白いバラ

白いバラ(しろいバラ、Die Weiße Rose)は、第二次世界大戦中のドイツにおいて行われた非暴力主義反ナチ運動ミュンヘンの大学生であったメンバーは1942年から1943年にかけて6種類のビラを作成した。その後グループはゲシュタポにより逮捕され、首謀者とされるハンス・ショルほか5名がギロチンで処刑されたため、7種類目の印刷がおこなわれることはなかった。彼らの活動を描いた映画が戦後何度かドイツで作られ、反ナチ抵抗運動として、国際的に知られている。

日本では白バラあるいは白バラ抵抗運動などとも呼ばれる。

DBP 1983 1163 Verfolgung und Widerstand
1983年に発行された白バラ抵抗運動の記念切手

活動と経過

背景

白いバラはミュンヘン大学の学生で構成されていた。ハンス・ショルとその妹ゾフィー・ショルを筆頭に、他にもクリストフ・プロープストヴィリー・グラーフアレクサンダー・シュモレルの3人の学生、およびクルト・フーバー教授らが活動に参加していた。

白いバラに参加した学生はフランス侵攻東部戦線に従軍したドイツ陸軍の帰還兵であった。ドイツ青年運動に影響を受けたと考えられており、ハンス・ショルとプロープストはそのメンバーである。彼らは、ポーランドのユダヤ人居住地区の状況や東部戦線における惨状を目にして、この戦争を受け入れることができず、さらにスターリングラードの戦いにおけるドイツ国防軍の敗退によりドイツの敗北を予感した。彼らはナチスのヨーロッパ支配を否定し、キリスト教の忍耐と正義を信奉していた。聖書老子アリストテレスノヴァーリスゲーテシラーなどからの引用が見られ、ドイツの知識階級の典型を表している。リーフレットは当初バイエルンオーストリアなど南ドイツを拠点に配布された。これは反全体主義のメッセージは南部においてより受け入れられやすいと考えていたためである。

グループは、1942年6月から7月にかけて4種類のビラを作成し、郵便などで配布した。1943年に入ると、1月に5種類目のビラ「全ドイツ人への訴え」を作成して各地で配布した。さらに、スターリングラード攻防戦における1月末のドイツ軍降伏を受け、2月に6種類目のビラ「学友へ」が作成された。いずれのビラも平易なドイツ語で書かれており、グループが広くドイツ国民に訴えかけようとしていたことが分かる。

逮捕と処刑

6種類目のビラは、2月14日と16日の夜にミュンヘン市内でまかれたが、まだかなり残っていた。そこで、グループは、これをミュンヘン大学でまくことにした。2月18日の11時前に、ショル兄妹は大学へ行き、まだ閉まっている講義室の前と廊下にビラを置き、最後に残ったビラを持って3階に行き、ゾフィーが吹き抜けにばらまいた。この時彼女はナチス党員である大学職員ヤーコプ・シュミットに発見され、兄ハンスとともにその場で拘束されてゲシュタポに引き渡された。奇しくも、この日はヨーゼフ・ゲッベルスによる総力戦演説が行われていた。 翌日にはプロープストも逮捕され、残っている尋問記録から、ショル兄妹が2人で責任をとり、プロープストを守ろうとしたことが分かっている。

ショル兄妹とプロープストの裁判は2月22日に行われた。彼らは、ローラント・フライスラーが裁判長を務める人民法廷(ドイツ民族裁判所)で反逆罪により有罪となり、死刑の判決を受けた。

被告はビラの中で、戦時において武器生産のサボタージュを呼びかけ、わが民族の国家社会主義的生活を打倒し、敗北主義を宣伝し、われらの総統を口汚く罵り、国家の敵に利する行いをし、我々の防衛力を弱めんとした。それゆえに死刑に処せられる。・・・もし死刑以外の扱いをすれば、連鎖の始まりとなり、その結末はかつて-1918年(の第一次世界大戦敗北)-と同じになる。それゆえ戦う民族と国家を守るべき人民法廷には、唯一の刑、すなわち死刑しか選択はありえない。・・・わが民族に対する裏切りにより、被告らはその自らの市民権を永遠に失う。 — 1943年2月22日、「白バラ」メンバーに対する判決理由

その後、シュモレル、グラーフとフーバー教授も逮捕されて4月19日に死刑判決が下り、シュモレルとフーバー教授は7月13日に、グラーフは10月12日に処刑された。他にも、ビラの印刷や配布を助けたり、プロープストの未亡人・孤児へ援助を与えたりした者たちが逮捕され、6か月から10年の懲役に処せられた。

その後

Scholl-Denkmal, München
ミュンヘン大学前につくられた記念碑

戦後に白いバラの活動が知られるようになったきっかけは、作曲家のカール・オルフが連合国の尋問に対して、自身がグループの創設者の一人であったと述べたことに始まる。 ドキュメンタリー ”O Fortuna”(監督:トニー・パーマー)によると、オルフはフーバー教授の友人ではあったが、政治に関心を持つことはなく、白いバラ活動には関わりを持たなかったとフーバー教授の妻は語る。フーバーが逮捕されたことを知ると、フーバーとの関わりを絶ったともいう。[1][2]

一方、白いバラのメンバーを裁いた人民法廷のローラント・フライスラーは、1945年2月3日のアメリカ軍によるベルリン空襲によって死亡した。 ショル兄妹を取り押さえた大学職員のヤーコプ・シュミットは、3,000マルクの報奨金を与えられて昇任していたが、ドイツの敗戦後はアメリカ軍に逮捕されて5年の刑を受け、公職から追放された。シュミットは服役中に「職務を果たしただけだ」と主張して恩赦を2回嘆願したが認められず、刑期を終えて1951年に出所した。

戦後のドイツでは、白いバラの活動、なかでもショル兄妹に、惜しみない賞賛が与えられている。ミュンヘン大学の大講堂がおかれている一角は、兄妹にちなんだ "Geschwister-Scholl-Platz"(ショル兄妹広場)、隣接する広場は "Professor-Huber-Platz"(フーバー教授広場)と名付けられている。1968年にミュンヘン大学に設置された政治学の研究所は、Geschwister-Scholl研究所と命名された。また、1980年からは、バイエルン州出版協会とミュンヘン市がショル兄妹賞を設立し、兄妹の考えであった自由、市民、道徳、知的な勇気などに関連する出版物を表彰している。

ミュンヘンのみならずドイツ各地にも、ショル兄妹の名が付けられた広場や通りがある。また、ドイツ国内の学校で最も多い校名は "Geschwister-Scholl-Schule"(ショル兄妹学校)である。

文献

当事者の執筆

  • ハンス・ショル、ゾフィー・ショル『白バラの声 : ショル兄妹の手紙』インゲ・イェンス編、山下公子訳、新曜社、1985年。

その他

  • インゲ・ショル『白バラは散らず : ドイツの良心ショル兄妹』内垣啓一訳、未來社、1964年。ISBN 978-4624110130。
  • C・ペトリ『白バラ抵抗運動の記録 : 処刑される学生たち』関楠生訳、未來社、1971年。ISBN 978-4624110796。
  • 『権力と良心 : ヴィリー・グラーフと白バラ』クラウス・フィールハーバー他編、未來社、1973年。
  • ヘルマン・フィンケ『ゾフィー21歳 : ヒトラーに抗した白いバラ』若林ひとみ訳、草風館、1982年。
  • ヘルマン・フィンケ『白バラが紅く散るとき : ヒトラーに抗したゾフィー21歳』若林ひとみ訳、講談社、1986年。ISBN 978-4061838420。(『ゾフィー21歳』 (草風館1982年刊) の改題改訂版)
  • 山下公子『ミュンヒェンの白いバラ : ヒトラーに抗した若者たち』筑摩書房、1988年。ISBN 978-4480854575。
  • 関楠生『白バラ : 反ナチ抵抗運動の学生たち』清水書院、1995年。ISBN 978-4389411244。
  • M.C.シュナイダー、W.ズュース『白バラを生きる : ナチに抗った七人の生涯』浅見昇吾訳、未知谷、1995年。ISBN 978-4915841248。
  • フレート・ブライナースドルファー『白バラの祈り : ゾフィー・ショル、最期の日々(オリジナル・シナリオ)』瀬川裕司、渡辺徳美訳、未來社、2006年。ISBN 4-624-70087-2。
  • 『「白バラ」尋問調書 : 『白バラの祈り』資料集』フレート・ブライナースドルファー編、石田勇治、田中美由紀訳、未來社、2007年。ISBN 978-4-624-11196-0。
  • 早乙女勝元『「白バラ」を忘れない―反戦ビラの過去と今と』草の根出版会、2009年。ISBN 978-4876482542。

映画

白いバラをモデル、モチーフにした作品

脚注

  1. ^ Jessica Duchen (2008年12月4日). “Dark heart of a masterpiece: Carmina Burana's famous chorus hides a murky Nazi past”. The Independent. 2018年3月23日閲覧。
  2. ^ Richard Morrison (2008年12月19日). “Carl Orff, the composer who lived a monstrous lie”. Times Online. 2018年3月23日閲覧。

関連項目

外部リンク

リソースサイト

映画

2月18日

2月18日(にがつじゅうはちにち)はグレゴリオ暦で年始から49日目にあたり、年末まであと316日(閏年では317日)ある。

2月22日

2月22日(にがつにじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から53日目にあたり、年末まであと312日(閏年では313日)ある。

カンブリア (イングランド)

カンブリア (Cumbria) はイングランド北西端のカウンティ。1974年に当時のカンバーランドとウェストモーランド(Westmorland)に加え、ランカシャーとヨークシャーのそれぞれ一部が合併して誕生した。古くはケルト系のカンブリア人(ウェールズ人に近い)が住み、カンブリア語が話されていた。湖水地方をはじめとした豊かな自然で有名。

カール・オルフ

カール・オルフ(Carl Orff, 1895年7月10日 - 1982年3月29日)は、ドイツの作曲家。ミュンヘンに生まれ、同地で没した。作曲家としてジャンルを特定させない特異性を持っていた。独自のジャンルを作り出しているからである。自分の音楽劇を、しばしば『世界劇』(„Welttheater“又は „Theatrum Mundi“) と呼んでいた。

クレア・トレヴァー

クレア・トレヴァー(Claire Trevor, 1910年3月8日 - 2000年4月8日)は、アメリカ合衆国の女優。

ジェーン・ワイマン

ジェーン・ワイマン(Jane Wyman、1917年1月5日 - 2007年9月10日)は、アメリカ合衆国の映画女優。第40代アメリカ合衆国大統領ロナルド・レーガンの最初の妻。

第21回(1948年)アカデミー主演女優賞を受賞。

セルマ・リッター

セルマ・リッター(Thelma Ritter, 1902年2月14日 - 1969年2月5日)はアメリカ合衆国の女優。

チリアーコ・デ・ミータ

ルイージ・チリアーコ・デ・ミータ(伊: Luigi Ciriaco De Mita、1928年2月2日 - )は、イタリアの政治家。デ・ミータはデミータと書かれることも多い。

下院議員(11期)、首相(1988–89年)、キリスト教民主主義書記長(第15代)を歴任。

ハインリッヒ・ヴィーラント

ハインリッヒ・オットー・ヴィーラント(Heinrich Otto Wieland, 1877年6月4日 - 1957年8月5日)はドイツ・プフォルツハイム出身の化学者。1917年にカイザー・ヴィルヘルム物理化学・電気化学研究所に勤務した。1913年からミュンヘン工科大学、1921年からフライブルク大学、1925年からミュンヘン大学の化学科の教授を歴任した。1927年に胆汁酸の研究でノーベル化学賞を受賞した。

ナチス・ドイツの時代にはニュルンベルク法(優生学に基づく法律)の適用からユダヤ人(特に学生)を個人的な顧問として保護した。その中には白いバラで運動を行ったハンス・コンラート・ライペルトがいる。ミュンヘンで没。

リーズ

リーズ (Leeds) は、イングランドの北部にある都市。行政上はウェスト・ヨークシャー州シティ・オブ・リーズに所属する。人口は75万7700人(2011年国勢調査)で、このうち中心部は47万4632人。ロンドンから鉄道で2時間15分の場所に位置している。

羊毛工業が盛んで産業革命時にはその中心地となったイングランド北部の商業都市。イングランドで3番目に大きな都市と言われるが、町の中心から30分も車で走れば、牧草地に羊が群れて草を食んでいるヨークシャーの田舎の景色が広がる。国立公園のヨークシャー・デールズはイギリスの中でも主要なトレッキング・スポットとして有名である。

ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン

ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン(Ludwig-Maximilians-Universität München)は、ドイツ・バイエルン州ミュンヘンにある大学。州立大学である。「英タイムズ・ハイアー・エデュケーション」による「世界大学ランキング」では、30位。ドイツにおけるエクセレンス・イニシアティブ(Exzellenzinitiative)に指定された11大学の一つで、ミュンヘン工科大学、カールスルーエ工科大学と共に最初に選ばれた三校のうちの一つである。ミュンヘン工科大学、ルプレヒト・カール大学ハイデルベルクとは様々なランキングで国内一位の座を争っている(後述)。通称、ミュンヘン大学。

レジスタンス運動

レジスタンス運動(レジスタンスうんどう、仏: Résistance、英: Resistance)は、権力者や占領軍に対する抵抗運動を指す用語である。レジスタンス集団(レジスタンスしゅうだん)とも称される。

反ナチ運動

反ナチ運動(はんなちうんどう)の項目では、1933年1月30日から1945年5月までのいわゆるナチス・ドイツ時代に、ドイツ国内において、アドルフ・ヒトラーや国家社会主義ドイツ労働者党の支配に抵抗した人物や団体を扱う。

恋人たち (岩崎宏美のアルバム)

『恋人たち』(こいびとたち)は、岩崎宏美のカバー・アルバム。1979年3月9日発売。発売元は、ビクター音楽産業。規格品番SJX-20112

桜の実の熟する時/風の詩

「桜の実の熟する時/風の詩」(さくらのみのじゅくするとき/かぜのうた)は2009年5月13日に発売されたTHE ALFEE57枚目のシングル。

父の日

父の日(ちちのひ)は、父に感謝を表す日。アメリカのドッド夫人が『母の日』にならって、父親に感謝するために白いバラを贈ったのが始まり。

白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々

『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』(しろバラのいのり ゾフィー・ショル さいごのひび、原題: Sophie Scholl – Die letzten Tage)は、2005年制作のドイツの伝記映画。白いバラ抵抗運動のメンバーの一人で、国家反逆罪により21歳で処刑されたゾフィー・ショルの最後の日々を描く。

2005年のベルリン国際映画祭で監督賞と女優賞を受賞した。

紅白

紅白(こうはく)とは、赤(紅)色と白色の2色。日本において、祝い事に伝統的に使われる紅白二色の組み合わせであり、「対抗する2組」の組み分けに使われる色でもある。

花言葉

花言葉(はなことば、仏: langage des fleurs、英: language of flowers、独: Blumensprache)は、象徴的な意味を持たせるため植物に与えられる言葉で、一般に「バラの花言葉は愛情」のように植物と単語の組み合わせで示される。日本では、主に西欧起源のものを核として様々なバリエーションがあり、花をつけるものだけでなく、草や樹木にも花言葉が考えられている。花詞とも表記される。

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.