小教区

小教区(しょうきょうく、英語: parish)は、監督制をとるキリスト教の諸教会において、教会行政の基本単位となる区域。一般に「教区」(または司教区)と訳される"diocese"の下位の単位。"parish"が「教区」と訳される場合もあるが 、一般的に"diocese"との区別のために、「小教区」、あるいは「教会区」などと訳される。(教区も参照。)

歴史

初期のキリスト教会では、各都市に司教を長とする教会があり、教区(司教区)があるだけであった。しかし3世紀ごろから都市以外にもキリスト教徒が増え、教会が建てられるようになると、さまざまな問題が生じてきたため、司教の配下にあってそうした教会を司る司祭が置かれるようになってきたのが小教区制の起こりである。

またゲルマン民族においては、キリスト教以前の風習を引き継いで領主の私有教会が置かれることが多くあり、ここでも独自の小教区制が成立していった。

中世に入って、特にカロリング朝時代にフランク王国が拡大した際、この2つが合体し、現代まで続く国全体に及ぶような小教区制が成立したとされる。[1]

カトリック教会の小教区

カトリック教会においては、各々の教区(司教区)の中にいくつかの小教区が設置され、それぞれの小教区が「主任教会」と呼ばれる中心となる教会を持つ。小教区には「主任司祭」(英語: parish priestラテン語: parochus)がいて、小教区に対する責任と権威を持つ。主任司祭は、司教直属の教区司祭が任命されることが多いが、司教から小教区の管理を委託された修道会修道司祭が主任司祭を務める場合もある。また、主任司祭を補助する司祭がいることもあり、「助任司祭」と呼ばれる。

英国国教会の教区

英国国教会では、上述のカトリック教会のシステムの多くが、改革ののちも引き継がれ、教区教会が基本的な単位と見なされている。

スコットランド国教会の小教区

スコットランド国教会において、教区は教会の管理の基本レベルである。各々の教区教会の霊的な監督に責任をもつのは、会衆の最下級長老会議(Kirk Session)である。

脚注

  1. ^ 阪口 2006。

参考文献

  • 坂口昂吉「小教区制の起源(研究余滴)」『史学』(慶應義塾大学) 75巻1号(2006-06)、141-143頁。CiNii
  • 山代宏道「アングロ・サクソン時代の小教区制 <研究ノート>」『史學研究』(広島史学研究会)153(1981-09-30)、44-58頁。CiNii

関連項目

カトリック台北大司教区

カトリック台北大司教区(中: 天主教台北總教區、羅: Archidioecesis Taipehensis、英: Archdiocese of Taipei)は、台湾 台北市、新北市、基隆市および宜蘭県を管轄区域とするキリスト教カトリック教会の大司教区。大司教座聖堂は聖母無原罪司教座堂。

カトリック吉祥寺教会

カトリック吉祥寺教会(カトリックきちじょうじきょうかい)は、東京都武蔵野市にあるカトリック東京大司教区の修道院委託小教区の教会およびその聖堂である。

カトリック東京大司教区

カトリック東京大司教区(カトリックとうきょうだいしきょうく、(羅: Archidioecesis Tokiensis、英: Roman Catholic Archdiocese of Tokyo)は、東京都文京区に司教座を置くカトリック教会の司教区である。司教座聖堂は関口教会。東京都と千葉県を管轄区域としており、日本では信者数が最も多い教区で、大司教が管理する大司教区である。東日本のカトリックの教区を統括する教会管区ともなっている。

シュヴェービッシュ・ハル

シュヴェービッシュ・ハル(標準ドイツ語:Schwäbisch Hall)は、ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州北東部、ハイルブロンの約37km東、シュトゥットガルトの約60km北東に位置する都市である。

この街は、1802年から1934年まで(あるいは今日でも日常会話では)、単に「ハル」と呼ばれていた。シュヴェービッシュ・ハル郡の郡庁所在地であり、最大の町であって、中心的都市の役割を担っている。

1960年10月1日以降、シュヴェービッシュ・ハルは、グローセ・クライスシュタット(Große Kreisstadt、中核地方都市を意味する)となった。シュヴェービッシュ・ハルは、ミヒェルバッハ・アン・デア・ブリツ、ミヒェルフェルト、ローゼンガルテンといった周辺自治体と行政共同体を形成している。

ジェーンズビル (ウィスコンシン州)

ジェーンズビル(英:Janesville、ジェンスビルと表記されることもある)はアメリカ合衆国ウィスコンシン州南部の都市である。ロック郡の郡庁所在地であり、ジェーンズビル統計上都市圏の主要都市である。2010年国勢調査では人口が62,998人だった。

セロ (行政区画)

セロ(セロー)(ロシア語: Село́, ルーマニア語:Selo)はロシア、ウクライナ、カザフスタン、モルドバ、ブルガリアでの住民拠点(集落および街区)の1種である。また、行政区画名の1種でもある。ロシア語のセロは村と訳される。

セロに関連・類似する集落の名称としては、他にデレヴニャ、ポショーロク、スタニツァ(ユルト)(ru)、フトル(ru)、キシラク(ru)、アウル(ru)(いずれもロシア語からの転写)などがある。

フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路

フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路は、1998年にユネスコの世界遺産に登録された(世界遺産ID868)。1993年にスペインの世界遺産として登録された「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」(世界遺産ID669)を拡張したものではなく、別件として扱われている。

ここで登録されているのは、巡礼路の一部区間と、巡礼路の途上にある主要な歴史的建造物群であり、建造物群の一部には他の世界遺産の物件と重複するものもある。

ブリニャーノ=フラスカータ

ブリニャーノ=フラスカータ(伊: Brignano-Frascata)は、イタリア共和国ピエモンテ州アレッサンドリア県にある、人口約500人の基礎自治体(コムーネ)。

ポゴスト

ポゴスト(ベラルーシ語: пагост、ロシア語: погост、ウクライナ語: погост。)とはルーシの行政・領土の単位である。キエフ・ルーシ期のポゴストはウロク(諸税)を徴収する役割を担った。日本語文献では「貢物納入所」という訳が当てられている。

ポゴストはキエフ大公国の公女・オリガがウロクの徴収のために、947年にノヴゴロドの地(ru)でドレヴリャーネ族に対して制定したのが始まりである。ポゴスト設置以前は、徴税には、公がドルジーナ(従士)を率いて徴収に回るパリューヂェ(巡回徴貢)という形式が採られていた。しかし945年、ドレヴリャーネ族がダーニ(貢税)の徴収に抵抗し、徴収に赴いたオリガの夫のイーゴリ1世を殺害したことが、ポゴスト設置の発端となった。

ただしポゴストの概念はのちに変化し、以降の時代には、いくつかの集落からなる行政・領土の単位をポゴストと呼ぶようになった。キリスト教の普及の後、ポゴストには教会が建てられた。時と共にポゴストは、教会と墓地のある村を意味するようになった。また、小教区であると共に、交易や移住の中心地の役割も担い、共同の祝宴も行われた。18世紀 - 19世紀の中央ロシア(ru)では、ポゴストとは教会・墓地と、ポープ・プリーチトの住居のある、小規模な移住地を指した。また、北部ロシア(ru)では行政区分名としてポゴストという名称が、1775年に廃止されるまで存続していた。さらに18世紀始めからは、ポゴストとは村の墓地を指す言葉としても使用された。このように、ポゴストという言葉にはいくつかの概念が含まれている。

現在は、多くの集落や地名にポゴストの名が残っている。

ルイジアナ州

ルイジアナ州

State of LouisianaÉtat de Louisiane

州の愛称: ペリカンの州Pelican State

ルイジアナ州(英: State of Louisiana)は、アメリカの南部の州である。アメリカ合衆国50州の中で、陸地面積では第31位、人口では第25位である。

州都はバトンルージュ市、最大の都市はニューオーリンズ市である。元フランス領であったが、1812年、アメリカ合衆国の州になった。民法はナポレオン法典が用いられる。また州の下の行政区画として、他州で用いられるカウンティ(county、郡)のかわりにパリッシュ(parish、キリスト教の小教区を意味したが、現在は行政小教区 civil parishで、日本語ではカウンティ相当として「郡」と訳している)が用いられるのもフランス植民地時代の影響である。パリッシュがカウンティ相当として使われるのはアメリカではルイジアナ州のみである。

州内幾つかの都市圏では、多文化、多言語の遺産が残っており、18世紀に領域を支配したフランス(本国およびアカディア)やスペイン(ヌエバ・エスパーニャ)の混合文化に強く影響され、また先住民であるインディアンや、西アフリカから奴隷として連れてこられたアフリカ系アメリカ人の文化の影響も見られる。19世紀初めにアメリカ合衆国の領土となり、アングロサクソン系のアメリカ人が流入して州に昇格する前に、アメリカ合衆国の他州とは幾分異なった文化が形成され、今日に繋がっている。

ローレ

ローレ (ポルトガル語: Loulé, ポルトガル語発音: [loˈlɛ]) は、ポルトガルの市及び自治体であり、面積764.2 km²、人口70,622人である。適切な市の人口は24,791人。

この自治体は11の小教区から構成されており、ファーロ県に位置する。

現在の市長はSebastião Seruca Emídioであり、社会民主党より選ばれた。

市の休日に昇天の日がある。

修道司祭

修道司祭(しゅうどうしさい)とは、正教会、カトリック教会、聖公会において、修道士かつ司祭である者を言う。

司祭

司祭(しさい)とは、キリスト教における位階の一つ。東方諸教会、正教会、カトリック教会、聖公会に存在する。

プロテスタントには、万人祭司の教理により司祭がおらず、指導者として牧師がいる。

大聖堂

大聖堂(だいせいどう)は、キリスト教の宗教建築の種別のひとつ。語義には教派によって差がある。日本のカトリック教会では「カテドラル」との片仮名表記も頻繁に用いられるが、日本の他教派ではこれはあまり用いられない。

対抗宗教改革

対抗宗教改革(たいこうしゅうきょうかいかく)とは、16世紀のトリエント公会議を頂点としたカトリック教会内の改革刷新運動のこと。かつては「反宗教改革」という語が用いられていたが、近年の研究の結果、対抗宗教改革は宗教改革より以前に始まっていたことがわかり、カトリック改革とも呼ばれるようになってきている。

教区

教区(きょうく、ラテン語: Dioecesis、英: Diocese)とは、宗教組織が行政や布教活動などのために地域ごとに設定する単位である。

神言会

神言会(しんげんかい、羅: Societas Verbi Divini 略称 S.V.D.)は1875年にドイツのアーノルド・ヤンセンによって創設されたカトリック教会の修道会。正式名称を神言修道会(しんげんしゅうどうかい)という。

聖職禄

聖職禄(せいしょくろく、羅: beneficium)は、カトリック教会において、教会職と結びついて教会財産の所領あるいは奉納物から一定の収益を得る権利のこと。およびその権利により得られる収入のこと。

起源は、地方における小教区の報酬にはじまるという説と、私有教会制にはじまるという説がある。ベネフィキウムという言葉はラテン語で「良き(bene)」と「行い(facio)」の合成語で、封建制(フューダリズム)において臣下の奉仕に対する君主からの賦与物のことを指していた。

中世ヨーロッパにおいて、この聖職禄は教会職と分離され、封の1つとして世俗人に聖職禄が付与されていた。

第2バチカン公会議(1962年 - 1965年)では、教会職は職務が第一であり、聖職禄はその付加物でしかないと規定され、廃止ないし改革の方針が打ち出された。そこでは聖職禄の代わりに基金や保険の形態で聖職者の生活費が支給されるべきとされた。ただし現在でも教会法1272条ならびに1274条で聖職禄についての規定が定められており、小教区など一部の地方在住の聖職者には支給されている。

行政教区

行政教区(ぎょうせいきょうく)は、いくつかの国で採用されている行政区画である。

キリスト教の教会の小教区(英: parish)に由来する区画で、パリッシュ(英: parish)と呼ばれる。イギリス(ウェールズを除く)やアイルランドでは、教会の小教区と区別するためにシヴィル・パリッシュ(英: civil parish)とも呼ばれる。

位置づけは国や地域によって異なり、地方自治体であるものもあれば、自治体内の区画であるものもある。米国ルイジアナ州のパリッシュは複数の自治体を含み、日本語では「郡」と訳される。

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.