準州

準州(じゅんしゅう、: territory など)は、による連邦国家において州に準ずる構成主体ないし本土未編入の自治領的な部分である。州より自治権が弱いためにこう呼ばれるが、「領土」(属領自治領などの意)を意味する英語を日本語的に意訳・解釈したものであり、その定義は各国においてまちまちである。アメリカ合衆国カナダオーストラリアなどに見られる。

アメリカ合衆国の準州

アメリカ合衆国を構成する構成国は、 (state 直訳:「国」) のみである。州と、合衆国の首都地域であるコロンビア特別区以外の領土は、territory (直訳:「領土」)となる。ただし、この territory を常に準州と訳すと問題がある。準州と訳せない場合は、領域、領土、領などと訳すこともある。

現在

US insular areas
アメリカ合衆国領土の法的地位の違い。
  合衆国本国
  コモンウェルス
  その他の自治的未編入領域
  非自治的未編入領域
  非自治的編入領域

現在の territory は全て海外領土である。そのうち合衆国領有小離島に分類される territory は、無人島か、軍人・連邦職員等のみが駐留する小島であり、準州と呼ぶことはまずない。それ以外に、数万 - 数百万人の民間人が居住する5つの territory があり、準州と呼ばれることがある。

準州 地位 人口(2003年) 面積 ISO ドメイン
プエルトリコの旗 プエルトリコ コモンウェルス 395万7988 9104 PRI .pr
グアムの旗 グアム 自治的未編入領域 016万3941 0549 GUM .gu
アメリカ領ヴァージン諸島の旗 アメリカ領ヴァージン諸島 自治的未編入領域 012万4778 0355 VIR .vi
北マリアナ諸島の旗 北マリアナ諸島 コモンウェルス 008万0006 0477 MNP .mp
アメリカ領サモアの旗 アメリカ領サモア 非自治的未編入領域 007万0260 0199 ASM .as

これらの準州に対し、人口最少の州はワイオミング州で49万3782人、面積最小の州はロードアイランド州で4002km2である。またこれらの準州はいずれも、アメリカ合衆国とは異なる独自のISO国名コード国別ドメインを持っている。なお合衆国領有小離島は共通のコード (UMI) とドメイン (.um) を持っている。

ただしこれらの法的地位には差があり、呼ばれ方には多少の違いがある。

米領サモア以外の4つの territory は、合衆国議会により当該地域の自治法 (Organic Act) が制定され自治をしている自治的領域 (organized territory) である。これに対し合衆国領有小離島の territory は全て、自治法の制定されていない非自治的領域 (unorganized territory) である。米領サモアは特殊なケースで、事実上自治をしているものの、自治法に基づくものではなく、法的には非自治的領域である。これを理由に、米領サモアを準州から外すことがある。

自治的領域のうちプエルトリコと北マリアナ諸島は、コモンウェルス (commonwealth) でもあり、通常はこちらで呼ばれる。したがって、「2つのコモンウェルスと2(あるいは3)つの準州」のような数え方をすることもある。最も頻繁に準州と呼ばれるのは、コモンウェルスでない自治的領域の、グアムと米領ヴァージン諸島の2領域である。

territory には、自治/非自治とは別個に、編入/未編入の区別がある。5つの(広義の)準州を含め、現在の territory のほとんどは、アメリカ合衆国憲法が完全には適用されない未編入領域 (unincorporated territory) である。それに対し、合衆国憲法が完全に適用される territory が編入領域 (incorporated territory) であり、現在はパルミラ環礁(非自治的編入領域)のみである。

過去

United States 1868-1876
1868年のアメリカ。茶色が準州。

かつては、現在50州がある土地には、多数の territory があった。これらは全て、今でいう編入領域で、自治的領域(自治的編入領域)と非自治的領域(非自治的編入領域)があった。これらは全て準州と呼ぶことができるが、自治的領域のみを準州と呼ぶ場合もある。

1787年北西部土地条例で、合衆国が新たに獲得した領土が州になるまでの手続きが定められた。領土はまず非自治的領域となる。成年男子の人口が5000人を越えた地域が、自治法の適用を受け自治的領域(狭義の準州)となる。自治的領域の総人口が6万人を超え、連邦議会の承認を受けると、州になる。

非自治的領域から自治的領域への移行は、非自治的領域がそのまま自治権を獲得して自治的領域になったのではなく、広いものは一部が新しい自治的領域として独立したり、狭いものは別の自治領域や州の土地になったりなどした。たとえば、大陸部で最後の非自治領域だったインディアン準州は、すでに自治的領域だったオクラホマ準州と共にオクラホマ州になった。

ほとんどの自治的領域はそのまま州になったが、少数の例外がある。ダコタ準州ノースダコタ州サウスダコタ州になった。オクラホマ準州は(すでに述べたとおり)非自治的領域のインディアン準州と共にオクラホマ州になった。しかしそうしたケースも含め、50州のうち31州は準州から生まれた。ただし、建国13州独立国が合衆国に加盟し州になったバーモント州テキサス州カリフォルニア州、他の州から分離してできたケンタッキー州メイン州ウェストヴァージニア州の計19州は、準州を経ずに州となっている。

これらの準州は全て編入領域で、いずれは州になると想定されていた。それに対し、1898年米西戦争で獲得したプエルトリコ、グアム、フィリピンは、最初の未編入領域となった。これ以後の獲得領土は、1898年に編入領域として併合したハワイ準州Territory of Hawaii)を除き、未編入領域である。未編入領域が編入領域に、あるいは州になったケースはない。

編入領域が州になっていけばそのうち編入領域はなくなるはずだが、1959年12月、最後の編入領域(自治的編入領域)だったハワイ準州が50番目の州となったとき、ハワイ準州だったパルミラ環礁が、編入領域の地位は保ったまま非自治的編入領域として分離した。パルミラ環礁は州になる見込みがないため、現在にまで残る唯一の編入領域となった。

準州と州

準州は連邦の構成国ではないため、州に比べ以下のような制限がある。

  1. 連邦議会に議員を送れない。連邦議会は上院下院とも各州の代表たる議員からなるが、準州は下院にオブザーバー(本会議投票権のない代表)1人だけを送れる。
  2. 住民に大統領選挙の投票権がない。
  3. 元来は、知事公選ではなく、連邦政府による任命だった。しかし現在の5つの(広義の)準州はいずれも、1940年代から1980年代に個別に公選になったので、この差異は今はない。

これまで州になった準州が全て編入領域であるのに対し、現在の準州は未編入領域であり、そのままでは州になることはできない。州になるにはまず(あるいは同時に)編入、つまり、合衆国憲法の完全な適用を受ける必要がある。逆に言えば、未編入ということは、州にする予定はないということでもある。しかしそれでも、プエルトリコには州昇格に関する議論があり、住民投票もなされた。

コロンビア特別区は、アメリカ合衆国で類例のない地方区分であり、州でも準州でもない。ただし、1871年までの正式名称は Territory of Columbia で、希にコロンビア準州と訳すことがある。州ではないため、準州と一部共通した制限がある。州への昇格運動もあるが、州になるための法的要件は準州とは異なる。

カナダの準州

Political map of Canada
カナダ。北部の3地域が準州。

カナダは、10の州 (province 直訳:「州」) と、ノースウエスト準州ユーコン準州ヌナブト準州の3準州 (territory 直訳:「領土」) で構成される。

カナダの州と準州は歴史的に起源が異なり、準州が州に昇格するわけではない。州は自治権を持つのに対し、準州では連邦が立法・行政権を持ち、自治は限定的である。準州は人口が希薄で、歳入の多くを連邦からの補助金に頼っている。ヌナブト準州はイヌイットの「少数民族自治」とされている。

オーストラリアの準州

Australia location map recolored
オーストラリア。黄色が唯一の準州である北部準州。

オーストラリアは、6州 (state 直訳:「国」)・1準州 (territory 直訳:「領土」) ・1首都特別地域キャンベラ等)からなる。首都特別地域を準州に含め、6州・2準州とすることもある。

北部準州は、オーストラリア唯一の準州で、単にTerritory(大文字始まり)とも呼ばれる。陸地面積134万9129 km2に対して人口23万3300人(2012年)と希薄であり、人口密度も0.17/km2と極めて低い。

かつては、西オーストラリア準州(西オーストラリア州に昇格)、パプア準州(現在はパプアニューギニア領)が存在した。

ブラジルの準州

ブラジルは、22州・4準州・1連邦地区ブラジリア等)からなる。これらを区別せず26州1連邦地区、もしくは27州と言うこともある。

スイスの準州

スイス連邦は、26の州 (de: Kanton, fr: canton, it: cantone) で構成されるが、うち6州は、歴史的にハーフカントン (de: Halbkanton, fr: demi-canton, it: semicantone) と呼ばれ、2つで1カントンと扱われていた。カントンを州と呼ぶ場合、ハーフカントンを準州と呼ぶことがある。

関連項目

UTC-5

UTC-5とは、協定世界時を5時間遅らせた標準時である。

アラスカ州

アラスカ州

State of Alaska

州の愛称: 最後のフロンティアThe Last Frontier州のモットー: 未来は北にあるNorth to the future

アラスカ州(英: State of Alaska [əˈlæskə] ( 音声ファイル))は、アメリカ合衆国最北端にある州。アリューシャン列島を含む。北アメリカ大陸北西の端にあり、合衆国本土とはカナダを挟んで飛地になっている。アラスカでは、合衆国本土を"lower 48"(直訳:南方の48州。アメリカ50州からアラスカ州とハワイ州を除いたもの)と呼ぶことがある。

アメリカ合衆国の州の中では面積最大であり、東はカナダ、北は北極海、西と南は太平洋と接し、西のベーリング海を隔ててロシアとも海上の国境がある。2010年国勢調査による人口は710,231人であり、その約半分はアンカレッジ都市圏に住んでいる。州都はジュノー市で、最大都市はアンカレッジ市である。海港アンカレッジはかつてアジアとアメリカおよびヨーロッパを結ぶ航空路線の寄港地として知られた。アメリカ合衆国の州の中では人口密度が最小の州でもある。

アラスカは1867年3月30日にロシア帝国からアメリカ合衆国が買収した。その後幾つかの管理形態の変遷を経て、1912年5月11日にアラスカ準州、1959年1月3日にアラスカ州となった。

カナダ

カナダ

Canada

国の標語:A Mari Usque Ad Mare(ラテン語: 海から海へ)

国歌:O Canada(英語)Ô Canada(フランス語)

オー・カナダ

カナダ(英・仏: Canada、英語発音: [ˈkænədə] 聞く キャナダ、フランス語発音: [kanada] カナダ)は、北アメリカ大陸北部に位置し、10の州と3の準州を持つ連邦・立憲君主制国家。首都はオタワ(オンタリオ州)。

イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国のひとつ。アメリカ合衆国と国境を接する。国土面積は世界最大のロシアに次いで広い。

歴史的に先住民族が居住する中、外からやってきた英仏両国の植民地連合体として始まった。1763年からイギリス帝国に包括された。1867年の連邦化をきっかけに独立が進み、1931年ウエストミンスター憲章で承認され、1982年憲法制定をもって政体が安定した。一連の過程においてアメリカと政治・経済両面での関係が深まった。連邦制をとり、連邦政府の運営は首相を中心に行われている。

カナダの州

カナダの州(カナダのしゅう)では、連邦国家であるカナダを構成する10の州(プロヴィンス、province)と3つの準州(テリトリー、territory)について記述する。

州と準州の違いは、連邦政府との関係にある。州政府と連邦政府は対等の関係にあり、その権限の分配については憲法(旧英領北アメリカ法)で定められている。一方、準州は連邦直轄領とされ、連邦議会が定めた連邦法に基づき、連邦政府のコントロールの下で自治権が認められている。

グアム

グアム

Territory of Guam

地域の標語:Where America's Day Begins(アメリカの一日が始まる場所)

地域の歌:Fanohge Chamoru(グアムの国)

グアム(英語: Guam, チャモロ語: Guåhån)は、太平洋にあるマリアナ諸島南端の島。

1898年の米西戦争からアメリカ合衆国の海外領土。第二次世界大戦下で1941年から1944年にかけて日本軍が占領統治し、「大宮島(おおみやじま)」と呼ばれた。

コロラド州

コロラド州

State of Colorado

州の愛称: 百年祭の州The Centennial State

コロラド州(英: State of Colorado [kɒləˈrædoʊ, -ˈrɑːdoʊ] ( 音声ファイル))は、アメリカ合衆国西部にある州である。北側はワイオミング州に接し、北東はネブラスカ州、東側はカンザス州、南側はニューメキシコ州とオクラホマ州に、西側はユタ州に接している。南西の隅はフォー・コーナーズと呼ばれる4つの州がその角を接するポイントであり、ここでアリゾナ州とも接していることになる。州の南北にはロッキー山脈が貫いており、州全体の平均標高が全米で一番高い、山岳地帯の州である。州の西部はコロラド高原、東の方はグレートプレーンズ(大平原)西部のハイプレーンズである。面積では50州の中で第8位だが、人口では第22位である。

州都および人口最大都市は、ロッキー山脈の東側にあるデンバー市である。

州の名前はスペイン人探検家が名付けたコロラド川に因んでおり、「コロラド」という言葉は「赤みをおびた」を意味するスペイン語で、コロラド川が山岳部から運ぶ赤い沈泥を表している。

ヌナブト準州

ヌナブト準州

Nunavut

モットー: イヌクティトゥット語: ᓄᓇᕗᑦ ᓴᙱᓂᕗᑦ"Nunavut Sannginivut"英語: Our land, our strengthフランス語: Notre terre, notre force

ヌナブト準州(英・仏: Nunavut 英語発音: [ˈnuːnəˌvʊt]、イヌクティトゥット語: ᓄᓇᕗᑦ [ˈnunavut])は、カナダの準州の一つ。1993年に連邦政府とイヌイットの間に締結されたヌナブト協定(en)に基づき、1999年4月1日にイヌイットの自治準州としてノースウェスト準州の一部を分割して設立された。ヌナブト(ヌナヴト)とはイヌクティトゥット語で「我々の土地」を意味する。

西はノースウェスト準州、南はマニトバ州と接する。カナダ北部にある北極諸島の大部分(バフィン島、エルズミーア島、デヴォン島など)を含む。ハドソン湾、ジェームズ湾に浮かぶすべての島もヌナブト準州に属する。人口は3万1906人(2011年)。州都はバフィン島にあるイカルイト。

ハワイ王国

ハワイ王国

Aupuni Mōʻī o HawaiʻiKingdom of Hawaiʻi

国の標語: Ua Mau ke Ea o ka ʻĀina i ka Pono(ハワイ語 : 大地の生命は正義によって保持される)国歌: ハワイ・ポノイ

ハワイ王国(ハワイおうこく、ハワイ語: Aupuni Mōʻī o Hawaiʻi、英語: Kingdom of Hawaiʻi)は、1795年から1893年までハワイ諸島に存在した王国である。1893年にサンフォード・ドールなどアメリカ移民による革命でアメリカ合衆国の傀儡国家として名目上共和制のハワイ共和国となり、1898年にはハワイ準州 (Territory of Hawaii) として併合されて消滅した。

バーゼル

バーゼル(独: Basel、仏: Bâle、伊: Basilea(バール))は、スイスの都市。バーゼル=シュタット準州の州都。

スイス北西部、ドイツとフランスとスイスの3国の国境が接する地点(三国国境)に位置し、市街地はライン川をまたぐ形で広がっている。チューリッヒ、ジュネーヴに次ぎスイス第3の都市。大型船舶が通航できるライン川最上流の港を持つ最終遡行地点である。ドイツ語圏に属するがフランス語使用者も多い。

ユーコン準州

ユーコン準州

Yukon

モットー: なし

ユーコン準州(英: Yukon Territory [ˈjuːkɒn]、仏: Territoire du Yukon)は、カナダの準州の一つ。準州都はホワイトホース。

おおよそ直角三角形をしており、西側はアメリカ合衆国のアラスカ州と、東側はノースウェスト準州と、南側はブリティッシュコロンビア州とそれぞれ隣接している。また、北部の海岸はボーフォート海に面している。カナダ最高峰のローガン山(標高5,959m)が準州の南西部にある。

北緯60度線

北緯60度線(ほくい60どせん)は、地球の赤道面より北に地理緯度にして60度の角度を成す緯線。ヨーロッパ、アジア、太平洋、北アメリカ、大西洋を通過する。

この緯度の下では、夏至点時の可照時間は18時間52分で、冬至点時は5時間52分である。

北緯70度線

北緯70度線(ほくい70どせん)は、地球の赤道面より北に70度の角度を成す緯線。北極内部にあり、大西洋、ヨーロッパ、アジア、北アメリカを通過する。また北極海の南方諸島も通過する。

この緯度の下では、5月中旬から7月下旬までの約2ヶ月半は白夜になり、11月下旬から1月中旬までの約2ヶ月間は極夜になる。

ビクトリア島(カナダ)では、ノースウエスト準州とヌナブト準州の州境を形成する緯線となっている。

北緯75度線

北緯75度線(ほくい75どせん)は、地球の赤道面より北に75度の角度を成す緯線。北極内部にあり、大西洋、北極海、ヨーロッパ、アジア、北アメリカを通過する。

この緯度の下では、4月下旬から8月中旬までの約3ヶ月間は白夜になり、11月上旬から2月上旬までの約3ヶ月間は極夜になる。

裁判所

裁判所(さいばんしょ、英: Court)は、裁判官によって構成され司法権を行使する国家機関、及びその庁舎を指す。日本語の「裁判所」は、1890年に公布された裁判所構成法(明治23年法律第6号)から一般的な呼称になった。

西経105度線

西経105度線(せいけい105どせん)は、本初子午線面から西へ105度の角度を成す経線である。北極点から北極海、北アメリカ、太平洋、南極海、南極大陸を通過して南極点までを結ぶ。

西経105度線は、東経75度線と共に大円を形成する。

西経110度線

西経110度線(せいけい110どせん)は、本初子午線面から西へ110度の角度を成す経線である。北極点から北極海、北アメリカ、太平洋、南極海、南極大陸を通過して南極点までを結ぶ。

西経110度線は、東経70度線と共に大円を形成する。

カナダの自治領測量において西経110度線は「第4経線」とされていた。しかし、当時の測量が不正確なものだったため、第4経線は実際の西経110度線よりも約400メートル西に設定された。1905年より、第4経線はアルバータ州とサスカチュワン州の境界になっている。また、西経110度線はノースウエスト準州とヌナブト準州の北緯70度線以北における境界になっているが、これは「第4経線」ではなく実際の西経110度線である。

アメリカ合衆国では、かつてジェファーソン準州の西の境界が西経110度線であった。

西経115度線

西経115度線(せいけい115どせん)は、本初子午線面から西へ115度の角度を成す経線である。北極点から北極海、北アメリカ、太平洋、南極海、南極大陸を通過して南極点までを結ぶ。

西経115度線は、東経65度線と共に大円を形成する。

西経115度線は、赤道から南緯60度線の間で南太平洋非核地帯条約の東の境界、ラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約の西の境界になっている。

西経130度線

西経130度線(せいけい130どせん)は、本初子午線面から西へ130度の角度を成す経線である。北極点から北極海、北アメリカ、太平洋、南極海、南極大陸を通過して南極点までを結ぶ。

西経130度線は、東経50度線と共に大円を形成する。

西経80度線

西経80度線(せいけい80どせん)は、本初子午線面から西へ80度の角度を成す経線である。北極点から北極海、北アメリカ、カリブ海、中央アメリカ、南アメリカ、太平洋、南極海、南極大陸を通過して南極点までを結ぶ。.

南極大陸では、西経80度線はイギリスが領有権を主張するイギリス領南極地域の西の境界となっている。ただし、西経90度線以東はチリも領有権を主張(チリ領南極)しており、領域が重なっている。

西経80度線は、東経100度線と共に大円を形成する。

西経95度線

西経95度線(せいけい95どせん)は、本初子午線面から西へ95度の角度を成す経線である。北極点から北極海、北アメリカ、メキシコ湾、中央アメリカ、太平洋、南極海、南極大陸を通過して南極点までを結ぶ。

西経95度線は、東経85度線と共に大円を形成する。

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.