建設

建設(けんせつ、construction コンストラクション)は、建築(architecture)と土木(civil engineering)その他農分野の林業造園の工事などや、海洋分野やプラント、「電設」という言葉(社団法人日本電設工業協会や住友電設株式会社などでいう電気設備の建設という意味での「電設」)や通信分野のインフラストラクチャーなどの基盤構築の分野の総称。ほか、言葉的には「建設的な意見」などのように積極、能動的なニュアンスが含まれながら使用される。

建築工事業と土木工事業の分野をあわせたものには、「土建」(どけん)という言葉がある。

Sky scraper construction
巨大な建設工事

歴史と変遷

建設の語の周辺

建設と言う言葉自体は、明治時代外来語を翻訳した時に中国由来の言葉から出来た和製熟語であるとされる。

過去に、土建の意味で使用されているのは普請と作事で、徳川幕府の場合では職制として御普請奉行、小普請奉行、作事奉行、召黒鍬頭などが置かれ、それぞれが城郭や石垣、濠堤や水路橋などの建設工事を担当していた。基本的に普請が土木事業で、作事が建築であるが、「普請」は鎌倉時代禅宗が使った仏教語が語源である。仏閣の堂塔宇を建設するために、信徒たちが寄進行為として労役に従事することを意味している。「普」は全てを意味し「請」は保証して引きうけることを意味する。「保証する」とか「必ず守る」という意味で「請け合う」という言い方が昭和30年代まで日常の会話に使われていた。その請は工事の完成を保証すること、つまり「請負」であり、普請の原義は全ての工事を請負うこと、である。江戸時代に使われた普請の語は、村人たちが協働で作業にあたった名残りと学者の間で指摘されているが、現在でも道普請、屋根普請、安普請という具合に使用されている。このことから建設(修繕、模様替も含まれる)とは端的にいえば互助活動や相互扶助、自治として社会基盤の整備の労力や資金の提供を求める事をさした。

明治に入り政府は太政官のもとに内務省を設置し、土木寮を置く。土木寮は土木局に改称され 第二次大戦後、内務省土木局は後に置かれた都市計画局と合併し国土局と再改称されていた。その後内務省が解体されて独立した国土局が、「建設省」(現・国土交通省の前身の一つ)の看板をかけ、組の改名から建設会社、続いて建設業、建設業界の表現も生まれる。このときあたりから「建設」に土木と建築を併せ持つ概念が定着した。

ほかに建設のつく名称、用語は、建設事業、建設工事、建設技術、建設法規、建設会社、建設部、建設事務所、建設マネジメントなどと広がり、月刊誌「建設物価」誌の発行元は「建設物価調査会」である。

漢字の宗主中国では、本来建設には土木や建築の意味はなく、白川静の著作によると「建」は国をたて都をつくる意味を持つ字で「設」は神前に誓う意味と指摘がある。辞書には「建設」は破壊と反対の意味を持つ「新たにつくりあげること」の意というように、精神性がある言葉と捉えられている。このため、国家建設や建設的意見などの表現には、人は土木や建築をイメージしていない。業態としての「建設」に土木・建築で、その設計・施工のイメージのほうがなじまれている。

土木も建築も設計も施工も古くから存在し、法隆寺四天王寺も土木・建築・設計・施工で建設されているのであるが、記録に建設の表現はないことが知られているし、神社仏閣の堂塔宇は建立、創建と表現される。ただし建築と土木は当初から職制が分かれていて、最古の官制である大宝(養老)律令では、土工寮、木工司という職制があり、土工寮は土木工事、木工司は建築を扱っていることが知られている。一般に土木の語については、平安時代から用いられていたという指摘があるが、土木の文字は中国の春秋時代の歴史割当記された「今土木勝」が初めての例といわれ、これが土木の語源になったとの説であることが指摘されている。

「××建設」会社名の由来

近代からは請負という表現を請と同じ意味、すなわち完成を約束することに用いるので、請を結んで工事を行う業者を請負人、請負師と呼んでいる。請負人や請負師は「組」を組織し、棟梁や頭(かしら)は社長、屋号は社長の名字を社名に冠し杉井組、高島組などと名乗り、請負師や組の表現は第二次大戦後までは多く用いられていた。

しかし戦後、組から建設へと改名が相次ぐ。当時武装解除された日本軍から武器の一部が暴力団に流れた際に占領軍総司令部GHQの命令で手入れが行われ、暴力団から拳銃・鉄砲などの他機関銃まで出てきた際「暴力団の××組に機関銃があるくらいだから大手請負師の○○組には大砲や戦闘機があるに違いない」と占領軍の係官が言ったなどと新聞が報道し、社名につけていた組が会社のイメージを下げていることを関係者は非常に気にしていたという。

また、占領軍が占領政策に掲げた財閥解体もその流れを作る。大倉財閥の大倉土木は、社名に冠した大倉を大成に改める際、大成は創設者大倉喜八郎の戒名「大成院殿礼本超湛鶴翁大居士」から採り、下半分の土木も変更の対象になるが妙案が出なかったため、席上役員が「アメリカでは土木や建築をなんと言うのか」と問うと「コンストラクション」と一人が答えたため、役員は英和辞典でconstructionの項をひき訳語に「建設」の文字があったことから、建設の採用を決定、新しい社名は「大成建設」に決まる。この名称変更について多くが倣って後に続き、請負人や請負師は建設会社と呼ばれるようになる。

建設事業と建設工事

建設事業

建設事業とは、建工事を伴う社会基盤の整備をさす。

建設工事

現在において、建築工事土木工事は、企業や管轄行政、法律において重複したり区分が違う場合がある。

鉄塔などである高さが備わるもの、ダムなどに備わるエレベーターシャフトや排水機場の施設建屋、衛生管理処理施設(汚水処理場など)、樋門の管理建屋など、また地下街など、屋根がついていて、人が中に入ることができる工作物に関しては、建築基準法による「建築物」にあたるため、工事区分や行政の取り扱いは土木工事であっても、また土木構造物の範疇であっても一定の規模なら建築確認申請が必要になり、建築士が設計に当たる必要がある。土木構造物の設計自体は建設コンサルタントが担当する。工事区分や行政の取り扱いは土木工事である。また基礎工事は建築、土木ともに重要でありほとんど全ての工事に伴うが、工事区分としては土木工事である。

建設業法による建設工事区分

関連項目

ダム

ダム(英: Dam)または堰堤(えんてい)は、水力発電や治水・利水、治山・砂防、廃棄物処分などを目的として、川や谷を横断もしくは窪地を包囲するなどして作られる土木構造物。一般にコンクリートや土砂、岩石などによって築く人工物を指す。大規模なダムで川を堰き止めた場合、上流側には人造湖(ダム湖)が形成される。

人間以外にダムを造る動物としてビーバーがおり、また土砂崩れや地すべりによって川が堰き止められて天然ダムが形成されることもある。また、地上だけでなく、地下水脈を堰き止める地下ダムもある。このほか、貯留・貯蓄の比喩として用いられることがあり、森林の保水力を指す緑のダムという言葉がある。

堰(せき、い、いせき)ともいう。この場合は取水や水位の調節などが目的で、砂防ダムは除く。

日本のダムについての詳細は日本のダムを参照のこと。

バイパス道路

バイパス道路(バイパスどうろ)とは、市街地などの混雑区間を迂回、または峠・山間部などの狭隘区間を短絡するための道路である。略称は「バイパス」や「BP」。また、地図では「BP」 (英語:bypass) と略されることもある。英語のバイパスは、「付随的」「間接的」を意味し、本来は血管手術や電気回路設計などで使用される用語であったが、現在は主にメイン道路を避けて通過できる道路にも用いられるようになった。

主要地方道

主要地方道(しゅようちほうどう)は日本における道路の分類の一つで、道路法第56条の規定により建設大臣(現国土交通大臣)が指定する、その地域で主要な役割を担う都道府県道または市道である。

国土交通省

国土交通省(こくどこうつうしょう、英: Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism、略称: MLIT)は、日本の行政機関のひとつ。国土の開発・保全、交通、気象業務、海上の保安・治安維持業務を所管する。日本語略称は国交省(こっこうしょう)。

国際観光文化都市

国際観光文化都市(こくさいかんこうぶんかとし)とは、日本において、日本国憲法第95条に基づく個別の特別法により国際的な観光・温泉等の文化・親善を促進する地域として指定された都市をいう。

1950年から1951年にかけて制定された個別の特別法である特別都市建設法により9都市が指定されている。

日本の国民生活、文化及び国際親善に果たす役割が大きい都市とされ、それらの法令に基づき実施される整備事業等に対し、国庫からの補助がなされる。

2017年3月までは、上記のほかに国際観光文化都市の整備のための財政上の措置等に関する法律(昭和52年法律第71号)およびこれに基づく国際観光文化都市の整備のための財政上の措置等に関する法律施行令(昭和52年政令第308号)により3都市が、指定されていたが、国際観光文化都市の整備のための財政上の措置等に関する法律が2017年3月31日限りで失効したため、現在では個別の特別法によるものだけになっている。

地上駅

地上駅(ちじょうえき)とは、鉄道の駅の形態のひとつであり、プラットホームが元の地面と同じ高さにある駅のことである。地面の高さとは、一般に1階レベルのことをいう。若干上下している場合もあるので、広義では地上からプラットホームが目視できて、かつ高架の建造物の上ではない駅のことを指す。したがって、掘割の駅も地上駅に含まれることもある。地平駅(ちへいえき)ともいう。

地下鉄

地下鉄道(ちかてつどう)、略して地下鉄(ちかてつ)とは路線の大部分が地下空間に存在する鉄道である。主に都市高速鉄道として建設される。英語圏では地下・地上を特に区別せず地下鉄を含めた都市高速鉄道を"rapid transit"と総称する場合が多い。

工学者

工学者(こうがくしゃ)は、工学に携わる者。この記事、及びウィキペディア日本語版では、「技術者」の記事および語の用法がもっぱら実務者を指しているのに対し、もっぱら研究者を指して使っている。

廃線

廃線(はいせん)とは、鉄道路線などの営業を廃止すること。またはその廃止された路線のこと。事務手続き上の扱いは「休止」となっているが、実態は事実上廃線状態になっている場合も含めることもある。

建築

建築(けんちく)とは、人間が活動するための空間を内部に持った構造物を、計画、設計、施工そして使用するに至るまでの行為の過程全体、あるいは一部のこと。

建築家

建築家(けんちくか、architect)は、一般に建築における建物の設計や工事の監理などを職業とする専門家のことである。

建築を実践することは、建物の設計や建物を取り巻く敷地内の空間で、人間の占有や使用を主目的としたサービスを提供することを意味する。語源学的に、建築家はラテンのarchitectusから派生している。更にそれは、ギリシャ語のチーフ建設者(arkhi-、チーフ + tekton、建設者)から派生している。建築家は建築の作者のタイトルであり、都市環境、建築物、および屋内外の環境を計画および設計する職である。

専門的には、建築家の決定は公共の安全に影響するため、建築を業とするためのライセンスを得るためには実践的な経験が必要であるが、高度な教育と実務 (またはインターンシップ)すなわち建築家になるための実践的、技術的、学問的要件は、国地域によって異なる(下記参照)。なるための教育については建築、ランドスケープアーキテクチュア、インテリア建築、または計画のいずれかの学位を取得しているが、ル・コルビュジエや安藤忠雄などのように独学で学ぶこともできる。

アーキテクトとアーキテクチャという用語は、造園、造船、情報技術(ネットワークアーキテクトやソフトウェアアーキテクトなど)の分野でも使用されている。

ほとんどの国地域では、「建築家」および「ランドスケープアーキテクト」という用語の専門的および商業的使用は法的に保護されている。EU諸国では建築は規制されているものであるため「建築家」という称号と建築専門職として実践する権利の両方が法的に保護されており、建築教育と結びついている。多くのEU諸国では、何らかの形の登録システムもある。

建設省

建設省(けんせつしょう、Ministry of Construction)は、2001年(平成13年)1月5日まで存在していた日本の行政機関である。国土・都市計画、市街地整備(下水道ほか)、河川(水防砂防)、道路、建築物(一般基準・市街地建築ほか)、住宅政策、官庁営繕などに関する行政を取扱っていた。

建設省設置法(昭和23年7月8日、法律第113号)に基づき設置され、長は建設大臣。

現在は国土交通省に再編されている。

日本国有鉄道

日本国有鉄道(にほんこくゆうてつどう、にっぽんこくゆうてつどう、英語: Japanese National Railways、英略称: JNR)は、日本国有鉄道法に基づき日本の国有鉄道を運営していた公共企業体である。

経営形態は政府が100%出資する公社(特殊法人)であり、いわゆる三公社五現業の一つであった。通称は国鉄(こくてつ)。

鉄道開業以来、国営事業として鉄道省などの政府官庁によって経営されていた国有鉄道事業を、独立採算制の公共事業として承継する国(運輸省)の外郭団体として1949年(昭和24年)6月1日に発足した。

1987年(昭和62年)4月1日の国鉄分割民営化に伴い、政府出資の株式会社(特殊会社)形態であるJRグループ各社及び関係法人に事業を承継し、日本国有鉄道清算事業団(1998年(平成10年)10月22日解散)に移行した。

東北新幹線

東北新幹線(とうほくしんかんせん)は、東京駅から新青森駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の高速鉄道路線(新幹線)及びその列車である。

業種

業種(ぎょうしゅ)は、事業や営業の種類という意味であり、産業と同じ意味より細かい分類として使われる。

清水建設

清水建設株式会社(しみずけんせつ)は、東京都中央区京橋に本社を置く、大手総合建設会社(ゼネコン)。

道路

道路(どうろ、ラテン語 strata、 フランス語 route、ドイツ語 Straße、英語 road)とは人や車両などが通行するための道、人や車両の交通のために設けられた地上の通路である。

鉄道事業者

鉄道事業者(てつどうじぎょうしゃ)は、鉄道を使用して旅客輸送または貨物輸送の運営、または軌道(線路)の維持管理などを行う者のことである。

自然人でもありうるが基本的に法人である。公企業・私企業どちらも多くあり、北アメリカ・日本では私企業の割合が多く、ヨーロッパ・アフリカなどでは公企業が多い。会社の場合は鉄道会社(てつどうがいしゃ)と呼ばれる。

車両または軌道(線路)のみを所有する場合と、両方所有する場合がある。

鉄道駅

鉄道駅(てつどうえき、仏: gare ferroviaire、英: railway station、米: train station)は、(鉄道を構成する施設の一つで)列車を止めて旅客の乗り降りや貨物の積み降ろしをするための場所。

日本語では一般に「駅(えき)」と呼ぶが、「停車場」(ていしゃじょう、ていしゃば)などとも呼ばれる。なお、もっぱら貨物の取り扱いをする駅は「貨物駅」という(後述)。

路面電車(軌道)の発着場所は、停留場(ていりゅうじょう)、電停(でんてい)とも呼ばれる。呼称については地域差が大きい。たとえば東京都内の場合、都電ではかつては「電車の停留場」と呼ばれ、現在は「都電の停留場」と呼ばれている。一方で、東急世田谷線は鉄道線と同様に「駅」と呼ばれているが路面電車の根拠となる軌道法による正式名称ではない。東京都内では昔も今も「電停」と呼ばれることは、まれである。東京以外では「○○電停」の呼称が一般に通用する地域もある。

英語では「station ステーション」、フランス語では「gare ギャール(ガール)」と言う。

高速道路

高速道路(こうそくどうろ、日本における英語表記はExpressway)とは迅速な交通移動を達成することを主目的にした道路であり主に自動車が高速かつ安全に走行できるような構造になっている。国や地域の道路網の中で基幹的な役割を担うことが多い。

建築 - 土木工学
Sagradafamilia-overview.jpg

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.