明治開化 安吾捕物帖

明治開化 安吾捕物帖』(めいじかいか あんごとりものちょう)は坂口安吾の連作時代推理小説。「明治開化」は角書。

新潮社の雑誌『小説新潮』に、1950年昭和25年)10月号から1952年(昭和27年)8月号まで連載された。全20話。連載時の題名は「帖」のつかない明治開化 安吾捕物』であったが、単行本化に際して改題された。筑摩書房版『坂口安吾全集』(1998年 - 2012年)では、連載時と同じ『明治開化 安吾捕物』の題名で第10巻に収録されている。

捕物帖」という題名であるが、舞台となる時代は江戸時代ではなく明治時代中期である(第1話「舞踏会殺人事件」では「明治十八九年」、つまり1885年 - 1886年と明言されている)。紳士探偵の結城新十郎が難事件を次々と解決する、という筋書きであるが、勝海舟が、いつも推理を外してしまう「トンマな探偵」[1]の役割で登場する、という点が大きな特徴となっている。

都筑道夫は、発表当時は捕物帳ものは推理小説ファンから低く見られていたため、初出時には意図的に「捕物帖」という表現を避けて「安吾捕物」としたのではないか、と推測している[2]

明治開化 安吾捕物帖
作者 坂口安吾
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 推理小説捕物帳
発表形態 雑誌連載
初出小説新潮
1950年10月 - 1952年8月
刊行 日本出版協同
1953年 - 1954年
Portal.svg ウィキポータル 文学

概要

坂口安吾自身が「読者への口上」[1]で整理しているところによれば、各エピソードのプロットは基本的に次のようなパターンからなっている。

  1. 剣術使いの泉山虎之介が勝海舟邸を訪ね、泉山の隣に住む紳士探偵・結城新十郎が捜査している事件についての説明を始める。(この場面は省略されることもある。)
  2. 事件の説明。
  3. 海舟が虎之介に自分の推理を披露する。
  4. 新十郎が真相を明かす。
  5. 海舟が、自分の推理が外れたことについて負け惜しみを言う。

安吾は、「捕物帖のことですから決して厳密な推理小説ではありません」と断りつつも、「捕物帖としては特に推理に重点をおき、一応第二段に推理のタネはそろえておきますから、お慰みに、推理しながら読んでいただいたら退屈しのぎになるかも知れません」として、本格推理小説としての謎解きに重点をおいて執筆したことを明らかにしている。エピソードによっては「犯人をお当て下さい」という読者への挑戦が挿入されていることもある。また、勝海舟が名探偵の引き立て役をつとめていることについては、「海舟という明治きっての大頭脳が失敗するのですから、この捕物帖の読者は推理が狂っても、オレもマンザラでないなと一安心していただけるでしょう」と説明している[1]

ただし、このパターンは連載後半では崩れる。海舟は、第10話「冷笑鬼」以降は自分の推理を披露しないことが多くなり、第15話「赤罠」以後は、第16話「家族は六人・目一ツ半」を除いて全く登場しなくなる。

登場人物

結城新十郎
紳士探偵。東京・神楽坂在住。右隣に泉山虎之介、左隣に花廼屋因果が住んでいる。旗本の家系で、父親は徳川家重臣の一人。洋行帰りの美男子であり、優れた推理能力を持つ。警視庁から探偵長に迎えたいと言われたが、役所勤めを嫌って断り、警視庁雇という身分で活動している。独身。
「探偵とは正義のために戦うことを務めとし、いかなる人々の秘密をも身命にかえて守ることを誇りと致す者です」(第19話「乞食男爵」)という信条の持ち主で、世間では「名利にうとく、ただ正義を愛するために犯罪を解く人」(第14話「ロッテナム美人術」)として知られている。また人情家でもあり、事情によっては、犯人がわかっていてもわざと見逃すこともある。
海舟と直接関わり合いを持つ場面は少ないが、海舟とは互いに信頼し合う間柄であり、新十郎のほうから海舟の意見を聞きに行くこともある(第14話「ロッテナム美人術」)。虎之介を通じて海舟の推理を聞くことを楽しみにしている(第18話「踊る時計」)。
勝海舟
東京・氷川の邸宅に隠居している。弟子の虎之介から新十郎が捜査している事件についての報告を聞き、安楽椅子探偵として自らの推理を披露するが、ほとんどの場合は外してしまう(作中では一度だけ真犯人を言い当てたことがあるが、このときは意外な内容のため虎之介の方が本気にしなかった)。後で虎之介を通じて真相を知らされると、負け惜しみを言ったり、虎之介をからかってはぐらかしたりする。
新十郎のことは高く評価して信頼を寄せており、第13話「幻の塔」では近所で起こった殺人事件を捜査させるために新十郎を呼び出し、さらには捜査に行き詰った新十郎にヒントを与えている。
第15話と第17 - 20話には登場しない。
泉山虎之介
剣術使い。勝海舟門下で、海舟が官職について多忙になってからは山岡鉄舟に預けられた。神楽坂で道場を開いているがあまり流行っておらず、そのかたわら、警視庁雇として巡査に剣術を教えている。着流しを着ており図体が大きい。
探偵癖があり、隣の結城新十郎のもとに事件が持ち込まれると、頼まれてもいないのに首を突っ込んでくるため、新十郎からは押しかけ助手扱いされている。新十郎に対して一方的なライバル意識を持っており、なにかと自分の推理を披露したがるが、当たったためしがない。そのため師の海舟に智恵を借りにいく。
第19・20話には登場しない。
花廼屋(はなのや)因果
戯作者。元は薩摩藩士で、鳥羽伏見の戦争上野寛永寺の戦いでは鉄砲組の小隊長として戦ったが、維新後は戯作者に転向し、人気作家となっている。「田舎通人、神仏混合、花廼屋因果」と呼ばれており、自分でもそう名乗っている。気取り屋で、常に洋装でハットをかぶり、ステッキを手に持って巻タバコを加えている。
虎之介に輪をかけた探偵癖の持ち主で、隣の新十郎のもとに事件が持ち込まれると、頼まれてもいないのに首を突っ込む。そのため、新十郎からは虎之介ともども押しかけ助手として扱われている。虎之介としばしば推理を競わせるが、やはり当たったためしがない。新十郎が犯人を指名すると、真っ先にとびかかって捕らえ、自分が推理して犯人を当てたかのように満足する。
第14話と第18 - 20話には登場しない。
古田鹿蔵
老巡査。結城新十郎付きの巡査で、重大事件があると新十郎宅にかけつけて捜査に協力する。
第1・2・4・5・11・16・17・19話に登場。
お梨江
政商加納五兵衛の娘。18歳。学習院卒の美人だが、自由奔放な性格で乗馬が趣味。総理大臣のハゲ頭でマッチを擦ろうとしたことがある。父親は総理大臣上泉善鬼の盟友で、天下を二分する大政商の片割れであったが、第1話「舞踏会殺人事件」で殺害された。この事件で知り合った新十郎に興味を抱き、以後、しばしば野次馬根性を発揮して新十郎のもとに押しかける。生母は故人。兄がいる。X国駐日大使のチャメロスから好意を持たれているが、相手にしていない。
第1・2・4・6話に登場。

エピソード

  1. 舞踏会殺人事件(『小説新潮』第4巻第11号、1950年10月。以下掲載誌同じ)
  2. 密室大犯罪(第4巻第12号、1950年11月)
  3. 魔教の怪(第4巻第13号、1950年12月)
  4. ああ無情(第5巻第1号、1951年1月) - 「読者への口上」は、連載時にはこの回の冒頭に挿入されていた。
  5. 万引家族(第5巻第3号、1951年2月)
  6. 血を見る真珠(第5巻第4号、1951年3月)
  7. 石の下(第5巻第5 - 6号、1951年4 - 5月)
  8. 時計館の秘密(第5巻第8号、1951年6月)
  9. 覆面屋敷(第5巻第9号、1951年7月)
  10. 冷笑鬼(第5巻第10号、1951年8月)
  11. 稲妻は見たり(第5巻第11号、1951年9月)
  12. 愚妖(第5巻第13 - 14号、1951年10 - 11月)
  13. 幻の塔(第5巻第15号、1951年12月)
  14. ロッテナム美人術(第6巻第1, 3号、1952年1 - 2月)
  15. 赤罠(第6巻第4号、1952年3月)
  16. 家族は六人・目一ツ半(第6巻第5号、1952年4月)
  17. 狼大明神(第6巻第7号、1952年5月)
  18. 踊る時計(第6巻第8号、1952年6月)
  19. 乞食男爵(第6巻第9号、1952年7月)
  20. トンビ男(第6巻第10号、1952年8月)

評価

坂口安吾によれば、「物語としても面白いし、一応謎ときゲームとして探偵小説本来の推理のたのしみ、読者の側から云えばだまされる快味にもかなうような捕物帖を書いてみたい」[3]という狙いで書きだしたものであり、舞台設定を明治20年代としたのは「推理の要素を入れるにはそれぐらいの年代にするのが万事に都合がよかったからで、ほかに意味はありません」[4]という。人気作家として多忙の中での執筆であり、第9話「覆面屋敷」にいたっては15時間で76枚を執筆したが、安吾によれば、この作品が最も評判が良かったという[5]

花田清輝は本作について、「いまだにわれわれの身辺に生きつづけている前近代的なものにたいして肉迫し、仮借するところなく、その病根をえぐりだしている、かれのあざやかな執刀ぶりに脱帽した。ゆたかな民俗学的な知識を縦横に駆使しながら、かれは日本および日本人のいかなるものであるかを、手にとるように、われわれにむかって示しているのである。つまり、一言にしていえば、『安吾捕物帳』のネライは、日本の伝統との対決にあるのだ」[6]と高く評価している。

花田は第8話「時計館の秘密」の貧民窟のくだりを取り上げ、「世のつねの捕物帳の作者なら、いやったらしい文学的な描写でもってまわるところを、かれは、めんめんと、家賃はいくら、平均賃金はいくら、米代、薪炭代、肴代、石油代、布団損料、残飯代、残汁代はいくら、いくらと、非情な数字を列挙するにすぎない。にもかかわらず――というよりも、それゆえにこそ、なんと転形期のプロレタリアートの生態が、いきいきと、とらえられていることであろう」[6]と評価している。ただし、貧民窟のくだりについては、単に横山源之助の『日本之下層社会』を引き写しただけである、という指摘もある[7]

書誌

  • 『明治開化 安吾捕物帖』(全3集)日本出版協同、1953年4月 - 1954年1月。 - 「舞踏会殺人事件」「密室大犯罪」未収録[8]
  • 『安吾捕物帖』(全5集)春歩堂、1955年9月 - 1956年1月。 - 初めて全20話を収録。ただし発表順でない[9]
  • 『安吾捕物帖』春歩堂、1958年12月。 - 16話を収録[10]
  • 『定本坂口安吾全集 第11巻』冬樹社、1969年1月。 - 初めて全20話を発表順に収める[11]
  • 『安吾捕物帖』廣済堂出版、1972年。
  • 『明治開化 安吾捕物帖』角川書店角川文庫〉、1973年12月。 - 抄録。
  • 『昭和国民文学全集 12 捕物小説五人集』筑摩書房、1974年。 - 抄録。
  • 『坂口安吾全集 第9巻』講談社、1982年。
  • 『明治開化 安吾捕物帖』(上・中・下)六興出版、1983年。
  • 『日本探偵小説全集 10 坂口安吾集』東京創元社創元推理文庫〉、1985年。 - 抄録。
  • 『明治開化 安吾捕物帖』富士見書房〈時代小説文庫〉、1988年1月。 4-8291-1135-6
  • 『坂口安吾全集』(12・13)筑摩書房ちくま文庫〉、1990年。
  • 『坂口安吾全集 10』筑摩書房、1998年11月。 ISBN 4-480-71040-X - 『明治開化 安吾捕物』の表題で収録。
  • 『勝海舟捕物帖』学陽書房〈人物文庫〉、2006年9月。 ISBN 4-313-75219-6 - 抄録。
  • 『明治開化 安吾捕物帖 改版』角川書店〈角川文庫〉、2008年6月。 ISBN 978-4-04-110021-9 - 1973年版の改版。
  • 『続 明治開化 安吾捕物帖』角川書店〈角川文庫〉、2012年5月。 ISBN 978-4-04-100244-5 - 角川文庫版正編と合わせ全作品を収録。
  • 『明治開化 安吾捕物帖』(1-3)沖積舎、2015年8月。

翻訳

  • 簡体字中国語
    • 杨明绮译《明治开化安吾捕物帖 上》吉林出版集团有限责任公司, 2009年. ISBN 9787546300726
    • 赵建勋译《明治开化安吾捕物帖 下》吉林出版集团有限责任公司, 2009年. ISBN 9787546309552
    • 赵建勋译《明治开化安吾捕物帖 上册》重庆出版社, 2015年. ISBN 9787229101053
    • 赵建勋译《明治开化安吾捕物帖 下册》重庆出版社, 2015年. ISBN 9787229101060
  • 繁体字中国語
    • 楊明綺譯《日本偵探小說選 坂口安吾 卷二 明治開化安吾捕物帖》立村文化, 2013年10月. ISBN 9789866283925

映像化作品

テレビドラマ

テレビアニメ

  • UN-GO(2011年10月 - 12月) - 本作を「原案」とし、舞台設定を近未来にするなどの大幅なアレンジを加えたテレビアニメ。

脚注

  1. ^ a b c 坂口安吾『明治開化 安吾捕物 01 読者への口上』:新字新仮名 - 青空文庫
  2. ^ 都筑 1985, p. 745.
  3. ^ 坂口 1999, p. 708.
  4. ^ 坂口 1999, p. 709.
  5. ^ 関井 1998, p. 666。出典は「安吾行状日記 テスト・ケース」(『新潮』1952年2月号)。
  6. ^ a b 関井 1998, p. 668。出典は花田清輝「捕物帳を愛するゆえん」(『特集・文芸』1956年11月)。
  7. ^ 都筑 1985.
  8. ^ 関井 1998, p. 664-665.
  9. ^ 関井 1998, p. 665.
  10. ^ 関井 1998, pp. 665-666.
  11. ^ 関井 1998, p. 666.

参考文献

外部リンク

UN-GO

『UN-GO』(アンゴ)は、ボンズ制作による日本のオリジナルテレビアニメ作品。フジテレビ系列「ノイタミナ枠」にて、2011年10月から12月まで放送された。

不連続殺人事件

『不連続殺人事件』(ふれんぞくさつじんじけん)は、坂口安吾の長編小説。安吾が初めて書いた推理小説である。次々と発生する不連続な殺人事件に、名探偵・巨勢博士が「心理の足跡」を推理しながら動機を追跡してゆく物語。雑誌掲載時には、作者・坂口安吾から読者への挑戦として、真犯人当ての懸賞金がかけられた。

1947年(昭和22年)8月1日、大地書房発行の雑誌『日本小説』9月号(第3号)から、翌1948年(昭和23年)8月号まで連載された(挿絵:高野三三男)。単行本は1948年12月にイヴニングスター社から刊行され、第2回探偵作家クラブ賞を受賞した。

1977年(昭和52年)には、同作を原作とし製作・公開された曾根中生監督の日本の長篇劇映画もある。また、1990年(平成2年)にはフジテレビで2時間ドラマも作られている。

勝海舟

勝 海舟(かつ かいしゅう、文政6年1月30日〈1823年3月12日〉 - 明治32年〈1899年〉1月19日)は、江戸時代末期(幕末)から明治時代初期の武士(幕臣)、政治家。位階は正二位、勲等は勲一等、爵位は伯爵。初代海軍卿。

山岡鉄舟、高橋泥舟とともに「幕末の三舟」と呼ばれる。

坂口安吾

坂口 安吾(さかぐち あんご、1906年〈明治39年〉10月20日 - 1955年〈昭和30年〉2月17日)は、日本の小説家、評論家、随筆家。本名は坂口 炳五(さかぐち へいご)。昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学を代表する作家の一人である。新潟県新潟市出身。東洋大学印度哲学倫理学科卒業。アテネ・フランセでフランス語習得。純文学のみならず、歴史小説や推理小説も執筆し、文芸や時代風俗から古代歴史まで広範に材を採る随筆など、多彩な活動をした。

戦前はファルス的ナンセンス作品『風博士』で文壇に注目され、一時低迷した後、終戦直後に発表した『堕落論』『白痴』により時代の寵児となり、太宰治、織田作之助、石川淳らと共に、無頼派・新戯作派と呼ばれ地歩を築いた。文学においての新人賞である芥川龍之介賞の選考委員を第21回から第31回の間務め松本清張、辻亮一、五味康祐などの作家を推した。歴史小説では黒田如水を主人公とした『二流の人』、推理小説では『不連続殺人事件』が注目された。

坂口安吾は純文学だけでは無く、歴史小説や推理小説、文芸、時代風俗から古代まで広範な歴史における題材を扱った随筆や、囲碁、将棋における名人戦の観戦記など、多彩な活動をした一方で気まぐれに途中で放棄された未完、未発表の長編も多く、小説家としての観点からはけっして「器用な」小説家とはいえないが、その作風には独特の不思議な魅力があり、狂気じみた爆発的性格と風が吹き通っている「がらんどう」のような風格の稀有な作家だといわれている。

晩年に生まれた一人息子の坂口綱男は写真家である。また、アンコウを共食いと言い好んで食べた。

年刊日本SF傑作選

『年刊日本SF傑作選』(ねんかんにほんエスエフけっさくせん)は、東京創元社が刊行する年度別SFアンソロジー。編者は大森望と日下三蔵。2007年の作品を集めた『虚構機関』(2008年12月刊)より、創元SF文庫で毎年刊行されている。

姉妹編として、大森望単独編集の《ゼロ年代日本SFベスト集成》(『〈S〉ぼくの、マシン』『〈F〉逃げゆく物語の話』)が同じく創元SF文庫より刊行された。

毎年十数作に及ぶ日本語SF短編・中編を収録する。日本SFの年刊傑作選の刊行は、『日本SFベスト集成』(筒井康隆編、徳間書店 1960年代版・1971年版~1975年版)以来である。

東京を舞台とした漫画・アニメ作品一覧

東京を舞台にした漫画・アニメ作品一覧(とうきょうをぶたいにしたまんが・アニメさくひんいちらん)は、東京都(東京、江戸など)を舞台にした漫画・アニメ作品の一覧である。

舞台に関する設定や言及が特に無い場合であっても、明らかな異世界ではない日本の町ならば、東京が基準となっていることも少なくない。

舞台と判断する指針は以下のとおり。

東京については、東京・都立・都営などの文言、もしくは実在の地名・建造物などが登場することが望ましい。

メインの舞台とはならずとも、メイン・キャラクターが登場するか、ストーリー上、重要な場面での登場の場合。

東京23区[特別区]、多摩・島嶼部のどちらも登場する場合は、ストーリー上、より重要な方。時代の振り分けの基準は、製作時の設定に基く。

過去に製作された未来設定の作品を実際の時間が追い越していても、それは未来作品に属する。同じく、現代設定の作品に登場する西暦などが数十年以上昔となった場合も現代作品のままである。

また、時代設定が現代でなおかつ具体的な年代表現の無い作品の場合、作品発表時に現存しない(一般的に普及していない)テクノロジーが登場する場合は未来作品に属する。

現代作品のみ、便宜上都区部と多摩地域を分けて表示している(どちらであるかについて根拠が見当たらない作品の場合、東京23区[特別区]部の欄に含める)。

アニメに関しての表示の順番は、TV・映画・OVAに限らず発表順としている。

顎十郎捕物帳

『顎十郎捕物帳』(あごじゅうろうとりものちょう)は、久生十蘭による時代小説。

1939年(昭和14年)1月から1940年(昭和15年)7月まで雑誌『奇譚』(奇譚社)に連載された。他に、雑誌『新青年』(博文館)1940年6月号に掲載された「遠島船」などがあり、全24話が執筆されている。なお、連載時の筆名は「六戸部力」(むとべ つとむ)、最初に単行本化された際の筆名は「谷川早」(たにかわ はやし)であった。

幕末の江戸を舞台とした、人並外れた巨大な顎を持つ「顎十郎」こと仙波阿古十郎(せんば あこじゅうろう)を主人公とする捕物帳である。顎十郎は物語前半では北町奉行所同心であったが、物語中盤で、ある失敗から引責辞職し、以後は駕籠屋に転職する。

のち、都筑道夫が遺族の許可を得て、1980年(昭和55年)から1985年(昭和60年)にかけて『新顎十郎捕物帳』を執筆している。

1957年(昭和32年)、1968年(昭和43年)にテレビドラマ化された。

坂口安吾の作品

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.