基礎自治体

基礎自治体(きそじちたい)は、国の行政区画の中で最小の単位で、首長地方議会などの自治制度があるものを指す。

基礎自治体の名称は国によって異なる。日本市町村のようにいくつかの種類に分かれている国もあれば、フランスコミューンのように人口に関係なく同じ名称で呼ばれる国もある。

各国の基礎自治体

  • キューバ - キューバの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • プエルトリコ - プエルトリコの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • ドミニカ共和国 - ドミニカ共和国の基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • メキシコ - メキシコの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • エルサルバドル - エルサルバドルの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • グアテマラ - グアテマラの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • ホンジュラス - ホンジュラスの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • ニカラグア - ニカラグアの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • ベネズエラ - ベネズエラの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • コロンビア - コロンビアの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • ボリビア - ボリビアの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • ウルグアイ - ウルグアイの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • アルゼンチン - アルゼンチンの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。

関連項目

アムステルダム

アムステルダム(オランダ語: Amsterdam [ˌʔɑmstərˈdɑm] ( 音声ファイル))は、オランダの北ホラント州の基礎自治体(ヘメーンテ)であり、オランダ最大の都市である。人口820,654人(2012年)、都市圏人口は2,289,762人にのぼる。商業や観光が盛んなヨーロッパ屈指の世界都市である。オランダ語での発音は片仮名で表記すると「アムスタダム」に近い。地名は「アムステル川のダム(堤防)」の意(「ダム広場」の項を参照)。

憲法に規定されたオランダの首都だが、国会、中央官庁、王宮、各国の大使館など首都機能のほとんどはデン・ハーグにある。

元々は小さな漁村だったが、13世紀にアムステル川の河口にダムを築き、町が築かれた。16世紀には海運貿易の港町として、ヨーロッパ屈指の都市へと発展した。現在のアムステルダムは、アムステルダム中央駅を中心に市内に網の目状に広がる運河や、その運河に沿って並ぶ無総督時代の豪商の邸宅、自転車、飾り窓の女性たち、アンネ・フランクの家などで広く知られる。

アントウェルペン

アントウェルペン(オランダ語: Antwerpen [ˈɑntʋɛrpə(n)] ( 音声ファイル), フランス語: Anvers [ɑ̃vɛʁ(s)], 英語: Antwerp [ˈæntwɜrp])は、ベルギーのフランデレン地域・アントウェルペン州の州都で、同国最大の都市(首都圏地域の人口を合わせればブリュッセル市が最大)。

英語名に由来するアントワープや、フランス語名に由来するアンヴェルス(アンベルス)も日本語の表記においてよく用いられる。2012年1月1日の総人口は502,604人。面積は204.51 km2, 人口密度は2,457.56人/km2である。

イタリアの地方行政区画

本項ではイタリアの地方行政区画(イタリアのちほうぎょうせいくかく)の詳細をしめす。

イタリア共和国の行政区画は、基本的には 州 ― 県・大都市 ― コムーネという階層構造をとっている。

2014年には「大都市、県、コムーネの連合および合併に関する規定」(Disposizioni sulle città metropolitane, sulle province, sulle unioni e fusioni di comuni) が制定され、2015年には県級の広域自治体として10の大都市(Città metropolitana)が発足するなど、行政区画の改編が進められつつある。

イタリアの県の一覧

本項では、イタリアの県の一覧(イタリアのけんのいちらん)を示す。2018年11月現在、県(および県相当の区画)は107個あり、20の州に属している。

イタリア共和国の地方行政区画において県(provincia)は、基礎自治体であるコムーネ(comune)の上位、州(regione)の下位にあたる区画である。県と同等の広域行政区画として大都市(Città metropolitana)などがある。

※ 本項では Città metropolitana について、制度を示す場合以外は、仮に「県」と訳する(「○○県」、「県都」など)。一覧では、州ごとに所属の県を挙げ(配列はいずれも50音順)、県の後に続いて県都(capoluogo)を示す。県都は複数置かれることもある。

オプシュティナ

オプシュティナは、スラヴ圏の国々にみられる行政単位である。多くの場合、各国のオプシュティナは最小の行政単位(基礎自治体)であり、ドイツのゲマインデ(Gemeinde)、イタリアのコムーネ(comune)、フランスのコミューン(commune)、日本の市町村などに相当する。各国の言語によって呼称は若干異なるが、同根の語で表される。その中のオプシュティナとはセルビア語の名称である。

コミューン

コミューン(commune)は、フランスにおける基礎自治体、すなわち地方自治体の最小単位である。

スイスの基礎自治体もフランス語圏(Suisse romande 又は Romandie)ではコミューン(コミュヌ)と呼ぶ。

コムーネ

コムーネ(伊: comune)は、イタリア語で「共同体」の意味を指す用語であり、現代ではイタリアの自治体の最小単位の組織(基礎自治体)である。また、スイスのイタリア語圏でも基礎自治体をコムーネと呼ぶ(詳細はスイスの基礎自治体を参照)。

コーディチェ・カタスターレ

コーディチェ・カタスターレ(伊: codice catastale) または コーディチェ・カタスト(codice catasto)は、イタリアの基礎自治体(コムーネ)を識別するためのコード。イタリア国民に付与されるコーディチェ・フィスカーレ(個人納税者番号)の一部分で、国民がどのコムーネで出生したかを示す。「出生地コード」と日本語訳されることもある。

コーディチェ・カタスターレは、イタリアのコムーネの名称を略形式で表現可能な様に設定された。その処理は、それぞれのコムーネのコードを、可能な限り最小の文字数内で収めるように縮約し圧縮したものである。

したがって、最初の文字はアルファベットで、残り3文字は数字の4つの文字に制限される。この4つの文字は、コーディチェ・フィスカーレの12桁〜15桁目となる。

スパ (ベルギー)

スパ (Spa) は、ベルギーのリエージュ州に位置する都市。英語での温泉、療養温泉を意味するスパ(Spa)の語源ともなった場所である。温泉および隣のフランコルシャンにまたがるサーキット、スパ・フランコルシャンで世界的に知られる。

デン・ハーグ

デン・ハーグ(オランダ語: Den Haag [dɛnˈɦaːx] ( 音声ファイル) デン・ハーハ/’s-Gravenhage [ˈsxraːvə(n)ˌɦaːɣə] ( 音声ファイル) スフラーフェンハーヘ、日本語では多くハーグ)は、北海沿岸に位置するオランダ南ホラント州の基礎自治体(ヘメーンテ)であり、同州の州都。事実上のオランダの首都で、アムステルダムとロッテルダムに次ぐオランダ第3の都市でもある。

スターテン・ヘネラールと称されるオランダ議会の議事堂が所在している。議事堂のほかに、王室の宮殿、中央官庁、各国の大使館などが置かれており、ほぼすべての首都機能を担う、国内政治の中心都市である。そのほかにも、国際司法裁判所や旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷、国際刑事裁判所等の重要な国際機関が複数置かれ、「平和と司法の街」とも呼ばれる。一般に首都とされているアムステルダムは、憲法において首都と規定され、かつ王宮も存在する(ただし実質的には離宮)ものの、歴史的に首都機能はハーグが担ってきている。

イングランド王ジェームズ2世が亡命してきたり、逆にオランダ王ウィレム2世をイギリスへ亡命させたりした、緊密な英蘭関係を象徴する都市である。ロイヤル・ダッチ・シェルの本社がある。

北海に面した郊外に、行楽地であるスヘフェニンゲンがある。

ドーハ

ドーハ(英語:Doha、アラビア語:الدوحة al-Dawha)は、カタールの首都。カタール半島東海岸のペルシア湾に面した港町で、同国最大の都市。また、同国を構成する基礎自治体のひとつである。中東有数の世界都市でもある。人口は1,312,947人(2013年)で、カタールの人口の60%がドーハ都市圏に住んでいる。

ベルン

ベルン(標準ドイツ語:Bern [bɛrn] ( 音声ファイル)、アレマン語(ベルン方言):Bärn [b̥æːrn](ベァールン)、フランス語:Berne [bɛʁn](ベルヌ)、イタリア語:Berna [ˈbɛrna](ベルナ)、ロマンシュ語:Berna [ˈbɛrnə](ベルナ)、英語:Bern、Berne [bərn]、[bɛrn] (バーン、ベアン)は、スイス連邦の首都。

ベルン州の州都でもある。人口は140,567人(2015年)で、チューリッヒ、ジュネーヴ、バーゼルに次ぐ4番目の規模の都市である。「ベルン」の語源は伝承によれば熊であるとされ、熊が市の紋章にもなっている。スイス連邦議会議事堂の所在地であるほか、万国郵便連合などの国際機関も置かれている。ドイツ語圏に属する。

ロッテルダム

ロッテルダム(オランダ語: Rotterdam [ˌrɔtərˈdɑm] ( 音声ファイル))は、オランダの南ホラント州にある基礎自治体(ヘメーンテ)。オランダ語での発音は「ロッタダム」または「ロターダム」と表記する方が近い。

ロッテルダム港を擁する世界屈指の港湾都市で、人口規模はアムステルダムに次いでオランダ第2位である。世界都市であり、国内の他都市に比べて近代的なビルが立ち並ぶ。

ローザンヌ

ローザンヌ(フランス語・ドイツ語: Lausanne フランス語: [lozan] ドイツ語: [loˈzan]、イタリア語・ロマンシュ語: Losanna イタリア語: [loˈzanna])は、スイスのヴォー州に属する基礎自治体(コミューン) で、同州の州都。フランス語圏に属する。

分離集落

分離集落(ぶんりしゅうらく)と訳されるフラツィオーネ(イタリア語: frazione)は、イタリアの地方行政上の制度で、基礎自治体であるコムーネの下位にあたる行政区画。コムーネに含まれるが、コムーネの中心集落 (it:Capoluogo) から地理的・歴史的・経済的に離れている村落(集落)である。

フラツィオーネは日本語のカナ表記では「フラジオーネ」とも転記される。また、訳語に「村」があてられることもある。

山口県

山口県(やまぐちけん)は、日本の行政区画及び地方公共団体。本州最西端に位置する。県庁所在地は山口市、最大の都市は下関市。

市町村

市町村(しちょうそん)とは、地方公共団体である市・町・村の総称。日本の基礎的地方公共団体(地方自治法2条3項では「基礎的な地方公共団体」)として、包括的(広域的)地方公共団体である都道府県に対比される。

市町村は基礎自治体でもあるが、日本の基礎自治体にはほかに特別区(都の区)があり、合わせて市区町村(しくちょうそん)または市町村区(しちょうそんく)という。東京都では、都内で人口最多の基礎自治体が市ではなく特別区(23区)なので、公的には区市町村(くしちょうそん)という。

2019年(平成31年)2月15日現在の数

である。

地方自治法は、以下で条名だけ記載する。

町(まち)は、市街地やその区画。小規模な都市や、あるいは都市の一部の狭い区画についていうことが比較的多い。

また、日本の基礎自治体の一種。「町」の読みは一般には「まち」だが、複合語や、個別の町については「ちょう」と読むものも多い(下記、#行政町参照)。なお、日本以外の基礎自治体は規模によって細分されていないことも多く、細分されている場合でも日本とは名称や基準が異なる。基礎自治体を参照。

郡 (アメリカ合衆国)

郡(ぐん、英語: county、英語発音: [ˈkaunti] カウンティ)は、アメリカ合衆国で州と基礎自治体の間にある地方行政区分である。

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.