レオン (スペイン)

レオンスペイン語: León)は、スペインカスティーリャ・イ・レオン州レオン県ムニシピオ(基礎自治体)。レオン県の県都である。2012年の自治体人口は131,680人であり、レオン都市圏の人口は204,212人。

León

{{{市旗説明}}}
  
{{{市章説明}}}

León catedral 01 JMM

レオン大聖堂
Flag of Castilla y León.svg カスティーリャ・イ・レオン州
Bandera de León.svg レオン県
司法管轄区 レオン
面積 39.03 km²
標高 838m
人口 131,680 人 (2012年[1]
人口密度 3,373.82 人/km²
住民呼称 leonés/-esa
自治体首長
(2011年)
エミリオ・グティエレス・フェルナンデス(PP
守護聖人 San Marcelo、Virgen del Camino
Leónの位置(スペイン内)
León
León
スペイン内レオンの位置
Leónの位置(レオン県内)
León
León
レオン県内レオンの位置

北緯42度35分59秒 西経5度34分18秒 / 北緯42.59972度 西経5.57167度座標: 北緯42度35分59秒 西経5度34分18秒 / 北緯42.59972度 西経5.57167度

概要

中世にはレオン王国の首都が置かれていたため、有名なゴシック様式レオン大聖堂やその他多くの記念建造物がある。サン・イシドロ聖堂は、かつてのレオン王国歴代国王や王家の人々が埋葬された霊廟であり、ロマネスク様式の絵画を多く収めている。市内にあるカサ・デ・ボティーネスは、建築家アントニオ・ガウディが初期に設計したもので、現在は銀行が入っている。かつてサンティアゴ騎士団の本拠として16世紀に建設されたサン・マルコス修道院は、現在パラドールとレオン美術館として利用されている。

レオンは、復活祭のようなフィエスタで知られている。レオン市民による礼拝行進は国内外から観光客を集める有名な伝統行事となっている。

歴史

レオンは紀元前1世紀、ローマ軍団第6軍団ウィクトリクスによって建設された。68年、第7軍団ゲミナが恒久的な軍事キャンプを創設し、これが市の原型となった。レオンという都市の名前は、かつてのラテン語の名前Legio VII Geminaに由来する[2]。ローマ軍団は、ローマ皇帝ガルバによりイベリア人から補充され、彼らは市の場所を、アストゥリアスカンタブリアの山岳民族から領土を守るための要地とした。そして域内の、特にラス・メドゥラスで採掘される金の輸送を取り締まっていた[3]タキトスは旧第7軍団クラウディアと区別して軍団をガルビアナ(Galbiana)と呼んだが、この名称は裏付けられるどの碑文からも確認されていない。ゲミナの名称があったことはわかっている[4]ゲルマン人軍団の一つを指揮したウェスパシアヌスによって合併されたため、第1軍団ゲルマニカになったとはありえない。軍団の正式名は、第7軍団ゲミナ・フェリクスであった。パンノニアで任務に就いた後、内戦時にヒスパニア・タラコネンシスでウェスパシアヌスによって駐留させられた。元々この地域にいた軍団3つのうちの2つ、第6軍団ウィクトリクスと第10軍団ゲミナの場所を提供されたが、この2つはゲルマニアへ退却していった[5]

後の皇帝たちの支配下でこの定期的なレオンの冬期宿舎は、プトレマイオスの旅行日記や幾つかの碑文から我々は知ることができる[6]。しかし、多くの碑文からは、強力な分遣隊は州の主要都市タラコ(Tarraco、現在のタラゴナ)にいたことが証明されている。

レオン王国

ローマ以後のレオンは、レオン王国の歴史が占める。アストゥリアス地方にあったローマ軍団の基地は、重要な都市に成長し、586年まで西ゴート族の攻撃に抵抗し続けた。586年、ついに西ゴート王リウヴィギルド(en)に征服されたのである。レオンは、西ゴート王国が要塞の維持を許した数少ない都市の一つだった。イスラム勢力との抗争時代、ローマ人が山岳民族の侵入から平野を守るために建設した要塞は、スペイン独立の最後の避難所として、山地を覆った進化した地位になった。

846年間近には、モサラベの集団が市に再び植民しようとしたが、イスラム勢力の攻撃で主導権が妨げられた。856年、キリスト教徒のアストゥリアスオルドーニョ1世の再植民の試みがなされ成功した。オルドニョ2世はレオンをレオン王国の首都とし(914年)、イベリア半島のキリスト教徒都市で最重要の地となった。

987年頃イスラムの将軍による略奪に遭い、市はレオン王アルフォンソ5世によって再建され、彼は市場の機能を含む経済活動を取り締まる1017年法令を出した。レオンはサンティアゴ・デ・コンポステーラへ向かう巡礼路の拠点の一つであった。貿易商人と職人のための郊外が13世紀以降ふくらみ、自治対政府の影響を受け始めた。中世初期、家畜の飼育が市繁栄の時代を築いた。

近代から現代

16世紀、経済と民主主義の衰退が固定され、その状態は19世紀まで続いた。1936年7月、スペイン内戦時、レオンは共和主義者に対する闘争に参加した。

1960年代、レオンは県の田舎からの人口流入によって過大な成長を経験した。

1983年、レオンは近隣のカスティーリャ地方と合併し、新設されたカスティーリャ・イ・レオン州に含まれることになった。少数の住民と地元政治運動は、カスティーリャに支配されることに反対した。結果として、レオンは人口の少ない、レオン自治のための穏健な政治運動の中心となった。一部のレオン住民は、サラマンカ県レオン県サモラ県(いずれもレオン地方を構成していた)各県からなるレオン州の創設構想を支持した。

人口

レオンの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[7]、1996年 - [8]

見どころ

レオンは、目を引く中世建築からアヴァンギャルドな現代建築まで、多くの印象的な記念物を所有している。最も有名な建物は、優れたステンドグラスを擁するレイヨナン式ゴシック建築のレオン大聖堂、ロマネスク絵画を収蔵するレオン王家の菩提寺サン・イシドロ聖堂、あふれるばかりのプラテレスク・ファサードのある旧サン・マルコス修道院(現在は豪華なパラドールとなっている)である。

県議会の建物として使われているロス・グスマーネス宮殿は、ヒル・デ・オンタニョンによるプラテレスクの印象的なパティオを含む。旧市街は中世の市壁の大部分と、ローマ時代の市壁の名残を保存している。

カサ・デ・ボティーネスは、ネオゴシック様式の建物で、アントニオ・ガウディの作品である。

レオンにはカスティーリャ・イ・レオン現代美術館(略称MUSAC)がある。現代的な建物の設計者はマンシージャ&トゥニョン(Mansilla & Tuñón)の建築チームである。もっとも特徴的な構造は数千の大きなステンドグラスでできたファサードである。近郊のレオン講堂(これもマンティージャ&トゥニョンによる)は、不規則にはめ込まれた窓によって貫通した簡潔な白い立方体である。

その他に、飲食店の集中するバリオ・ウメドと、グラーノ広場がある。

民俗

レオン住民の習慣によると、聖週間市中心部でおびただしい数の礼拝行進が行われる。最も美しいものは、聖ヨハネ聖母マリアキリストが面会する様子を3つのグループが表現する『面会の礼拝行進』で、レオン大聖堂前の遊歩道で行われる。

聖ヨハネ聖ペトロ祭も顕著なもので、6月最終週に祝われる。開催中にコンサートと祭りが開催され、町全体がテラスと路上市場で占拠される。レオン住民は、夏の最初の日、特に聖ヨハネの夜(6月23日)を祝い、皆が外へ出て美しい花火と焚き火を楽しむ。

政治

自治体首長はカスティーリャ・イ・レオン国民党Partido Popular de Castilla y León、PPCyL)のエミリオ・グティエレス・フェルナンデス(Emilio Gutiérrez Fernández)[9]で、自治体評議員はカスティーリャ・イ・レオン国民党:15、カスティーリャ・イ・レオン社会党Partido Socialista de Castilla y León、PSCyL):10、MASS(UPL):2となっている(2011年5月22日の自治体選挙結果、得票順)[10]

1999年6月13日自治体選挙[11]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PP 31,191 44.61% 13
PSOE 17,248 24.67% 7
UPL[12] 16,202 23.17% 7
IU-CYL[13] 2,549 3.65% 0
UC-CDS [14] 440 0.63% 0
PADE[15] 131 0.19% 0
その他[16] 284 0.40% 0
2003年5月25日自治体選挙[11]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PP 29,788 38.50% 12
PSOE 26,493 34.24% 10
UPL 14,889 19.24% 5
IU-CYL 2,006 2.59% 0
CIULE[17] 1,296 1.67% 0
LV[18] 700 0.90% 0
IR[19] 167 0.22% 0
その他[20] 213 0.28% 0
2007年5月27日自治体選挙[11]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PSOE 32,292 44.17% 13
PP 27,472 37.57% 11
UPL 7,925 10.84% 3
PAL-UL[21] 1,735 2.37% 0
IU-LV CYL[22] 1,035 1.42% 0
LVE[23] 329 0.45% 0
その他[24] 714 0.98% 0

首長当選者:フランシスコ・ハビエル・フェルナンデス・アルバレス(PSOE)

2011年5月22日自治体選挙[10]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PP 29,932 44.61% 15
PSOE 20,792 30.99% 10
UPL 4,615 6.88% 2
IU[25] 2,793 4.16% 0
UPyD[26] 2,113 3.15% 0
PAL-UL 1,581 2.36% 0
MASS[27] 899 1.34% 0
CIVIQUS 763 1.14% 0
その他[28] 1,050 1.56% 0

首長当選者:エミリオ・グティエレス・フェルナンデス(PP)

司法行政

レオンはレオン司法管轄区に属し、同管轄区の中心自治体である[29]

食文化

代表的なレオン料理には、セシーナ(スモークした牛肉)、モルシーリャ(血入り黒ソーセージ)、ボティーリョ(ブタの内臓に肉を詰めた料理)、ニンニクのスープ、レオン風コシード(野菜や肉を煮込んだスープ、シチューの類)、デザートのマンテカデスなどがある。

ギャラリー

旧議会
ロス・グスマーネス宮殿、県議会庁舎として使用されている
ガウディのカサ・デ・ボティネース(1892年から1894年にかけて建設)
セマーナ・サンタ、キリスト像を運ぶ礼拝行進

姉妹都市

脚注

  1. ^ Población, superficie y densidad por municipios” (スペイン語). INE(スペイン国立統計局). 2013年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月8日閲覧。
  2. ^ Itin. Ant. p. 395; Λεγίων ζ Γερμανική, Ptol. ii. 6. § 30
  3. ^ Dion Cass. iv. 24; Tac. Hist. ii. 11, iii. 25; Suet. Galba, 10.
  4. ^ Respecting the use of which, and Gemella, see Caesar B.C. iii. 3
  5. ^ Tac. Hist. ii. 11, 67, 86, iii. 7, 10, 21--25, iv. 39; Inscr. ap. Gruter, p. 245, no. 2.
  6. ^ Muratori, p. 2037, no. 8, A.D. 130; p. 335, nos. 2, 3, A.D. 163; p. 336, no. 3, A.D. 167; Gruter, p. 260, no. 1, A.D. 216
  7. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  8. ^ Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.
  9. ^ Alcaldes Elecciones 2011” (スペイン語). Gobierno de España, Ministerio de Política Territorial y Administración Pública. 2011年11月23日閲覧。
  10. ^ a b Elecciones Locales 2011” (スペイン語). Gobierno de España, Ministerio de Interior. 2011年11月23日閲覧。
  11. ^ a b c Consulta de Resultados Electorales” (スペイン語). Gobierno de España, Ministerio de Interior, Subsecretaría Dirección General de Política Interior. 2011年11月23日閲覧。
  12. ^ UPLはUnión del Pueblo Leonés(レオン住民連合)でレオン主義(Leonesismo)政党。
  13. ^ IU-CYLはIzquierda Unida de Castilla y León(カスティーリャ・イ・レオン統一左翼)、統一左翼の地域支部政党連合。
  14. ^ UC-CDSはUnión Centrista-Centro Democrático y Social
  15. ^ PADEはPartido Demócrata Español(スペイン民主党)、保守政党。
  16. ^ La Falange(ファランヘ党、FE、国家サンディカリスムスペイン国粋主義極右政党):108票(0.15%)、Partido Humanista(PH):91票(0.13%)、Democracia Nacional(国民民主党、極右政党):85票(0.12%)。
  17. ^ CIULEはCiudadanos Independientes Unidos Leoneses(レオン独立住民連合)、レオン主義(Leonesismo)を掲げる地域政党。
  18. ^ LVはLos Verdesで、緑の党。
  19. ^ IRはIzquierda Republicana(共和派左翼)。
  20. ^ La Falange(ファランヘ党、FE):90票(0.12%)、Partido Regionalista del País Leonés(レオン地域主義党、PREPAL):80票(0.10%)、Falange Española Independiente -Falange 2000 (FEI-FE、極右政党):43票(0.06%)。
  21. ^ PAL-ULはPartido Autonomista Leonés - Unidad Leonesista(レオン自治主義統一党)で、レオン主義(Leonesismo)政党。
  22. ^ IU-LV CYLはIaquierda Unida-Los Verdes-Compromiso por Castilla y Leónで、統一左翼の地域支部政党。
  23. ^ LVEはLos Verdes de Europa、緑の党
  24. ^ Partido Animalista Contra el Maltrato Animal(PACMA、動物愛護政党):171票(0.23%)、Partido Regionalista del País Leonés(レオン地域主義党、PREPAL):123票(0.17%)、Izquierda Republicana(IR):112票(0.15%)、Partido del Progreso de las Ciudades de Castilla y León(PP.CC.AL):87票(0.12%)、La Falange(ファランヘ党、FE):85票(0.12%)、Falange Española de las JONS(FE DE LAS J、極右政党):70票(0.10%)、Democracia Nacional(DN、国民民主党、極右政党):37票(0.05%)、Partido de El Bierzo(エル・ビエルソ党、PB、ビエルソ地域主義(Bercianismo)政党):29票(0.04%)。
  25. ^ IUはIzquierda Unida de Castilla y León(カスティーリャ・イ・レオン統一左翼)、統一左翼の地域支部政党連合。
  26. ^ UPyDはUnión Progreso y Democracia連合・進歩・民主主義)。
  27. ^ MASSはMovimiento Alternativo Socialで中道地域政党。
  28. ^ ECOLO(Ecolo Verdes):454票(0.68%)、Partido Regionalista del País Leonés(レオン地域主義党、PREPAL):251票(0.37%)、La Falange(ファランヘ党、FE、国家サンディカリスムスペイン国粋主義極右政党):115票(0.17%)、Partido Comunista de los Pueblos de España(スペイン国民共産党):100票(0.15%)、Comerciantes Ambulantes y Minorías Étnicas(行商人エスニックグループ):94票(0.14%)、Partido de El Bierzo(エル・ビエルソ党、ビエルソ地域主義(Bercianismo)政党):36票(0.05%)。
  29. ^ León, partido judicial nº2 de León” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年11月23日閲覧。

外部リンク

1460年

1460年(1460 ねん)は、西暦(ユリウス暦)による、閏年。

ウィラコチャ

ウィラコチャ(西: Huiracocha、ケチュア語族: Wiraqucha、生没年不詳、在位1410年頃~1438年)またはビラコチャ(西: Viracocha)は、クスコ王国の8代サパ・インカ(皇帝)(上王朝3代目)である。父は7代サパ・インカであるヤワル・ワカ、王妃はルントゥ・カヤ、子に9代パチャクテクがいる。

初名はハトゥン・トゥパックかリパックと見られている。祭政一致の皇帝として神インティの別名ビラコチャにちなんで改名した。

彼は自らの民とチャンカ族(クスコの西にある現アプリマク県に居住していた)との最終戦に関係したらしいが、年代記作者の記述は、彼が英雄であったとするものと臆病であったとするものに分かれている。『インカ皇統記』の著者インカ・ガルシラーソ・デ・ラ・ベーガなどによると、ウィラコチャの父ヤワル・ワカはチャンカ族から攻撃されたときに首都を放棄したが、ウィラコチャは敵を打ち負かしクスコを救ったという。しかしこのような記述は少数派であり、『ペルー年代記』の作者シエサ・デ・レオンやホアン・デ・ベタンソスなど多数の年代記作者は、ウィラコチャがクスコを放棄し、彼の息子パチャクテクが救国の英雄だとしている。

年代記作者サルミエント・デ・ガンボアの記述によると、それまでのサパ・インカは周辺部族を襲撃し略奪するだけで満足していたが、ウィラコチャは征服した領土を統治した最初のインカ人だという。

エスタディオ・レイノ・デ・レオン

エスタディオ・レイノ・デ・レオン (Estadio Reino de León) は、スペイン・カスティーリャ・イ・レオン州・レオン県レオンにあるスタジアム。クルトゥラル・レオネサのホームスタジアムであり、サッカースペイン代表の国際試合でも使われた。

エスタディオ・レオン

エスタディオ・レオン(スペイン語: Estadio León、非公式名称: ノウ・カンプ - Nou Camp)は、メキシコ・グアナフアト州のレオンにある多目的スタジアムである。

カスティーリャ・イ・レオン州

カスティーリャ・イ・レオン州(Castilla y León、レオン語:Castiella y Llión、ガリシア語:Castela e León)は、スペインを構成する自治州。

北はアストゥリアス州とカンタブリア州、東はバスク州とラ・リオハ州とアラゴン州、南東はマドリード州とカスティーリャ=ラ・マンチャ州、南はエストレマドゥーラ州、西はガリシア州とポルトガルに接している。

自治州の法には州都が定められていないが、バリャドリッドが州都の役割を果たしている。自治州政府はフンタ・デ・カスティーリャ・イ・レオン(Junta de Castilla y León)。

クアドロス

クアドロス(Cuadros)は、スペインスペイン・カスティーリャ・イ・レオン州レオン県のムニシピオ(基礎自治体)。ティエラ・デ・レオン郡に含まれる。

クラブ・レオン

クラブ・レオン (スペイン語: Club Social y Deportivo León) は、メキシコ・グアナフアト州・レオンに本拠地を置くサッカークラブである。プリメーラ・ディビシオン(リーガMX、1部)に所属している。

2009年、国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)は20世紀における大陸別の最優秀クラブでレオンを北中米カリブ海地区の第29位に選出した。

クルブ・バロンマーノ・アデマル・レオン

クルブ・バロンマーノ・アデマル・レオン(西: Club Balonmano Ademar León、CB Ademar León)は、スペイン・カスティーリャ・イ・レオン州レオン県レオンに本拠を置くハンドボールチーム。リーガASOBAL所属。現在はスペインの銀行グループ、アバンカ(ABANCA)が命名権を取得し、アバンカ・アデマル・レオン(西: ABANCA Ademar León)として活動している。

シンチ・ロカ

シンチ・ロカ(Sinchi Ruq'a:ケチュア語で勇敢で寛大)は、インカ神話によるとクスコ王国の初期王朝(別名「下王朝」)第2代国王である。(クスコ王国は1230年頃(一説に1105年頃)に成立したと言われている。)の王。父は初代サパ・インカであるマンコ・カパック、王妃はスティク・ワマンの娘であるママ・コラ、子に第3代リョケ・ユパンキがいる。

クスコ王国は、後にパチャクテク帝の治下でインカ帝国(正式名:タワンティンスウユ)になった。インカ建国神話の1つでは、シンチ・ロカが先導しクスコの谷に彼の家族と定着したと伝える。

『ペルー年代記』の作者シエサ・デ・レオンによると、シンチ・ロカは市街地を建設し、谷の土壌を改良するために多量客土を運び入れ、土地を肥沃にしたという。

父の名の一部である『カパック』は、将軍という称号になったが、『シンチ』は後に市長又は地域的な統治者の称号として使用された。

ツール・ド・フランス1992

ツール・ド・フランス1992はツール・ド・フランスとしては79回目の大会。1992年7月4日から7月26日まで、全21ステージで行われた。

パチャカマック (神話)

パチャカマック(綴りはPachacamac、Pacha Kamaqなど)は、元はインカ帝国に征服される前のペルーに伝えられていた創造神。名前の意味は、インディオのシエサ・デ・レオンによればカマック=「創造者」、パチャ=「世界」であり、『インカ皇統記』の著者ガルシラーソ・デ・ラ・ベーガによればカマック=「活気を与える人」「生命を与える人」であるという。

リマ首都圏中心部から約40キロ南東にあるパチャカマック遺跡という同名の場所にパチャカマ神殿があり、そこでのみ拝まれていた。古くからある太陽神信仰であり、周辺地域に大きな影響力を持っており、神殿周辺の地域を制圧した人々はその信仰を抑圧するのではなく自分たちの太陽神信仰と融合させたとされる。

パチャカマックの神話はまばらで、いくつもの話が伝えられている。

例えば、パチャカマックとマンコ・カパック、およびウィラコチャが太陽神インティの3人の息子であるとも言われる。

ある話では、パチャカマックが土から最初の人間の男女を作った。しかし男が餓死したため、女は一人で木や草の根を食べていた。太陽が女の寂しい暮らしを見かねて男の子を授けたが、パチャカマックが男の子を殺した。男の子の遺体からは、歯からトウモロコシが、体から食べられる植物が生えだしたという。

また、ある話では、パチャカマックは月の女神と結婚し、月の女神が産んだパチャカマックの息子と娘が土から作った人間に農業や家の建て方、服の織り方を教えた。兄妹はチチカカ湖に住むようになり、兄はインカ(帝)と呼ばれ、その妹は彼の后になった。インカの支配者は全て、この最初の夫婦から始まった。

別の話でもパチャカマックが最初の人間の男女を作るが、マンコ・カパックが2人に食べ物を与えるのを忘れ、男の方は飢え死にしてしまう。そのため、最初の女はパチャカマックの父インティの頭の上で、自分を地球上総ての民族の生みの親になるよう祈った。パチャカマックはその事に怒って最初の女の子供達を殺そうとし、彼とインティの争いが起こった。最終的にパチャカマックは敗れ、最初の女の子供の一人のウィチャカによって海の中へ追放されたとされる。

ペルー文学

ペルー文学では、ペルー共和国の文学について述べる。

ホアン・ベネガス

ホアン・アルベルト・ベネガス・ウジョア(Johan Alberto Venegas Ulloa 、1988年11月27日 - )は、コスタリカ・リモン出身のプロサッカー選手。コスタリカ代表。ミネソタ・ユナイテッドFC所属。ポジションは、フォワード。

ポルト

ポルト(ポルトガル語: Porto IPA:[ˈpoɾtu])はポルトガル北部の港湾都市。人口約263,000人。リスボンに次ぐポルトガル第二の都市。同国屈指の世界都市であり、ポルト都市圏では、人口は約160万人を数える。

ヤワル・ワカ

ヤワル・ワカ(英: Yahuar Huacac、ケチュア語: Yawar Waqaq=血の涙を流す者、生没年不詳、在位1380年頃~1410年頃)は、クスコ王国の7代サパ・インカ(皇帝)(上王朝2代目)である。父は6代サパ・インカであるインカ・ロカ、王妃にトカイ・カパクの娘ママ・チクャ、子に8代ウィラコチャがいる。

彼の名前が示すとおり、8歳のときにクスコ近郊の有力部族であったアヤルマカ族に誘拐され、苦境に血の涙を流したという。 最終的にアヤルマカ族の愛人のひとりの助けで逃亡した。

この時期、ケチュア族(=インカ族)はチャンカ族(中心都市はアバンカイ、現アプリマク県周辺)との最終戦の最中であった。

『インカ皇統記』の著者インカ・ガルシラーソ・デ・ラ・ベーガなどによると、彼は怒り狂ったチャンカ族から攻撃されたときに首都クスコを放棄したが、息子のウィラコチャが敵を打ち負かし都市を救ったという。しかしこのような記述は少数派であり、『ペルー年代記』の作者シエサ・デ・レオンやホアン・デ・ベタンソスなど多数の年代記作者は、ウィラコチャがクスコを放棄し、彼の息子パチャクテクが救国の英雄だとしている。

他の歴代皇帝と異なり、彼は自らの宮殿の建設すらしておらず、クスコにおいて皇帝に期待されていた建設工事をわずかしかしていないように見える。

レオン

レオン (Leon, Léon, León, Leone, Leong, Rheon)

レオン (メキシコ)

レオン(León)はメキシコのグアナフアト州の都市である。

人口113万人。

靴関連産業の集積地。

レオン大聖堂 (スペイン)

レオン大聖堂(スペイン語: Catedral de León)は、スペイン・カスティーリャ・イ・レオン州レオン県レオンにあるカトリック教会の大聖堂。重要文化財(BIC)に指定されている。

13世紀にその歴史は始まる。古典的なフランス・ゴシック様式のより洗練された様相を持つ。pulchra leoninaおよびサンタ・マリア・デ・レグラ大聖堂(catedral de santa María de Regla)としても知られる。サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路途上に位置する。ブルゴス大聖堂に次ぐ、スペイン・ゴシック様式の優れた例である。レオン大聖堂は、グラス・ストーンに置き換えるため壁を最小限に減らし、世界最大級のステンドグラスのコレクションを有する、ゴシック様式の脱物質化の終わりを導いた存在として知られている。ロマネスク様式時代の構造物も、翼廊のアーチなど一部が残っている。

ヴォロネジ

ヴォロネジ(ヴォロネシ、ヴォローネシなどとも;ロシア語:Воронежヴァローニェシュ)は、ロシア南西部に位置するヴォロネジ州の州都でヴォロネジ川(ドン川支流)の河港市である。街は中央ロシア高地の東、ヴォロネジ川の両岸に広がり、ヴォロネジ川は12キロメートル下流でドン川に合流している。

人口848,752人(2002年全ロシア国勢調査。1989年ソ連国勢調査では886,844人、1970年は約660,000人、1959年は約447,000人、1939年は約344,000人、1926年は約120,000人)と、ロシアでも20位以内に入る大都市。2012年、ロシアで15番目の100万人都市となった。

Bandera de León.svg レオン県自治体

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.