移住

移住(いじゅう)とは、他の場所に永住することを目的として、ある地域や国を離れる行動である。

移民と同義であるが、こちらは祖国を離れるという「第一国から第二国への人々の移動」も伴う現象のことを言う。人が移住を選択する要因は多くあるが、要因は、「引かれる」要因と「出る」要因の2つに大別される。より良い経済的機会や生活水準の向上またはより良い気候条件を求めることが「引かれる」要因の例である。一方、貧困への恐怖や宗教的、政治的差別が「出る」要因の例である。

18世紀から21世紀には、移住は世界に大きな影響を及ぼしている。18世紀から19世紀にはヨーロッパから、近年はメキシコからアメリカ合衆国に数百万の人々が移住している。

「移住」という用語は、通常は自主的な移動について用いるが、強制移住は、移転政策や民族浄化のため、集団で強制的に移住させられるものである。

Brown last of england
イングランドからの移民を描いたフォード・マドックス・ブラウンThe Last of England

移住の要因

「出る」要因

  • 仕事の欠如・貧困による苦境
  • 政治や宗教上の権利の欠如
  • 人種、宗教、性別、性的指向上の迫害や不寛容
  • 信教の自由の欠如
  • 農地の不足
  • 法的、政治的立場の抑圧
  • 紛争不景気
  • 徴兵や戦争
  • 飢饉や早魃
  • 他の集団との文化的闘争
  • 軍からの除隊

「引かれる」要因

移住の制限

Berlin Wall Potsdamer Platz November 1975 looking east
ドイツ再統一以前の東ドイツから西ドイツへの移民を制限したベルリンの壁

複数の国は、国民に対して移住の自由を制限していた。1668年以降、中国王朝の漢民族に対して、満州中国東北部)への移住を禁止した。1681年、皇帝は、中国国民が満州及びモンゴルに越境できないようにするための柳條邊の建設を命じた[1]

1918年ソビエト連邦構成共和国が法律と国境を厳しくしてそのような制限を始め、1928年まで違法な移住もほぼ不可能であった[2]。これを強化するため、ソビエト連邦政府は国内のパスポート制度と各都市の住民登録の制度を規定し、「101st kilometre」と呼ばれる規則によって、小さな地域内の移動も制限した[3]

第二次世界大戦後の1945年、ソビエト連邦は複数の東ヨーロッパの国を占拠し、自国の影響下に置きまとめて東側諸国と呼ばれた。新たに獲得された地域の大部分の住人は、独立し、ソビエト連邦が退去することを望んだ[4]。第二次世界大戦が終結して5年も経たない1950年以前、1500万人以上の人々がソビエト連邦に占領された共産主義圏の東ヨーロッパから資本主義圏の西側諸国に移住した[5]。1950年代初めまでに、国家間の移動を制限するソビエト連邦の手法は、東側諸国の他の国々でも取り入れられた[6]。東側諸国に導入された移住制限は、東側と西側の間の移動のほとんどを停止させ、1950年から1990年までに、東側から西側に移動した数は、わずか1330万人であった[7]。しかし、毎年数十万人の東ドイツ国民が、東西ベルリンの間にある「抜け穴」を通って西ドイツに移住していた[8]。この移住は、東ドイツから西ドイツへ、教育を受けた若年の専門家や技術者の「頭脳流出」を引き起こし、また1961年までに東ドイツの人口の20%近くが西ドイツへ移住した[9]1961年、東ドイツは有刺鉄線の障壁を作り、後にこれはベルリンの壁の建設に繋がった[10]1989年ベルリンの壁崩壊に続いてドイツ再統一が行われ、それから2年以内にソ連崩壊が起きた。

1950年代初めまでに、ソ連が実施した移住の制限は、中華人民共和国モンゴル国朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)といった社会主義国でも同様の制度が取り入れられた[6]。北朝鮮では現在でも移住を厳しく制限しており、北朝鮮の人民は、未だに違法に中国への移住を続けているものの[11]、現在でも最も移住の制限の厳しい国の1つである[12]。その他に、過去や現在、移住を厳しく制限していた国には、アンゴラエチオピアモザンビークソマリアアフガニスタンミャンマー民主カンプチアラオス北ベトナムイラク南イエメンキューバ等がある[13]

関連項目

脚注

  1. ^ Elliott, Mark C. "The Limits of Tartary: Manchuria in Imperial and National Geographies." Journal of Asian Studies 59, no. 3 (2000): 603-46.
  2. ^ Dowty 1989, p. 69
  3. ^ Dowty 1989, p. 70
  4. ^ Thackeray 2004, p. 188
  5. ^ Böcker 1998, p. 207
  6. ^ a b Dowty 1989, p. 114
  7. ^ Böcker 1998, p. 209
  8. ^ Harrison 2003, p. 99
  9. ^ Dowty 1989, p. 122
  10. ^ Pearson 1998, p. 75
  11. ^ Kleinschmidt, Harald, Migration, Regional Integration and Human Security: The Formation and Maintenance of Transnational Spaces, Ashgate Publishing, Ltd., 2006,ISBN 0-7546-4646-7, page 110
  12. ^ Dowty 1989, p. 208
  13. ^ Dowty 1989, p. 186

出典

  • Böcker, Anita (1998), Regulation of Migration: International Experiences, Het Spinhuis, ISBN 90-5589-095-2
  • Dale, Gareth (2005), Popular Protest in East Germany, 1945-1989: Judgements on the Street, Routledge, ISBN 0-7146-5408-6
  • Dowty, Alan (1989), Closed Borders: The Contemporary Assault on Freedom of Movement, Yale University Press, ISBN 0-300-04498-4
  • Harrison, Hope Millard (2003), Driving the Soviets Up the Wall: Soviet-East German Relations, 1953-1961, Princeton University Press, ISBN 0-691-09678-3
  • Krasnov, Vladislav (1985), Soviet Defectors: The KGB Wanted List, Hoover Press, ISBN 0-8179-8231-0
  • Mynz, Rainer (1995), Where Did They All Come From? Typology and Geography of European Mass Migration In the Twentieth Century; EUROPEAN POPULATION CONFERENCE CONGRESS EUROPEAN DE DEMOGRAPHE, United Nations Population Division
  • Pearson, Raymond (1998), The Rise and Fall of the Soviet Empire, Macmillan, ISBN 0-312-17407-1
  • Thackeray, Frank W. (2004), Events that changed Germany, Greenwood Publishing Group, ISBN 0-313-32814-5

外部リンク

6月18日

6月18日(ろくがつじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から169日目(閏年では170日目)にあたり、年末まであと196日ある。誕生花はスイセンノウ、サギソウ。

アイルランド人

アイルランド人は、アイルランド島を舞台に形成され、現在西ヨーロッパ、特にアイルランドに居住するケルト系民族をさす。

チベット語

チベット語(チベットご)は、ユーラシア大陸の中央、およそ東経77-105度・北緯27-40度付近で使用されているシナ・チベット語族(漢-蔵系)のチベット・ビルマ語派チベット諸語に属する言語。

形態論において孤立語に分類されるが膠着語的な性質ももつ。方言による差はあるが、2種ないし4種の声調をもつが、声調が存在しない方言もある。なお古典チベット語には声調は存在しなかったとされる。チベット高原における約600万人、国外に移住した約15万人のチベット人が母語として使用している。

ラサ方言を含む中央チベット方言、カム・チベット方言、アムド・チベット方言は通常は同一の言語の方言とみなされ、この3方言を総称してチベット語といわれる。特にラサ方言は標準チベット語と呼ばれる。本記事は標準チベット語を中心に記述するが、他方言についても言及する。

チベット語に含まれない周辺のチベット系言語についてはチベット諸語を参照。

ニューヨーク州

ニューヨーク州

State of New York

州の愛称: エンパイアステート(直訳すると「帝国の州」)Empire State州のモットー: さらなる高みへラテン語: Excelsior

ニューヨーク州(英: State of New York)は、アメリカ合衆国大西洋岸中部にあり、本土アメリカ合衆国では北東部地域に位置する州。面積では第27位の州である。かつては50州で最も人口が多かったが、2010年の国勢調査現在はカリフォルニア州、テキサス州、フロリダ州に次ぐ4位。

南州境はニュージャージー州とペンシルベニア州、東州境はコネチカット州、マサチューセッツ州およびバーモント州に接する。西はカナダとの国境に接し、名所のナイアガラの滝がある。東南端に、アメリカ最大の都市であるニューヨーク市があり、州南部は近郊の大都市圏となっている。一方で、州北部の五大湖湖畔には古くからの工業都市であるバッファローとロチェスターがあり、州都は人口10万人足らずのオールバニである。2011年以降、州知事は民主党のアンドリュー・クオモが務めている。

ヒスパニック

ヒスパニック(英語: Hispanic)は、スペイン人、スペイン語またはスペインの文化に関連のあることを示す形容詞または名詞である。

ブラジル人

ブラジル人(ポルトガル語: Brasileiros)とはブラジルの国民のことである。また、ブラジル人とはブラジル市民権を得た父親または母親の子として、別の国で生まれた人、もしくはブラジル市民権を得た人を指すこともある。

プロイセン

プロイセン(ドイツ語: Preußen、ポーランド語: Prusy、リトアニア語: Prūsija、プロシア語: Prūsa)は、現ポーランド北部からカリーニングラード州(ロシアの飛び地)・リトアニアにかけて広がる地域。歴史的には、北にグダニスク湾からクルシュー砂州にかけてのバルト海、そしてヴィスワ川流域西方からネマン川の間にある内陸のマズールィ(Mazury)にかけての地域である。プロシア(普魯西)は、英語名(Prussia)に基づく名称である。

プロイセン公国とブランデンブルク辺境伯を起源とし、ドイツ統一(ドイツ帝国)の中核となったプロイセン王国(ドイツ語:Königreich Preußen、英:Kingdom of Prussia、ポーランド語:Królestwo Prus)の国名は、この地域の名称に由来している。

ポーランド人

ポーランド人 (ポーランド語:Polacy)は、ポーランドの主要民族。

中東欧に広がるスラヴ人の一派インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派西スラヴ語群に属するポーランド語を母語とする。

ポーランド族は、様々なレヒト人部族と交わりピャスト朝(960年頃-1370年)を築いた。

ポーランド国家を築いた西スラヴ人の一派の諸部族で、中心部族であったポラン族(別名レフ族)に由来している。ポラン族はポランの複数形を用いて「ポラニエ」と呼ばれるが、これで原義では平原の民という意味で、原インド・ヨーロッパ語を基とする。ポランから英語の国名「ポーランド」(ポーランド語、Polska)の由来となった。

ミシシッピ州

ミシシッピ州

State of Mississippi

州の愛称: マグノリアの州Magnolia State

ミシシッピ州(英:State of Mississippi [ˌmɪsᵻˈsɪpi] ( 音声ファイル))は、アメリカ合衆国南部に位置する州である。州都および最大都市はジャクソン市。人口は、2014年の統計(推計)によると2,994,079人。アメリカ合衆国50州の中で、陸地面積では第32位、人口では第31位である。

州名はインディアン部族オジブワ族の、部族語で「大きな川」を意味するミシシッピ川から取られている。

南北戦争では南部連合側に属した。そのため、州旗には南軍旗が描かれている。

ユダヤ人

ユダヤ人(ヘブライ語: יהודים‎、英語: Jews、ラジノ語: Djudios、イディッシュ語: ייִדן‎)は、ユダヤ教の信者(宗教集団)またはユダヤ人を親に持つ者(血統)によって構成される宗教的民族集団のこと。原義は狭義のイスラエル民族のみを指した。由来はイスラエル民族の一つ、ユダ族がイスラエルの王の家系だったことからきている。ユダヤ教という名称は、ユダヤ民族が多く信仰していた宗教であることによる。

ヨーロッパでは19世紀中頃までは、イスラエル民族としての用法以外には主としてユダヤ教の信者という捉え方がなされていたが、近代的国民国家が成立してからは宗教的民族集団としての捉え方が広まった。ハラーハーでは、ユダヤ人の母親から生まれた者、あるいは正式な手続きを経てユダヤ教に入信した者がユダヤ人であると規定されている。

現在の調査では、全世界に1340万を超えるユダヤ教徒が存在する。民族独自の国家としてイスラエルがあるほか、各国に移民が生活している。ヘブライ人やセム人と表記されることもある。

ユダヤ人はディアスポラ以降、世界各地で共同体を形成し、固有の宗教や歴史を有する少数派のエスニック集団として定着した。しかし、それらを総体的に歴史と文化を共有する一つの民族として分類することはできない。言語の面をみても、イディッシュ語の話者もいればラディーノ語の話者もいる。歴史的にはユダヤ人とはユダヤ教徒のことであったが、現状では国籍、言語、人種の枠を超えた、一つの尺度だけでは定義しえない文化的集団としか言いようのないものとなっている。

北海道

北海道(ほっかいどう)は、日本の北部に位置する島。また、日本の行政区画及び同島とそれに付随する島を管轄する地方公共団体である。島としての北海道は日本列島を構成する主要4島の一つである。地方公共団体としての北海道は47都道府県中唯一の「道」である。ブランド総合研究所による「都道府県の魅力度ランキング」で2018年現在、10年連続で1位に選ばれた。道庁所在地及び最大の都市は札幌市。

国際協力機構

独立行政法人国際協力機構(どくりつぎょうせいほうじんこくさいきょうりょくきこう、英: Japan International Cooperation Agency、略称JICA、ジャイカ)。独立行政法人国際協力機構法(平成14年法律第136号)に基づいて、2003年(平成15年)10月1日に設立された外務省所管の独立行政法人。理事長は北岡伸一。政府開発援助 (ODA) の実施機関の一つであり、開発途上地域等の経済及び社会の発展に寄与し、国際協力の促進に資することを目的としている。前身は1974年(昭和49年)8月に設立された国際協力事業団であり、これについても一括して述べる。

太平洋

太平洋(たいへいよう)は、アジア(あるいはユーラシア)、オーストラリア、南極、南北アメリカの各大陸に囲まれる、世界最大の海洋。大西洋やインド洋とともに、三大洋の1つに数えられる。日本列島も太平洋の周縁部に位置する。面積は約1億5555万7千平方キロメートルであり、全地表の約3分の1にあたる。英語名からパシフィックオーシャン(Pacific ocean)とも日本語で表記されることもある。

日系人

日系人(にっけいじん)とは、日本以外の国に移住し当該国の国籍または永住権を取得した日本人、およびその子孫のこと。2017年時点で約380万人存在すると推定されている。日本に居住する日系人は約30万人存在する。

河村蜻山

河村 蜻山(かわむら せいざん、1890年(明治23年)8月1日 - 1967年(昭和42年)8月1日)は日本の陶芸家。京都市出身。本名は半次郎。

京都市立陶磁器試験場を修了し、家業の陶業を継承。染付、色絵など京の雅と艶やかさを磁器の胎土の上に呉須や上絵付けで表現特徴とする作品を手掛け蜻山作品を世に送り出した。近代陶芸における明治以降の美術陶芸として陶芸家がまだ数少ない時代の美術陶芸家の一人。出生から中年の頃は京都を拠点に活動し、48歳のときに千葉県我孫子市に窯を移設移住。64歳のとき永住地・神奈川県鎌倉市に窯を移設移住。

大正15年(1926年)、日本工芸美術会の創立に参加。昭和3年(1928年)、帝展無鑑査となる。帝展、新文展、日展の審査員をつとめた。昭和6年(1931年)、日本陶芸協会設立に参加。昭和13年(1938年)、千葉県我孫子に窯を開き、昭和29年(1954年)、北鎌倉に窯を移設。昭和38年(1963年)、芸術院恩賜賞。昭和41年(1966年)、勲四等旭日小綬章を受章。昭和42年(1967年)8月1日、神奈川県鎌倉市で死去。77歳。東慶寺(鎌倉市山ノ内)に眠る。

満州国

満州国

滿洲國

国の標語: 五族協和の王道楽土国歌: 満州国国歌

満州国(まんしゅうこく、旧字体: 滿洲國、拼音: Mǎnzhōu Guó)は、1932年(大同元年)から1945年(康徳12年)の間、満州(現在の中国東北部)に存在した政権。「洲」が常用漢字でないため、日本の教育用図書を含め一般的に「満州国」の表記が使われるが、日本の法令や一部の文献では「満洲国」が用いられる。

皇政移行後は「大満州帝国(大滿洲帝國)」(だいまんしゅうていこく)あるいは「満州帝国(滿洲帝國)」(まんしゅうていこく)などと呼ばれていた。日本(朝鮮、関東州)および中華民国、ソビエト連邦、モンゴル人民共和国、蒙古聯合自治政府(後に蒙古自治邦政府と改称)と国境を接していた。日本の傀儡国家であるという意見もある。

福建省

福建省(ふっけんしょう、中国語:福建省、拼音:Fújiàn Shěng、英語:Fujian)は、中国の省の一つで、大部分を中華人民共和国が統治し、一部の島嶼を中華民国(台湾)が統治している。省都は福州市。

移民

移民(いみん)とは、異なる国家へ移り住む事象(英語: immigration, emigration)、また出生国や育った国といった居住国を離れて、12ヶ月以上、当該国へ移住して居住している人々(英語: immigrants, emigrants)を指す(概要を参照)。

華僑

華僑(かきょう)とは、外国に移住している中国人(主に中華圏出身。台湾人などを指すこともある。)のこと。在外中国人、在外台湾人など。

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.