モアブ

モアブモアブ語:𐤌𐤀𐤁)は、古代イスラエルの東に隣接した地域の古代の地名であり、死海の東岸、アルノン川(現ヨルダン・ハシミテ王国のワディ・アル・ムジブ)以南からゼレド川以北(現ヨルダンのワディ・アル・ハサ)の高原地帯に広がる地域を指す。この地域は、現在のヨルダン・ハシミテ王国のカラク高原地域(カラク県)にほぼ等しい。 なおモアブと呼ばれた地域は、中世イスラム期にはマアブ(Maāb)と呼ばれていたことが、9世紀のアラブ人地理学者ヤアクービーの記述から分かる。

旧約聖書によれば、ロトロトの長女との間に生まれた息子モアブ(מואב ヘブライ語で「父によって」の意)に由来し、その子孫がモアブ人となってエミム人を打ち払ってその地域に定住したとされている[1]

Kingdoms around Israel 830 map

考古学による検証

モアブ人の存在は多数の考古学調査の結果によって証明されている。モアブ人は鉄器時代にはカラク地域に王国を築いており、同地域がイスラム教の影響下に置かれる前には「モアブ」と呼ばれていたことも突き止められている。カラク高原地域に存在するBalu'a等の鉄器時代の集落遺跡が、モアブ王国の集落であったと考えられている。また、ヨルダン川東岸の地域、つまりアルノン川より北の地域のうちヨルダン川を西の境界としヤボク川を東の境界とする地域については、「モアブの野」「モアブの平野」[2]などと表現される。この地域はかつてアンモン人の支配下にあり[3]、後にアモリ人の支配下に移ったとされる。

モアブ人の実在を証明する最大の証拠は、メシャ王の時代に作成されたとされるメシャ碑文で、紀元前850年の「イスラエルの王オムリ」に対するモアブ人の勝利が記され、モアブの主神ケモシュが称えられている。メシャ碑文に加えて、1958年にはヨルダン南部の都市カラクでモアブ文字で書かれた碑文の断片が発見されている(カラク碑文)。この碑文にもモアブの主神ケモシュの神殿に関する言及がある。カラクは聖書のキル・ヘレス(Kir Heres)であるとされるが、ここがモアブの首府であったとする説もある。カラク碑文は現在、カラク考古博物館(カラク城内)に展示されている。

聖書のモアブ人

聖書ではモアブ人に対する拒絶的な記述が目立つが、元々は敵対関係ではなく仲間だったような記述もあり、『創世記』までさかのぼらなくても『申命記』の第2章9節で「モアブと戦うな、あそこは彼らの取り分だから。」という趣旨のお告げが出てくる[4]

モアブ人と仲が悪くなった理由の説明は『民数記』第21-22章でイスラエル人が荒野のカデシュからカナンに向かう際に、かつてモアブ人を破ったアモリ人達と抗争になりこれを撃破した後、これが原因で当時のモアブ人の王バラクはイスラエル人の数と強さを恐れイスラエル人を呪わせるためにバラムを雇ったこと(後述の『申命記』第23章に明記)、その後バラムの策略によって[5]イスラエルの民がモアブの女やモアブと同盟関係のあったミディアンの女に誘惑されてペオルのバアルをあがめさせられたことが原因としている。

いずれにせよ理由はともかく士師時代の頃はよく戦う仲になっており『士師記』3章にはイスラエルがモアブの王エグロンに征服されて士師エフド(エホデ)によってこの支配から解放された話や、『サムエル記(上)』14章でイスラエル王のサウルがモアブと戦った話が出てくる。

戦以外では『申命記』第23章4-7節では「モアブ人とアンモン人は主の会衆に加わってはならず、(帰化して)10代たった子孫も参加を認めない。」「彼らのために平安も幸福も願ってはならない。」という説明がある[6]が、この掟はかなり後まで意識されなかったらしく、ユダの王でもモアブやアンモン系の母を持つと明記されている者がいる[7]他、『ネヘミア記』第13章1節で「人々にモーゼの書(後述の内容的に『申命記』と思われる)を朗読していたら『モアブ人やアンモン人が神の民の一員となってはいけない』と書いてあったのが発見された」と、それまで祭司たちさえもこの記述をよく知らなかったような解説がされている。

もっとも、建前上はともかく『ルツ記』で飢饉のためユダからモアブに移住しかなり長い間住み着いていたナオミと、彼女の息子の嫁でモアブからイスラエルに帰化したルツ[8]の話があったり、『サムエル記』第22章にこのルツの子孫にあたるダビデが当時のイスラエル王のサウルに追われた際、モアブの王の許可を得て両親をモアブに亡命させる話[9]があるので平時であれば両者は交流があった。 (戦時の場合はお互い容赦はなく、前述のダビデも内戦を制してイスラエルの王になった後、理由は定かではないがモアブと戦いになり、この戦いでモアブは敗れて「モアブ人はダビデの奴隷になった」としている[10]。)

ダビデの次のソロモン王の時代の頃には、宮廷に多数いたソロモンの妻や側女の中にモアブの女性もいたという記述や、ソロモンが彼女たちに影響されてアンモン人が崇めていたモロクとともにモアブ人が崇めていたケモシュ(ケモシ)のために高台を作ってやったという説明が『列王記(上)』第11章にあり、モアブなど周辺国の影響がイスラエルに広がっていたが、これを嫌った預言者やソロモンの重税や苦役に不満を持った人々によってソロモンの死後反乱が起きて北部の部族が支配層のユダ族から独立し、その後イスラエルの名を引き継いだ北王国では何度かクーデターが起きて王が暗殺されることが繰り返されたが、最終的にユダ王アサの在位31年目にオムリが内戦を制してイスラエルの王になり[11]、『メシャ碑文』によるとこの後、モアブ人たちがケモシュを怒らせてしまい、その罰としてオムリによってモアブ地方が征服されたとしている。

『列王記(下)』の話はオムリによる支配からだいぶたった後、アハブ死亡の混乱中にモアブのイスラエルへの反乱から話が始まり、第3章でモアブ側の勝利に終わったことが述べられ、これは『メシャ碑文』からも裏付けがとられている(詳しくはメシャ#モアブ独立闘争を参照)。

その後メシャがどうなったのかについてははっきりしていないが、『列王記(下)』第10章でイスラエル王イエフの話の最後に「アラム王ハザエルがヨルダン川以東、アロエル[12]までのイスラエル領を奪い取った」という旨の説明があるので、モアブ北部はイエフの時代に再度制圧された(そしてハザエルにさらに制圧された)可能性が高く、少なくとも「ハマテの入り口からアラバの海(=死海)まで領土を取り戻した[13]」とあるヤロブアム2世の頃にはイスラエルに再度制圧されたらしい[14]

イエフ王朝滅亡後のモアブ地方は周辺諸国同様強大化していたアッシリアに従属して、貢物を差し出していた[15]。アッシリア滅亡後はそこを滅ぼしたバビロニアに従い、ネブカデネザル王に反旗を翻したユダ王国に対し、カルデア(バビロニア)人を筆頭とする軍団にシリア(旧アラム)人やアンモン人とともに参加している話が出てくる。[16]

『列王記』や『歴代誌』ではモアブ王国の最後がいつかはっきりしない(『エレミヤ記』9章25節などに滅びの預言などはある)が、ヨセフスの『ユダヤ古代誌』第X巻9章7節[17]では「エルサレム陥落後の5年後、ネブカドネザルの治世第23年目」に「ネブカドネザルがコイレ・シリアに進軍しそこを占拠、モアブとアンモンに戦争を仕掛けこの2つの民族を服属させた。」とあるのでこの時に陥落したらしい。

その後、『ネヘミア記』に当たるエピソード(第XI巻)でネヘミア記と同様にモアブ人の名前がわずかに出てくるが、第XIII巻13・14章などによると、ハスモン朝時代の話にも「モアブ(モアビティス)」という地名がでてくるが、住民は「アラブ人」と呼ばれている他、ヨハネ・ヒルカノス2世が弟との戦いの際(第14章)にナバテア王国に父の代にユダヤに征服された領土返還の約束で協力を取り付けたという説明で「メダバ・レムバ・オロナイム(ホロナイム)・アガライン・アガラト・ゾアラ(ツォアル)」という13章でモアブ地方と明記されていた町の名前が出てくるので、少なくとも著者のヨセフスはこのころすでにモアブ地方の住民は「アラブ人」という認識をしている[18]

関連項目

脚注

  1. ^ 申命記 2:11
  2. ^ 民数記 21:13, 20, 22:1
  3. ^ 士師記 11:13
  4. ^ s:申命記(口語訳)#2.9 これ以外に同章5節でエドムも戦うべきではない相手としている。
  5. ^ 第25章に出てくるモアブの女については明記されてないが、第31章でミディアンとの戦のあとモーセの発言として「この女たちはバラムの事件の時イスラエルの民をたぶらかした」というものがある。サムエル記上(口語訳)#31:15,17
  6. ^ エドム人とエジプト人は同章8節では3代目から参加を認めるとしている。
  7. ^ 聖書中でユダの王のうち、オムリ王朝系の女王アタルヤを除くと、モアブ系は先祖のダビデ(『ルツ記』4章14節、ただしダビデは扱い上はナオミの子孫である。s:ルツ記(口語訳)#4.17)、アンモン系は初代のレハブアム(『列王記(上)』第14章21節など)がそうなのでほぼ全員が全員が該当する。
  8. ^ 彼女は新約聖書のイエス・キリストの家系図へも登場するs:マタイによる福音書(口語訳)#1.5
  9. ^ サムエル記上(口語訳)#22.3,4
  10. ^ s:サムエル記下(口語訳)#8.2、ただし、モアブの王が作った『メシャ碑文』にはダビデの名前は出てこず、オムリがモアブの征服者としている。
  11. ^ s:列王紀上(口語訳)#16.23
  12. ^ アルノン川の北部の町、メシャ碑文にここを復興した説明があるので、ここもモアブ領になっていた。
  13. ^ s:列王紀下(口語訳)#4.25
  14. ^ ドナルド・J・ワイズマン『ティンデル聖書注解 列王記』吉本牧人訳、いのちのことば社、2009年、ISBN 978-4-264-02250-3、P273。
  15. ^ モアブの話は出てこないが『列王記(下)』第16章に出てくる、ユダの王アハズがダマスコを制圧したアッシリアの王に会いに行く話はこの貢物の話で、別の記録(参考文献:『Documents from Old Testament Times, edited』by D.Winston Thmas (London:Nelson,1958).)には西暦紀元前734年に貢物を持参しダマスコに来た諸侯としてアハズと並んでモアブ、アンモン、アシュケロン、ガザ、エドムなどの君主の名前が出てくる。
    ドナルド・J・ワイズマン『ティンデル聖書注解 列王記』吉本牧人訳、いのちのことば社、2009年、ISBN 978-4-264-02250-3、P314。
  16. ^ s:列王紀下(口語訳)#24.2
  17. ^ フラウィウス・ヨセフス 著、秦剛平 訳『ユダヤ古代誌3 旧約時代編[VIII][IX][X][XI]』株式会社筑摩書房、1999年12月、ISBN 4-480-08533-5、P281。
  18. ^ フラウィウス・ヨセフス 著、秦剛平 訳『ユダヤ古代誌4 新約時代編[XII][XIII][XIV]』株式会社筑摩書房、2000年、ISBN 4-480-08534-3、P226-229・234・255。
アモン人

アモン人は古代パレスチナのセム系民族の一つである。アンモン人と訳される事もある。

アラム語

アラム語(ܠܫܢܐ ܐܪܡܝܐ, ラテン語: Lingua Aramaica)は、かつてシリア地方、メソポタミアで遅くとも紀元前1000年ごろから紀元600年頃までには話されており、かつ現在もレバノンなどで話されているアフロ・アジア語族セム語派の言語で、系統的にはフェニキア語やヘブライ語、ウガリト語、モアブ語などと同じ北西セム語に属す言語である。アラマイ語とも呼ばれる。

もともとアラム語は今のシリアを中心としてその周辺(レバノン、ヨルダン、トルコ、イラク)に住むアラム人の言語だった。アラム人は主に農民だったが、アレッポやダマスカスに代表される都市の住民もあった。後に通用範囲を広げて中東全体のリンガ・フランカとして使われるようになったが、7世紀にアラビア語に押されて衰退した。現在でもアラム系諸言語の話者は存在するが、周辺のアラビア語やクルド語の強い影響を受けている。20世紀にはいるとアラム語が使われる範囲は縮小した。

アラム語は新アッシリア帝国の外交用語としても使われ、新バビロニアやアケメネス朝ペルシア帝国は行政用の公用語としてアラム語が使われた。近隣のセム語話者たちはその文章語、口語のアラム語化といった直接的な影響を受ける。

アロエル

アロエル(英語:Aroer,ヘブライ語: ערוער, עֲרֹעֵר‎)は、旧約聖書に登場する地名である。元エモリ人の都市で、後にルベン族の町になった。死海の東21kmにあるアラ・イルの古跡と同定される。

アルノン川の北岸にあった王の道に近い、エモリ王国南部の拠点であった。

イスラエルのカナン侵攻後は、ガド族とルベン族が制圧して住み着き、最終的にはルベン族の主要都市になった。後にモアブの王メシャがアロエルを奪回する。北イスラエル王国のエフー王の時代に、ダマスコの王ハザエルが侵攻して征服した。しかし、後にモアブ領になる。

アーチーズ国立公園

アーチーズ国立公園(Arches National Park)は、米国の国立公園で、類を見ない様々な地形に加え、世界的に有名なデリケート・アーチ(Delicate Arch)を含む、2,000を超える自然にできた砂岩のアーチを保護している。

公園は、ユタ州モアブの近くに位置し、面積は309 km²(119 平方マイル)である。

標高が最も高いのは、エレファント・ビュート(Elephant Butte)の1,723 m(5,653 フィート)、最も低いのはビジター・センターの1,245 m(4,085 フィート)である。

1970年以降、42のアーチが浸食のために倒れた。

アーチーズ国立公園の年間平均降雨量は、250 mm(10 インチ)である。

国立公園局によって管理されており、元々は1929年4月12日に国定公園として指定された。

1971年11月12日に国立公園に変更された。

2004年には730,000人超の人が公園を訪れた(2006年には833,049人が訪れた)。

エドム人

エドム人は古代パレスチナに居住したセム系民族。現在はエジプト人。エドムはアカバ湾から死海にかけての地名であった。ヘロデ大王の父アンティパトロスという人物はイドマヤの有力者だった(『ユダヤ古代誌』第XV巻9章)ため、通常ヘロデもエドム系とされる。

カラク (ヨルダン)

カラク(アル=カラク、ケラク、アラビア語: الكرك‎, Karak, Kerak, Al-Kerak)はヨルダン中部の都市でカラク県の県都かつ最大の街。

2015年の人口は3万2216人。

かつては十字軍国家の一つ・エルサレム王国の一部であり、十字軍の建てた城塞の遺跡で知られる。

キルヤタイム

キルヤタイムは旧約聖書に登場する地名である。「2重の町」という意味であると考えられている。

キルヤタイム (モアブ)--ヨルダンの東にあったモアブの町。後に、ルベン族の相続地になった。

キルヤタイム (レビ族)--ナフタリ族の相続地の中にあった町で、レビ族の支族ケハテ族に与えられた。レビの町のひとつである。

グランド郡 (ユタ州)

グランド郡(英: Grand County)は、アメリカ合衆国ユタ州の東部に位置する郡である。2010年国勢調査での人口は9,225人であり、2000年の8,485人から8.7%増加した。郡庁所在地はモアブ(人口5,046人)であり、同郡で人口最大の町でもある。1890年に設立され、郡名はグランド川(現在のコロラド川)に因んで名付けられた。

セム

セムは、旧約聖書創世記の第6章から11章にかけての「ノアの方舟」のエピソードに出てくる人物で、ノアの3人の息子のうちの一人。他の2人はハム、ヤペテ。

(この兄弟の年齢順は諸説あり、一般的にヘブライ語の聖書では「ハムが末子」「セムがヤペテの兄」という記述から「セム>ヤペテ>ハム」の年齢順としているが、七十人訳聖書では本文の「セム、ハム、ヤペテ」は下から数えていると判断されているらしく「末子→より若い」「ヤペテの兄→ヤペテの弟」という記述にされている。)

大洪水後、ノアが酔いつぶれて全裸で寝てしまった時にヤペテとともに気遣って上着をかけて隠してやり、これによってノアにヤペテとともに感謝されて祝福を受けたとされる。

また、大洪水の後他の兄弟とともに子孫を各地に広げた人物とされており、『創世記』第10章の系譜によると大洪水後にセムにはエラム、アシュル、アルパクシャド、ルド、アラム​という息子が生まれ、それぞれが以下の民族の始祖とされた。

(後の地名との対応は『ユダヤ古代誌』第I巻vi章の解説より)

エラム→エラム

アシュル→アシュル(アッシリア)

アルパクシャド→カルデア他

ルド→リュディア

アラム​→アラムこれらのうちアラムとアルパクシャドの息子はさらに植民を広げたとされ、アラムの息子たちはさらに以下の様に分かれた。

ウツ→トラコニティス(ガリラヤ湖東方)とダマスカス

フル→アルメニア

ゲテル→バクトリア

マシュ→スパシヌー・カラックス(メソポタミアの河口付近の地名)」次にアルパクシャドの息子たちの系譜は長くなるので一部中略(詳しくは「アルパクシャド」を参照)、アルパクシャドから8代目の子孫がアブラハムで、彼や甥のロトはカルデアで生まれたが、中東に移住してイスラエル・エドムとナバテア・ミデヤンなどのアラビア半島の民族(以上アブラハム系)・モアブ・アンモン(以上ロト系)といった民族の祖先となったとされ、その後『創世記』によればセムは600歳で死んだことになっている。

後の研究でヘブライ語、アラム語、アラビア語やエチオピアの諸言語は比較言語学的に親縁関係にあることが明らかになり、アウグスト・シュレーツァーによってこのセムの子孫たちの神話にちなみセム語と名づけられた。

イエメンの首都サナアを建設したと伝えられる。

ソドムとゴモラ

ソドム(ヘブライ語:סדום、英語:Sodom)とゴモラ(עמורה、Gomorrah)は、旧約聖書の『創世記』19章に登場する都市。天からの硫黄と火によって滅ぼされたとされ、後代の預言者たちが言及している部分では、例外なくヤハウェの裁きによる滅びの象徴として用いられている。また、悪徳や頽廃の代名詞としても知られる。

ダビデ

ダビデ(ヘブライ語: דוד‎ Dāwīḏ (ダーウィーズ), ギリシア語: Δαβίδ, ラテン語: David, アラビア語: داود‎ Dāʾūd)は、古代イスラエルの王(在位:前1000年 - 前961年頃)。ダヴィデ、ダヴィドとも。

羊飼いから身をおこして初代イスラエル王サウルに仕え、サウルがペリシテ人と戦って戦死したのちにユダで王位に就くと、ペリシテ人を撃破し要害の地エルサレムに都を置いて全イスラエルの王となり、40年間、王として君臨した。旧約聖書の『サムエル記』および『列王記』に登場し、伝統的に『詩篇』の作者の一人とされている。イスラム教においても預言者の一人に位置づけられている。英語の男性名デイヴィッド(David)などは彼の名に由来する。ダビデ王は自ら犯した姦淫の罪を生涯改めず、いずれの教派に於いても聖人とされることはあり得ない。カトリック教会・聖公会・正教会の聖人である聖デイヴィッドは六世紀ウェールズの守護聖人であり別人。

ベツェル

ベツェルは旧約聖書に登場する逃れの町に指定された町の一つである。

ルベン族の割り当て地の中にあって、メラリ氏族のレビ人の町とされた。ヨルダン川の東側でモーセが逃れの町として指定した3つの内の一つである。

モアブ領に残る、メシャ王が建てたメシャの碑石によると、モアブ王メシャはイスラエルの圧力で、アルノン川以北の地域からイスラエル人を追い出して、ベツェルを再建した。

マナセ

マナセ(ヘブライ語: מְנַשֶּׁה‎、古希: Μανασσής)は、ユダヤ人男性の名。ヘブライ語で「忘れさせる者」の意。旧約聖書の登場人物としてのマナセは、以下の通りとなっている。

ヨセフの長子で、ヤコブの孫。本項で詳述する。

マナセ (ユダ王) - 南王国ユダの第14代の王。

パハト・モアブの子と、ハシュムの子。ともに捕囚中に異邦人の女と結婚し、帰還後にはエズラの勧めによって離婚した(エズラ記 10:30、33、44)。

ユディトの夫。同族・同じ家系の裕福な男性で、麦の刈り入れの際、日射病に倒れて寝込んだ末に死亡した。(ユディト記)

マナセは、ヨセフの長子で、ヤコブの孫。弟はエフライム。母親はエジプトのオンの祭司ポティ・フェラの娘アセテナ(創世記 41:45、50)。

ミツパ

ミツパ (Mizpah) は旧約聖書に登場する地名であり、「見張る場所」「物見やぐら」という意味である。この名前からして多くの場所にあったと推定される。聖書では、主に以下の6つが登場する。

ミツパ (創世記)-ヤコブとラバンが契約を結んだ場所

ミツパ (ギルアデ)-士師のエフタの出身地

ミツパの谷-ヘルモン山のふもとでレビ人が住んでいた。

ミツパ (ユダ族)-ユダの低地にあった町

ミツパ (モアブ)-サウルに追われたダビデが言ったモアブの町

ミツパ (ベニヤミン族)-ヨシュアによってベニヤミン族に与えられた町

モアブ婦人会

モアブ婦人会(もあぶふじんかい)は、内村鑑三の娘内村ルツ子の死を記念して結成された会である。

ヨシャファト

ヨシャファト(新改訳聖書ではヨシャパテ、ヘブライ語:יְהוֹשָׁפָט, 英語:Yohshaphat, 紀元前908年 - 紀元前848年)は、ユダ王国の第4代国王である。名前の意味は「主はさばきたもうた」である。

『マタイの福音書』の系図ではヨサパテとされている。

ヨラム (イスラエル王)

ヨラムは、北イスラエル王国の第9代の王。アハブ王の第2子で、オムリ王朝最後の王である。同時期にユダの王であった同名のヨラムは義理の兄弟である(本項ヨラムの姉妹アタルヤがユダの王ヨラムと結婚)。

ルツ記

『ルツ記』(ルツき)はヘブライ聖書におさめられたモアブ人女性・ルツの物語。『十二小預言書』を一書と考えた場合、『ルツ記』は旧約聖書でもっとも短い書である。

『ルツ記』は、異邦人であるルツがダビデ王にいたる家系の中で重要な役割を果たすことを語ることで、救いの歴史において「自らの民」ユダヤ人にとらわれない神の意図の壮大さを語っている。ルツは日本正教会ではルフィと表記される。

内村静子

内村 静子(うちむら しずこ、1874年(明治7年)5月20日 - 1945年(昭和20年)2月8日)は、内村鑑三の最後の妻(4番目)であり、内村の活動が最も充実した時期(1892年 - 1930年)を内助の功で支えた人物である。娘ルツ子の死後に結成されたモアブ婦人会の会長を終生務めた。

鑑三は妻について「従順・謙遜・柔和を備えた守護天使である」と述べている。また、「しずは内村の家に福を持って来た。」とも常々述べていた。「しず」、「シズ」「静」とも表記される。

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.