令和元年台風第9号

令和元年台風第9号(れいわがんねんたいふうだい9ごう、アジア名:レキマー/Lekima、命名:ベトナム、意味:果物の名前(カニステル)、フィリピン名:ハンナ/Hanna)は、2019年8月4日に発生した台風

台風第9号
(レキマー、Lekima)
カテゴリー4の スーパー・タイフーンSSHWS
先島諸島に接近する台風第9号(8月8日)
先島諸島に接近する台風第9号(8月8日)
発生期間 2019年8月4日15:00
- 8月13日3:00 (JST)
寿命 8日12時間
最低気圧 920hPa
最大風速
(日気象庁解析)
55m/s (105kt)
最大風速
米海軍解析)
130kt
死傷者数 死者90人
被害地域 フィリピン台湾日本南西諸島)、中国華東華北
プロジェクト : 気象と気候/災害
Lekima 2019 track
台風の経路
Typhoon Lekima 2019-08-12 0600

概要

7月29日頃にマリアナ諸島近海で形成が始まった低圧部が、8月3日3時にフィリピンの東の海上で熱帯低気圧に発達。合同台風警報センター(JTWC)は3日21時(協定世界時3日12時)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発し、4日12時(協定世界時4日3時)に熱帯低気圧番号10Wを付番した。フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)は4日0時(フィリピン標準時3日23時)に、フィリピン名ハンナHanna)と命名した。熱帯低気圧は4日15時にフィリピンの東の北緯17度25分、東経131度55分で台風となり[1][2]、アジア名レキマーLekima)と命名された。

台風ははじめフィリピンの東でゆっくり北西に進みながら次第に発達、さらに7日頃から急速に発達し、8日21時に「猛烈な」勢力へと発達した[3]。台風は8日23時頃に猛烈な勢力を保ったまま多良間島付近を通過した。先島諸島を通過する際、台風の進行方向に対して中心が左右にぶれる現象が起こったが、これはトロコイダル運動と呼ばれる[4]。台風は東シナ海を北西に進み、10日未明に中国浙江省台州市付近に上陸した。台風はさらに華東を北上し、12日には渤海まで到達した。台風は13日3時に華北の北緯37度、東経120度で熱帯低気圧に変わった[5]

進路・状態等の経過

  • 8月3日3時 - フィリピンの東海上で熱帯低気圧発生。
  • 8月4日15時 - 北緯17度25分、東経131度55分で台風の勢力となる。
  • 8月6日18時 - 最大風速が30m/sとなり、暴風域を伴う。
  • 8月7日6時 - 強い勢力に発達。
  • 8月8日0時 - 非常に強い勢力に発達。
  • 8月8日9時 - 最低気圧920hPa。
  • 8月8日21時 - 中心気圧925hPa、最大風速55m/s(105kt)の猛烈な勢力となる。
  • 8月10日 - 8月13日 非常に強い勢力を保ったまま華中に上陸。衰弱しつつ中国大陸を北上。
  • 8月13日3時 - 北緯37度、東経120度で熱帯低気圧に変わる。
  • 8月15日3時 - 遼東半島付近で消滅。

被害・影響

  • 最盛期の状態で台風が接近した先島諸島では4人がけが、約1万1000戸で停電が発生した[6]
  • 中国大陸に接近後は浙江省安徽省山東省で200万人以上が避難する暴風雨をもたらした[7]。また、豪雨により発生した洪水や土砂崩れなどの影響で45人が死亡した[8]

脚注

  1. ^ 令和元年 台風第9号に関する情報”. 気象庁 (2019年8月4日). 2019年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月4日閲覧。
  2. ^ 台風9号「レキマー」発生 今週中頃に沖縄の南へ”. 日本気象協会 (2019年8月4日). 2019年8月4日閲覧。
  3. ^ 大型の台風9号 猛烈な勢力に発達”. 日本気象協会 (2019年8月8日). 2019年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月8日閲覧。
  4. ^ デジタル台風:2019年台風9号(レキマー|LEKIMA)”. 国立情報学研究所. 2019年8月17日閲覧。
  5. ^ 台風9号は熱帯低気圧に 10号は列島接近中”. 日本気象協会 (2019年8月13日). 2019年8月13日閲覧。
  6. ^ 台風9号、4人けが 先島で1万1000戸停電”. 琉球新報 (2019年8月9日). 2019年8月13日閲覧。
  7. ^ 「台風で山東省のほぼ全員が死亡」中国テンセント、誤報を謝罪”. AFPBB NEWS (2019年8月15日). 2019年8月15日閲覧。
  8. ^ 台風9号 中国で被害拡大... 45人死亡”. 日テレNEWS24 (2019年8月13日). 2019年8月13日閲覧。

関連項目

外部リンク

2019年の台風

2019年の台風(太平洋北西部及び南シナ海で発生した熱帯低気圧)のデータ。データは基本的に日本の気象庁の情報に基づき、気象庁が熱帯低気圧としていない一部のものについては、合同台風警報センター (JTWC) のみに拠る。

5月1日0時(日本時間)までに発生した台風1号と2号は平成31年台風第○号で、それ以降に発生した台風3号からは令和元年台風第○号で表記する。台風番号は改元に関わらず平成31年からの続き番号とする。

2018年12月31日に発生した熱帯低気圧が年を跨いで存在した。その熱帯低気圧は1951年の統計開始以来初めて1月1日に台風となった。しかし、一年で海水温が最も低く台風の発生が少ないのは2月であることから、2018年の台風シーズンの延長であると考えられる。その台風1号はその後、約21年(21年と2ヶ月)ぶりとなる越境サイクロンとなった。2月20日に発生した台風2号は、台風が発達しにくい2月にハイペースで発達し、2月としては1951年の統計開始以来初めて「猛烈な」勢力に発達した。

7月末頃から台風の活動が活発になり、7月26日から8月6日までの12日間に5個の台風が発生した。そのうち、台風6号、台風8号、台風10号は日本列島に上陸している。

令和元年台風第10号

令和元年台風第10号(れいわがんねんたいふうだい10ごう、アジア名: クローサ/Krosa、命名: カンボジア、意味: ツル)は、2019年8月6日に発生した台風。マリアナ諸島で発生し、北西に進み小笠原諸島近海でほとんど停滞しながら発達し一時は「非常に強い」勢力となったものの、その後は勢力を弱めながら日本に接近、広島県に上陸した。

台風第9号

台風第9号(たいふうだい9ごう)は、その年の9番目に発生した台風の名称。

カスリーン台風(昭和22年台風第9号) - 1947年(昭和22年)9月8日に発生した台風。国際名は「Kathleen(カスリーン)」。

ジュディス台風(昭和24年台風第9号) - 1949年(昭和24年)8月7日に発生した台風。国際名は「Judith(ジュディス)」。

昭和31年台風第9号 - 1956年(昭和31年)8月12日に発生した台風。国際名は「Babs(バブス)」。沖縄の南海上から東シナ海、日本海を経て8月18日に北海道渡島半島に上陸。この影響による強風下で秋田県大館市に大火が起こり、1,300棟以上が焼失した。

昭和38年台風第9号 - 1963年(昭和38年)7月30日に発生した台風。国際名は「Bess(ベス)」。8月9日に宮崎県と大分県との県境に上陸。

昭和44年台風第9号 - 1969年(昭和44年)8月16日に発生した台風。国際名は「Cora(コラ)」。8月22日に鹿児島県薩摩半島西部に上陸し、日本列島を縦断した。

昭和45年台風第9号 - 1970年(昭和45年)8月9日に発生した台風。国際名は「Wilda(ウィルダ)」。8月13日に名瀬で最大瞬間風速78.9m/s(史上第4位)を記録した。8月14日に長崎県長崎市付近に上陸した。

沖永良部台風(昭和52年台風第9号) - 1977年(昭和52年)9月2日に発生した台風。国際名は「Babe(ベイブ)」。気象庁によって「沖永良部台風」と命名された。今のところ、最後の気象庁命名台風となっている。

平成3年台風第9号 - 1991年(平成3年)7月24日に発生した台風。国際名は「Caitlin(ケイトリン)」。九州の西の海上を北上し、九州・沖縄地方に被害を出した。

平成8年台風第9号 - 1996年(平成8年)7月24日に発生した台風。国際名は「Herb(ハーブ)」。

平成9年台風第9号 - 1997年(平成9年)7月20日に発生した台風。国際名は「Rosie(ロージー)」。

平成10年台風第9号 - 1998年(平成10年)9月28日に発生した台風。国際名は「Yanni(ヤニー)」。この台風により前線活動が活発になり、東海~沖縄地方に被害を出した。

平成17年台風第9号 - 2005年(平成17年)7月31日に発生した台風。アジア名は「Matsa(マッツァ)」。中国に大きな被害を出した。

平成19年台風第9号 - 2007年(平成19年)8月29日に発生した台風。アジア名は「Fitow(フィートウ)」。

平成20年台風第9号 - 2008年(平成20年)8月5日に発生した台風。アジア名は「Kammuri(カンムリ)」。中国とベトナムに大きな被害を出した。

平成21年台風第9号 - 2009年(平成21年)8月9日に発生した台風。アジア名は「Etau(アータウ)」。

平成22年台風第9号 - 2010年(平成22年)9月3日に発生した台風。アジア名は「Malou(マーロウ)」。

平成23年台風第9号 - 2011年(平成23年)7月28日に発生した台風。アジア名は「Muifa(ムイファー)」。

平成26年台風第9号 - 2014年(平成26年)7月12日に発生した台風。アジア名は「Rammasun(ラマスーン)」。

平成27年台風第9号 - 2015年(平成27年)6月30日に発生した台風。アジア名は「Chan-hom(チャンホン)」。

平成28年台風第9号 - 2016年(平成28年)8月19日に発生した台風。アジア名は「Mindulle(ミンドゥル)」。

平成29年台風第9号 - 2017年(平成29年)7月26日に発生した台風。アジア名は「Nesat(ネサット)」。

平成30年台風第9号 - 2018年(平成30年)7月17日に発生した台風。アジア名は「Son-Tinh(ソンティン)」。

令和元年台風第9号 - 2019年(令和元年)8月4日に発生した台風。アジア名は「Lekima(レキマー)」。

<< 2019年の台風 >>

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.