暗礁

暗礁(あんしょう、sunken rock)は、常に水面下にある岩礁である[1]岩石珊瑚礁などでできており、船舶にとっては座礁の恐れがある危険な場所となっている。

定義

海図では、潮の干満を基準に岩礁を「水上岩」、「干出岩」、「洗岩」、「暗岩」に区別し、記号や数字で表す。これらは以下のように定義される[2]。このうち暗岩が、一般には暗礁と呼ばれる。

  • 水上岩 - 最高水面(略最高高潮面)より上にある岩[2]。満潮時も含め常に水面上に露出している。海図以外では、顕岩、顕礁とも呼ばれる[1]
  • 干出岩 - 最低水面(略最低低潮面)と最高水面との間にある岩[2]。満潮時には水没し、干潮時に水面上に露出する。海図以外では、干出礁とも呼ばれる[1]
  • 洗岩 - 最低水面(略最低低潮面)と同じ高さの岩[2]。干潮時、岩頂が水面とほぼ同じ高さになる。
  • 暗岩 - 最低水面(略最低低潮面)より下にある岩。干潮時も含め常に水面下に没している。海図以外では、暗礁とも呼ばれる[1]

領海等

海洋法に関する国際連合条約(国連海洋法条約)第121条では、自然に形成された陸地で、水に囲まれ、高潮時にも水面上にあるものをと定義し、島に領海接続水域排他的経済水域大陸棚を認めている。ただし、上記の条件を満たしても、人間の居住又は独自の経済的生活を維持することができないものはとされ、排他的経済水域、大陸棚を有さない(領海、接続水域は有する)とされる。この定義によれば、干出岩、洗岩、暗岩は、国連海洋法条約上は島でも岩でもないため、領海、接続水域、排他的経済水域、大陸棚を有さない。ただし、干出岩が低潮高地と認められた場合、干出岩の低潮線を領海の基線にすることができる。

派生

慣用句で、何かが障害となり物事がうまく進行しないことを「暗礁に乗り上げる」という。

脚注

  1. ^ a b c d 暗礁(あんしょう)とは コトバンク
  2. ^ a b c d 海は危険がいっぱい 第六管区海上保安本部せとうち情報局

関連項目

ウルシー環礁

ウルシー環礁(ウルシーかんしょう、Ulithi Atoll)は、西太平洋カロリン諸島東北端、ヤップ島の約100km東北東(北緯10度00分 東経139度40分)に位置する環礁である。ウリシ環礁、ウリシー環礁、ユリシ環礁、ユリシー環礁とも表記される。

ガベン礁

ガベン礁(ガベンしょう、英語:Gaven Reefs、中国語: 南薰礁、ベトナム語: Đá Ga Ven/Đá Lạc / 𥒥Ga Ven・𥒥樂、タガログ語:Burgos)は、南シナ海のスプラトリー諸島(南沙諸島)にある暗礁である。南沙諸島海域における中華人民共和国の人工島建設によって、海面上に地盤や施設が築かれている。

太平島から12海里以上離れた南北2つの暗礁からなる。北側の暗礁は概ね菱形で広さ約86haで、南側は広さ約67ha。

中華人民共和国、中華民国(台湾)、ベトナムが主権を主張しているが、中国が実効支配している。

ベトナムが占領していたが、1988年のスプラトリー諸島海戦(赤瓜礁海戦)で中国がベトナムから奪取した。1992年7月4日には、中国海軍が暗礁に上陸し、領土標識を立てている。2013年3月には、中国海軍南海艦隊が巡回を行っている。

2014年7月に、中国が暗礁の埋め立てを開始していることがフィリピン軍によって確認されており、陸地面積が広がるとともに大型船が接近できるようになっているとされる。

2016年1月22日には、アメリカのシンクタンクのCSIS(戦略国際問題研究所)が、埋め立てられた人工島にレーダー設備と見られる施設が建設されていることを明らかにした。CSISの分析では2014年3月以降に埋め立てられた人工島の面積が約0.14 km2となっている。CSISが同年12月13日に公開した人工衛星が撮影した画像(11月撮影)では、周辺の各島とともに対空兵器らしき装備が写っていた。

2016年7月12日の常設仲裁裁判所による裁定では、フィリピンの低潮高地であるとの主張に対して、北側の暗礁は排他的経済水域および大陸棚を有さない岩であり、南側の暗礁は低潮高地(英語:low-tide elevation)であるとの判断が下された。

クアテロン礁

クアテロン礁(クアテロンしょう、英語:Cuarteron Reef、ベトナム語: Đá Châu Viên / 𥒥洲圓、中国語: 華陽礁)は、南沙諸島にある暗礁である。クアルテロン礁とも表記される。

中華人民共和国が実効支配し、中国人民解放軍海軍南海艦隊が駐留しているが、中華民国(台湾)、ベトナムおよびフィリピンも主権を主張している。

ベトナムが実効支配していたが、1987年5月に中国の国家海洋局南沙考察隊が領有を主張するための主権碑を建設。1988年のスプラトリー諸島海戦(赤瓜礁海戦)では、中国人民解放軍がベトナム軍を攻撃し、クアテロン礁を含む6つの暗礁を奪った。

2014年には、中国がこの岩礁の埋め立てを開始していることがフィリピン軍によって確認されている。

2015年10月9日には、5月から建設されていた高さ50メートルの灯台の完成式典が中国交通運輸部によって行われ、運用を開始した。

2016年1月22日には、アメリカのシンクタンクのCSIS(戦略国際問題研究所)が、埋め立てられた人工島(面積約0.2平方キロメートル)に高周波レーダー設備とみられる施設が建設されていることを明らかにした。

2016年7月12日の常設仲裁裁判所による裁定で、国連海洋法条約における「人間の居住又は独自の経済的生活を維持することのできない岩」であり、排他的経済水域および大陸棚を有さない岩であると認定された。

グレート・バリア・リーフ

グレート・バリア・リーフ(英: Great Barrier Reef)は、オーストラリア北東岸に広がる世界最大のサンゴ礁地帯。漢字表記は大堡礁(だいほしょう)。南緯10度から24度にかけて広がり、2600km(1,600マイル)を超える長さに2,900以上の暗礁群と約900の島を持ち、総面積は344,400km2以上となる。地理的な位置は、クイーンズランド州沿岸の珊瑚海に存在する。

コンウェイ暗礁プレート

コンウェイ暗礁プレート(英語:Conway Reef Plate)とは、南太平洋のフィジーの西に位置するプレート。基本的に収束型境界に囲まれており、北をバルモーラル暗礁プレート(一部に横ずれ型境界あり)、東及び南をオーストラリアプレートに、西をニューヘブリデスプレートに囲まれている。

ジェームズ礁

ジェームズ礁(ジェームズしょう)は、南シナ海のスプラトリー諸島(南沙諸島)南方に位置するさんご礁性の暗礁。ボルネオ島のマレーシア サラワク州から約80kmのマレーシアの排他的経済水域内にある。便宜上、スプラトリー諸島に含めることもある。

英語でJames Shoal、マレー語でBeting Serupai、中国語で曾母暗沙。日本では英名を取り、ジェームズ礁と呼ばれる。

ジョンソン南礁

ジョンソン南礁(ジョンソンみなみしょう、英語: Johnson South Reef、Johnson Reef、中国語: 赤瓜礁(Chì guā jiāo、チーグゥァジァオ)、ベトナム語: Đá Gạc Ma / 𥒥坧麻、タガログ語: Mabini)は、南シナ海 南沙諸島のユニオン堆(英語:Union Banks、中国語: 九章群礁)の南西に位置する岩礁である。ジョンソンサウス礁とも呼ばれる。現在は中華人民共和国が実効支配し、海南省の一部としている。

デラーズ・フリート

デラーズ・フリートは、OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場する架空の軍事勢力。ギレン総帥直属の親衛隊を中核としたジオン軍の残党勢力で、一年戦争終了から3年後の宇宙世紀0083年、地球連邦政府に対して宣戦を布告する。

バルモーラル暗礁プレート

バルモーラル暗礁プレート(英語:Balmoral Reef Plate)とは、南太平洋のフィジー北部に位置するプレートである。北側から右回りに太平洋プレート、オーストラリアプレート、コンウェイ暗礁プレート、ニューヘブリデスプレートと接している。プレートの北側及び東側のみは断裂帯であり、その他は横ずれ型若しくは収束型境界となっている。

ヒューズ礁

ヒューズ礁(ヒューズしょう、英語:Hughes Reef、中国語: 东门礁、ベトナム語:ベトナム語: đá Tư Nghĩa / 𥒥思義)は、南沙諸島中央部にあるユニオン堆(英語:Union Bank、中国語: 九章群礁)と呼ばれる群礁の北縁中部にあるサンゴ礁である。

本来の天然の地形は満潮時に海中に没する低潮高地である。低潮高地はそれ自身を起点にした領海、排他的経済水域、大陸棚の一切を持たない。満潮時に海中にある暗礁全体の大きさは、南北約2km、東西約1.9km、面積は約2平方kmほどである。

かつてはベトナムの管理下にあったが、1988年のスプラトリー諸島海戦(赤瓜礁海戦)で、中国人民解放軍がベトナム軍を攻撃して奪った。現在、中華人民共和国が実効支配し、中国人民解放軍海軍の陸戦隊が常駐している。この暗礁をめぐり、中華民国(台湾)とベトナムが管轄権を主張している。

2014年から2015年にかけて、中国がこの環礁を埋め立てて人工島を建設しており、その面積が75,000㎡に拡大している。国連海洋法上この暗礁に人工島を建設することが許されるのは、暗礁が公海下にある場合を除き、自国の排他的経済水域もしくは大陸棚内のいずれかに暗礁が含まれている国だけである。また人工島を根拠にそれを起点とした領海、排他的経済水域、大陸棚の一切を主張できない。

ファイアリー・クロス礁

ファイアリー・クロス礁(ファイアリー・クロスしょう、英語:Fiery Cross Reef、ベトナム語: Đá Chữ Thập / 𥒥𡨸十、中国語: 永暑礁)は、南沙諸島にある環礁。中華人民共和国により南西部の岩礁周辺が埋め立てられ、南沙諸島最大の人工島(中国名:永暑島、中国語: 永暑岛)が造成されている。

プレート

プレート(英: tectonic plate)は、地球の表面を覆う、十数枚の厚さ100kmほどの岩盤のこと。リソスフェア(岩石圏)とほぼ同じで、地殻とマントルの最上部を合わせたもの。

主権礁

主権礁(英語:Empire Reef、ベトナム語: Đá Đức Hoà / 𥒥德和)は、南沙諸島のユニオン堆(英語:Union Banks、中国語: 九章群礁)と呼ばれる堆の北東端にある暗礁である。長線礁と牛軛礁の間にある。

中華人民共和国が主権礁を実効支配しているが、ベトナム及び中華民国(台湾)とフィリピンも主権を主張している。

岩礁

岩礁(がんしょう、英語:rock reef)とは、主に海で水中に隠れたり、水面上にわずかだけ姿を現している岩。

座礁

座礁(ざしょう)とは、船舶が暗礁や浅瀬に乗り上げ、動けなくなることを指す。元々の用字は坐礁である。擱座(かくざ)ともいう。

座礁した船舶は、海底の地形などによっては座礁後に横転・転覆してしまうこともあり、岩など固い障害物の上に座礁した場合、座礁したと同時に船体に穴があいたり、あるいは波によって繰り返しゆさぶられる間に穴が開き、海水が流入し沈没してしまう場合もある。船の操縦者が通常行っている操船が一切できなくなり、自力で打てる対応策がほとんど残されていない危機的な状態であり、一般的に船乗りからは非常に恐れられている。

基本的には海難事故として発生している。ただし例外的に、沈没を免れるために意図的に座礁させる場合や、軍事的な港湾封鎖(閉塞作戦)のために意図的に船舶を座礁させる場合もある。

また、クジラやイルカなどの海洋生物が潮流で乗り上げてしまうことも座礁と呼ばれる。生きたまま座礁する場合はライブストランディングとも呼ぶ。(座礁鯨も参照の事)

浅瀬

浅瀬(あさせ、英: ford)は、川や湖、海などといった水のある地形のうち、水深が極めて浅い部分のことである。日本で一般的に浅瀬と言うと、日本人の平均的な身長の成人の足が地面に付いた状態でも顔が水面より上にあるところを指す。また船にとって浅瀬と言うと船の大きさにもよるが、船の下部が水底に接触するかしないかの運航が難しいエリアを言う。船が浅瀬に進入すると、身動きが取れなくなる。船が浅瀬や、暗礁に乗り上げることを「座礁する」という。クジラやイルカも潮の流れで浅瀬に乗り上げる、または打ち上げられることがある。

近代以前には人馬で川や海を渡れる場所では陸上交通の一部としてよく利用されてきた。各地に海の浅瀬や砂州を道路として使っていたことを示す地名(海の中道・天の橋立)、川の浅瀬を渡る場所を示す川越・渡・洗越などの地名が残る。海は潮汐、川は降水によって、水量が増すと渡れなくなるため、重要な街道の両岸では旅人が渡る時期を待つため、宿場町街などが形成されることが多い。

都市開発において浅瀬は都合が良く、水深が浅い分、埋立地を造成するために必要な土砂や労力が比較的少なく済むため、費用も安上がりになる。また海の場合、浅瀬の沖合いが急に深くなっていると、高い波が発生してサーファーたちには好都合になる。どんな場合でも入水すると水深が浅くとも溺れる可能性はある。

瓊礁

瓊礁(中国名。英語:Lansdowne Reef、ベトナム語: Đá Len Đao / 𥒥縺刀)は、南沙諸島のユニオン堆(英語:Union Banks、中国語: 九章群礁)と呼ばれる堆の南西端に位置する暗礁である。屈原礁(中国名)から北東に1.6カイリ離れている。

1988年からベトナムがこの暗礁を実効支配している。一方、中華人民共和国、中華民国(台湾)、フィリピンも主権を主張している。

中国語名の瓊礁は、海南島の漁民がそこでよく作業しているから、海南島の別称である「瓊」と名づけられたとされる。

蘇岩礁

蘇岩礁(そがんしょう)は、東シナ海にある暗礁。蘇岩礁は中華人民共和国における呼称であり、大韓民国では、離於島(イオド)、波浪島(パランド)と呼称している。英語名はソコトラ岩 (Socotra Rock) である。

間崎島

間崎島(まさきじま)は三重県志摩市志摩町和具にある、英虞湾に浮かぶ島。島名は、志摩方言で暗礁と暗礁の間にある砂浜を「マ」ということから、地形にちなんだ名称であると考えられる。島は東西約2km、南北約0.5kmと東西に長く、最高標高は18.5m、リアス式海岸特有の複雑な海岸線をなす。湾内では賢島に次いで面積が大きい。和具から4.1km、賢島から3.0kmの位置にある。

集落は島の南西部にあり、89人(2016年6月30日現在、住民基本台帳人口)が暮らす。島民の姓は7割が「岩城」か「山本」である。真珠養殖とイワシ漁を中心とする水産業が主な産業とである。

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.