正二位

正二位(しょうにい)は、日本の位階及び神階における位の一つ。従一位の下、従二位の上に位する。

解説

律令制における官位相当においては左大臣右大臣に相当し、室町幕府江戸幕府将軍もその在職中、この位階に留まることが多い。その他、大納言中納言など大臣に昇ることがない羽林家未満の公卿も昇叙によってこの位階に叙せられることがある。勲等においては、大勲位ないし勲一等と相当した。

平安時代から幕末にかけて正二位に叙せられた者のうち、贈位により正二位を受けた場合、その位階は贈正二位と表記される。

明治時代から終戦前の時代にあっては、親任官他、勅任官及び華族が叙せられる位階であった。

日本国憲法に規定される栄典としての位階は死没時に叙位されるため、内閣総理大臣など三権の長として功労ある者が死後に受けることが多い。

正二位に叙された人物

日付は叙位日。没時追賜の場合は直前の位階を参考付記。

名前 叙位日 備考・説明
石上麻呂 和銅元年正月11日
(708年2月7日)
右大臣
藤原不比等 和銅元年正月11日
(708年2月7日)
大納言

南北朝時代・室町時代

近代

氏名 主な役職 正二位に叙位された年月日 直前の位階
徳川慶頼 権大納言将軍後見職 1876年明治9年)11月16日 正三位
大原重徳 集議院(上局)長官 1879年(明治12年)4月3日 従二位
森有礼 文部大臣 1889年(明治22年)2月14日 従二位
久我敏通 権大納言 1891年(明治24年)12月17日 正三位
東久世通積 権中納言 1891年(明治24年)12月17日 従二位
坊城俊逸 権中納言 1891年(明治24年)12月17日 正三位
徳川義直 権大納言、尾張徳川家始祖 1900年(明治33年)5月4日 従二位
細川藤孝 大蔵卿法印、近世細川氏 1902年(明治35年)11月12日 従四位下
姉小路公知 右近衛少将 1906年(明治39年)9月1日 従四位下
島津忠寛 淡路守佐土原藩藩主 1907年(明治40年)10月23日 従二位
徳川治保 権中納言水戸藩藩主 1907年(明治40年)11月15日 従三位
佐竹義堯 右京大夫久保田藩藩主 1908年(明治41年)9月9日 従四位下
野津道貫 元帥 1908年(明治41年)10月18日 従二位
結城秀康 権中納言、北ノ荘藩(福井藩)藩主、越前松平家宗家初代 1909年(明治42年)9月11日 正三位
税所篤 宮中顧問官枢密顧問官子爵 1911年(明治43年)6月21日 従二位
楫取素彦 元老院議官男爵 1912年大正元年)8月14日 従二位
青木周蔵 外務大臣、子爵 1914年(大正3年)2月16日 従二位
亀井茲監 左近衛中将津和野藩藩主 1915年(大正4年)11月10日 従五位下
北畠具行 権中納言 1915年(大正4年)11月10日 従二位
横田国臣 大審院院長法学博士 1915年(大正4年)11月10日 従三位
徳川頼宣 権大納言、紀州徳川家 1915年(大正4年)11月10日 従二位
乃木希典 陸軍大将 1916年(大正5年)11月3日 従二位
徳川頼房 権中納言、水戸徳川家 1918年(大正7年)11月18日 正三位
藤原秀郷 下野守武蔵守鎮守府将軍 1918年(大正7年)11月18日 従四位下
結城宗広 上野介 1918年(大正7年)11月18日 無位
伊集院五郎 元帥 1921年(大正10年)1月13日 従二位
原敬 内閣総理大臣 1921年(大正10年)11月4日 正三位
加藤友三郎 内閣総理大臣、元帥海軍大将、子爵 1923年(大正12年)8月24日 従二位
渋沢栄一 第一銀行頭取、子爵 1931年(昭和6年)11月10日[1] 従二位
犬養毅 内閣総理大臣 1933年(昭和7年)5月16日 正三位
武藤信義 元帥陸軍大将、関東軍司令官、陸軍教育総監、男爵 1933年(昭和7年)7月27日 正三位
入江為守 皇太后宮大夫御歌所長、子爵 1936年(昭和11年)3月19日[2] 従二位
荒木寅三郎 京都帝国大学総長、学習院長、枢密顧問官 1942年(昭和17年)1月30日 従二位

日本国憲法施行後

いずれも没時追賜。

氏名 主な役職 正二位に叙位された年月日 直前の位階
松平慶民 宮内府長官 1948年昭和23年)7月18日 従二位
若槻禮次郎 内閣総理大臣 1949年(昭和24年)11月20日 従二位
關屋貞三郎 宮内次官 1950年(昭和25年)6月10日 従二位
岡田啓介 内閣総理大臣 1952年(昭和27年)10月17日 従二位
阿部信行 内閣総理大臣 1953年(昭和28年)9月7日 従二位
潮恵之輔 文部大臣 1955年(昭和30年)1月9日 従二位
林頼三郎 大審院 1958年(昭和33年)5月7日 従二位
鳩山一郎 内閣総理大臣 1959年(昭和34年)3月7日 正三位
広幡忠隆 侍従次長 1961年(昭和36年)4月12日 従二位
武者小路公共 貴族院議員、特命全権大使 1962年(昭和37年)4月21日 従二位
徳川家正 貴族院議長 1963年(昭和38年)2月18日 従二位
池田勇人 内閣総理大臣 1965年(昭和40年)8月13日 正五位
田中耕太郎 最高裁判所長官 1974年(昭和49年)3月1日 正四位
大平正芳 内閣総理大臣 1980年(昭和55年)6月12日 従五位
岸信介 内閣総理大臣 1987年(昭和62年)8月7日 正三位
三木武夫 内閣総理大臣 1988年(昭和63年)11月14日 正五位
福田赳夫 内閣総理大臣 1995年平成7年)7月5日 正五位
小渕恵三 内閣総理大臣 2000年(平成12年)5月14日 無位
竹下登 内閣総理大臣 2000年(平成12年)6月19日 正八位
鈴木善幸 内閣総理大臣 2004年(平成16年)7月19日 無位
橋本龍太郎 内閣総理大臣 2006年(平成18年)7月1日 無位

関連項目

脚注

  1. ^ 『官報』第1462号 昭和6年11月12日
  2. ^ 『官報』 第2765号 1936年3月24日 「叙任及辞令」

外部リンク

内閣総理大臣の一覧

内閣総理大臣の一覧(ないかくそうりだいじんのいちらん)は、日本の行政府の長である内閣総理大臣を務めた人物の一覧である。

原敬

原 敬(はら たかし、安政3年2月9日(1856年3月15日) - 大正10年(1921年)11月4日)は、日本の外交官、政治家。位階勲等は正二位大勲位。幼名は健次郎(けんじろう)。号は一山、逸山(いつざん)。

外務次官、大阪毎日新聞社社長、立憲政友会幹事長、逓信大臣(第11・16代)、衆議院議員、内務大臣(第25・27・29代)、立憲政友会総裁(第3代)、内閣総理大臣(第19代)、司法大臣(第22代)などを歴任した。

『郵便報知新聞』記者を経て外務省に入省。後に農商務省に移って陸奥宗光や井上馨からの信頼を得た。

陸奥外務大臣時代には外務官僚として重用されたが、陸奥の死後退官。その後、発足時から政友倶楽部に参加して政界に進出。大正7年(1918年)に総理大臣に就任。戦前期日本の貴族制度であった華族の爵位の拝受を固辞し続けたため、「平民宰相(へいみんさいしょう)」と渾名された。

大正10年(1921年)11月4日、東京駅丸の内南口コンコースにて、大塚駅の駅員であった青年・中岡艮一に襲撃され、殺害された(原敬暗殺事件)。満65歳没。墓所は岩手県盛岡市の大慈寺。

「はら けい」という読みが用いられるケースもある(原敬記念館、『原敬日記』など)。

足尾銅山の副社長にも就いていた。

土方久元

土方 久元(ひじかた ひさもと、天保4年10月12日(1833年11月23日) - 大正7年(1918年)11月4日)は、日本の武士(土佐藩士)、政治家である。栄典は正二位勲一等伯爵。幼名は大一郎。通称は楠左衛門。号は秦山。

太政大臣

太政大臣(だいじょうだいじん/だじょうだいじん)は、太政官の長官。前近代日本の律令官制と明治時代の太政官制における朝廷の最高職。唐名は「(大)相国」「太師」。和訓は「おおまつりごとのおおまえつぎみ/おおきおとど」。定員1名。具体的な職掌のない名誉職で、適任者がなければ設置しない則闕(そっけつ)の官とされた。

征夷大将軍

征夷大将軍(せいいたいしょうぐん、旧字体:征夷大將軍)は、朝廷の令外官の一つである。「征夷」は、蝦夷を征討するという意味。

飛鳥時代・奈良時代以来、東北地方の蝦夷征討事業を指揮する臨時の官職は、鎮東将軍・持節征夷将軍・持節征東大使・持節征東将軍・征東大将軍などさまざまにあったが、奈良末期に大伴弟麻呂が初めて征夷大将軍に任命された。征夷大将軍(征夷将軍)の下には、征夷副将軍・征夷軍監・征夷軍曹、征東将軍(大使)の下には、征東副将軍(副使)・征東軍監・征東軍曹などの役職が置かれた。

大伴弟麻呂の次の坂上田村麻呂は阿弖流為を降して勇名を馳せたが、次の文室綿麻呂が征夷将軍に任ぜられた後は途絶えた。平安中期に藤原忠文が征東大将軍に任ぜられたが、これは平将門討伐のためであって、蝦夷征討を目的としたものではなかった。なお従来、源義仲が平安末期、征夷大将軍に任ぜられたとされてきたが、後述のとおり、義仲が任命されたのは征東大将軍である。

平氏政権・奥州藤原氏を滅ぼして武家政権(幕府)を創始した源頼朝は「大将軍」の称号を望み、朝廷は坂上田村麻呂が任官した征夷大将軍を吉例としてこれに任じた。以降675年間にわたり、武士の棟梁として事実上の日本の最高権力者である征夷大将軍を長とする鎌倉幕府・室町幕府・江戸幕府が(一時的な空白を挟みながら)続いた。慶応3年(1867年)徳川慶喜の大政奉還を受けた明治新政府が王政復古の大号令を発し、征夷大将軍職は廃止された。

従一位

従一位(じゅいちい)は、日本の位階及び神階の位の一つ。正一位の下に位し、正二位の上位にあたる。

従二位

従二位(じゅにい)は、日本の位階及び神階における位の一つ。正二位の下、正三位の上に位する。

徳川義直

徳川 義直(とくがわ よしなお)は、江戸時代初期の大名。徳川家康の九男。尾張藩の初代藩主で、尾張徳川家の始祖である。

徳川頼宣

徳川 頼宣(とくがわ よりのぶ)は、徳川家康の十男で、紀州徳川家の祖。常陸国水戸藩、駿河国駿府藩を経て紀伊国和歌山藩の藩主となった。母は側室の養珠院(お万の方)である。8代将軍徳川吉宗の祖父にあたる。幼名は長福丸、元服に伴い頼将(よりのぶ)と名乗り、元和年中に頼信、さらに頼宣に表記を改める。初任官が常陸介であったため、子孫も代々常陸介に任官した。

摂政・関白の一覧

日本の摂政および関白(摂関)の一覧。

なお、摂政・関白の具体的な職掌などについてはそれぞれの項目を参照のこと。

森有礼

森 有礼(もり ありのり、正字体:森 有禮、1847年8月23日(弘化4年7月13日) - 1889年(明治22年)2月12日)は、日本の武士(薩摩藩士)、外交官、政治家。通称・助五郎、金之丞。栄典は贈正二位勲一等子爵。

第1次伊藤内閣で初代文部大臣となり、諸学校令制定により戦前の教育制度を確立した。また明六社、商法講習所(一橋大学の前身)の設立者、東京学士会院(日本学士院の前身)会員であり、明治六大教育家に数えられる。

正一位

正一位(しょういちい)は、位階及び神階のひとつ。諸王及び人臣における位階・神社における神階の最高位に位し、従一位の上にあたる。

正三位

正三位(しょうさんみ)とは、位階及び神階のひとつ。従二位の下、従三位の上に位する。日本では「おおいみつのくらい」とも読む。

清棲家教

清棲 家教(きよす いえのり、文久2年5月22日(1862年6月19日) - 大正12年(1923年)7月13日)は、皇族(伏見宮家)出身の日本の華族(伯爵)。佛光寺第26代管長を務めたあと還俗し、貴族院議員、官選県知事などを務めた。

田中耕太郎

田中 耕太郎(たなか こうたろう、1890年(明治23年)10月25日 - 1974年(昭和49年)3月1日)は、日本の法学者、法哲学者。東京帝国大学大学法学部長、第1次吉田内閣文部大臣、第2代最高裁判所長官、国際司法裁判所判事、日本学士院会員。日本法哲学会初代会長。文化勲章、勲一等旭日桐花大綬章を受章。大勲位菊花大綬章を没後叙勲、正二位を追贈された。

福田赳夫

福田 赳夫(ふくだ たけお、1905年(明治38年)1月14日 - 1995年(平成7年)7月5日)は、日本の政治家、大蔵官僚。位階は正二位。勲等は大勲位。

衆議院議員、農林大臣(第2次岸改造内閣)、大蔵大臣(第1次佐藤第1次改造内閣・第2次佐藤第2次改造内閣・第3次佐藤内閣・第2次田中角栄第1次改造内閣)、外務大臣(第3次佐藤改造内閣)、行政管理庁長官(第2次田中角栄内閣)、経済企画庁長官(三木内閣)、内閣総理大臣(福田赳夫内閣)などを歴任した。

藤原秀郷

藤原 秀郷(ふじわら の ひでさと)は、平安時代中期の貴族、豪族、武将。下野大掾・藤原村雄の子。

室町時代に「俵藤太絵巻」が完成し、近江三上山の百足退治の伝説で有名。もとは下野掾であったが、平将門追討の功により従四位下に昇り、下野・武蔵二ヶ国の国司と鎮守府将軍に叙せられ、勢力を拡大。死後、正二位を追贈された。源氏・平氏と並ぶ武家の棟梁として多くの家系を輩出した。

青木周蔵

青木 周藏(あおき しゅうぞう、1844年3月3日(天保15年1月15日) - 1914年(大正3年)2月16日)は、明治、大正期の日本の外交官、政治家。栄典は贈正二位贈勲一等子爵。

鳩山一郎

鳩山 一郎(はとやま いちろう、1883年(明治16年)1月1日 - 1959年(昭和34年)3月7日)は、日本の政治家、弁護士。第52・53・54代内閣総理大臣。位階勲等は正二位大勲位。55年体制最初の内閣総理大臣。

日本の位階

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.