履歴書

履歴書(りれきしょ)とは、学業や職業の経歴など人物の状況を記した書類のことで、就職転職時に選考用の資料として用いられる。また、学歴や職歴によって給与や資格などを決定する手続き(査定)において、それを証明する各種の書類とともに提出する。履歴書は、法律で書式を定められているわけではないため、基本的に自由形式である。

なお、アメリカ合衆国およびカナダ英語圏地域にて用いられるレジュメRésumé日本では英文履歴書とも呼ばれる)は、日本でいう「職務経歴書」に近いものである。

芸能人では『芸歴書』と称するところもある。

Japanese style resume
日本の履歴書

日本の履歴書

日本では日本工業規格JIS Z 8303「帳票の設計基準」の附属書A)の規格に従った履歴書用紙が市販品として流通している。JISはあくまで「製品仕様の工業規格」であって、個人に使用を義務づける法令は存在しない。JIS規格の他に、一般用・転職用・パート/アルバイト用などの様々な様式がある[1]

通例、履歴書を作成する時は、市販の履歴書用紙に必要事項を記入し、上半身を写した証明写真(縦4センチ・横3センチが一般的)を貼付することが多い。用紙サイズはB4タイプ(二つ折りにしてB5サイズ)が主流だが、A4タイプのものもある。最近では、履歴書は市販のものだけでなく、ウェブサイト上からダウンロードしたものや、Microsoft WordPDFなどのファイルフォーマットを指定する企業も増えている。

選考で不採用となった場合、不採用を伝える旨の書面と共に、履歴書を志望者に返却する場合はあるものの、法律で義務づける根拠がないため、募集時に「履歴書は返却しない」(廃棄する)旨を提示する事業所も存在するが、記載された個人情報が漏洩し悪用される危険性もあるため、近年では問題視されている。また、選考を辞退した場合も、志望者本人に返却する場合があり、どちらにしても履歴書の返却は、法律で義務付けられていない。

個人情報の保護に関する法律施行後は、履歴書を就業利用以外に利用したり、漏洩した場合安全管理措置義務違反として行政処分の対象となるが、故意に返却しない行為は処分の対象にならない[2]

記載事項

JIS Z 8303の解説に、以下の項目についての様式例が挙げられており、これに従っているものが多い。用途によっては、これ以外の欄(特技趣味など)を設けた様式を使用したり、就職活動では大企業中堅企業エントリーシートと呼ばれる独自の様式を使用する場合があり、印鑑も必要とする場合がある(印鑑は、シヤチハタは不可とする企業も多い)。

最近では、携帯電話電話番号電子メールアドレスを記入することが多く、逆に偽造防止の観点からも、印章は、印影で偽造され、成りすまし銀行預金が引き出される危険性があるため、記入欄から削除された。

  • 氏名、ふりがな
  • 性別
  • 生年月日満年齢
  • 郵便番号、現住所
  • 電話番号固定・携帯電話)
  • 電子メールアドレス(記入欄のない場合もある)
  • 連絡先(現住所以外に連絡を希望する場合のみ記入)
  • 学歴、職歴
  • 資格免許運転免許証など)、検定○級(英検)、TOEIC○点など(資格名以外にも、認定団体の名称を書くことが多い)
  • 賞罰(最近の市販履歴書(JIS規格など)では記入欄を設けていない)
  • 志望の動機
  • 本人の希望(給料、職種、勤務時間、勤務地など)
  • 自己PR
  • 通勤時間
  • 扶養家族(配偶者除く)の人数(最近の市販履歴書には欄を設けていないものもある)
  • 配偶者およびその扶養義務の有無(最近の市販履歴書には欄を設けていないものもある)
  • 本人が未成年の場合は、保護者の氏名、郵便番号、住所、電話番号(最近の市販履歴書には記入欄を設けていないものもある)

誤字・脱字など書き損じた場合は、修正液や訂正印で書き直さずに、再び新しい用紙で書き直す。

市販の履歴書によっては、記入項目に大きく違いがあり、趣味・特技・得意学科・性格・家族欄があるものから、職務経歴書が付属されているものもある。

かつては本籍欄・家族構成欄がある履歴書も多数市販されていたが、部落差別思想・信条の詮索につながるという問題から、現在では設けていない。また、賞罰欄についても、前科照会事件において「前科は本人の同意なくみだりに開示されない」と最高裁判所確定判決が出されたことから、現在では設けていない。

慣習と傾向

履歴書を一律に指定する法律は無いため、求められる書式や作成方法は一定ではない。日本の場合一部の企業公共職業安定所(ハローワーク)などは「手書き」(自筆)で記載するよう指示しているが、パソコンワープロ表計算など)で作成し、印刷したのを持参するか、電子メールに添付し送信するよう求める場合もある(パソコンやプリンターがなく、または電子メールが利用できない場合は、手書きでも構わない)。

求人情報などで履歴書の提出を求める場合、

  • 手書きのみ(パソコンでの作成は不可)
  • 手書き、パソコンでの作成のどちらも可
  • パソコンでの作成のみ(やむを得ない場合は手書きも可)
  • パソコンでの作成のみ(手書きは不可)

のどちらにすればよいかを指定することがほとんどなく、応募者も判断に迷うため、インターネット上でも「パソコン」と「手書き」のどちらが良いかで論争が巻き起こっている[3]。完全な結論には達していないものの、少なくとも現在は手書き→パソコンへの過渡期を迎えており[4]、2005年時点で、パソコンを許容する企業も約95%を占めるようになった[5]

欧米の場合、(日本とは対照的に)手書きの履歴書は、「ビジネス文書として職業意識や技能が欠けている」 (unprofessional) と看做される、「読みにくい」「光学文字認識(OCR)にかけることが出来無い」などの理由により選考から外れるため、企業から別途指定がない限り、必ずパソコンで作成する[6][7]

手書きで履歴書を作成すると、手間と時間はかかるが、パソコンであれば短時間で同じものが何枚も作成(複写)できるうえ、誤字や内容の変更(住所の変更、資格の追加など)も容易に修正できる。つまりパソコンを使った方が、多くの企業に応募ができるため、そういった意味では、パソコンで履歴書を作成したほうが有利と考えられ、さらにパソコンがある程度扱えるという証明にもなるが、前述通り「短時間で大量に作成できる」ことから、およそ半数の採用担当者は手間をかけた「手書きの履歴書の方を評価する」という調査結果もある[8]

また、「手書きの文字には人柄が表れる」という考えの下で、あえて「手書きの履歴書のみ」という条件をつけ、それ以外は採用しないという企業もある[9]

「手書きに手間と時間をかけるのを嫌うことで、応募者が減る」ため、人事側としては手間が省ける。しかしながら、「手書きの履歴書を書いてくる応募者」が「そうでない応募者よりよい」人材ということは一概に言えず、他の部署にとっては、自ら選択肢(応募者)をわざわざ狭めているため、企業全体としては、むしろマイナス要因とも考えられる。

さらに応募者側から見ても、就職活動において良い印象を与えない。また、合否の判定に仕事のスキルとは関係ない「履歴書やエントリーシートを書くのに、手間をかけられるか」という条件がまず挙がるため、企業側が求めている人材として「履歴書を手書きで書く熱意」「手書きで丁寧に書けるか」を重視するが、実際は建前であって、単に人事部の手間を省くための方便だと考えられる場合も多い。

アメリカの履歴書

アメリカ合衆国では、紙の履歴書も極僅かに使われてはいるものの、インターネットの普及以降は「ジョブサイト」や「LinkedIn」で就職情報を交換するため、ファイルフォーマットでの履歴書が合理的かつ一般化している。また応募者の「熱意」や「忠誠心」などの精神的なものより、「即戦力として貢献できるか」を重視する実理的文化風土のため、電子メールに履歴書を添付したり、ファクシミリで送ることも一般的である。

特に、ある程度以上の規模の企業では、実際の募集部署に履歴書が届く前に人事担当者や就職エージェントによる前段階選別(プリスクリーニング)が行われ、ファイルフォーマットの履歴書は、募集職に関連したキーワードをコンピュータ検索[10]するのに適しているので重宝がられる。逆に手書きの履歴書は、書き手によっては読みにくい場合があることと、「パーソナルコンピュータでビジネス文書の作成すらできない」ことの証拠にもなるため、まず使われることはない。

特に定まった書式はなく「自由形式」であるが、典型的には以下のような項目と順序で作成する。

  • 氏名及び連絡先(必ず氏名を書く必要は無く、ニックネームがある場合はここに書く)
  • 目的:求職している地位(管理職、エンジニア、販売員など)
    • 事業分野(建設、小売、医療など)
    • 職務分野(開発、顧客管理、研究など)
  • 自己紹介ハイライト:得意分野、過去の功績、特殊技能など。
  • 資格:政府のセキュリティクリアランス、機械操縦免許、在留資格(査証)など、職務に直接関係する特殊なもののみ。
  • 職歴:最近のものから、逆時系列順に以下の項目(応募職務分野に関係ないものやアルバイト的なものは記載しないこともある)
    • 肩書き(カストマサポートエンジニア、電話オペレータなど)
    • 会社名、事業部門、所属部署、場所(州と市)
    • 期間(年・月ー年・月)
    • 担当職務、成果など(最も重要)
  • 学歴:最終学歴のみ、または大学以上の高等教育機関や職業訓練機関は名称、コース(分野)、期間もしくは卒業・中退・終了時期、取得資格・学位を列挙
  • その他:職歴と学歴に記載できない職務に関連した自己アピール、または勤務地・勤務形態・勤務時間の希望など
  • 照会先:応募者の身分・経歴の問い合わせ先(氏名・連絡先・関係)もしくは「要求に応じる」との一文。近年では省略されることが多い

日本の履歴書を比較すると以下の事柄が特徴的である。

  • 職務に直接関係する本人の情報のみ記載(趣味や家族構成、普通自動車免許などは書かない)
  • 職歴・学歴は最新のものから逆時系列的に列挙
  • 性別・年齢・顔写真生年月日などを要求することは、子役モデルなど、企業側が合理的理由による明確な説明責任が立証出来無い限り、年齢や容姿・人種などによる、違法な人種差別・年齢差別・就職差別に繋がるので、記載は禁止かつ質問も違法である。なので、履歴書には記載・添付せず、入社が正式に決まり、初出社の社員登録時に誕生日を記入する[11]

また、生地、出身、就業可能資格(市民権査証)確認以外の目的での国籍、信仰する宗教宗派家族構成、健康障害者状態などによる就職差別も、同様に違法となるので、会社側は要求できないが、記載することは本人の自由である。

ただし、麻薬覚醒剤などの違法薬物の使用の前歴の審査は厳しく、会社によっては採用決定前に会社の指定する検査機関で、薬物使用の有無を検査することを要求される。同様に、過去に重罪犯歴がないかどうかを専門機関に調査させる会社もあるが、この場合も調査に必要な情報(現在及び過去の氏名と住所、生年月日、社会保障番号など)は会社には渡さず、調査機関のみに開示する。

履歴書のスペースに書ききれない、自己PRおよび「熱意」の表現として、「カバーレター」と呼ばれる、簡潔な手紙を添えることもある。

その他

自伝や歴史などのタイトルとして、『○○の履歴書』などの表現を使うことがある。(例 『巨人、大鵬、卵焼き 私の履歴書』 大鵬幸喜著、『辛抱の履歴書』 水戸泉眞幸著、日本経済新聞リレー連載コラム『私の履歴書』)

脚注

  1. ^ en 転職大辞典トップ 2015年3月22日閲覧。
  2. ^ 履歴書の取り扱いと個人情報トラブル 千葉県消費者センター 個人情報相談窓口
  3. ^ 「転職時の「履歴書」はPCで 「見やすさ」「内容」が重要」、『J-CASTニュース』、2009年8月23日。
  4. ^ Chris Rickborn 「「履歴書」は消えて、採用活動は効率化する(今はまさに時代の転換点)」、『TechCrunch Japan』、2012年4月18日。
  5. ^ 「第1回 履歴書って手書きじゃなきゃダメ?」、『キャリア&転職研究室』 (人材バンクネット)、2005年1月17日。
  6. ^ Resumes, CVs and Covering Letters in English, EnglishClub 2012年7月3日閲覧。
  7. ^ “Writing an Effective CV”, DRILL Career Guide, Drill Business Services 2012年7月3日閲覧。
  8. ^ ライフネット生命保険調べ、1000人回答:「『パソコン作成よりも手書きを評価する』との回答は全体の51・1%と過半数に達し、『どちらとも言えない』が30・0%。」 『履歴書は手書きが好印象 採用担当者アンケート』 共同通信、2011年11月19日。
  9. ^ 「「手書きの履歴書」就職に有利は本当か」、『J-CAST会社ウォッチ』、2010年2月24日。
  10. ^ Microsoft WordExcelなどのソフトには、印刷前の文書内に含まれる文字列を検索できる機能が備わっているのが多く、キーワードによる検索が容易にできる。
  11. ^ 海外労働情報 アメリカ合衆国”. 独立行政法人 労働政策研究・研修機構. 2008年5月8日閲覧。

関連項目

外部リンク

100の資格を持つ女〜ふたりのバツイチ殺人捜査〜

『100の資格を持つ女〜ふたりのバツイチ殺人捜査〜』(ひゃくのしかくをもつおんな ふたりのバツイチさつじんそうさ)は、2008年からテレビ朝日系で放送されている刑事ドラマシリーズ。制作はABCとThe icon。主演は渡辺えり。

放送枠は「土曜ワイド劇場」(第1作 - 第10作)、「土曜プライム・土曜ワイド劇場」(第11作 - 第12作)。

Researchmap

researchmap(リサーチマップ)とは、研究者のプロフィール(経歴・論文リスト等)の管理を支援するインターネット上のサービスであると同時に、研究者の情報を集積するデータベース。サイト内では「新世代研究基盤」と紹介されており、経歴・論文リスト等を履歴書 (CV) としてまとめる機能、科研費等の書類フォーマット作成支援機能、ブログ機能、コミュニティ機能などを備えたポータルサイトである。

日本の大学共同利用機関法人情報・システム研究機構(ROIS)の新領域融合研究の一環として、国立情報学研究所社会共有知研究センターが運営を開始した。(2011年11月より運営は科学技術振興機構に移動。設計と研究開発を国立情報学研究所社会共有知研究センターが行っている。)ウェブサイトは日本語(一部英語)で作られ、日本に在住する研究者、海外に滞在する日本人研究者を主な対象としている。商用サービスではなく、登録・閲覧は無料。

ろみひー

『ろみひー』は、1998年4月1日から2003年3月31日まで日本テレビ系列局で放送された中京テレビ製作のトークバラエティ番組。日本テレビ系全国ネットの深夜番組放送枠『ZZZ』の内包番組として放送。

入社試験

入社試験(にゅうしゃしけん)とは、企業が主に正社員を採用するために行う試験である。その方法や過程は会社によって大きく異なる。また、日本企業の正社員採用は新卒一括採用が基本である。公務員試験や教員採用試験も入社試験に該当するが、これらは該当項目を参照。

加藤剛

加藤 剛(かとう ごう、1938年2月4日 - 2018年6月18日)は、日本の俳優。本名は加藤 剛(かとう たけし)。身長173cm。体重70kg。俳優座所属。

2001年、紫綬褒章受章。2008年、旭日小綬章受章。

大屋晋三

大屋 晋三(おおや しんぞう、1894年(明治27年)7月5日 - 1980年(昭和55年)3月9日)は、日本の政治家、実業家。参議院議員。帝人社長、日本・ベルギー協会会長(初代)を歴任。

大屋政子の夫。

大賀典雄

大賀 典雄(おおが のりお、1930年1月29日 - 2011年4月23日)は、日本の実業家、指揮者、声楽家。

勲等は勲一等。ソニー株式会社相談役、財団法人東京フィルハーモニー交響楽団会長・理事長、東京文化会館館長。

CBS・ソニーレコード株式会社社長(初代)、ソニー商事株式会社社長、東京商工会議所副会頭、ソニー株式会社社長・最高経営責任者(初代)、社団法人経済団体連合会副会長などを歴任した。

妻はピアニストの松原緑。

小沢佐重喜

小沢 佐重喜(おざわ さえき、明治31年(1898年)11月25日 - 昭和43年(1968年)5月8日)は、日本の政治家・弁護士。衆議院議員(10期)。栄典は正三位勲一等。

吉田茂の側近の一人。新進党、民主党の党代表などを歴任した小沢一郎の父。

広岡達朗

広岡 達朗(ひろおか たつろう、旧字体:廣岡、1932年2月9日 - )は、広島県呉市出身の元プロ野球選手(内野手)・元監督、野球解説者(評論家)。

東京都町田市在住。愛称は「ヒロさん」、あるいは単に「ヒロ」。また、野村克也や森祇晶が「狸」と呼ばれるのに対して、広岡は「狐」と呼ばれることもある。

松永安左エ門

松永 安左エ門(松永 安左衞門、まつなが やすざえもん、1875年(明治8年)12月1日 - 1971年(昭和46年)6月16日)は、「電力王」「電力の鬼」と言われた日本の財界人。政治家(帝国議会衆議院議員1期)。壱岐出身。美術コレクター、茶人としても知られ、耳庵(じあん)の号を持つ近代小田原三茶人の一人。氏名は「松永安左ヱ門」と表記されることもある。

業種

業種(ぎょうしゅ)は、事業や営業の種類という意味であり、産業と同じ意味より細かい分類として使われる。

河合良成

河合 良成(かわい よしなり、明治19年(1886年)5月10日 - 昭和45年(1970年)5月14日)は、日本の農商務官僚、政治家、実業家。富山県高岡市名誉市民。

第1次吉田内閣の厚生大臣、小松製作所会長、経団連常任理事。

王貞治

王 貞治(おう さだはる、中国語拼音:Wáng Zhēnzhì〈ワン・チェンジー〉、1940年5月20日 - )は、東京府東京市本所区(現・墨田区)生まれ、中華民国籍の元プロ野球選手・監督。福岡ソフトバンクホークス株式会社取締役会長。日本プロ野球名球会顧問。

史上3人目の三冠王達成者。世界記録となるレギュラーシーズン通算本塁打868本を記録し、巨人のV9に貢献した。また、シーズン四球(158個)、シーズン敬遠(45回)、シーズン出塁率(.532)、シーズンOPS(1.293)、通算得点(1967点)、通算塁打(5862塁打)、通算打点(2170打点)、通算四球(2390個)、通算敬遠(427回)、通算出塁率(.446)、通算長打率(.634)、通算OPS(1.080)の日本記録保持者。

国民栄誉賞受賞者第一号であり、2010年には文化功労者として顕彰された。

石坂泰三

石坂 泰三(いしざか たいぞう、1886年(明治19年)6月3日 - 1975年(昭和50年)3月6日)は、日本の財界人、経営者。逓信省を退官、第一生命保険に入社。第一生命保険、東京芝浦電気(現・東芝)社長を経て、第2代経済団体連合会(経団連)会長(在任、1956年(昭和31年)2月21日~1968年(昭和43年)5月24日)。経団連会長を4期、12年務めた。経団連会長の異名 「財界総理」は石坂泰三を嚆矢とする。正三位勲一等。

私の履歴書

私の履歴書(わたしのりれきしょ)は、日本経済新聞朝刊最終面(文化面)に掲載されている連載読み物である。1956年(昭和31年)3月1日にスタート。第1回は鈴木茂三郎で、3月1日から7日にかけて連載された。当初は連載期間が1週間と短かったが、その後次第に長くなり、1987年(昭和62年)からは、毎月1か月間(1日から末日)に渡って1人を取り上げるスタイルが定着。2019年(平成31年)現在も継続中である。これを原作として、テレビ東京・BSジャパンとラジオ日経で放送化されている。

職務経歴書

職務経歴書(しょくむけいれきしょ)は、当人が過去に従事した職務・職業上の地位、および当該職務の具体的内容を、当人の職歴として時系列的(編年体)またはキャリア(経験)、プロジェクトタイプなどをベースに記載した書面のことで、第三者に提示するために使用され、時として履歴書とともに(履歴書の補完的に)使用される。

藤山一郎

藤山 一郎(ふじやま いちろう、1911年(明治44年)4月8日 - 1993年(平成5年)8月21日)は、日本の歌手・声楽家・作曲家・指揮者。本名、増永 丈夫(ますなが たけお)。本名ではクラシック音楽の声楽家・バリトン歌手として活躍した。

東京府東京市日本橋区蛎殻町(現東京都中央区日本橋蛎殻町)出身。東京音楽学校(後の東京藝術大学音楽学部)を首席で卒業。

東京音楽学校で培った正統な声楽技術・歌唱法・音楽理論と、ハイバリトンの音声を武器にテナーの国民的歌手・流行歌手として活躍。1930年代から1940年代にかけて『酒は涙か溜息か』・『丘を越えて』・『東京ラプソディ』・『青い山脈』・『長崎の鐘』など数多くのヒット曲を世に送った。理論・楽典に忠実に歌ったことから正格歌手と呼ばれ、その格調高い歌声は「楷書の歌」と評された。1992年(平成4年)、国民栄誉賞を受賞した。

証明写真

証明写真(しょうめいしゃしん)は、その人物を判断し、他人のなりすましを見分けることなどを目的に身分証明書や書類などに貼付される人物写真。パスポートや運転免許証等の公文書、履歴書等の私文書、入学試験や資格試験等の願書などに用いられる。基本的に無地の背景で、肩から上の顔写真とし、帽子やマスク、サングラス等は着用せずに撮影する。

写真店の他、無人の証明写真撮影機により撮影できる。自動証明写真撮影機は、自動販売機型で現金投入し撮影後、かつて機種では、ポラロイドカメラから現像する方式が撮影から数分ほど掛かったが、2019年(令和元年)現在ではデジタルカメラと昇華型プリンターを使用しており、最短数十秒で写真が出てくることから、スピード写真とも呼ばれる。映画監督、発明家でもある円谷英二が発明したと言われている。

阿川弘之

阿川 弘之(あがわ ひろゆき、1920年(大正9年)12月24日 - 2015年(平成27年)8月3日)は、日本の小説家、評論家。

広島県名誉県民。日本芸術院会員。日本李登輝友の会名誉会長。文化勲章受章。代表作に、『春の城』『雲の墓標』のほか、大日本帝国海軍提督を描いた3部作(海軍提督三部作)『山本五十六』『米内光政』『井上成美』など。

法学者の阿川尚之は長男、タレント・エッセイストの阿川佐和子は長女。

就業

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.