ミーニョ川

ミーニョ川ガリシア語表記:Río Miño、スペイン語表記:Río Miño、ポルトガル語表記:Rio Minho)は、スペインガリシア州で最も長い全長350キロメートルのである[1][2]。ラテン語のMiniusを語源とする。流域にはブドウ畑や農地があり、それらの水源となっている。水力発電が行われる。下流ではスペインとポルトガル国境になっている。大西洋へ注ぐ。

流域にある主な自治体はルーゴオウレンセラバデポルトマリンリバダビア、メルガーソ、モンサオン、トゥイ、ヴァレンサ・ド・ミーニョなどである。

ミーニョ川
Tui Miño 060415 1
下流部のヴァレンサからトゥイを望む
延長 310 km
平均の流量 12,486 m³/s
流域面積 710 km²
水源 ガリシア州メイラ
水源の標高 695 m
河口・合流先 大西洋
流域
スペインの旗 スペイン
ポルトガルの旗 ポルトガル
Minho River map

ミーニョ川流域図

流路

Roman bridge, Ourense (Spain)
オウレンセを流れるミーニョ川

ガリシア州ルーゴ県北東部、メイラ山地にある標高約695mのペドレガル・デ・イリミアに端を発する。この場所は自治体としてはメイラに属し、ルーゴの約50km北にある。スペイン北岸のビスケー湾から約20kmしか離れておらず、近隣を流れるマスマ川やオウロ川などは北に向かって流れてビスケー湾に注いでいる。ア・パストリーサにあるフォンミーニャ池は歴史的にミーニョ川の発祥地であるとされており、水流が池の地下を流れる。ガリシア山塊とカンタブリア山脈最西部という、イベリア半島でもっとも降水量の多いに地域南西に向かって流れる。その上流部は全域が生物保護区に指定されている。最初の40kmは標高約450mの準平原であるルーゴ平原を流れる。

ローマ都市ルーゴでは城壁のすぐ南側を流れ、ルーゴ県西部からオウレンセ県北部の谷までは峡谷を形成している。ポルトマリン以南は約20kmにわたって貯水量654km3のベレサール貯水池が長く伸び、チャンターダの東方にダムと水力発電所が設置されている。その後すぐに貯水量182km3のペアレス貯水池、貯水量17km3のベリェ貯水池と続き、ベリェ貯水池のダムはオウレンセ市街地のすぐ東側にある。

オウレンセの北東約20kmにあるオス・ペアレスで、ミーニョ川水系最大の支流であるシル川を集める。シル川はカスティーリャ・イ・レオン州レオン県ポンフェラーダなどを通る河川であり、流域には風光明媚な景観やワイン生産で知られるリベイラ・サクラなどがある。

Guarda desembocadura Miño 01-04b
ミーニョ川河口(ア・グアルダ

オウレンセより下流には貯水量60km3のカストレーロ貯水池、貯水量44km3のフリエイラ貯水池と続いている。流域の主要なダムのひとつであるフリエイラ・ダムはリバダビアの町の近くにあり、この付近では白ワインの生産が盛んである。リバダビアの南方ではアルノイア川を集める。

ガリシア州を260km流れた後、ミーニョ川は約80kmにわたって、主に西に向かってスペイン=ポルトガルに沿って流れる。この地域の谷は潤った緑の農業地帯で、トウモロコシ、ジャガイモ、キャベツ、キウイフルーツ、牧草などが栽培されている。ポルトガル領では微発泡性のワインであるヴィーニョ・ベルデが、スペイン領では白ワインであるリベイロ (DO)が生産され、それぞれ原産地呼称に指定されている。この地域で主に用いられる品種はアルバリーニョ種である。

中世からあるメルガソ(ポルトガル)やサルバテーラ・デ・ミーニョ(スペイン)を通る。ビーゴの南約20kmには右岸(スペイン領)にトゥイが、左岸(ポルトガル領)にヴァレンサがあり、両都市は欧州自動車道路E01号線や鉄道橋で結ばれている。それぞれの都市に要塞があり、それぞれの国の国定史跡に指定されている。その後約20km流れ、スペイン領のア・グアルダとポルトガル領のカミーニャで大西洋に注いでいる。

ミーニョ川の河口

ミーニョ川の河口

ガリシア神話

ミーニョ川に住んでいた魔女、流域中にある井戸を住処としていたシャルコス、水陸の両方で生きることができる両生の魚人など、ガリシア神話にはミーニョ川流域に住んでいた何人かの物語が言い伝えられている[3]

支流

Minho
河口部にあるトゥイから見たミーニョ川と対岸のノルテ地方ヴァレンサ

主要な支流にはシル川ネイラ川アビア川バルバンティーニョ川ブバル川アルノイア川などがある。シル川の全長はミーニョ川本流よりも長く、水流の勢いはミーニョ川本流よりも大きい。このため、「ミーニョ川は名声を与え、シル川は水量を与える」という格言がある。

右岸(北岸)

  • ポンテベドラ県
    • タムシェ川
    • ペゴ川
    • セレイショ・ダ・ブリーニャ川
    • フルニア川
    • ロウロ川
    • カセラス川
    • テア川
    • ウマ川
    • デバ川
    • リバディル川
    • セア川
  • オウレンセ県
    • アビア川
    • バルバンティーニョ川
    • ブバル川
  • ルーゴ県
    • アスマ川
    • ナロン川
    • フェレイラ川
    • メラ川
    • ナルラ川
    • ラドラ川
    • タモガ川
    • アンリョ川

左岸(南岸)

  • ポルトガル
    • モウロ川
    • ガダーニャ川
    • コウラ川
  • オウレンセ県
    • デバ川
    • アルノイア川
    • バルバーニャ川
    • ロニア川
    • シル川
    • サルディニェイラ川
    • ロイオ川
    • ネイラ川
    • チャモーソ川
    • ロブラ川
    • レア川 (ルーゴ県)
    • アスマル川

主要な沿岸都市

ギャラリー

Río Miño en Fonmiñá, A Pastoriza

ア・パストリーサを流れるミーニョ川

Rio Miño.Quinte.O Corgo

オ・コルゴ(ルーゴ県)のミーニョ川

O Cabo do Mundo visto desde Fión, O Saviñao

オ・サビニャーオの渓谷地帯

Puente romano

ミーニョ川にかかるローマ橋(オウレンセ

Amanecer desde Valdepereira

リバダビアを流れるミーニョ川

脚注

  1. ^ Gran Enciclopedia Gallega, tomo 21, páxina 78, Edición de 1974.
  2. ^ Enciclopedia Galega Universal
  3. ^ Revista Natura 25. (April 1985).
アモエイロ

アモエイロ(Amoeiro)はスペイン、ガリシア州、オウレンセ県の自治体、コマルカ・デ・オウレンセに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は2,327人で、2008年より9人増加している(2006年:2,371人、2005年:2,356人、2004年:2,322人、2003年:2,276人)。

ガリシア語話者に自治体人口に占める割合は98.47%(2001年)。

アルバリーニョ

アルバリーニョ(ガリシア語: Albariño: ガリシア語発音: [alβaˈɾiːɲo], ポルトガル語: Alvarinho: ポルトガル語: [aɫvaˈɾiɲu])は、主にイベリア半島で栽培されている白ブドウ品種。原産地はスペイン・ガリシア地方。

ガリシア語ではAlbariño、ポルトガル語ではAlvarinhoと表記し、いずれも日本語では「アルバリーニョ」と読む。ポルトガルではカイーニョ・ブランコと呼ばれることもある。

アルボ

アルボ(Arbo)は、スペイン、ガリシア州ポンテベドラ県の自治体。コマルカ・ダ・パラダンタに属する。ガリシア統計局によると、2010年の人口は3,801人(2009年:3,833人、2004年:4,018人、2003年:4,121人)。住民呼称は男女同形のarbense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は51.45%(2011年)。

ア・グアルダ

ア・グアルダ(A Guarda)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ド・バイショ・ミーニョに属する。ガリシア州の最西南端、ミーニョ川の河口に位置する。ガリシア統計局によると、2012年の人口は10,453人(2010年:10,472人、2009年:10,425人、2004年:10,162人)である。カスティーリャ語による表記はLa Guardia(ラ・グアルディア)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は97.23%(2001年)。

イベリア半島

イベリア半島(スペイン語・ポルトガル語・ガリシア語:Península Ibérica、カタルーニャ語:Península Ibèrica、バスク語:Iberiar penintsula)は、ヨーロッパの南西に位置する半島である。

オウレンセ

オウレンセ(ガリシア語: Ourense)は、スペイン・ガリシア州オウレンセ県のムニシピオ(基礎自治体)。オウレンセ県の県都である。ビーゴ、ア・コルーニャに次いで、ガリシア州3番目の人口規模を有する。ガリシア統計局によれば、2012年の人口は107,597人(2011年:108,002人、2010年:108,673人、2009年:107,742人、2007年:113,186人、2004年:108,600人)でコマルカ・デ・オウレンセの中心自治体。カスティーリャ語表記はOrense(オレンセ)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は34.03%(2011年)。

市内をミーニョ川、バルバーニャ川、ローニャ川が流れている。また、温泉(60-68 ℃)が湧き出していることでも有名で、A cidade das Burgas(ブルガスの街)として知られている。市中心部には修復中の旧市街があり、オウレンセ大聖堂(12世紀、天国の門と呼ばれる入口がある)、ローマ橋、サン・フランシスコ修道院、三位一体教会、サント・ドミンゴ教会などの歴史的建造物がある。

ブルガスの温泉はチャバスケイラ、オ・ティンテイロ、ムイーニョ・ダ・ベイガ、オウタリスなどで、温泉を楽しむことができる。オウレンセ近郊ではアルノイア、ムイーニョ・ダ・ベイガ、ライアス(センジェの教区)、オ・カルバジーニョなどに、温泉施設がある。

オ・ロサル

オ・ロサル(O Rosal)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ド・バイショ・ミーニョに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は6,595人(2009年:6,570人)である。カスティーリャ語による表記はEl Rosal。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は96.21%(2001年)。

クラレンドン教区

クラレンドン教区(Clarendon)は、ミドルセックス郡にあり、ジャマイカの南に位置する教区。州都はメイ・ペン。島の東端と西端のちょうど真ん中に位置する。西にはマンチェスター教区、東にセント・キャサリン教区、北にはセント・アン教区が接している。

コマルカ・ド・バイショ・ミーニョ

コマルカ・ド・バイショ・ミーニョ(Comarca do Baixo Miño)は、スペインのガリシア州ポンテベドラ県のコマルカで、同県の最南西部に位置する。

ア・グアルダ、オイア、オ・ロサル、トミーニョ、トゥイの5自治体によって構成される。

隣接するコマルカは、北がコマルカ・デ・ビーゴ、東がコマルカ・ド・コンダードで、南はミーニョ川をはさんでポルトガルと隣接、西は大西洋に面している。

面積は322.8km²で、2010年の人口は51,062人。コマルカの中心地区は自治体トゥイのトゥイ教区のトゥイ地区。カスティーリャ語による表記はComarca del Bajo Miño(コマルカ・デル・バッホ・ミーニョ)。

サルバテーラ・デ・ミーニョ

サルバテーラ・デ・ミーニョ(Salvaterra de Miño)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ド・コンダードに属する。ガリシア統計局によると、2013年の人口は9,677人(2011年:9,546人、2010年:9,456人、2009年:9,293人)である。住民呼称は男女同形のsalvaterrense。自治体内は17の教区に分けられる。カスティーリャ語表記はSalvatierra de Miño(サルバティエラ・デ・ミーニョ)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は97.98%(2001年)。

シル川 (スペイン)

シル川(Sil)は、スペイン北西部を流れる河川。カンタブリア山脈のビジャブリーノに端を発し、カスティーリャ・イ・レオン州レオン県とガリシア州オウレンセ県を流れてから、本流のミーニョ川に合流する。全長225km。流域最大の町はポンフェラーダである。

スペインの河川の一覧

スペインの河川の一覧である。

チャンターダ

チャンターダ(Chantada)は、スペイン・ガリシア州ルーゴ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・チャンターダに属する。またリベイラ・サクラ地域にも属する。ガリシア統計局によれば、2009年の人口は9,014人(2007年の人口は9,150人、2006年:9,249人、2005年:9,366人、2004年:9,463人、2003年:9,650人)。住民呼称は、chantadino/-na。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は97.21%(2001年)。

トゥイ (スペイン)

トゥイ(Tui)は、スペイン北西部ガリシア州ポンテベドラ県の都市で、コマルカ・ド・バイショ・ミーニョの中心自治体。1833年まで、ガリシア地方にあった7県のうちのひとつ、トゥイ県の県都でもあった。ガリシア統計局によると、2013年の人口は16,827人(2011年:17,236人、2010年:17,306人、2009年:17,262人、2007年:16,948人)。住民呼称は男女同形で、tudense。カスティーリャ語表記はTuy。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は86.36%(2001年)。

トミーニョ

トミーニョ(Tomiño)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ド・バイショ・ミーニョに属する。ガリシア統計局によると、2012年の人口は13,738人(2010年:13,492人、2009年:13,315人)である。住民呼称はtomiñés/-esa。面積は106.6km²。ミーニョ川とリア・デ・ビーゴに挟まれた、伝統的にトゥロニオ(Turonio)と呼ばれた地域に位置している。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は97.02%(2001年)。

リバダビア (スペイン)

リバダビア(Ribadavia)は、スペイン・ガリシア州オウレンセ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・ド・リベイロに属する。ガリシア統計局によれば、2012年の人口は5,319人(2011年:5,459人、2010年:5,490人、2009年:5,519人、2008年:5,491人、2003年:5,540人)。住民呼称は、男女同形でribadaviense。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は96.46%(2001年)。

ルーゴ (スペイン)

ルーゴ(ガリシア語: Lugo)は、スペイン・ガリシア州ルーゴ県のムニシピオ(基礎自治体)。ルーゴ県の県都である。山に囲まれた盆地に位置しており、近くをミーニョ川が流れる。ガリシア統計局によると、2013年の人口は98,761人(2012年:98,457人、2010年:97,635人、2008年:95,416人)で、ガリシア州では第4位の人口を持つ。旧市街を取り囲むローマ時代の市壁が世界遺産に登録されている。住民の呼称はlugués/-sa、男女同形のlucenseも使われる。ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は、2001年時点において90.02%だった。

ルーゴ県

ルーゴ県(Provincia de Lugo)は、スペイン北西部の自治州ガリシア州に属する県の1つである。1833年ハビエル・デ・ブルゴスによって創設された。西と南は同州のア・コルーニャ県、ポンテベドラ県、オウレンセ県、東はアストゥリアス州とカスティーリャ・イ・レオン州のレオン県に接する。北は大西洋(カンタブリア海)に面している。ガリシア州を構成する4県のうち、面積は最も広いものの、県人口は353,504人(2010年)で、人口規模ではア・コルーニャ県、ポンテベドラ県に次いで3番目である。県都はルーゴで、県内で最も人口が多く、次いでモンフォルテ・デ・レモス、ビベイロ、ビラルバ、サリア、フォス、リバデオ、ブレーラ、チャンターダと続く。

ヴィアナ・ド・カステロ県

ヴィアナ・ド・カステロ県(Distrito de Viana do Castelo)は、ポルトガルの県の一つ。県都は、ヴィアナ・ド・カステロ。ドウロ川流域と北のスペイン国境を流れるミーニョ川にはさまれたミーニョ地方の県である。北は、スペインのガリシア州、南はポルト県と接し、西は大西洋に面している。

ヴィアナ・ド・カステロ県は、以下の10の地方自治体が所属する(アルファベット順)。

アルコス・デ・ヴァルデヴェス(pt:Arcos de Valdevez)

カミーニャ(pt:Caminha)

メルガソ(pt:Melgaço)

モンサオン(pt:Monção)

パレーデス・デ・コウラ(pt:Paredes de Coura)

ポンテ・ダ・バルカ(pt:Ponte da Barca)

ポンテ・デ・リマ(pt:Ponte de Lima)

ヴァレンサ(pt:Valença)

ヴィアナ・ド・カステロ(pt:Viana do Castelo)

ヴィラ・ノヴァ・デ・セルヴェイラ(pt:Vila Nova de Cerveira)

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.