教区

教区(きょうく、ラテン語: Dioecesis: Diocese)とは、宗教組織が行政や布教活動などのために地域ごとに設定する単位である。

キリスト教の教区

キリスト教の教区は、一定地域にある教会をまとめた教会行政上の単位である。主教司教: Episcopus: Bishop)、監督などが教区長として[1]これを治める。

カトリック教会の教区

教区の役割

カトリック教会においては、主に司教が管轄するため司教区とも呼ぶ。司祭(主任司祭)が管轄する教会をまとめた単位で、教区長である司教がこれを管理する。主任司祭が管轄する下位単位には小教区・聖堂共同体などがある。

教区には、歴史や規模によって大司教: Archiepiscopus: Archbishop)が教区長を務めて治める大司教区: Archidioecesis: Archdiocese)があり、いくつかの教区をまとめる教会管区を形成する。しかし教区としての機能、および教区長の権限は司教も大司教も同一である。なお、ローマ教皇は、同時にローマ司教であり、ローマ首都管区の大司教であり、ローマ大司教区の教区長である。

全世界には約2,500の教区があり、それぞれが教皇庁と直結している。また、各教区には必要に応じて、教区長を助ける補佐司教や、教区長の後継者となる継承権を有する協働司教が任命されることがある。

日本のカトリック教会の教区

日本は16の教区(司教区)に分かれており、このうち東京大阪長崎の3ヶ所は大司教区、また同時に教会管区となっている。カトリック教会では、宗教法人法上の法人格を持つのは各司教区となっており、個々の教会は法人格を持たない。各教区の司教座聖堂大聖堂カテドラル)と、2018年10月8日現在の教区長は次のとおりである[2](なお登記上では「○○教区」と「○○司教区」という名称が混在している)。

  • 教区名 - 司教座聖堂・教区長名

日本聖公会の教区

アングリカン・コミュニオンに属する日本聖公会管区には11教区が設けられており、管区事務所は東京都新宿区にある牛込聖公会聖バルナバ教会の敷地内におかれている。また、管区総会における選挙で一人の首座主教を選び、日本管区の代表者としているが、全教区主教中の筆頭者という位置づけであり、イングランド聖公会(w:Church of England) の大主教のように位階的な、あるいは米国聖公会(w:Episcopal Church) の総裁主教のように統括的な立場には立っていない。

各教区の主教座聖堂と主教は次の通りである。(2018年9月現在)

  • 教区名 - 主教座聖堂・主教名
    • 北海道教区 - 札幌キリスト教会・ナタナエル植松誠主教(日本聖公会首座主教)
    • 東北教区 - 仙台基督教会・ヨハネ吉田雅人主教
    • 北関東教区 - 前橋聖マッテア教会・ゼルバベル広田勝一主教
    • 東京教区 - 聖アンデレ教会・フランシスコ・ザビエル髙橋宏幸
    • 横浜教区 - 横浜聖アンデレ教会・イグナシオ入江修主教
    • 中部教区 - 名古屋聖マタイ教会・ペテロ渋澤一郎主教
    • 京都教区 - 京都聖アグネス教会・ステパノ高地敬主教
    • 大阪教区 - 川口基督教会・アンデレ磯晴久主教
    • 神戸教区 - 神戸聖ミカエル大聖堂・オーガスチン小林尚明主教
    • 九州教区 - 福岡聖パウロ教会・ルカ武藤謙一主教
    • 沖縄教区 - 三原聖ペテロ聖パウロ教会・ダビデ上原榮正主教

日本ハリストス正教会の教区

日本ハリストス正教会の用語では主教区ともいう。大主教が管掌する教区は大主教区府主教が管掌する教区は府主教区と呼ぶ。

1970年、日本ハリストス正教会は、モスクワ総主教庁(ロシア正教会)から自治正教会(アフトノミア)の認可を受けた。このとき、教会法(自治正教会に昇格する要件として教区を三つ以上置くことが必要)に基づいて東京大主教教区の他、新たに仙台京都に主教区が置かれ、それぞれ東日本主教教区、西日本主教教区となった。そして、全日本の府主教(日本ハリストス正教会の首座)が東京の大主教をも兼ねるようになった。各教区の主教座聖堂と主教は次の通りである。(2006年4月現在)

  • 教区名 - 主教座聖堂・主教名
    • 東京大主教教区 - 東京復活大聖堂教会(通称:ニコライ堂)・ダニイル主代郁夫府主教(大主教)
    • 東日本主教教区 - 仙台ハリストス正教会(生神女福音聖堂)・セラフィム辻永昇主教
    • 西日本主教教区 - 京都ハリストス正教会(生神女福音聖堂)・空位(ダニイル府主教が兼務)

府主教庁は東京都千代田区の東京復活大聖堂教会境内に置かれている。

アングリカン教会(ニュージーランド)の教区

ニュージーランドイングランド国教会系の教会であるアングリカン教会の場合、オークランドワイカト、ワイアプ、ウェリントンクライストチャーチネルソンダニーディンの7教区からなる[3]

仏教の教区

仏教でも、教区が設定され、教区ごとに宗務所や教区事務所が置いたり、教師と呼ばれる僧侶資格者から宗議会など各宗派の議決機関の代議員を選出している宗派もある[4]

脚注

  1. ^ ラテン語: Episcopus: Bishop の日本語訳は教派によって異なり、正教会聖公会では「主教」と訳しているが、カトリック教会では「司教」と訳している。またルーテル教会など一部のプロテスタントの教会では「監督」と訳している。(詳細は「監督 (キリスト教)」を参照)
  2. ^ 日本のカトリック教会の教区 カトリック中央協議会
  3. ^ 『ニュージーランド百科事典』春風社、2007年、9頁
  4. ^ 中島隆信『お寺の経済学』東洋経済新報社、2005年

関連項目

外部リンク

イングランド国教会

イングランド国教会(イングランドこっきょうかい、英: Church of England)は、16世紀(1534年)のイングランド王国で成立したキリスト教会の名称、かつ世界に広がる聖公会(アングリカン・コミュニオン)のうち最初に成立し、その母体となった教会。イギリス国教会(イギリスこっきょうかい)、英国国教会(えいこくこっきょうかい)、また「国教会」という訳語が不正確であるとしてイングランド教会(イングランドきょうかい)、英国聖公会とも呼ばれる。聖公会(アングリカン・チャーチ)という名称は、アングリカン・コミュニオン全体の日本語訳であると同時に、イングランド国外におけるイングランド国教会の姉妹教会の名称の日本語訳である。

もともとはカトリック教会の一部であったが、16世紀のイングランド王ヘンリー8世からエリザベス1世の時代にかけてローマ教皇庁から離れ、独立した教会となった。プロテスタントに分類されることもあるが、他プロテスタント諸派とは異なり、教義上の問題でなく、政治的問題(ヘンリー8世の離婚問題)が原因となって、カトリック教会の教義自体は否定せずに分裂したため、典礼的にはカトリック教会との共通点が多い。イングランド(イギリス)の統治者が教会の首長(Defender of the Faith、直訳は『信仰の擁護者』)であるということが最大の特徴である。

カトリック教会

カトリック教会(カトリックきょうかい、ラテン語: Ecclesia Catholica)は、ローマ教皇を中心として全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派。その中心をローマの司教座に置くことからローマ教会、ローマ・カトリック教会とも呼ばれる。

ケント (イングランド)

ケント(Kent)はイングランドの地域で、ロンドンの南東にあり、ケント州(the county of Kent, Kent county)とも呼ばれる。州都はメイドストーンである。ケントはイースト・サセックス、サリー、大ロンドンと接し、テームズ川中流にエセックスとのはっきりした境界がある。ケントには英仏海峡トンネルに沿ってフランスと名ばかりの境界が途中まであり、ケントという名前は、ケント王国から来ている。

ケントには市が2つあり、カンタベリー大主教のいるカンタベリーとロチェスター主教のいるロチェスターである。しかし、地方政府が再編された1998年からロチェスターは行政上の監督のできる市としての権限を失ったが、現在復活に向けた試みが行われている。その他の町は、下記の一覧表を参照のこと。

「イングランドの庭園」という渾名のためにケントは絵に描いたような田園州と思われているかも知れないが、農業経営は今も産業である。何世紀以上も他の多くの産業は重要であったし、今も重要なものがある。羊毛製の生地製造、製鉄、製紙、セメント、工学、以上全ては工業分野である。漁業と観光は(特に海岸のリゾート地で)多くの人が従事している。東部ケントの炭田は、20世紀に採掘され、ダンゲネスにダンゲネス発電所がある。それでもサネット地域はイングランド南東部の最貧地区の1つと考えられている。

フェリー港、英仏海峡トンネル、2つの自動車道は、ヨーロッパ大陸と結んでいる。マンストンとロチェスターに空港が、ヘッドコーンとリッドに小規模の飛行場がある。

ケントに住む有名人は、チャールズ・ディケンズとチャールズ・ダーウィンなどがいる。ウィンストン・チャーチルの家だったチャートウェルもケントにある。

ケントの史跡調査は、ヴィクトリア朝州史調査制度で制限されているが、広範囲にわたる調査は、1755年 - 1805年にエドワード・ヘイステッドにより50年以上にわたって行われた。ウィリアム・ランバルドは16世紀初期の作家であった。

ケントはケント紙の発祥の地である。またタバコのケントも同地に由来があるとも言われている。

テニス選手権の最高峰ウィンブルドン選手権で、優勝者を表彰するのはケント公である。

コミューン

コミューン(commune)は、フランスにおける基礎自治体、すなわち地方自治体の最小単位である。

スイスの基礎自治体もフランス語圏(Suisse romande 又は Romandie)ではコミューン(コミュヌ)と呼ぶ。

ジャマイカ

ジャマイカ

Jamaica

国の標語:Out of Many, One People (英語: 多くの部族から一つの国民に)

国歌:ジャマイカ、我々の愛する地

ジャマイカ(英語: Jamaica 英語発音: [dʒəˈmeɪkə] ( 音声ファイル))は、中央アメリカ、カリブ海の大アンティル諸島に位置する立憲君主制国家であり、英連邦王国の一国である。島国であり、北にはキューバとケイマン諸島が、東にはジャマイカ海峡を隔ててイスパニョーラ島に位置するハイチとドミニカ共和国が存在する。首都はキングストン。

イギリス連邦加盟国のひとつ。アメリカ、カナダに続き、アメリカ州で三番目に英語の話者が多い国でもある。

主教

主教(しゅきょう、ギリシア語: Επίσκοπος, ラテン語: Episcopus, 英語: Bishop, ロシア語: Епископ)とは、正教会、聖公会における高位聖職者。複数教会によって構成される教区を管轄する。

カトリック教会では司教と呼ばれる。「主教」は正教会に属する日本ハリストス正教会、および聖公会に属する日本聖公会などで用いられる訳語。なお朝鮮語および中国語では、カトリック教会の司教も「主教」である。ルーテル教会やメソジストでは監督と呼ばれる。

2世紀初頭には既に主教職があり現代に至っているが、教派ごとにその位置付けは異なる。

司教

司教(しきょう、ラテン語: Episcopus, 英語: bishop)は、カトリック教会の位階の一つで、ある司教区(教区)を監督する聖務職のこと。

正教会や聖公会などではこれに相当するのは「主教」と呼び、福音主義(ルター派)教会やメソジストでは「監督」と呼ぶ。

なお、カトリック教会でも中国語・韓国語では訳語に「主教」を採用している(例:天主教台湾地区主教団)。

司教座聖堂

司教座聖堂(しきょうざせいどう)は、カトリック教会の教区の中心となる教会の聖堂のこと。カテドラル(フランス語: Cathédrale)、大聖堂とも呼ばれる。

東方教会や聖公会で司教座聖堂に相当するものは、日本語では「主教座聖堂」と呼ばれる。ただし正教会においては、大聖堂と主教座聖堂は、必ずしも同義ではない。

司祭

司祭(しさい)とは、キリスト教における位階の一つ。東方諸教会、正教会、カトリック教会、聖公会に存在する。

プロテスタントには、万人祭司の教理により司祭がおらず、指導者として牧師がいる。

大司教

大司教(だいしきょう、ラテン語: Archiepiscopus)は、カトリック教会の聖職者位階司教の範疇に属する聖務職。正教会と聖公会では大主教に相当する。他言語のほとんどでは区別せず、たとえば英語ではともにアーチビショップ(archbishop)である。カトリックの教会行政では特定の司教に与えられる栄誉称号であるが、聖職者としては司教と同様の位階ながらもしばしば他の司教を超える大きな権限を享有した。

カトリック教会の教会法において4種類に分類される。

教会管区(複数の司教区の総体)の長として裁治権および統治権を有する管区大司教(首都大司教)

教会管区ではなく大司教区の長としての裁治権を有する。

消滅した大司教区の名義上任命されている名義大司教。

個人的表彰としてローマ教皇から称号として授与された定住教区司教。

日本基督教団

日本基督教団(にほんキリストきょうだん、英語: United Church of Christ in Japan)は、1941年6月24日に日本国内のプロテスタント33教派が「合同」して成立した合同教会であり、公会主義を継承する唯一の団体である。通称は「日本キリスト教団」、略称は「教団」。

時宗

時宗(じしゅう)は、鎌倉時代末期に興った浄土教の一宗派の日本仏教。開祖は一遍。鎌倉仏教のひとつ。総本山は神奈川県藤沢市の清浄光寺(通称遊行寺)。

枢機卿

枢機卿(すうききょう、すうきけい、ラテン語: Cardinalis、英: Cardinal)は、カトリック教会における教皇の最高顧問である。重要な案件について教皇を直接に補佐する「枢機卿団」を構成すると同時に、個々の枢機卿は、教会全体にかかわる日常的な職務について教皇を助ける。

正式な称号は「聖なるローマ教会の枢機卿」 で、枢機卿(カーディナル)という言葉自体はラテン語の「Cardo(カルド=蝶番)」に由来している。これには、枢機卿が教会にとって蝶番のように重要なものという意味がある。敬称は猊下(げいか)。

枢機卿は、原則として司教の叙階を受けた聖職者の中から教皇が自由に任命し、任期は設けられていない。また、教皇選出選挙(コンクラーヴェ)の選挙権は、枢機卿だけが持つ。これらと関連して、教皇没後等の使徒座空位時には教皇庁の運営を指導する役割も担う。使徒座空位時の枢機卿団の職務と教皇選挙の詳細については1996年に発布された使徒憲章『ウニヴェルシ・ドミニチ・グレギシ』で規定されている。

浄土真宗本願寺派

浄土真宗本願寺派(じょうどしんしゅうほんがんじは)は、浄土真宗の宗派の1つで、宗教法人法による宗教法人(包括宗教法人)である。宗祖親鸞の墓所である「大谷廟堂」を発祥とする「本願寺」(「西本願寺」)を本山とする。2014年12月31日現在の被包括宗教団体数は10,329。

真宗大谷派

真宗大谷派(しんしゅうおおたには)は、浄土真宗の宗派の1つで、宗教法人法による宗教法人(包括宗教法人)である。

阿弥陀如来一佛を本尊とし、親鸞を宗祖とする。大谷派の根本道場である「真宗本廟」(通称:東本願寺)を、所属するすべての寺院および教会の本山とする。2014年12月31日現在の被包括宗教団体数は8,705。「大谷派」・「大派」・「谷派」と略称される。

米国聖公会

米国聖公会(べいこくせいこうかい)またはアメリカ合衆国監督教会(Episcopal Church in the United States of America、略称:ECUSA)は、キリスト教の一派のアングリカン・コミュニオンのひとつ。アメリカ合衆国、バージン諸島、ハイチ、台湾、コロンビア、ドミニカ国、エクアドル、ホンジュラスに主教区を持つほか、プエルトリコおよびベネズエラの主教区と地域を越えた関係にある。

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.