椿海

椿海(つばきのうみ)は、九十九里浜の北部、現在の千葉県東庄町旭市匝瑳市の境界付近に、江戸時代初期まで存在したである[1]江戸時代に作成された『下総之国図』(船橋市西図書館所蔵)では、太田ノ胡水と表記されている。

伝えられるところでは東西3里南北1里半(約51平方キロメートル)の大きさがあったと言われている。

概要

椿海は、この地にあった入り江が、犬吠埼方面からの砂洲の形成によって出口を塞がれてできた湖である。

昔、この地に邪神が住む椿の大木があり、香取神宮がこれを東方の海中に椿の木ごと放逐したところ、その跡地に水が溜まって海になったという伝説がある。

縄文時代の丸木舟が、栗山川(椿海水系)で80例出土し、日本全体の出土の40パーセントに相当する。香取海と合わせて水上交通が活発だったと考えられている。

徳川家康関東移封に伴い、木曾義昌義利父子が近くの下総国阿知戸(現在の旭市網戸)に封じられ、義昌は死後椿海に水葬されたと伝えられている[2]。その後義利の代に木曾氏改易された。

江戸時代初期に江戸の町人・杉山三郎衛門が江戸幕府干拓を申請した。しかし、この申請は椿海を水源としている下流の村々が渇水による被害を受けるという理由で許可されなかった。続いて、白井治郎右衛門が友人の幕府大工頭辻内刑部左衛門とともに再度申請、この際辻内は自分が帰依していた黄檗宗僧侶鉄牛道機の援助を求めた。鉄牛は幕府首脳に進言し、下流の村々の反対があったが人口が激増していた江戸の町の食料事情もあって強行され、寛文8年(1668年)に工事が開始された。ところが白井は破産し、辻内が病没すると資金難もあり事業継続が困難となった。そこで鉄牛が老中稲葉正則と談判して6,000両の融資を受ける事に成功し、改めて辻内の婿養子・善右衛門と江戸商人の野田市郎右衛門・栗本源左衛門に工事の継続が命じられた。翌年より1年がかりで新川の開削に成功すると排水が進み、寛文11年(1671年)には新田開発が出来るまでになった。この間の3年間でのべ8万人の人員が工事に動員されたといわれている。延宝2年(1674年)からは1町歩あたり5両で干拓地の売却が開始された。

途中、貞享3年(1686年)には工事の責任者である3人(辻内・野田・栗本)に不正があったとして追放処分を受けるが、新田開発は順調に進み、元禄2年(1695年)の幕府の検地により、「干潟8万石」18ヶ村(春海・米持・秋田・万力・入野・米込・関戸・万歳・八重穂・夏目・幾世・清瀧・大間手・長尾・高生・琴田・鎌数・新町)が成立した。

元々湖であったこの干拓地は水害の被害を受けやすく、干拓地の排水を優先した幕府は下流にを設けることを禁じ、下流では渇水による被害を受けやすい状況となり、干拓地とその周辺では水害と旱魃に苦しめられることが少なくなかった。また、その後利根川東遷事業の影響などで下総台地を挟んだ利根川沿いでも水害に悩まされるようになっていた。そして昭和初期には排水と利水を両立させる大利根用水が計画され終戦後の昭和25年(1950年)に完成、ようやく水害と旱魃から開放されたかのようにも思われた。だが、昭和30年(1955年)には塩害が発生、翌年以降塩害の被害が拡大した。このため利根川河口堰の計画が昭和39年(1964年)に決定され、昭和46年(1971年)に竣工した。

脚注

  1. ^ 下総国香取匝瑳海上郡の境界の地にあたる
  2. ^ 『旭市史 第一巻通史編・近代史料編』(1980年、54頁)

参考文献

  • 千葉大百科事典(千葉日報社、1982年)
  • 千葉県史
  • 『旭市史 第一巻通史編・近代史料編』(1980年)

関連項目

外部リンク

1660年代

1660年代(せんろっぴゃくろくじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1660年から1669年までの10年間を指す十年紀。

ツバキ

ツバキ(椿、海柘榴)またはヤブツバキ(藪椿、学名: Camellia japonica)は、ツバキ科ツバキ属の常緑樹。照葉樹林の代表的な樹木。

日本内外で近縁のユキツバキから作り出された数々の園芸品種、ワビスケ、中国・ベトナム産の原種や園芸品種などを総称的に「椿」と呼ぶが、同じツバキ属であってもサザンカを椿と呼ぶことはあまりない。

九十九里平野

九十九里平野(くじゅうくりへいや)は、千葉県東部、九十九里浜の背後に広がる平野である。

八日市場市

八日市場市 (ようかいちばし) は、千葉県の北東部、九十九里浜沿いに存在した市。2006年1月23日、隣接する匝瑳郡(そうさぐん)野栄町と合併して匝瑳市となった。

匝瑳市

匝瑳市(そうさし)は、千葉県北東部の海匝地域に位置する八日市場を中心部とする市。植木・苗木の産地として知られ、日本最大の栽培面積である。

匝瑳市内循環バス

匝瑳市内循環バス(そうさしないじゅんかんバス)は、千葉県匝瑳市のコミュニティバスである。千葉交通多古営業所とJRバス関東東関東支店が受託している。

匝瑳郡

匝瑳郡(そうさぐん)は、千葉県(下総国)にあった郡。令制国成立以前からの郡とされるが、平安時代末には荘園に分割されるなどの変遷を経て、その後再発足、平成の大合併で消滅した。

海上郡と合わせた地域が海匝と呼ばれ、香取郡も合わせて香取海匝と呼ばれる場合がある。

千葉県道56号佐原椿海線

千葉県道56号佐原椿海線(ちばけんどう56ごう さわらちんかいせん)は千葉県香取市から、千葉県旭市に至る県道(主要地方道)である。

大利根用水

大利根用水(おおとねようすい)は、千葉県北東部の利根川沿岸地域の排水と、九十九里平野北部の地域への農業用水の供給を目的とした用水路。疏水百選に選定されている。

干潟駅

干潟駅(ひがたえき)は、千葉県旭市ニにある、東日本旅客鉄道(JR東日本)総武本線の駅である。駅名の「干潟」は椿海に由来する。

平和村 (千葉県)

平和村(へいわむら)は、千葉県匝瑳郡にかつて存在した村である。

新川 (千葉県)

新川(しんかわ)は、千葉県旭市・匝瑳市・香取郡東庄町を流れる二級河川。江戸時代初期の椿海干拓の際に湖水を抜くため掘られた人工河川である。刑部川(ぎょうぶがわ)とも呼ばれる。

新田

新田(しんでん)とは、新たに田や畑などとするため開墾して出来た農地のことである。また、その地名。その開墾までの流れを新田開発といい、本項では新田開発も含めて解説する。

旭市

旭市(あさひし)は、千葉県北東部の海匝地域に位置する市。基幹産業として近郊農業が盛んであり、千葉県内第1位・全国第5位の農業産出額である。

木曾義昌

木曾 義昌(きそ よしまさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。信濃国木曾谷の領主木曾氏の第19代当主。幼名は宗太郎。左馬頭、伊予守。木曾義康の長子。弟に上松義豊。正室は武田信玄の娘・真竜院(真理姫)。子に千太郎、義利、義春、義通、娘(毛利高政正室)などがいる。

椿海村

椿海村(ちんかいむら)は、千葉県匝瑳郡にかつて存在した村である。

海上町

海上町(うなかみまち)は、千葉県の東部、海上郡(かいじょうぐん)にあった町。約半分が「椿海」という湖であった。

豊和村 (千葉県)

豊和村(とよわそん)は、千葉県匝瑳郡にかつて存在した村である。現在は匝瑳市立豊和小学校等にその名をとどめる。

鉄牛道機

鉄牛道機(てつぎゅう どうき、寛永5年7月26日(1628年8月25日) - 元禄13年8月20日(1700年10月2日))は、江戸時代前期の黄檗宗の禅僧。号は自牧子。諡号は大慈普応国師。長門生まれ(石見とする異説もある)。

因幡龍峯寺(鳥取県鳥取市)で修行後、長崎に滞在していた隠元隆琦に参禅して萬福寺創建に従事した。ついで隠元の高弟木庵性瑫に師事して鉄牛道機と名を改め、その法を嗣いだ。教禅一致の立場に立って教化につとめ、宇治黄檗山萬福寺の造営に尽くし、京都洛西葉室山浄住寺を中興、相模小田原藩主稲葉正則の招きで紹太寺、江戸弘福寺などの開山となる。鉄眼道光の「大蔵経」の開版に協力し、下総匝瑳郡の椿海の干拓などの社会事業にも力を入れた。

その後、人々に乞われて椿海跡地近くに福聚寺(千葉県東庄町)を建ててそこで没した。

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.