中央母音

母音
前舌 前舌め 中舌 後舌め 後舌
Blank vowel trapezoid
i • y
ɨ • ʉ
ɯ • u
ɪ • ʏ
ɪ̈ • ʊ̈
ɯ̽ • ʊ
e • ø
ɘ • ɵ
ɤ • o
 • ø̞
ə • ɵ̞
ɤ̞ • 
ɛ • œ
ɜ • ɞ
ʌ • ɔ
æ • 
ɐ • ɞ̞
a • ɶ
ɑ • ɒ
広めの狭
半狭
中央
半広
狭めの広
記号が二つ並んでいるものは、左が非円唇、右が円唇
国際音声記号 - 子音

中央母音英語: mid vowel)とは、口の開きが狭母音広母音の中間の広さの母音を言う。中舌母音英語: central vowel)とは異なる概念である。

中段母音と呼ぶこともある[1]

国際音声記号

国際音声記号では、母音の広さを基本的に狭母音・半狭母音半広母音・広母音の4段階に分けているため、半狭と半広の中間にあたる中央母音が必要になることはあまりなく、実際に記号が割りあてられているのは中舌非円唇母音の[ə]のみである。

[ə]以外の中央母音、たとえば半狭母音[e]と半広母音[ɛ]のちょうど中間の広さの母音を国際音声記号で厳密表記するには、[e̞]または[ɛ̝]と表記する。通常はひとつの言語で半狭母音・中央母音・半広母音の3つを区別することはほとんどない。国際音声記号の方針として、精密表記が必要な場合以外、なるべく通常のラテン・アルファベットをそのまま使うことになっているため[2][e]のような半狭母音用の記号をそのまま中央母音のために使うことが多い。

脚注

  1. ^ ジェフリー・K・プラム、ウィリアム・A・ラデュサー『世界音声記号辞典』土田滋、福井玲、中川裕訳、三省堂、2003年。ISBN 4385107564。
  2. ^ The International Phonetic Association (1999). Handbook of the International Phonetic Association. Cambridge University Press. ISBN 0521637511. 5. Broad and narrow transcriptions
Ə

Ə, əは、アゼルバイジャン語で用いられる文字。ラテンアルファベット第7字で、Eの後に置かれる。[æ] の音を表す。

大文字のƏは、Eとは違って、小文字をそのまま大きくしたような文字である。

ナイジェリアで使われる「Ǝ ǝ」は、別の文字である。

かつてはカラカルパク語でも使われた。詳細はカラカルパク語#文字を参照。国際音声記号では小文字のəによってシュワー(中舌中央母音)を表す。Unicodeではアゼルバイジャン語の文字と国際音声記号で同じ符号位置を使用し、文字名称も「Latin Capital Letter Schwa」「Latin Small Letter Schwa」と呼ばれる。

キルシェンバウム

キルシェンバウム(Kirshenbaum)またはASCII IPA(アスキーアイピーエー)は、国際音声記号(IPA)を元に作られた ASCII 文字のみで表現された音声記号である。国際音声記号には特殊な文字が多く、そのままではコンピュータ上で扱うことが困難なので、ASCIIの7ビット文字のみで国際音声記号を表現する手段として考案された。類似の音声記号体形にSAMPA及びそれを改訂したX-SAMPAがあり、これらの方がキルシェンバウムよりも広く用いられる傾向にある。

キルシェンバウムの名は、この方式の作成を主導したエヴァン・キルシェンバウムの名に基づく。元来、Usenet、特に sci.lang と alt.usage.english の両ニュースグループにおいて音声記号を表現する必要に迫られたことから作られた。

シュワー

母音

国際音声記号 - 子音シュワー(schwa)とは母音の一つ。または、その音を表す音声記号・文字 ə のこと。

タイヤル語

タイヤル語(タイヤルご)は台湾原住民のタイヤル族の言語で、オーストロネシア語族のひとつである。漢字では泰雅語、泰雅爾語とも表記される。

マドゥラ語

マドゥラ語はアウストロネシア語族インドネシア語派に属する言語である。マドゥラ族をはじめマドゥラ島、バウェアン島、サプディ島、ジャワ島東部などで話される。使用者数は約700万人から1000万人。文法的にはジャワ語に近く、敬語法や語彙の使い分けなどが相似している。

モビマ語

モビマ語 (Movima) は、ボリビア北東部のボリビア・アマゾンのリャノス・デ・モホス地域に住むアメリカ先住民のグループ、モビマ (Movima)の約1,400人(半分近く)が話す言語である。他の言語との関連性が証明されていないため、孤立した言語とみなされている。

中舌母音

母音

国際音声記号 - 子音中舌母音(なかじたぼいん、ちゅうぜつぼいん)とは、聴覚印象によって前舌母音と後舌母音の中間に位置すると定められた母音。前舌母音は舌の最も盛り上がった部分が最も前にある母音で、後舌母音は最も後ろにある母音である。その中間は物理的な距離ではなく聴覚的な印象で定められている。

舌の位置が最も上あごに近い前舌母音 [i] と後舌母音 [u] の中間に位置づけられる [ɨ](非円唇)と [ʉ](円唇)が基本母音に定められている。国際音声字母ではその他に半狭母音、中央母音、半広母音、狭めの広母音にも字母が設けられている。

円唇前舌中央母音

母音

国際音声記号 - 子音円唇前舌中央母音(えんしん・まえじた・ちゅうおうぼいん)は母音の種類の一つで、国際音声記号では [ø̞] と書く。 ̞ は下寄りを示す補助記号である。

唇の丸みを伴う円唇母音である。また舌の最も高い位置が最も前にある前舌母音である。また[y]の位置から中央まで口を広げて発音する。日本語のオ段の口をしながらエ段を発音する。

円唇後舌中央母音

母音

国際音声記号 - 子音円唇後舌中央母音(えんしん・あとじた・ちゅうおうぼいん)は母音の種類の一つで、国際音声記号では [o̞] と書く。 ̞ は下寄りを示す補助記号である。

日本語の「お」はこれである。

唇の丸みを伴う円唇母音である。また舌の最も高い位置が最も後ろにある後舌母音である。また[u]の位置から中央まで口を広げて発音する。

円唇母音

母音

国際音声記号 - 子音円唇母音(えんしんぼいん、まるくちぼいん)とは、唇の丸みを伴った母音のことをいう。母音を調音する際の唇の形にはさまざまなものがあるが調音音声学では丸みを帯びるか帯びないかで二分割し、丸みを帯びないものは非円唇母音という。

国際音声字母 (IPA) ではこの円唇か非円唇かとともに、舌の最頂部の前後・高低の位置で基本母音の字母が定められている。なお円唇母音といっても言語によってはより丸みの強い形で実現されるものや、逆に丸みが少なく現れるものがある。そこで IPA では丸みの強いものに[ ̹ ] の記号、丸みの弱いものには [ ̜ ] の記号を付けて表記できる。

例えば日本語の場合、共通語を含む東日本方言のウは円唇母音の [u] よりは丸みが少なく、非円唇母音の [ɯ] ほど平らではないので[u̜] と表記される一方で、西日本方言のウは円唇母音で発音されるので [u]と表記される。唇音の前後や長音の「う」。また、西日本方言でなくとも、唇音の前後や長音の「う」は[u̜]というよりも[u]に近い音で発音される。

前舌母音

母音

国際音声記号 - 子音前舌母音(まえじたぼいん、ぜんぜつぼいん)とは、舌の最も高く盛り上がった位置が最も前で調音される母音。あるいはその位置に近いものも含む。軟母音と呼ばれることもある。

国際音声字母では、舌の最高部が最も前で最も硬口蓋に近い母音を [i] と定め、そこからそのままあごを開いていきもっとも開いた状態である [a] に至るまでを聴覚印象によって3等分し、[i] [e] [ɛ] [a] という基本母音を定めている。その4つの母音を第1次基本母音といい、それに対する円唇母音の4つを第2次基本母音という。そのほか国際音声字母では [a] と [ɛ] の中間にも [æ] という字母が設けられている。また全くの前舌ではないが前舌よりの広めの狭母音にも円唇と非円唇の2つの字母が設けられている。

後舌母音

母音

国際音声記号 - 子音後舌母音(あとじたぼいん、こうぜつぼいん)とは、舌の最も高く盛り上がった位置が最も後ろで調音される母音。あるいはその位置に近いものも含む。奥舌母音(おくじたぼいん)ともいう。

国際音声字母では、舌の最高部が最も後ろで最もあごの開いた状態の母音を [ɑ] と定め、そこからそのままあごと唇を閉じていき、最も閉じた状態の [u] までを聴覚印象によって3等分し、[ɑ] [ɔ] [o] [u] という基本母音を定めた。その4つの母音を第1次基本母音と呼ぶ。[ɑ] は非円唇母音であり、[ɔ] [o] [u] は円唇母音である。それに対応する合計4つの非円唇母音・円唇母音は第2次基本母音として定められている。また全くの後舌ではないが後舌よりの円唇広めの狭母音にも字母が設けられている。

森林ネネツ語

森林ネネツ語(しんりんネネツご、Forest Nenets language)は、ロシア北部の アガン川、プル川、リアミン川 、ナディム川流域において、ネネツ人によって話される、ウラル語族サモエード諸語に属す言語である。ツンドラネネツ語に最も近縁であり、両言語は単一言語ネネツ語の方言とされることもあるが、両者間の相互理解可能性は低い。次に近縁なのはガナサン語、次いでエネツ語、セリクプ語である。

白話字

白話字(はくわじ)(台湾語白話字:Pe̍h-oē-jī、POJ、客家語白話字:Pha̍k-fa-sṳ)または教会ローマ字は、ローマ字による閩南語や客家語の正書法である。19世紀にキリスト教の長老派教会(現在の台湾基督長老教会)により開発され、民間まで普及してきた。

非円唇中舌広めの狭母音

母音

国際音声記号 - 子音非円唇中舌広めの狭母音(ひえんしん・なかじた・ひろめのせまぼいん)は母音の種類の一つで、国際音声記号では [ɪ̈] と書く。 ̈  は中舌寄りを示す補助記号である。

唇の丸みを伴わない非円唇母音である。また舌の最も高い位置が中央にある中央母音である。また[ɨ]の位置から広めの狭まで口を広げて発音する。

非円唇前舌中央母音

母音

国際音声記号 - 子音非円唇前舌中央母音(ひえんしん・まえじた・ちゅうおうぼいん)は母音の種類の一つで、国際音声記号では [e̞] と書く。 ̞ は下寄りを示す補助記号である。日本語の「え」はこれである。

舌の最も高い位置が最も前にある前舌母音であり唇の丸みを伴わない非円唇母音である。また[i]の位置から中央まで口を広げて発音する。

非円唇前舌半広母音

母音

国際音声記号 - 子音非円唇前舌半広母音(ひえんしん・まえじた・はんひろぼいん)は母音の種類の一つで、基本母音の第3番。半開前舌非円唇母音(はんかい・まえじた・ひえんしんぼいん)ともいう。国際音声記号では [ɛ] と書く。

唇の丸みを伴わない非円唇母音。また舌の最も高い位置が最も前にある前舌母音であり、口の開き方の違いを聴覚印象で4等分した定めた音のうち2番目に広い半広母音である。

日本語の「え」の母音は、話者によって異なるが、標準的な発音は非円唇前舌中央母音 [e̞] である。

非円唇後舌中央母音

母音

国際音声記号 - 子音非円唇後舌中央母音(ひえんしん・あとじた・ちゅうおうぼいん)は母音の種類の一つで、国際音声記号では [ɤ̞] と書く。 ̞ は下寄りを示す補助記号である。

唇の丸みを伴う非円唇母音である。また舌の最も高い位置が最も後ろにある後舌母音である。また[ɯ]の位置から中央まで口を広げて発音する。

非円唇母音

母音

国際音声記号 - 子音非円唇母音(ひえんしんぼいん)とは、唇の丸みを伴わない母音のことをいう。平唇母音(へいしんぼいん)ともいう。母音を調音する際の唇の形にはさまざまなものがあるが調音音声学では丸みを帯びるか帯びないかで二分割し、丸みを帯びたものは円唇母音という。

国際音声字母 (IPA) ではこの円唇か非円唇かとともに、舌の最頂部の前後・高低の位置で基本母音の字母が定められている。

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.