマーナ)ヨーロッパ世界は、ゲルマン民族の大移動をうけて、その西部であるロマンス語圏がゲルマン民族の諸王国の下に置かれるようになった。一方で、首都コンスタンティノープルを中心とするギリシア語圏はローマ帝国の領域に留まった(東ローマ帝国)。西方ヨーロッパではゲルマン諸王国のうち、ローマ市カトリック教会と結んだフランク王国が覇権を確立した。フランク王国は北アフリカからイベリア半島を支配したウマイヤ朝の侵攻を食い止め、カトリックの教皇から西ローマ帝国の帝冠を受け、東ローマ帝国の宗主権から脱した、ローマ・カトリック教会に帰依する独自の秩序を形成した。東ローマ帝国のギリシア化や、コンスタンティノープルとローマの東西教会の相互破門を経て、ローマ・カトリックを戴きラテン語リングワ・フランカとするロマンス語・ゲルマン語西スラブ語圏(ルーマニアを除く)と、コンスタンティノープルを首座とする正教会を戴くギリシア語・東スラブ語南スラブ語圏(クロアチア以北を除く)がそれぞれ独自のまとまりとなっていく。さらに東スラブ地域にはモンゴル帝国系の征服王朝が成立し、バルカン半島オスマン朝に長らく支配され、対照的に外来勢力の支配を受けなかった西ヨーロッパは東方から科学や哲学を学びながらも独自の文化を形成する。

特徴

東ヨーロッパとは地理的特徴よりむしろ歴史文化により区別される。基本的に、この概念は民主主義と関連していて、イギリスでは大憲章マグナカルタにより議会がつくられフランスでも三部会が開かれたことにより西欧といえば民主主義国家と考えられるようになった。また、西ヨーロッパの諸国においては、アメリカ合衆国カナダ文化経済体制、および政治的な伝統において多くの点で共通すると考えられる。第一次世界大戦以前においては、西ヨーロッパといえばフランスイギリス諸島、およびベネルクス三国のことであった。

第二次世界大戦後の冷戦期において、ソビエト連邦の影響力の元に共産主義化されていない、鉄のカーテンの西側の諸国を指すようになった(ただし、ギリシャトルコキプロスは除かれることもある)。このとき、東ヨーロッパの計画経済に対抗する市場経済の様相を補完する用語としてイデオロギー的に用いられた。ゆえにNATOの枠外の民主主義国家であるフィンランドスウェーデンスイスや、独裁国家であったスペインポルトガルも西ヨーロッパに含まれた。また、地理的には明らかにヨーロッパの西部には位置していないギリシャトルコも、NATOのメンバーであったということから西ヨーロッパに含まれることがあった。

2004年のヨーロッパ連合の拡大まで、西ヨーロッパの概念はヨーロッパ連合に関連して考えられることがあった(ただし、ヨーロッパ連合のメンバーでないスイスノルウェーは明らかに西ヨーロッパであった)。今日、NATOやヨーロッパ連合と西ヨーロッパの概念のつながりは歴史的なものになりつつある。

アメリカ合衆国の住民の主要部分はこの地域からの移民である。

国際連合の分類 (現在)

国際連合統計局による分類 Geographical region and composition 「Western Europe」参照

歴史的分類

19世紀ごろまで

第一次世界大戦前

冷戦時代

冷戦における西側という意味で「西欧」とされた国で 北大西洋条約機構に加盟していた。 非加盟国も東側ではないということで 西側に含めることが多い

北大西洋条約機構加盟国

北大西洋条約機構非加盟国

民族・地理的分類

狭義

広義

中央ヨーロッパに含まれる以下の国々を含む場合もある。

一般的にはブリテン諸島の以下の国々を含む場合が多い。これらの国々は北ヨーロッパに分類されることもある。

また、南ヨーロッパの以下の国々を含む場合もある。

関連項目

1950年代

1950年代(せんきゅうひゃくごじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1950年から1959年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1950年代について記載する。

1960年代

1960年代(せんきゅうひゃくろくじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1960年から1969年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1960年代について記載する。

1970年代

1970年代(せんきゅうひゃくななじゅうねんだい)は、西暦1970年から1979年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1970年代について記載する。

1980年代

1980年代(せんきゅうひゃくはちじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1980年から1989年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1980年代について記載する。

ISO 3166-1

ISO 3166-1は、ISOによって発行されているISO 3166の第一の部分で国名コードの標準。日本ではJIS X 0304として標準化されている。国、保護領、および特定の地政学的な意味を持つ地域の名前に対し、以下の3種の国名コードを定義している。

ISO 3166-1 alpha-2: ラテン文字2文字による国名コード。3種のコードのうち最も使用されており、「.jp」等インターネットでの国別コードトップレベルドメインとして良く知られている(ただし、一部例外がある)

ISO 3166-1 alpha-3: ラテン文字3文字による国名コード。上記alpha-2よりも国名コードからラテン文字表記の国名が類推しやすくなっている

ISO 3166-1 numeric: 3桁の数字による国コード。国際連合統計部により定義、保守されているUN M.49と同じもの。文字体系に依存しないため、非ラテン文字利用者によって有用とされるラテン文字による国名コードは1974年から、数字による国コードは1981年からISO 3166に含まれるようになった。その後ISO 3166は3つに分割、拡張され、1997年に国名コードを示すISO 3166-1、1998年に行政区画名をコード表記するためのISO 3166-2、1999年に旧国名や旧地域名をコード表記するためのISO 3166-3が定義された。

広く利用されている国際標準として、ISO 3166-1は他の標準を基にしており、また、物資と情報の交換を容易にするために国際機関で用いられている。しかし、ISO 3166-1は唯一の国名コードの標準というわけではなく、ISO 3166-1と異なる他の国名コードも多くの国際機関で用いられている。例えば、ITU-Tによる国際電話番号の規格であるE.164は広く一般に用いられている国名コードの一つとして挙げることができる。

サッカー選手一覧

サッカー選手一覧では、地域別のサッカー選手の一覧について記述する(女子選手については女子サッカー選手一覧に記述)。

バスケットボール選手一覧

バスケットボール選手一覧(バスケットボールせんしゅいちらん) : バスケットボールの選手の、姓の五十音順の一覧。

ヨーロッパ

ヨーロッパ(ポルトガル語・オランダ語: Europa ポルトガル語: [ew.ˈɾɔ.pɐ] オランダ語: [øːˈroːpaː, ʏˑˈroːpaˑ])又は欧州は、地球上の七つの大州の一つ。漢字表記は欧羅巴。

地理的には、ユーラシア大陸北西の半島部を包括し、ウラル山脈およびコーカサス山脈の分水嶺とウラル川・カスピ海・黒海、そして黒海とエーゲ海を繋ぐボスポラス海峡-マルマラ海-ダーダネルス海峡が、アジアと区分される東の境界となる。

面積から見るとヨーロッパ州は世界で2番目に小さな大州であり、1018万km2は地球表面積の2%、陸地に限れば6.8%を占める。アジアに跨る領土を持つロシアは、ヨーロッパ50カ国の中で面積および人口第一位の国家である。対照的に最も小さな国家はバチカン市国である。総人口はアジア・アフリカに次ぐ7億3300万。これは地球総人口の11%である。

ヨーロッパ、特に古代ギリシアは西洋文明発祥の地である。これは、16世紀以降の植民地主義の始まりとともに世界中に拡散し、支配的な役割を果たした。16世紀から20世紀の間、ヨーロッパの国々はアメリカ州、アフリカ、オセアニア、中東、アジアの大部分を支配下に置いた。二度の世界大戦はヨーロッパを戦火で覆い、20世紀中頃の西ヨーロッパによる世界への影響力減衰に結びつき、その地位をアメリカ合衆国とソビエト連邦に奪われる結果となった。

中央ヨーロッパ夏時間

中央ヨーロッパ夏時間(ちゅうおうヨーロッパなつじかん、Central European Summer Time:略称CEST)は、中央ヨーロッパ時間の夏時間のことである。

協定世界時(UTC)を2時間進ませた標準時で、中央ヨーロッパ時間より1時間進めた時間である。

日本標準時との時差は-7時間。

3月の最終日曜日午前2時(=夏時間午前3時)から10月の最終日曜日夏時間午前3時(=標準時午前2時)までの期間、適用される。

中央ヨーロッパ時間

中央ヨーロッパ時間(ちゅうおうヨーロッパじかん、Central European Time - CET)は、協定世界時 (UTC) を1時間進ませた標準時である (UTC+1) 。日本標準時との時差はマイナス8時間。

3月最終日曜日の午前2時(夏時間では午前3時)から10月最終日曜日の午前2時(夏時間では午前3時)までは、夏時間の中央ヨーロッパ夏時間 (Central European Summer Time) が使用される。

第二次世界大戦以前の1920年から1940年までの間は、リトアニアでも使われていた。戦時中にドイツが自国の占領した区域に導入させた後、フランス、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクではそれがそのまま残った。内戦直後で国内が疲弊していたスペインは第二次世界大戦には参戦しなかったが、ドイツとの関係を重視したフランコにより1940年に、それまでの西ヨーロッパ時間から中央ヨーロッパ時間へと標準時が変更され(カナリア諸島はUTCを採用、スペイン本土より1時間遅れ)、戦後にはモナコ、アンドラ、ジブラルタルも中央ヨーロッパ時間を導入した。

現在、中央ヨーロッパ時間を使用している国の中には、実際の経度がUTC+1のタイムゾーンから外れている国もあり、スペイン、フランスなどは、国土のほとんどがUTC+0のタイムゾーンにあたる経度に位置している。特にスペインガリシア地方西部には、UTC-1のタイムゾーンにあたる経度に位置するところもある。

アイルランド、UKでも、1968年から1971年までの間、試験的に導入されたことがあったが、暗い冬の朝に通学する子供の交通事故が増加するなどしたため、すぐに元に戻された。また、ポルトガルでも、1966-1976年、1992-1996年の間、導入されていたことがある。

北ヨーロッパ

北ヨーロッパ(きたヨーロッパ)は、ヨーロッパの北部地域である。日本では北欧(ほくおう)とも呼ばれる。具体的にどの地方や国を含めるかは、国や国際機関などにより異なる。最も広い場合は、イギリスとアイルランド、そしてドイツやロシアのバルト海沿岸部も含まれる。

南ヨーロッパ

南ヨーロッパ(みなみヨーロッパ、西: Europa del Sur、葡: Europa meridional、伊: Europa meridionale)は、ヨーロッパ地域の南部を指す。南欧ともいう。西洋でも特に歴史が古く、主にラテン語系の言語を母語とする民族が住んでいる地中海沿岸の地域である。

東ヨーロッパ

東ヨーロッパ(ひがしヨーロッパ)は、東欧ともいい、ヨーロッパ東部の地域を指す。時代によって「東欧」の概念は大きく変わる。過去の一時期、冷戦時代においては、いわゆる「東側」「西側」という分類のそれを指す場合もあった(「東側諸国」と「西側諸国」の記事も参照)。以下では主に通時的な「東欧」という概念の大まかな変遷を説明する。

東ヨーロッパ夏時間

東ヨーロッパ夏時間(ひがしヨーロッパなつじかん、Eastern European Summer Time:略称EEST)は、東ヨーロッパ時間の夏時間のことである。

協定世界時(UTC)を3時間進ませた標準時で、東ヨーロッパ時間より1時間進めた時間である。

3月の最終日曜日午前3時(=夏時間4時)から10月の最終日曜日夏時間午前4時(=標準時3時)までの期間、適用される。

東ヨーロッパ時間

東ヨーロッパ時間(ひがしヨーロッパじかん、Eastern European Time - EET)は、協定世界時 (UTC)を2時間進ませた標準時である。(UTC+2)

3月最終日曜日の午前3時(夏時間では午前4時)から10月最終日曜日の午前3時(夏時間では午前4時)までは、夏時間の東ヨーロッパ夏時間(Eastern European Summer Time) が使用される。

神聖ローマ皇帝

神聖ローマ皇帝(しんせいローマこうてい、ドイツ語: Römisch-deutscher Kaiser、英語: Holy Roman Emperor)は神聖ローマ帝国の君主である。実際には単に皇帝、あるいはローマ人の皇帝(ラテン語: Romanorum Imperator、ドイツ語: Kaiser der Römer)と称していた。「神聖ローマ皇帝」とは古代ローマ皇帝や東ローマ皇帝と区別するための歴史学的用語である。カール大帝以降を指す場合とオットー1世以降に限る場合がある。理念的には、中世西ヨーロッパにおける世俗の最高支配者とされ、カトリック世界において普遍的な世俗支配権を主張した。特にドイツとイタリアで国法上最も重要な位置を占め、指導的役割を担った。ドイツ皇帝と通称される場合もあり、これは近世以降の国号に「ドイツ国民の」が加わったことによる。

西ヨーロッパ夏時間

西ヨーロッパ夏時間(にしヨーロッパなつじかん、WEST: Western European Summer Time)とは、西ヨーロッパ時間 (WET: Western European Time, UTC+0) 地域で用いられる夏時間である。協定世界時 (UTC: Universal Time Coordinated)より1時間進む。UTC+1。ただし、イギリスでは、伝統的に英国夏時間 (BST: British Summer Time, UTC+1) という名称を用いている。

実施期間は、3月の最終日曜日午前1時 (WET)(=午前2時 (WEST))から10月の最終日曜日午前1時 (WET)(=午前2時 (WEST))まで。すなわち、夏時間の開始日は1日が23時間となり、終了日は1日が25時間となる。

西ヨーロッパ時間

西ヨーロッパ時間(にしヨーロッパじかん、WET: Western European Time)は、ポルトガル・カナリア諸島・イギリス・アイルランド・アイスランドなどで用いられている標準時。協定世界時 (UTC: Universal Time Coordinated) に一致している。UTC+0。なお、ポルトガルでもアゾレス諸島はUTC-1を採用している(ポルトガル本土より1時間遅れ)。ただし、イギリスにおいては、伝統的に標準時としてグリニッジ標準時 (GMT: Greenwich Mean Time, UTC+0)、夏時間として英国夏時間 (BST: British Summer Time, UTC+1) を、それぞれ名称として用いている。

3月最終日曜日の午前1時(夏時間では午前2時)から10月最終日曜日の午前1時(夏時間では午前2時)までは、夏時間の西ヨーロッパ夏時間 (WEST: Western European Summer Time, UTC+1) が用いられている。

西方教会

西方教会(せいほうきょうかい、英語: Western Christianity) は、西ヨーロッパに広がり成長したキリスト教諸教派(ローマ・カトリック教会、聖公会、プロテスタント、アナバプテストなど)の総称。ローマ・カトリック教会のみを指す場合もある。東方教会の対語。

ただし、東方典礼カトリック教会は完全にローマ・カトリック教会の一員であるが、基本的に東方教会に分類される(まれに西方教会に分類されることもある)。

Europe (orthographic projection).svg ヨーロッパの国と地域

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.