士師記

士師記』(ししき)は聖書の書物である。[1]

ヨシュアの死後、サムエルの登場に至るまでのイスラエル人の歴史が含まれており、他民族の侵略を受けたイスラエルの民を、「士師」と呼ばれる歴代の英雄達が救済する内容である。この書物は、キリスト教においては旧約聖書に、また、ユダヤ教においては預言者に分類される。この書物の原作者は、伝統的にサムエルであると信じられている。

Gustave Dore Jephtha
戦いに勝利したエフタを先頭で出迎えたのは、彼自身の一人娘であった。ギュスターヴ・ドレによるイラストレーション

要約

時代背景(1:1-3:6)

ヨシュアの死後、イスラエルの各部族は各自の相続地を攻略してゆくが、彼らは神の命令通りにカナン人たちを完全に滅ぼすことはせず、彼らとの共存の道を選ぶ[2]み使いが現れ、『申命記』7章での宣言通り、カナン人たちが「罠となる」ことを告げる[3]。士師たちの時代の概要[4]。罠となる国民の一覧[5]

士師たちの活躍(3:7-16章)

アラム・ナハライムの王クシャン・リシュアタイムがイスラエル人を支配する。オトニエルは士師となり、アラム人を追い払う[6]。モアブ人の王エグロンがイスラエル人を支配する。エフドは士師となり、エグロンを暗殺した後、モアブ人を追い払う[7]シャムガルは士師となり、ペリシテ人に勝利する[8]。ハツォルの王ヤビンがイスラエル人を支配する。シセラが軍を指揮する。女預言者デボラバラクを士師として任命し、また、彼にシセラの死に様を告げる。バラクはシセラの指揮する軍を壊滅させ、シセラを追跡するが、シセラはデボラの告げた通り、「女の手に」よって殺害される。また、カナン人ヤビンに対しても勝利する[9]。デボラとバラクによって、神への賛美が歌われる[10]

ミディアン人、アマレク人たちが略奪を繰り返す。ギデオンの前にみ使いが現れ、彼が神から士師として任命されたことを告げる。彼はバアルの祭壇と聖木を壊し、そこにヤハウェの祭壇を築いて犠牲を捧げる[11]。ミディアン人、アマレク人たちの軍が集結する。ギデオンの下に三万二千人が集まるが、神は三百人を選出し、他の者たちを去らせる。その夜、ギデオンと三百人の兵がミディアン人たちを取り囲むように分散し、周囲で角笛を吹き鳴らすと、敵兵は同士討ちを始めて壊走する。周辺のイスラエル人は再び呼び集められて追撃に加わる。またこの時、エフライム族がヨルダンを攻略する[12]。これら一連の戦闘で死亡したミディアン人たちは十二万人を数える[13]。ギデオンと三百人の兵はさらに追撃を続ける。スコトとペヌエル、二つの都市において、ギデオンは兵のために食物を求めるが嘲笑され拒否される。ギデオンはカルコルでミディアン人たちを奇襲し、二人の王、ゼバとツァルムナを捕虜にする。その帰途、二人の王は証拠としてスコトとペヌエルの住民の前に示され、二つの都市はその嘲笑の言葉ゆえに滅ぼされる。また、二人の王も処刑される[14]。民はギデオンが自分たちの支配者となることを望むが、彼はこれを拒否する。ギデオンは戦利品からエフォド(祭司の装身具)を作成する[15]

ギデオンの息子、アビメレクは、ギデオンの他の息子たちを殺害し、シケムで王となる。ただ一人難を逃れた末の息子、ヨタムは、アビメレクとシケムに対する呪いの言葉を語る[16]。後に、シケムの住民はアビメレクに反感を持つようになり、ガアルがシケムを訪れると、その住民は彼を信頼するようになる。宴席において、シケムの住民がアビメレクの上に災いを呼び求めると、ガアルはそれに乗じて、アビメレクとシケムの事務官ゼブルの二人を嘲笑する。ガアルの嘲笑に怒ったゼブルは、アビメレクとガアルの双方を炊きつけて両者を戦わせる。この戦闘はアビメレクが勝利し、シケムは滅ぼされる[17]。テベツの攻略戦で、女の投げ落とした石臼がアビメレクの頭に当たり致命傷を与えると、彼は従者に自分を殺させる[18]

アビメレクの死後、トラが士師となる[19]ヤイルが士師となる[20]。イスラエル人は他の神々を崇拝するようになる。ペリシテ人、アンモン人がイスラエル人を悩ませると、民は再びヤハウェの救いを求めるようになる[21]。アンモン人がギレアドに、イスラエル人がミツパに布陣する。ギレアドの人々はエフタを司令官として任命する[22]。アルノン周辺の境界線に対する、エフタとアンモン人の王、双方の主張[23]。エフタはアンモン人との戦闘に勝利するが、戦闘前に自ら神に誓約したその誓約に従って、自分の一人娘を神に捧げる[24]。エフライム族の者たちがエフタの行動に不満を抱き、ギレアドに攻め込むが、エフタとギレアドの人々は彼らを返り討ちにする[25]。エフタの死後、イブツァンが士師となる[26]エロンが士師となる[27]アブドンが士師となる[28]

ペリシテ人がイスラエル人を支配する。み使いがマノアの妻の前に現れ、彼女が男子を産むこと、その子がイスラエルを救出することを告げる。誕生した男子はサムソンと名付けられる[29]。サムソンはティムナに住むペリシテ人の女と結婚する。サムソンとティムナの人々は険悪となり、サムソンの妻は、彼女の父によって他の者に与えられる[30]。報復に次ぐ報復。サムソンは千人のペリシテ人を倒す[31]。サムソンは、自分の力の秘密をソレクの谷に住むデリラに明かしてしまい、ペリシテ人に捕らえられ両目をくり抜かれる[32]。三千人のペリシテ人がダゴンを崇拝するために集まり、サムソンを見世物にしようとするが、力を回復したサムソンはダゴンの神殿の柱を倒し、ペリシテ人を巻き添えにして神殿の下敷きとなり死亡する[33]

ダン族の定住(17-18章)

神殿を所有するエフライム族の人、ミカは、モーセの子孫であるレビ人、ヨナタンを祭司として迎える[34]。ダン族はライシュに攻め上る途上、ミカの家で彫刻像などを奪う。その現場に居合わせたヨナタンは、説得されてダン族の祭司となる。ミカは彼らに抗議するが、脅されて退散する[35]。ダン族はライシュを滅ぼし、その都市をダンと改名してそこに定住する[36]

ベニヤミン族の討伐(19-21章)

ベニヤミンの都市、ギブアでの蛮行[37]。イスラエルの四十万人の戦士がミツパに集結し、ギブアを攻め滅ぼすことを決定する[38]。ベニヤミンの他の都市の者たちはギブアを滅ぼすことに同意せず、二万六千人の戦士がギブアを救うために集結する[39]。最初の二日間はベニヤミンが優位に戦い、イスラエルの四万人が戦死する[40]。三日目に、ベニヤミンの二万五千百人が戦死し、六百人の戦士がリモンの岩場に逃れる[41]。ベニヤミンの全ての都市が滅ぼされる[42]。ベニヤミン族に対する救済[43]

なお、このエピソードには『士師記』の最後に乗っているが、アロンの孫になるピネハスが出てくる(20:28)など、時系列的には初期の話であり、このためフラウィウス・ヨセフスの『ユダヤ古代誌』第V巻2-8章では士師記の各話時系列を「1-2章→19-21章→17-18章→3-16章」の順番だと説明している[44]

扱われている期間

士師たちの活動期間を単純に合計すると、以下の通りとなる。

  1. アラム人の奴隷下の8年間(3:8)
  2. オトニエルによる解放後の40年間(3:11)
  3. モアブ人の奴隷下の18年間(3:14)
  4. エフドによる解放後の80年間(3:30)
  5. カナン人の奴隷下の20年間(4:3)
  6. バラクによる解放後の40年間(5:31)
  7. ミディアン人たちに侵略された7年間(6:1)
  8. ギデオンによる解放後の40年間(8:28)
  9. ギデオンの息子、アビメレクが支配した3年間(9:22)
  10. トラが裁いた23年間(10:2)
  11. ヤイルが裁いた22年間(10:3)
  12. ペリシテ人の奴隷下の18年間(10:8)
  13. エフタによる解放後の6年間(12:7)
  14. イブツァンが裁いた7年間(12:9)
  15. エロンが裁いた10年間(12:11)
  16. アブドンが裁いた8年間(12:14)
  17. ペリシテ人の奴隷下の40年間(13:1)
  18. サムソンが裁いた20年間(15:20, 16:31)

合計410年間。しかし、『列王記』上 6章1節は、出エジプトからソロモンの神殿建設までの期間が480年であることを示しており、ここから

  1. エジプト脱出後、荒野でさまよった40年間
  2. ヨルダン川を渡ってからヨシュアが死亡するまでの期間(不明)
  3. サウルが王として即位した後の40年間(『使徒行伝』13:21)
  4. ダビデが王として支配した40年(『サムエル記』下 5:4, 『列王記』上 2:11)
  5. ソロモンが王として即位してから神殿の建設が始まるまでの4年(『列王記』 第一 6:1)

などを差し引くと、その期間は358年より短くなるはずであり、『士師記』から求められる410年という期間はこの枠に収まりきらない。そこで、「ある士師の活動期間は別の士師の活動期間と重なっているはずである」、とする見解が一般的である。

脚注

  1. ^ エホバの証人の用いている「新世界訳聖書」では、「裁き人の書」と呼ばれている。
  2. ^ 1章
  3. ^ 2:1-5
  4. ^ 2:6-23
  5. ^ 3:1-6
  6. ^ 3:7-11
  7. ^ 3:12-30
  8. ^ 3:31
  9. ^ 4章
  10. ^ 5章
  11. ^ 6:1-32
  12. ^ 6:33-8:3
  13. ^ 8:10
  14. ^ 8:4-8:21
  15. ^ 8:22-29
  16. ^ 8:30-9:21
  17. ^ 9:22-9:49
  18. ^ 9:50-57
  19. ^ 10:1-2
  20. ^ 10:3-5
  21. ^ 10:6-16
  22. ^ 10:17-11:11
  23. ^ 11:12-11:28
  24. ^ 11:29-40
  25. ^ 12:1-6
  26. ^ 12:7-10
  27. ^ 12:11-12
  28. ^ 12:13-15
  29. ^ 13章
  30. ^ 14章
  31. ^ 15章
  32. ^ 16:4-22
  33. ^ 16:23-31
  34. ^ 17章, 18:30
  35. ^ 18:1-26
  36. ^ 18:27-31
  37. ^ 19:1-28
  38. ^ 19:29-20:11
  39. ^ 20:12-16
  40. ^ 20:17-29
  41. ^ 20:30-47
  42. ^ 20:48, 21:16
  43. ^ 21章
  44. ^ フラウィウス・ヨセフス『ユダヤ古代誌2 旧約時代編[V][VI][VII]』秦剛平 訳、株式会社筑摩書房、1999年11月、ISBN 4-480-08532-7、P42-92。

関連項目

外部リンク

ウィキソースには、士師記(口語訳)の原文があります。
ウィキソースには、士師記(文語訳)の原文があります。

アスタロト

アスタロト(Astaroth)は、ヨーロッパの伝承に伝わる悪魔の一人。種々の魔術や悪魔学の文献において高位の悪魔として扱われる。アシュタロト(Ashtaroth)、アステロト(Asteroth)とも呼ばれる。日本語ではアスタロス、アシュタロスとも表記される。

アブドン

アブドン(英語: Abdon 、ヘブライ語: עַבְדּוֹן‎ (Abdon)、古代ギリシア語: Αβδών、「僕」を意味する語根に由来 )は、旧約聖書の登場人物または町。

イスラエルの士師。エフライム族のピルアトン人ヒレルの子。アブドンは40人の息子と30人の孫を持っていた。彼らは70頭のろばを乗っていたことから、富と地位を得ていたことが窺える。8年間イスラエルを裁いた後、死後、エフライムの地のアマレク人の山、ピルアトンに葬られた(士師記 12:13-15)。

ベニヤミン族のギブオンの父エイエル(七十人訳聖書)と妻マアカの長子(歴代誌上 8:30、9:36)。

ユダ族の王ヨシヤの廷臣。ミカの子(歴代誌下 34:20)。列王記下22章12節のアクボルと同一人物であると考えられる。

ベニヤミン族のシャシャクの子。エルサレムに住んだ長の一人(歴代誌上 8:23-28)。

レビ族のゲルションの氏族に与えられたアシェル族の町(ヨシュア記 21:27-30、歴代誌上 6:71-74)。アシェル族には四つのレビ族の町がある。放牧地と共にゲルション人に分与された。場所は恐らくキルヤト・アルベ (Khirbet Abdeh)、テル・アブドン (Tel Avdon) と同定される。

エフタ

エフタ(英語: Jephthah 、Jephtha 、Jephte 、ヘブライ語: יפתח‎ (Yiftach)、古代ギリシア語: Ιεφθάε、「(神は)開いてくださった、(神は)開いてくださるように」の意 )は、旧約聖書の登場人物。イスラエルの士師。マナセ族(民数記 26:29、士師記 11:1)。エフタに関わる物語は『士師記』10章から12章に描かれている。

エフド

エフド、エホド、エフデ(英語 Ehud ben‑Gera 、ヘブライ語 אֵהוּד בֶּן‑גֵּרָא)とは、旧約聖書の登場人物。

2番目の士師。エフドはベニヤミン族のゲラの子(士師記3:15)。左利きだった(士師記3:15)。

エロン

エロン(英語: Elon 、ヘブライ語: אֵלוֹן‎ (elon)、古代ギリシア語: Αιλώμ、恐らく「大木」の意 )は、旧約聖書の登場人物または町。

ヘト人。その娘バセマトとアダはエサウの妻となった(創世記 26:34、36:2)。

ゼブルンの子。ヤコブと共にエジプトに移住した(創世記 46:14)。エロン人の家長となった(民数記 26:26)。

イスラエルの士師。ゼブルン族。十年間裁いた後に、アヤロンに葬られた(士師記 12:11-12)。

ダン族の町。場所は定かではない(ヨシュア記 19:43)。

オトニエル

オトニエル(英語: Othniel 、ヘブライ語: עָתְנִיאֵל‎ (oth-nee-ale') 、古代ギリシア語: Γοθονιήλ)は、旧約聖書の登場人物。またはオテニエル。

士師記で最初に名前を挙げられている士師。カレブの弟ケナズの子(士師記1:13)。

聖書によれば、カレブは「キルヤト・セフェルを撃ち破って占領した者には、娘アクサを妻として与える」(士師記1:12)と宣言した。そこで、オトニエルが起ち上がってデビル(キルヤト・セフェル)を攻略し、アクサを妻として得た(士師記1:13)。イスラエル人が偶像崇拝をしてヤハウェ神の目に悪い事を行うようになると、ヤハウェは憤って民をアラム・ナハマイムの王クシャン・リシュアタイムの手に渡し、8年の間民を苦しめた。しかし、民が助けを叫び求めると、ヤハウェの霊はオトニエルに臨み、彼は「救出者」また「士師」となって民をクシャン・リシュアタイムから解放した。そして、その後オトニエルが死ぬまでの40年間は平和が続いた(士師記3:8-11)。

オトニエルにはハタトとメオノタイという息子がいた(歴代誌上4:13)。このうち、ハタトの子孫の一人ヘルダイは、後代のダビデの治世中の時に24000人の分団の頭となった(歴代誌上27:15)。

ギデオン

ギデオン(英語: Gideon または Gedeon、ヘブライ語: גִּדְעוֹן‎ (Gid'on))とは、ヘブライ人の士師である。「破壊者」の意味で、「強力な戦士」または「(木の)伐採者」を指す。彼の物語は『士師記』に記録されており、その記述は『旧約聖書』に編纂されている。彼の物語は6章から8章にかけて書かれている。彼は信仰の人の例として、『ヘブライ人への手紙』の中でも名が挙げられている。

サムエル記

『サムエル記』(サムエルき)は旧約聖書におさめられた古代ユダヤの歴史書の1つ。元来、『列王記』とあわせて1つの書物だったものが分割されたようである。また『サムエル記』自体も上下にわかれているが、これはギリシャ語聖書以来の伝統である。また、正教会においては列王記第一、列王記第二と呼称される。内容的には『士師記』のあとを受け、『列王記』へと続いていく。タイトルは最後の士師であり、祭司であったサムエルに由来。ユダヤ教の分類では『ヨシュア記』『士師記』『列王記』と共に「前の預言者」にあたる。

この書物の原作者は、サムエル、ナタン、ガドであると伝えられている(歴代誌上 29:29)。

サムソン

サムソン(ヘブライ語: שמשון Shimshon/Šimšôn‎、ギリシア語: Σαμψών Sampson、ラテン語: Samson)は、旧約聖書の士師記13章〜16章に登場する人物。古代イスラエルの士師の1人で、怪力の持ち主として有名。名前には「太陽の(人)」、「(神に)仕えるもの」という意味があると考えられる。

サムソンとデリラ (1949年の映画)

『サムソンとデリラ』(Samson and Delilah)は、1949年のアメリカ合衆国の歴史映画。セシル・B・デミル監督、製作、ヴィクター・マチュア、ヘディ・ラマール主演。『士師記』のサムソンとデリラの物語を原作としている。

デボラ

デボラ(Deborah)は、『旧約聖書』に登場する第4の士師。ラピドトの妻であり、「デボラのなつめやしの木」と呼ばれる木の下で裁きを行った(「士師記」第4章第4節以下)。ヘブライ語でミツバチという意味である。

バアル

バアル(聖書ヘブライ語: בַּעַל ba‘al、ウガリット語: b‘l)は、カナン地域を中心に各所で崇められた嵐と慈雨の神。その名はセム語で「主」、または「主人」「地主」を意味する。バールや、バビロニア式発音のベール、およびベルとも表記される。

バラク (士師)

バラク(英語: Barak 、ヘブライ語: בָּרָק‎ (baw-rawk') 、古代ギリシア語: Βαράκ 、「電光、稲妻」の意)は、旧約聖書の登場人物。士師の一人。

旧約聖書によれば、ナフタリのケデシュ出身のイスラエル人で、アビノアムの子(士師記 4:6)。士師エフドが死ぬと、イスラエル人は悪を行うようになり、カナン人の王ヤビンに20年間虐げられることとなった(士師記 4:1-3)。将軍シセラを率いるカナン軍との戦いにおいて、女預言者デボラと共にタボル山に1万人のイスラエル軍を招集した(士師記 4:7-14)。しかし、デボラも共に行く代わりに、シセラは女によって殺害されると預言される(士師記 4:9)。シセラ軍はそれを聞くと、ただちに鉄の戦車900両を装備させキション川に向かった(士師記 4:13)。イスラエル軍は軽装備であったが、タボル山を下りてシセラ軍に突入した(士師記 4:14)。キション川の流れは激しくなり、シセラ軍の戦車は身動きが取れず混乱し、全滅した(士師記 4:15-16、5:20-22)。将軍シセラはヤイルの天幕へと逃げたが、ヤイルはシセラが寝たすきに槌で天幕用の釘をシセラのこめかみから地面に向けて刺し通し殺害した(士師記 4:17-21)。イスラエルはその後40年間は平和な時代となった(士師記 5:31)。士師記5章の「デボラの歌」はこの時の戦勝を記念して歌われたものである。

新約聖書では、バラクは信仰の模範者として挙げられている(ヘブル人への手紙 11:32-34)。

フーゴー・グレスマン

フーゴー・グレスマン(Hugo Gressmann、1877年3月21日 - 1927年4月6日)は、ドイツの神学者。旧約聖書の学者として著名なヘルマン・グンケルの盟友である。

グレスマンは、グンケルの聖書学研究における類型批評の方法で用いられていたグンケルの研究を引き継いだ。そして、旧約聖書の「出エジプト記」、「ヨシュア記」、「士師記」、「サムエル記」、「列王記」に導入した。

また、十戒の研究の方法においては、ヴェルハウゼンの学説と対立した。

ペリシテ人

ペリシテ人、あるいはフィリスティア人(ヘブライ語:p'lishtīm>ギリシア語:Philistînoi>ラテン語:Philistīni>英語:Philistines)とは、古代カナン南部の地中海沿岸地域周辺に入植した民族群である。アシュドド、アシュケロン、エクロン、ガザ、ガトの5つの自治都市に定着して五市連合を形成していた。古代イスラエルの主要な敵として知られ、聖書の『士師記』や『サムエル記』で頻繁に登場する。特に、士師サムソンの物語や、戦士ゴリアテと戦ったダビデの物語などが有名である。

現在のヨーロッパ諸語では、ペリシテ人とは「芸術や文学などに関心のない無趣味な人」の比喩として使用される。

また、パレスチナ(Palestina)は「ペリシテ人の土地」という意味だが、現在のパレスチナ人はアラブ民族であり、ペリシテ人と直接関係があるかは分かっていない。

ルツ記

『ルツ記』(ルツき)はヘブライ聖書におさめられたモアブ人女性・ルツの物語。『十二小預言書』を一書と考えた場合、『ルツ記』は旧約聖書でもっとも短い書である。

『ルツ記』は、異邦人であるルツがダビデ王にいたる家系の中で重要な役割を果たすことを語ることで、救いの歴史において「自らの民」ユダヤ人にとらわれない神の意図の壮大さを語っている。ルツは日本正教会ではルフィと表記される。

列王記

『列王記』(れつおうき)は旧約聖書におさめられた古代ユダヤの歴史書の1つ。元来、『サムエル記』とあわせて1つの書物だったものが分割されたようである。また『列王記』自体も上下にわかれているが、これは七十人訳聖書以来の伝統である。また、正教会においては『列王記第三』、『列王記第四』と呼称される。内容的には『サムエル記』のあとを受けており、また『歴代誌』とは一部内容が重複している。ユダヤ教の分類では『ヨシュア記』『士師記』『サムエル記』と共に「前の預言者」にあたる。

この書物の原作者は、伝統的にエレミヤであると伝えられている。

士師

士師(しし、英語: Judge、ヘブライ語: שָׁפַט‎, ラテン文字転写: shaphat、古代ギリシア語: κριτάς)は、ヨシュア以後の王国時代の前から預言者サムエルの間まで、古代イスラエルを裁いた人々であり、旧約聖書『士師記』に描かれる指導者を指す。原語の意味は「治める者」あるいは「裁き人」。「士師」という呼び方は中国語聖書に由来する。

士師の支配地域は一部の部族とその周辺に限定されている地方分権で、王政とは違い世襲制ではなかった。大士師と小士師に分けられ、前者は他民族からの圧迫から民を救う英雄であり、後者は外敵の攻撃とは直接関係しない裁判人や仲裁者を指す。以下に述べる通りに区別されている。

大士師

オトニエル(3章7–11節)

エフド(3章12–30節)

バラク(4–5章)

デボラ(4–5章)

ギデオン(6章1節–8章32節)

エフタ(10章6節–12章7節)

サムソン(13–16章)

小士師

シャムガル(3章31節)

トラ(10章1–2節)

ヤイル(10章3–5節)

イブツァン(12章8–10節)

エロン(12章11–12節)

アブドン(12章13–15節)

旧約聖書

旧約聖書(きゅうやくせいしょ)は、ユダヤ教およびキリスト教の正典である。「旧約聖書」という呼称は旧約の成就としての『新約聖書』を持つキリスト教の立場からのもので、ユダヤ教ではこれが唯一の「聖書」(タナハ)である。そのためユダヤ教では旧約聖書とは呼ばれず、単に聖書と呼ばれる。『旧約聖書』は原則としてヘブライ語で記載され、一部にアラム語で記載されている。また、イスラム教においてもその一部(モーセ五書と詩篇に相当するもので現在読まれているものとは異なる。それらはそれぞれ、アラビア語で「タウラー」「ザブール」と呼ばれる)が啓典とされている。

ネビーイーム預言者
歴史書・知恵文学・預言書(旧約聖書モーセ五書以外)

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.