ヨシュア記

ヨシュア記』(ヨシュアき、ヘブライ語: ספר יהושע‎)は聖書の書物である。

そこには、ヨシュアの指導の下、イスラエル人がカナンに住む諸民族を武力で制圧し、約束の地を征服していく歴史が記されている。この書物は、キリスト教においては「歴史書」に、また、ユダヤ教においては預言書に分類される。

著者(成立事情)

この書物の原作者は、伝統的には主としてヨシュアが書き(ヨシュア記24章26節)、彼の死後の記事をアロンの子エルアザルとエルアザルの子ピネハスが書いたとされている[1]

高等批評をする聖書学者たちは、創世記~申命記のモーセ五書にヨシュア記を加えて「六書」と考え、J, E, D, Pなどの資料から成っていると考える者もいるが、M.ノートなどは申命記とヨシュア記は共にD資料(申命記資料)のみによると考えている[2]

1952年から1957年まで、Kathleen M. Kenyon らによって考古学的発掘が行われた結果、エリコの城壁の崩壊は紀元前3000年紀の出来事であることが実証されており、ヨシュアたちがエリコに来たときには、エリコはすでに廃墟になっていたことが判明している[3]。したがって、ヨシュア記6章に記されているエリコの陥落物語は歴史的事実ではなく、原因譚として後から(2~7章の物語が)創作されたと考えられる[4]。また、10章に記されている太陽と月の停止は、カナンの民間説話がもとになっていると考えられる[5]

要約

背景となる出来事

エジプト脱出時に20歳を超えていた者のうち、ヨルダン川を渡ることを許されたのはヨシュアとカレブの2人だけである[6]モーセはヨルダン川を渡ることを許されなかった[7]。また、ルベン、ガド、マナセの半部族はヨルダン川東岸に定住することを決めるが、仲間を助けるためにヨルダン川西岸に渡って共に戦うことをモーセに確約する[8]

ヨシュアによる占領(1-11章)

Dore joshua crossing
ヨルダン川を渡る

モーセの死後、神はヨシュアにヨルダン川を渡るよう命令する。ヨシュアは民に準備を促す[9]。二人の斥候エリコに派遣される。エリコの王は斥候を捕らえようと探索するが、娼婦ラハブは斥候たちを匿う。斥候たちに対し、ラハブは、自分と親族の身の安全を保障してくれるよう請願する。斥候たちは身を守る方法をラハブに伝え、ヨシュアの元に帰って報告する[10]。三日目に、ヨシュアはヨルダン川の手前で宿営を張る。その翌日、ヨシュアは神の命令通り、契約の箱を携えた祭司たちをヨルダン川に入らせる。川の上流で水が堰き止められてヨルダン川が干上がり、その間に全員が川を渡る[11]。ルベン、ガド、マナセの半部族のうち、四万人の戦士も共にヨルダン川を渡る[12]。神はギルガルに記念碑を建てるよう命じる。ヨシュアはギルガルとヨルダン川の祭司たちが立っている場所に、それぞれ記念碑を建てさせる。民はヨシュアがモーセの後継者であることを認めるようになる。ギルガルに宿営が張られる[13]。神は民に割礼を施すようヨシュアに命じる[14]。民はギルガルで過越を祝う[15]。過越の翌日、マナの供給が終わる[16]。ヨシュアは聖なる所へと足を踏み入れてしまい、サンダルを脱ぐよう「主の軍の将軍」に命令される[17]。神はヨシュアに詳細な指示を出す。民がその指示通りに行動すると、エリコの城壁が崩れる。エリコの住民と家畜は、ラハブに属するものを除き、すべて滅ぼされる。ヨシュアはエリコに対する呪いの言葉を語る[18]

アカンはエリコの戦利品を隠し持つ[19]。ヨシュアは斥候の提案に従いアイに三千の兵を差し向けるが、派遣隊は敗北し、民は動揺する[20]。神はヨシュアに、エリコの戦利品を隠し持つ者がいることを告げる[21]。アカンが選び出され、彼は罪を認める。アカンとその家族、および彼の所有する家畜に至るまで石打ちにされる[22]。神は再びアイを攻めるよう、また、都市の背後に伏兵を配置するようヨシュアに命じる。ヨシュアは三万の兵を夜のうちに送り出し、自らは敗走を装う兵を指揮する。アイの兵は都市を出てヨシュアを追撃するが、挟撃されて全滅する。王も捕虜となり殺され、住民も皆殺しにされる。アイは焼かれ、ヨシュアたちは神に命じられた通りアイの町の家畜と分捕り品を自分たちのために奪い取った[23]。ヨシュアはモーセによって命令された通り、エバル山に祭壇を築き、犠牲を捧げる。ヨシュアはその祭壇にモーセの律法の写しを記す。民はエバル山とゲリジム山の前に集められ、彼らの前で律法の全ての言葉が朗読される[24]

Dore joshua sun
太陽が静止する

ギブオン周辺に住むヒビ人たちは、侵攻して来たイスラエル人を欺いて協定を結ばせることに成功し、殺されることを免れる。しかし、その策略はすぐに発覚し、彼らは祭壇の「柴刈りまた水くみ」をする者としてイスラエル人に仕えることになる[25]。「アモリ人の五人の王」がギブオンを攻め、ギブオン人はヨシュアに助けを求める[26]。イスラエル人は夜を徹して行軍し、アモリ人を急襲する。敗走するアモリ人を雹が襲う。ヨシュアが太陽と月に命令すると、太陽と月は「まる一日」静止する。五人の王は捕虜となり処刑される[27]。ヨシュアはヨルダン川西岸の都市ギルガルから地中海沿岸の都市ガザに至るまで、また、その南方に広がる荒野に至るまでの地域に点在する諸都市を滅ぼし家畜などを奪っていく[28]。ハツォルの王ヤビンを盟主とする大軍がメロムの水場に集結する。ヨシュアはこれを急襲し、敗走する敵を追撃して全滅させる。ヨシュアはハツォルを滅ぼして都市を燃やす。また、他の都市も滅ぼすが、ハツォル以外の都市は燃やさなかった[29]。北方は、ヘルモン山の麓の都市、バアル・ガドに至るまでのヨルダン川沿いの地域を攻略する[30]

土地の配分(12-21章)

Izrael kmeny
イスラエルの諸部族の配置

モーセの占領したヨルダン川東岸の地域[31]。ヨシュアの占領したヨルダン川西岸の地域と王の一覧[32]。神は高齢となったヨシュアに、未征服地を含んだヨルダン川西岸の土地を、九部族とマナセの半部族との間で分配するよう命じる[33]。ヨルダン川東岸の地を相続した二部族と半部族、およびレビ族が相続地を持たないことについての解説。相続地を決めるために「くじ」が用いられる[34]。カレブはヘブロンの相続を求め、許可される[35]

ユダ族の相続地。カレブによるヘブロン攻略[36]。マナセ族とエフライム族の相続地。相続地が少ないことに対する不満と、それに対するヨシュアの助言[37]。ヨシュアはまだ相続地の決まっていない七部族に対して未征服地の調査を命じ、その調査記録を基に土地を配分する[38]。ベニヤミン族の相続地[39]。シメオン族の相続地[40]。ゼブルン族の相続地[41]。イサカル族の相続地[42]。アシェル族の相続地[43]。ナフタリ族の相続地[44]。ダン族の相続地[45]。ヨシュアはティムナト・セラを相続地として受け取る[46]

神はヨシュアに逃れの町を定めるよう命令し、六つの都市が定められる[47]。相続地のないレビ族に対し、各部族の相続地から居住のための都市が与えられる[48]

シケム契約(22-24章)

ヨシュアはルベン、ガド、マナセの半部族の戦士たちを郷里へと帰らせるが、彼らがヨルダン川のほとりに大きな祭壇を築いたことが伝えられ、ヨルダン川東岸の部族に対する軍事行動が検討される[49]ピネハスらが派遣され、彼らにヨルダン川西岸へと移住するよう勧めるが、彼らの説明する祭壇を築いた目的は好ましいものであったため、軍事行動は起こされなかった[50]。ヨシュアは長老たちを呼び、モーセの律法を守り行うよう諭す[51]。ヨシュアは全イスラエルをシケムに集め、彼らに神の言葉を伝える[52]。民はヤハヴェに仕え続けることを誓い、その証拠として大きな石が立てられる[53]。ヨシュアの死と埋葬。エジプトから運ばれてきたヨセフの骨はシケムに埋葬される。エレアザルの死と埋葬[54]

脚注

  1. ^ 『新聖書辞典』いのちのことば社
  2. ^ 『新聖書辞典』 いのちのことば社
  3. ^ 教文館『聖書大辞典』の「エリコ」の項目
  4. ^ 教文館『聖書大辞典』の「ヨシュア記」の項目
  5. ^ 『聖書大辞典』 教文館
  6. ^ 民数記』14章
  7. ^ 『民数記』 20:1-13、『申命記』32:48-52
  8. ^ 『民数記』32章
  9. ^ 1章
  10. ^ 2章
  11. ^ 3章
  12. ^ 4:12-13
  13. ^ 4章
  14. ^ 5:2-9
  15. ^ 5:10
  16. ^ 5:11-12
  17. ^ 5:13-15
  18. ^ 6章
  19. ^ 7:1
  20. ^ 7:2-9
  21. ^ 7:10-15
  22. ^ 7:16-26
  23. ^ 8:1-29
  24. ^ 8:30-35、『申命記』27章
  25. ^ 9章
  26. ^ 10:1-6
  27. ^ 10:7-27
  28. ^ 10:28-43
  29. ^ 11:1-15
  30. ^ 11:16-23
  31. ^ 12:1-6
  32. ^ 12:7-24
  33. ^ 13:1-7
  34. ^ 13:8-14:5
  35. ^ 14:6-15
  36. ^ 15章
  37. ^ 16-17章
  38. ^ 18:1-10
  39. ^ 18:11-28
  40. ^ 19:1-9
  41. ^ 19:10-16
  42. ^ 19:17-23
  43. ^ 19:24-31
  44. ^ 19:32-39
  45. ^ 19:40-48
  46. ^ 19:49-50
  47. ^ 20章
  48. ^ 21章
  49. ^ 22:1-12
  50. ^ 22:13-34
  51. ^ 23章
  52. ^ 24:1-13
  53. ^ 24:14-28
  54. ^ 24:29-33

関連項目

アイ (聖書)

アイ(ヘブライ語:העי)は旧約聖書に登場するベテルの東にあった、カナン人の町である。アイはベテルと対になって登場することが多い。アイとベテルはその間にある山によってつながれて一続きになっていたと考えられる。ウィリアム・オルブライトは「ふたごの町」と呼んだ。

ヨシュア記における、ヨシュアのカナン征服の時は人口が12000人であった。ヨシュアはカナン侵攻後にエリコの次にアイを攻撃したが、アカンの罪とイスラエルの民に生じた思い上がりのためにアイ攻略に失敗した。

アカンの罪を取り除いた後に、身を清めて、神の命令によって再度のアイ攻略を試みて成功し、王以下住民は皆殺しにされた(聖絶)。

アブドン

アブドン(英語: Abdon 、ヘブライ語: עַבְדּוֹן‎ (Abdon)、古代ギリシア語: Αβδών、「僕」を意味する語根に由来 )は、旧約聖書の登場人物または町。

イスラエルの士師。エフライム族のピルアトン人ヒレルの子。アブドンは40人の息子と30人の孫を持っていた。彼らは70頭のろばを乗っていたことから、富と地位を得ていたことが窺える。8年間イスラエルを裁いた後、死後、エフライムの地のアマレク人の山、ピルアトンに葬られた(士師記 12:13-15)。

ベニヤミン族のギブオンの父エイエル(七十人訳聖書)と妻マアカの長子(歴代誌上 8:30、9:36)。

ユダ族の王ヨシヤの廷臣。ミカの子(歴代誌下 34:20)。列王記下22章12節のアクボルと同一人物であると考えられる。

ベニヤミン族のシャシャクの子。エルサレムに住んだ長の一人(歴代誌上 8:23-28)。

レビ族のゲルションの氏族に与えられたアシェル族の町(ヨシュア記 21:27-30、歴代誌上 6:71-74)。アシェル族には四つのレビ族の町がある。放牧地と共にゲルション人に分与された。場所は恐らくキルヤト・アルベ (Khirbet Abdeh)、テル・アブドン (Tel Avdon) と同定される。

エフライム族

エフライム族(エフライムぞく)は、イスラエルの12支族の中の1部族であり、ヨセフ族から分かれた2部族(マナセ族、エフライム族)の内の1つである。

エフライム部族に割り当てられた地域は、北はメクメタテ、南はベテ・ホロンゲゼルに及ぶ中央パレスチナの丘陵地帯であり、パレスチナの中でもっとも豊かな地域の一つである。

聖書の中でエフライムは重要な位置をしめて、シロとベテルが礼拝の中心地になった。ヨシュアとエルアザルの墓はエフライムの山地にあった。

やがて、古代イスラエル王国が分裂すると、北イスラエル王国の首都シェケムのすぐ隣にエフライムの領土があった。初代北イスラエル王国の王ヤロブアム1世はエフライム出身であったので、紀元前745年頃から、北イスラエル王国はエフライムと呼ぶようになった。

シリア・エフライム戦争(紀元前736年 - 紀元前732年)。

エロン

エロン(英語: Elon 、ヘブライ語: אֵלוֹן‎ (elon)、古代ギリシア語: Αιλώμ、恐らく「大木」の意 )は、旧約聖書の登場人物または町。

ヘト人。その娘バセマトとアダはエサウの妻となった(創世記 26:34、36:2)。

ゼブルンの子。ヤコブと共にエジプトに移住した(創世記 46:14)。エロン人の家長となった(民数記 26:26)。

イスラエルの士師。ゼブルン族。十年間裁いた後に、アヤロンに葬られた(士師記 12:11-12)。

ダン族の町。場所は定かではない(ヨシュア記 19:43)。

エン・ドル

エン・ドル(ヘブライ語: עֵין דּוֹר, עֵין דֹּאר‎, 英語: Endor)はマナセ族に割り当てられた町である。「住居の泉」という意味のヘブル語の地名である。

タボル山の南6.4km、ナザレの南東10kmに位置して、ヘルモン山の北側の山麓に位置した。

マナセ族に割り当てられていた町であるが、マナセ族はカナン人を追い出すことができなかった。シセルとヤビンはエン・ドルで殺された。また、サウル王がギルボア山での戦いの前にエンドルに住む霊媒師を訪ねてサムエルの霊媒を依頼した。

ガド族

ガド族(ガドぞく)は古代イスラエルの十二支族を構成していた、部族の一つである。始祖のガドはヤコブの7番目の息子で、レアの女奴隷であるジルパが生んだ最初の子供である。一族でエジプトに移住する際には7人の子供がいた。

サムエル記

『サムエル記』(サムエルき)は旧約聖書におさめられた古代ユダヤの歴史書の1つ。元来、『列王記』とあわせて1つの書物だったものが分割されたようである。また『サムエル記』自体も上下にわかれているが、これはギリシャ語聖書以来の伝統である。また、正教会においては列王記第一、列王記第二と呼称される。内容的には『士師記』のあとを受け、『列王記』へと続いていく。タイトルは最後の士師であり、祭司であったサムエルに由来。ユダヤ教の分類では『ヨシュア記』『士師記』『列王記』と共に「前の預言者」にあたる。

この書物の原作者は、サムエル、ナタン、ガドであると伝えられている(歴代誌上 29:29)。

サルマ (聖書)

サルマ(ヘブライ語: שַׂלְמָה‎ Śalmāh, ギリシア語: σαλμων)またはサルモン(ヘブライ語: שַׂלְמוֹן‎ Śalmōn)は、旧約聖書および新約聖書に登場する人物。

ナフションの子で、ラハブ(おそらくはエリコの娼婦ラハブ)と婚姻しボアズをもうけた。このため、聖書の記述によればダビデ王の高祖父にあたる。歴代誌上2章10-11節、ルツ記4章20-21節、マタイによる福音書1章4-5節、ルカによる福音書3章32節に言及がある。

父ナフションは、出エジプト後、モーセと共に荒野にあったイスラエルの民のひとりで、『民数記』『歴代誌』によればユダ族の首長であった。このため、サルマはおそらくはヨシュアと同世代で、約束の地に辿り着いたイスラエル人世代のひとりであったと考えられる。

サルマとラハブとの婚姻について旧約聖書中には言及がないが、『ヨシュア記』ではエリコ殲滅後のラハブのその後について「ラハブは今日までイスラエルのうちに住んでいる。」と締めくくっている。

シメオン族

シメオン族(シメオンぞく、ヘブライ語: שבט שמעון‎)はイスラエルの12支族の一部族である。ヤコブの子シメオンを祖とする。紀元前1200年頃のイスラエル部族によるカナン征服の後、ヨシュアはイスラエルの12の部族にそれぞれ土地を割り当てた。シメオン族に与えられた土地はカナンの南西にあり、ユダ族の領地と東と南で接していた。ユダ族の領地との境界は曖昧であり、ヨシュア記によればシメオン族の相続地はユダ族の割り当て地の内にあった。シメオン族はユダ王国の非主流の部族の一つだった。

フーゴー・グレスマン

フーゴー・グレスマン(Hugo Gressmann、1877年3月21日 - 1927年4月6日)は、ドイツの神学者。旧約聖書の学者として著名なヘルマン・グンケルの盟友である。

グレスマンは、グンケルの聖書学研究における類型批評の方法で用いられていたグンケルの研究を引き継いだ。そして、旧約聖書の「出エジプト記」、「ヨシュア記」、「士師記」、「サムエル記」、「列王記」に導入した。

また、十戒の研究の方法においては、ヴェルハウゼンの学説と対立した。

ホロン (イスラエル)

ホロン(ヘブライ語: חוֹלוֹן‎、アラビア語: حولون‎、Holon)は、イスラエルテルアビブ近郊にある都市である。

ヨシュア

ヨシュア(ヘブライ語: יְהוֹשֻׁעַ‎, Yehoshuʿa)は『旧約聖書』の「民数記」や「ヨシュア記」に登場するユダヤ人の指導者。

ラキシュ

ラキシュ(英語:Lachish,ヘブライ語: לכיש‎,ギリシア語: Λαχις)は、かつてパレスチナに存在した都市である。『文語訳聖書』や『口語訳聖書』ではラキシ。エルサレムの南西45kmに位置する。

リンモーン

リンモーン(רִמּוֹן, クティーブ・マーレー:רימון rimmôn)はヘブライ語の言葉

トーラーの飾りの一つ。複数形リンモーニーム(רִמּוֹנִים)で呼ぶ。セーフェル・トーラー(トーラーの巻物)の芯の上にかぶせる。古い時代にはエルサレム神殿の柱をかたどった意匠などが存在したが、時代が進むにつれて柘榴と呼ばれるようになった。現在では塔の形をしたものなどがあり、素材としては銀など金属で作った高価なものがある。

リンモーニーム (רימונים rimmônīm) : イスラエルの都市の名前

イスラエルの週刊誌。רימון 参照

パルデース・リンモーニーム pardhes rimmonim(柘榴の庭)は、モーセ・コルドベロによる1548年の本

リモン:政治的にはベニヤミン族に属していた四つのギブオン人の町ベエロト Beeroth (サムエル記下4:2)の人で、レカブとバアナの父。レカブとバアナはダビデの政敵サウルの子イシュ・ボシュトを襲って殺害し、ダビデに「主が邪悪なものに正しく報復された」と主張するが、ダビデは「正しい人を殺害した」と主張し「悪を地上から取り去らなければならない」ということで処刑されてしまう。 (ヨシュア記 9:17 をまた参照)

「リモンの神殿」: 列王記下5:18にのみ見えるシリアの偶像

エン・リモン : 後にシメオン族に与えられたユダの辺境の町の一つ(ヨシュア記) / リモン:歴代誌上に登場する村の名前

リモンの岩場 Rock of Rimmon : ギブアに泊まったレビ人の傍女を、ギブアのベニヤミン族の群集が死に至らしめたことから起こった戦争で、ベニヤミン人が他の部族の攻撃を逃れるために留まった場所

リモン - イスラエル国防軍の特殊部隊 この記事には現在パブリックドメインになっている次の著作物の文章が含まれている: Easton, Matthew George (1897). "要記事名". Easton's Bible Dictionary (New and revised ed.). T. Nelson and Sons.

列王記

『列王記』(れつおうき)は旧約聖書におさめられた古代ユダヤの歴史書の1つ。元来、『サムエル記』とあわせて1つの書物だったものが分割されたようである。また『列王記』自体も上下にわかれているが、これは七十人訳聖書以来の伝統である。また、正教会においては『列王記第三』、『列王記第四』と呼称される。内容的には『サムエル記』のあとを受けており、また『歴代誌』とは一部内容が重複している。ユダヤ教の分類では『ヨシュア記』『士師記』『サムエル記』と共に「前の預言者」にあたる。

この書物の原作者は、伝統的にエレミヤであると伝えられている。

旧約聖書

旧約聖書(きゅうやくせいしょ)は、ユダヤ教およびキリスト教の正典である。「旧約聖書」という呼称は旧約の成就としての『新約聖書』を持つキリスト教の立場からのもので、ユダヤ教ではこれが唯一の「聖書」(タナハ)である。そのためユダヤ教では旧約聖書とは呼ばれず、単に聖書と呼ばれる。『旧約聖書』は原則としてヘブライ語で記載され、一部にアラム語で記載されている。また、イスラム教においてもその一部(モーセ五書と詩篇に相当するもので現在読まれているものとは異なる。それらはそれぞれ、アラビア語で「タウラー」「ザブール」と呼ばれる)が啓典とされている。

聖絶

聖絶(せいぜつ)とは、聖書信仰の立場によって訳された『新改訳聖書』において造られたヘブライ語のヘーレム(חרם、ḥērem)の訳語(造語)である。一般的な用途に用いることを禁じ、神のために聖別すること、ささげられたもの、奉献物、のろわれたものを意味している。レビ記、申命記、ヨシュア記、サムエル記上巻などに多く見られる聖句である。

キリスト教神学においては、旧約と新約の経綸で説明され、イエス・キリストによる救いと神の愛が聖絶によって示されている。ユダヤ教などキリストを否定する宗教はこの解釈をとらない。また、批評的聖書学者からは、新改訳はキリスト教護教的な訳であるとして、批判されている。

逃れの町

逃れの町(のがれのまち)は、旧約聖書で、ユダヤ人の領土に設置するよう神から定められた、過失で殺人を犯してしまった人が復讐から逃れて安全に住むことを保証された町のこと。

民数記35章には、エジプトから上ってきたユダヤ民族が得るはずの領土において『ヨルダン川の東側に三つの町、カナン人の土地に三つの町を定めて、逃れの町としなければならない。これらの六つの町は、イスラエルの人々とそのもとにいる寄留者と滞在者のための逃れの町であって、誤って人を殺した者はだれでもそこに逃れることができる』とある。

逃れの町に滞在することが認められるのは、敵意や怨恨でなく、故意でもないことが条件であり、後日改めてイスラエルの共同体による裁判を受け、過失であったことが認められねばならない。逃れの町に避難した人は、その時の大祭司が死ぬまでの間、そこに留まらねばならず、それまでは元の住所に帰ることはできない。また、逃れの町以外の場所においては、被害者の遺族が直接加害者を殺す血の復讐の権利が認められている。

申命記19章、ヨシュア記20章にも同様の記述があり、申命記19章では逃れの町に入って生き延びられる条件として、たとえば隣人と柴刈りに行き、木を切ろうとして振り上げた斧の頭が外れて死なせたような場合が示されている。

当時のオリエントでは、ハンムラビ法典の影響で「目には目を、歯には歯を」の同等の刑罰を科すのが一般的で、旧約聖書も同等の報復の権利は認めているが、「逃れの町」の規定は過失で人を死に至らしめた人の生存権をアジール権によって保護するよう明文化している。

隕石

隕石(いんせき、英: meteorite)とは、惑星間空間に存在する固体物質が地球などの惑星の表面に落下してきたもののこと。

「隕」が常用漢字に含まれていないため、「いん石」とまぜ書きされることもある。昔は「天隕石」「天降石」あるいは「星石」などと書かれたこともある。

ネビーイーム預言者
歴史書・知恵文学・預言書(旧約聖書モーセ五書以外)

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.