属 (分類学)

(ぞく、: genus, pl.:genera)は、生物分類のリンネ式階級分類における基本的階級の1つ、および、その階級に属するタクソンである。属はの下・の上に位置する。属の下に亜属をもうけることがある。

定義

生物はそれぞれに一定の特徴を持ち、それ以外のものとはある程度明確に区別できるという単位からなっている(というのが異論はあるが一応の一般的判断である。)。それらを比較し、体系的にまとめようとするのが分類学であるが、このとき、基本的な体の構造や性質がほとんど共通であり、些細な部分でのみ区別できる種のまとまりを真っ先に考える。これが属である。

この場合、どのような形質が基本的であり、どのような形質が些細であるかはその分類群によって異なっており、より自然分類に近づくようにそれらを選ぶのが分類学者の判断である。たとえば種子植物であれば、一般的にはの構造や雌しべの内部の構造、維管束の配置などは基本的なものであり、の色、の形などはより些末な形質であると見なされている。つまり植物全体の姿や花の構造がほぼ同じで、花の大きさや色と葉の形が異なっていて、それらに中間型がなければ同属の別種と考える。

もっとも、この部分に恣意性が入るのを問題視し、できるだけ多くの形質を抽出し機械的な操作に任せる分岐分類学や、外部形態よりもより直截な系統関係が明らかになると考えられる分子遺伝学的方法も取り入れられつつある。しかしいずれにせよ形態的特徴は重要なものと見なされる場合が多く、新たな方法でそれまでの判断とは異なった結果が出た場合には、それらの種の形態について洗い直されるのが普通である。

由来

そもそも「属」と「種」は、アリストテレス論理学に端を発する語である。ある特定の事物を類似により集めたものを「種 (species)」としたとき、それをさらに一般化したものを「類 (genus)」という。例えば「動物は生物の一である」と言ったときは動物が「種」で生物が「類」であり、「昆虫節足動物の一である」と言うときには昆虫が「種」で節足動物が「類」である。

しかし生物学においては、世代を越えて半永続的に同質な個体の集団を「種」とし、それらを集めた最初の類のみを「属」と呼んでいる。このような属の概念は16世紀ごろから発達し、リビヌス (1652-1723) とツルヌフォール (1656-1708) によって確立された。

初めてカール・フォン・リンネの分類学を日本に紹介した伊藤圭介『泰西本草名疏』(たいせいほんぞうめいそ)においては「類」と訳されていたが、宇田川榕菴『植学啓原』(しょくがくけいげん)で「属」の訳語があてられて現在まで用いられている。

分類学上の扱い

現在一般に使われる二名法(二語名法、二名式命名法)においては、生物種の学名は2つの部分からなっている。属名と種小名である。たとえば、ヒトの学名 Homo sapiensホモ・サピエンス)は、ヒトが Homo 属の一種であることを表している。属名のイニシャルは必ず大文字で表される。すなわち、ある生物を新種と認め、それを記録する、つまり新種記載するためには、その生物の所属する属を確定しなければならない。現在の分類学は、基本的には種を扱う単位としているが、実際の扱いに於いては、むしろ属がその単位である。

動物の場合、上科から亜族までの階級は必ずそこに含まれるどれか1つの属を基準とし、その属名に由来する名前をつけるが、この基準となる属のことをタイプ属と呼ぶ。植物でも属の名前を使って階級名をつけた場合には、慣用的に同じ語を用いることがある。

動物と植物の間では属名(や属以外の階級名)が重複することが起こりうる。これは国際動物命名規約国際藻類・菌類・植物命名規約の両方で非推奨とされているのだが、しかし両方で使われている名前は数千を超える。たとえば、Anuraキク科の植物の属名と、カエル目の階級名として使われている。Aotus は "golden peas"(マメ科)とヨザルの属名として、Oenantheセリサバクヒタキの属名として、Prunellaイワヒバリウツボグサの属名として使われている。

動物学や植物学の内部で属名が重複することは許されない。このため、例えばカモノハシ (platypus) の属名は Ornithorhynchusとされている。1799年ジョージ・ショウ によって Platypus の属名が選ばれたが、その名は1793年にすでにヨハン・フリードリッヒ・ヴィルヘルム・ヘルプストによって養菌性キクイムシの属名として使われていた。どちらも動物と考えられるので両方には使えない。1800年ヨハン・フリードリッヒ・ブルーメンバッハによってカモノハシの属名が Ornithorhynchus に差し替えられた。

属以下の階級

出典

  1. ^ 百花瞭然/植物の3命名法”. 2017年5月25日閲覧。
  2. ^ 溝田浩二、「門外漢のための「学名」のはなし」 化学と生物 2004年 42巻 2号 p.99-10, doi:10.1271/kagakutoseibutsu1962.42.99
  3. ^ 食品に関係ある微生物の分類”. 2017年5月25日閲覧。

関連項目

アメーバ (曖昧さ回避)

アメーバ、Amoeba、Ameba

アメーバ - 細胞の形態の一つ。

アメーバ属 - 分類学上のアメーバ (Amoeba)。

アメーバ (数学) - 集合の一つ。Amoeba

Amoeba (オペレーティングシステム) - 分散オペレーティングシステムの一種。

Amoeba (ファイル共有) - ファイル共有ソフトAmeba

Ameba (ネットサービス) - サイバーエージェントが提供するネットサービス。

Ameba TV - カナダとアメリカ合衆国で提供されている子供向け番組ストリーミングサービス。

ゲニステイン

ゲニステイン(英:Genistein)は、良く知られているイソフラボンの一つである。ゲニステインやダイゼインのようなイソフラボンは、一次食材であるルピナス属、ソラマメ、クズやen:psoralea や薬草であるen:Flemingia vestita やコーヒーから見つかっている。抗酸化物質や駆虫薬の役割に加えて多くのイソフラボンは、ホルモンであるエストロゲンよって起こる生理作用を及ぼす動物とヒトのエストロゲン受容体に作用することを示してきている。イソフラボンは、非ホルモン作用も起こす。ゲニステインは、1899年にen:Genista tinctoriaから初めて抽出され、化合物の名前は属 (分類学)の名前に由来している。ゲニステインがprunetolと一致していることが発見された際に、ゲニステインの化合物の核が1926年に合成された。ゲニステインが化学的に合成できたのは1928年である。

シロオニタケ

シロオニタケ(白鬼茸 Amanita virgineoides)は、テングタケ科テングタケ属に分類されるキノコの一種である。

亜属

亜属(あぞく)は、リンネ式階層分類体系の生物学的分類における階級の1つ、および、その階級にあるタクソンである。亜属は、属の下・節の上にある。

二名法での名称は、亜属を付ける必要はないが、表記したい場合は次のようにする。

属名+(亜属名)+種小名

属名+(「Subgen.」+亜属名)+種小名 (Subgen.: Subgenus の略)

四等官のひとつ。下級文官の官名。さかん。属 (文官)

生物学上の分類。属 (分類学)

生物学に関する記事の一覧

2006年4月より、この一覧の維持は停止しました。Portal:生物学やCategory:生物学をご利用ください。生物学に関する記事の一覧は、生物学と関係のある記事のリストである。ただし生物学者は生物学者の一覧で扱う。また生物の名前は生物学の研究材料としてある程度有名なもののみ加える。

このリストは必ずしも完全ではなく、本来ここにあるべきなのに載せられていないものや、ふさわしくないのに載せられているものがあれば、適時変更してほしい。また、Portal:生物学の新着項目で取り上げたものはいずれこのリストに追加される。

「⇒」はリダイレクトを、(aimai) は曖昧さ回避のページを示す。並べ方は例えば「バージェス動物群」なら「はしえすとうふつくん」となっている。

リンク先の更新を参照することで、このページからリンクしている記事に加えられた最近の変更を見ることが出来る。Portal:生物学、Category:生物学も参照のこと。

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.