君主制

君主制(くんしゅせい、:monarchy, monarchism[1])または君主政[2]君主主義君主制主義[1]とは、一人の支配者が統治する国家形態であり[3]、伝統的には君主が唯一の主権者である体制[4]語源ギリシア語の「モナルケス monarches」で、「ただ一人の支配」を意味する[3]。君主が皇帝である君主制は「皇帝制 imperialism」と言う[5][6]。君主制の対義語は共和制(republic)や共和主義(republicanism)である。

用語

君主が存在する国家を君主国、君主が存在しない国家を共和国という。君主国は通常、支配者の君主号によって、王国)、大公国大公)、公国)、首長国アミール)、帝国皇帝[注釈 1])などと呼ばれる。かつて君主号には、個々の文化圏ごとの複雑な慣習に基づく序列や優劣が存在したが、現在は国際社会において儀礼上対等とされる。ただし、便宜上の序列を付ける場合は「在位期間の長い方が上」とすることがある(一例として、各国君主の集合写真を撮影する場合には、在位期間の長い順から中央~外側に着座していき、同じように後列の立座となる)。

その地位を一人の人間が終身で持ち続け、その一族により世襲される君主制を世襲君主制という。世襲君主制においては、君主の一族を王家王室)と呼び、王家による世襲権力の連続体を王朝という。バチカン市国のように選挙によって君主が選ばれる君主制を選挙君主制という。また、マレーシアサモアは任期制の君主国[注釈 2]である。

君主が絶対的な権力を持つ政体が絶対君主制である。これに対し、君主が権力を制限されていたり付与されていない政体が制限君主制であり、権力の制限が憲法に基づく(立憲主義)場合は立憲君主制となる。立憲君主制はさらに、君主が名目的な地位にあるイギリス型と、君主に強力な権限を持たせたプロイセン型(外見的立憲君主制)に大別される[7]

ある人物が君主の地位に就任することを即位、君主がその地位から退くことを退位、君主がその地位を他人に譲ることを譲位、退位した人物が再び即位することを重祚(ちょうそ)という。また、即位させること(君主格の付与、enthronement)を「祭り上げる」、退位させること(君主格の剥奪、dethronement)を「廃位する」とも表現する。

政治分析の基礎概念として君主制を取り上げ、他の政体と区別して論じたのは、君主を持たないポリスが多数存在した古代ギリシア思想家である。君主制の国がほとんどを占めていた地域では、君臣の関係のような限定的問題を越えて、君主制を国家一般と別に把握する動機が生まれなかった。近代になって、君主制が共和主義者によって脅かされるようになると、古代ギリシア・古代ローマの伝統を復活させて君主制を論じる政治思想が登場した。

分類

君主の種類による分類には以下がある。

現存

現存しない

現在の君主国

World Monarchies
  絶対君主制の国
  絶対君主制に近い国
  立憲君主制の国
  英連邦王国 (人的同君連合となっている立憲君主制の国)
  伝統的な君主が地方に存在する国
君主[注釈 5] 制度 継承 現憲法
日本の旗 日本国 [注釈 6] 天皇 立憲君主制 世襲制 1947
カンボジアの旗 カンボジア王国 立憲君主制 世襲選挙制 1993
タイ王国の旗 タイ王国 制限君主制 世襲制 2017
ブータンの旗 ブータン王国 立憲君主制 世襲制 2007
ブルネイの旗 ブルネイ・ダルサラーム国 スルターン 絶対君主制 世襲制 1959
マレーシアの旗 マレーシア スルターン[注釈 7] 立憲君主制 選挙君主制 1957
オランダの旗 オランダ王国 立憲君主制 世襲制 1815
スウェーデンの旗 スウェーデン王国 立憲君主制 世襲制 1974
スペインの旗 スペイン王国 立憲君主制 世襲制 1978
デンマークの旗 デンマーク王国 立憲君主制 世襲制 1849
ノルウェーの旗 ノルウェー王国 立憲君主制 世襲制 1814
ベルギーの旗 ベルギー王国 立憲君主制 世襲制 1831
モナコの旗 モナコ公国 大公 立憲君主制 世襲制 1911
アンドラの旗 アンドラ公国 共同大公 立憲君主制 職権上 1993
モロッコの旗 モロッコ王国 立憲君主制 世襲制 1957
リヒテンシュタインの旗 リヒテンシュタイン公国 立憲君主制 世襲制 1862
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク大公国 大公 立憲君主制 世襲制 1868
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 首長 混合制 世襲選挙制 1971
オマーンの旗 オマーン国 スルターン 絶対君主制 世襲制 1996
カタールの旗 カタール国 首長 混合制 世襲制 2004
クウェートの旗 クウェート国 首長 絶対君主制 世襲選挙制 1962
サウジアラビアの旗 サウジアラビア王国 絶対君主制 世襲選挙制 1992
バーレーンの旗 バーレーン王国 混合制 世襲制 2002
ヨルダンの旗 ヨルダン・ハミシテ王国 立憲君主制 世襲選挙制 1952
スワジランドの旗 エスワティニ王国 立憲君主制 世襲選挙制 1968
レソトの旗 レソト王国 立憲君主制 世襲選挙制 1993
トンガの旗 トンガ王国 立憲君主制 世襲制 1970
バチカンの旗 バチカン市国 教皇 立憲君主制 選挙君主制 1920
イギリスの旗 イギリス 立憲君主制 世襲制 1701
アンティグア・バーブーダの旗 アンティグア・バーブーダ 英国王 立憲君主制 1981
オーストラリアの旗 オーストラリア 英国王 立憲君主制 1901
カナダの旗 カナダ 英国王 立憲君主制 1867
グレナダの旗 グレナダ 英国王 立憲君主制 1974
ジャマイカの旗 ジャマイカ 英国王 立憲君主制 1962
セントクリストファー・ネイビスの旗 セントクリストファー・ネイビス 英国王 立憲君主制 1983
セントビンセント・グレナディーンの旗 セントビンセント・グレナディーン 英国王 立憲君主制 1979
セントルシアの旗 セントルシア 英国王 立憲君主制 1979
ソロモン諸島の旗 ソロモン諸島 英国王 立憲君主制 1978
ツバルの旗 ツバル 英国王 立憲君主制 1978
 ニュージーランド 英国王 立憲君主制 1907
バハマの旗 バハマ 英国王 立憲君主制 1973
パプアニューギニアの旗 パプアニューギニア 英国王 立憲君主制 1975
バルバドスの旗 バルバドス 英国王 立憲君主制 1966
ベリーズの旗 ベリーズ 英国王 立憲君主制 1981

過去の君主制

19世紀以前に君主制から共和制に移行した国

20世紀に君主制から共和制に移行した国

21世紀に君主制から共和制に移行した国

関連項目

  • 君主
  • 王室
  • 君主号
  • 君主制廃止論
  • 封建国家 - 封建制 - 領邦 - 諸侯 - 親政 - 院政
  • 王が死んでも、王制は不滅!(もしくは、前王は身罷れた、次王万歳) - 王が死んでも、次の王に王位が継承され、王国が何代も続くことを願った外国語の慣用句(元はフランス語:Le roi est mort, vive le roi!、英語:The king is dead, long live the king!)

脚注

注釈

  1. ^ 広大な領土を保持していたり、複数の従属国を束ねていたりする国家を指して、君主号によらず、また共和国であっても「帝国」と呼ぶこともある(詳細は帝国を参照)。
  2. ^ サモアを君主制に分類するかどうかについては定まっていない。
  3. ^ 連合王国独自の解釈がされる非常に独特な国家連合体。
  4. ^ 各国の総督はイギリス政府とは完全に無関係であり、実際には各国の首相の推薦により、その国の市民権を持つ人間が選ばれる。
  5. ^ あくまで日本語における通俗的な呼び分けであって公的な分類ではない。
  6. ^ 議論あり。詳細は象徴天皇制#議論を参照。
  7. ^ Yang di-Pertuan Agong

出典

  1. ^ a b Weblio 2019, p. 「monarchism」.
  2. ^ 岡田 2015, p. 19.
  3. ^ a b 平凡社 2019.
  4. ^ ブリタニカ・ジャパン 2019.
  5. ^ 淡路 1980, p. 104.
  6. ^ 今井 1991, pp. 33-34.
  7. ^ 「立憲君主制」『ブリタニカ国際大百科事典 小項目版』6、ティビーエス・ブリタニカ、1993年、改訂第2版。

参考文献

  • 淡路, 憲治「パリ・コミューンとマルクス (II) (The Paris Commune and Marx (II) )」『岡山大学経済学会雑誌』第11巻第4号、岡山大学経済学会、1980年、 97-130頁、 ISSN 03863069
  • 今井, 義夫「ロシア・ツァーリズムのイデオロギー」『社会思想史研究』第15巻、社会思想史学会(北樹出版)、1991年、 30-42頁。
  • 岡田, 健太郎「カナダ国民統合における立憲君主制の役割についての一考察 ―― 連邦議会上院などを事例として(A Study on the Canadian Political Unity and the Substantial Role of the Constitutional Monarchy System in Canada from the Current Canadian Political & Social Context)」『神奈川県立国際言語文化アカデミア紀要』第4巻、神奈川県立国際言語文化アカデミア、2015年、 19-31頁、 doi:10.20686/academiakiyou.4.0_19ISSN 2186-7348
  • ブリタニカ・ジャパン「君主」『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』ブリタニカ・ジャパン、2019年。 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『君主』 - コトバンク
クウェート

クウェート国

دولة الكويت

国の標語:なし

国歌:祖国の歌 (al-Nashīd al-Watanī)

クウェート国(クウェートこく、アラビア語: دولة الكويت‎)、通称クウェートは、立憲君主制で中東・西アジアの国家。首都はクウェート市。1990年にイラクに一時占領された(湾岸危機)。北と西にイラク、南にサウジアラビア、東にペルシャ湾がある。

タイ王国

タイ王国

ราชอาณาจักรไทย

国の標語:なし

国歌:เพลงชาติไทย(タイ語)タイ国歌王室歌:สรรเสริญพระบารมี(タイ語)国王賛歌

タイ王国(タイおうこく、タイ語: ราชอาณาจักรไทย Ratcha Anachak Thai [râːt.tɕʰā ʔāːnāːtɕàk tʰāj])、通称タイ(タイ語: ประเทศไทย Prathet Thai [pràtʰêːt tʰaj] ( 音声ファイル))は、東南アジアに位置する立憲君主制国家。首都はバンコク都。東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国、通貨はバーツ、人口6,718万人。

国土は、インドシナ半島中央部とマレー半島北部を占める。南はマレーシア、東はカンボジア、北はラオス、西はミャンマーと国境を接する。マレー半島北部の西はアンダマン海、東はタイランド湾に面する。

2014年にプラユット将軍率いる国軍が軍事クーデターを起こし、従来の憲法(2007年憲法)と議会を廃止し実権掌握以降、軍事独裁政権が継続している。

2017年4月7日に新憲法が公布され、同日施行された。

ノルウェー

ノルウェー王国

Kongeriket Norge(ブークモール)Kongeriket Noreg(ニーノシュク)

国の標語:不明

国歌:Ja, vi elsker dette landet(ノルウェー語)そう, 我らはこの地を愛す

註1 : 6地区では、さらにサーメ語も公用語。

ノルウェー王国(ノルウェーおうこく、ノルウェー語: Kongeriket Norge/Noreg)、通称ノルウェーは、北ヨーロッパのスカンディナビア半島西岸に位置する立憲君主制国家。首都は半島南端部に存在するオスロフィヨルドの奥に形成された港湾都市のオスロ。東にスウェーデン、ロシア、フィンランドと国境を接している。

国土は南北に細長く、海岸線は北大西洋の複数の海域、すなわちスカゲラック海峡、北海、ノルウェー海およびバレンツ海に面している。海岸線には、多くのフィヨルドが発達する。この他、ノルウェー本土から約1,000キロメートル (km) 離れた北大西洋上のヤン・マイエン島は固有の領土の一部として領有され、スヴァールバル条約によりバレンツ海のスヴァールバル諸島を領有している。南大西洋にブーベ島を属領として持つ。

ノルディックモデルによる高負担高福祉の福祉国家として知られ、OECDの人生満足度(Life Satisfaction)ではスイスに次いで第2位となった(2014年)。

バハマ

バハマ国

Commonwealth of The Bahamas

国の標語:Forward, Upward, Onward, Together(英語: 前へ、上へ、先へ、共に)

国歌:進め、バハマよ

バハマ国(バハマこく)、通称バハマは、西インド諸島のバハマ諸島を領有する国家。

英語圏に属し、イギリス連邦の加盟国であると同時に英連邦王国の一国たる立憲君主制国家である。

島国であり、海を隔てて北西にアメリカ合衆国のフロリダ半島が、南西にキューバが、南東にハイチが存在する。

首都はニュー・プロビデンス島のナッソー。

バハマ文書が注目を浴びている。

2010年5月3日の人口は35万1461人。

バーレーン

バーレーン王国

مملكة البحرين

国の標語:なし

国歌:Bahrainona (我らのバーレーン)

バーレーン王国(バーレーンおうこく、アラビア語: مملكة البحرين‎, ラテン文字: Mamlakat al-Baḥrayn)、通称バーレーンは、中東・西アジアの国家。首都はマナーマ。ペルシア湾のバーレーン島を主島として大小33の島(ムハッラク島など)から成る君主制の島国である。

王家のハリーファ家はクウェートのサバーハ家やサウジアラビアのサウード家と同じくアナイザ族出身でスンナ派であるが、1782年以前はシーア派以外の宗派を認めていなかったサファヴィー朝やアフシャール朝の支配下にあった経緯もあり、国民の大多数をシーア派が占める。

1994年以後、シーア派による反政府運動が激化し、2001年2月に行われた国民投票によって首長制から王制へ移行した。

ヨルダン

ヨルダン・ハシミテ王国

المملكة الأردنيّة الهاشميّة

国の標語: الله، الوطن، الملك (アラビア語:神、祖国、国王)

国歌:As-salam al-malaki al-urdoni

ヨルダン・ハシミテ王国(ヨルダン・ハシミテおうこく、アラビア語: المملكة الأردنيّة الهاشميّة‎:英語名 Hashemite Kingdom of Jordan)、通称ヨルダンは、中東・西アジアに位置する立憲君主制国家である。首都はアンマン。イスラエル、パレスチナ暫定自治区、サウジアラビア、イラク、シリアと隣接する。イスラエル・パレスチナ暫定自治区とはヨルダン川と死海が国境である。

立憲君主制をとる王国である。イスラームの預言者ムハンマドの従弟アリーとムハンマドの娘ファーティマの夫妻に遡るハーシム家出身の国王が世襲統治する。

国民の半数余りは中東戦争によってイスラエルに占有されたパレスチナから難民として流入した人々(パレスチナ難民)とその子孫である。

ラテンアメリカ

ラテンアメリカ(西: Latinoamérica, América Latina, 葡: Latinoamerica, América Latina, 英: Latin America, 仏: Amérique latine)は、アングロアメリカに対する概念で、アメリカ大陸の北半球中緯度から南半球にかけて存在する独立国及び非独立地域を指す総称である。

ここでの「ラテン」という接頭語は「イベリア(系)の」という意味であり、これらの地を支配していた旧宗主国が、ほぼスペインとポルトガルであったことに由来している。

多くの地域がスペイン語、ポルトガル語、フランス語などのラテン系言語を公用語として用いており、社会文化もそれに沿ったものであったことから名付けられた。

図にあるようにラテンアメリカは北アメリカ大陸のメキシコをふくみ、南米大陸のガイアナ・スリナムをふくまない。ラテンアメリカは中南米と呼称される場合もあるが、図に合う正確な表現ではない。

元首

元首(げんしゅ)または国家元首(こっかげんしゅ、ラテン語: dux civitatis、フランス語: chef d’État、英語: head of state)とは、

行政府の長として対外的代表権を持つ存在

(行政府の長かそうでないかを問わず、単に)対外的代表権を持つ存在を指す。

共和制

共和制(きょうわせい、英: republic、共和政)は、君主を持たない政体、君主制ではない政治体制である。共和制では、国家の所有や統治上の最高決定権(主権)を、個人(君主)ではなく、人民または人民の大部分が持つ。

君主

君主(くんしゅ)とは、一般に、世襲により国家を治める最高位の人。伝統的に、国家で特定の一人が主権を持つ場合、その主権者が君主であり、王・帝王・天子・皇帝・きみ等ともいう。

国際関係

国際関係(こくさいかんけい、英語: International relations, IR)とは、国家と国家の間に生じるさまざまな関係を指す。

二国間関係から多国間関係までを包括する概念であり、政治的、経済的、社会的、文化的、軍事的な関係性を含んでいる。これを研究する学問に国際関係論がある。

天皇制

天皇制(てんのうせい)とは、天皇を中心とした日本の国家制度。狭義には大日本帝国憲法下の君主制としての天皇制を指し、広義には近代以前の天皇制や、日本国憲法下の象徴天皇制も含める。

崩御

崩御(ほうぎょ)は、天皇、皇帝、国王、太皇太后、皇太后、皇后、君主等の死亡を表す最高敬語。

政府

政府(せいふ、英: government, 独: Regierung)とは、政治を行う場所のことで、近代以降における国家の統治機構を指す。

権威主義

権威主義(けんいしゅぎ)とは、権威に服従するという個人や社会組織の姿勢、思想、体制である。

政治学では、非民主主義の思想や運動や体制の総称でもあり、各種の独裁主義や専制主義や全体主義などが含まれる。権威主義的な政府や統治では、政治権力が1人または複数の指導者に集中しており、その指導者は典型的には選挙されず、排他的で責任を負わない恣意的な権力を持つ。

王党派

王党派(おうとうは、英: royalist)は、王制を支持する政治党派である。フランスのように王制支持派と帝制支持派が対立するケースもあり狭義にはあくまで王制のみの支持派を意味するが、広義には帝制などを含めた君主制支持派を王党派と呼ぶ。共和派とは当然対立する。また君主親政を支持する勢力のみを指し、議院内閣制を前提とする立憲君主制の支持勢力を含まない場合もある。

市民革命においては国民主権を主張する共和派と対立し、国王および王権を支持する勢力であるが、必ずしも貴族が王党派というわけではなく、保守的なブルジョワジー、市民や農民も、王党派の支持基盤であった。現在でもルーマニア、セルビア、ロシア、旧ハプスブルク君主国の領域、フランス、ドイツ、イタリアなどで君主制復活を目指す王党派が少数活動している。

立憲君主制

立憲君主制(りっけんくんしゅせい、英: Constitutional monarchy)または制限君主制とは、君主の権力が憲法により規制されている君主制。

君主制とは、ある政治共同体において世襲の君主が主権を持つ政治形態。

絶対君主制

絶対君主制(ぜったいくんしゅせい、英: Absolute monarchy)とは、君主制の一形態で、君主が統治の全権能を所有し、自由に権力を行使する政体である。対比語は、君主の権力が憲法などで制限されている政体である制限君主制または立憲君主制。

行政

行政(ぎょうせい、英: administration)とは、立法および司法と並ぶ国家作用の1つである。法律や条例などにより決定された内容を実現することである。この国家作用を行う権能を行政権という。

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.