ミサイル駆逐艦

ミサイル駆逐艦(ミサイルくちくかん、Guided Missile Destroyer)は、軍艦の艦種の一つであり、広義にはミサイルを搭載している駆逐艦の事である。ミサイル艦の一種。日本海上自衛隊においてはミサイル護衛艦(DDG)という名称が用いられている。

狭義においては、アメリカ海軍における艦種記号でDDG[1]の艦の事であり、テリアタータースタンダードのような艦隊防空用の艦対空ミサイルを搭載した駆逐艦の事である。アーレイ・バーク級キッド級などがある。スプルーアンス級駆逐艦(艦種記号DD)の様に艦隊防空用のミサイルを搭載していない駆逐艦はミサイルを搭載していてもミサイル駆逐艦とは類別されないが、何故か艦隊防空用のミサイルを搭載していないズムウォルト級(DDG-1000)はミサイル駆逐艦扱いである。

アメリカ海軍以外には冷戦時代にスペイン海軍及びイギリス海軍、海上自衛隊や韓国海軍なども防空ミサイル駆逐艦を導入した他、1980年代までには世界各国海軍で必須の装備(水上戦闘艦)として開発が進んだ艦種である。

ソ連ロシアにおいてはミサイル艦とは艦対艦ミサイルを搭載した艦のことであり、アメリカ海軍でいうような艦隊防空用のミサイルを搭載した駆逐艦をミサイル艦とは呼ばない。むしろ、1950年代後半ないし1960年代以降においてたんに「駆逐艦」といえばアメリカ海軍で言うようなミサイル駆逐艦に相当すると考えた方が適切である。ソビエト連邦海軍ロシア海軍においても「ミサイル駆逐艦」という艦種名称は存在せず、単に「駆逐艦」と呼ばれる艦種や「大型対潜艦」と呼ばれる艦種がアメリカ海軍でいうところのミサイル駆逐艦と同様の任務を負う同規模の艦となっている。

ミサイル駆逐艦一覧

艦隊防空用ミサイルを搭載した狭義のミサイル駆逐艦に相当する各国の艦艇。

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

イギリスの旗 イギリス

イタリアの旗 イタリア

インドの旗 インド

オーストラリアの旗 オーストラリア

カナダの旗 カナダ

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ロシアの旗 ロシア

大韓民国の旗 韓国

中華人民共和国の旗 中国

中華民国の旗 中華民国台湾

ドイツの旗 ドイツ

日本の旗 日本

フランスの旗 フランス

US Navy 100624-N-6854D-908 USS Sampson (DDG 102) pulls into Joint Base Pearl Harbor-Hickam, Hawaii, to support RIMPAC 2010
アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦
HMS Diamond with Sea King Helicopter MOD 45154621
45型駆逐艦
Luyang II (Type 052C) Class Destroyer
蘭州級駆逐艦
HMS Diamond with Sea King Helicopter MOD 45154621
Luyang II (Type 052C) Class Destroyer

脚注

  1. ^ Guided missile destroyer

関連項目

42型駆逐艦

42型駆逐艦(42がたくちくかん、英語: Type 42 destroyer)は、イギリス海軍のミサイル駆逐艦の艦級。1番艦の艦名からシェフィールド級(英: Sheffield-class)とも称され、また大きく設計が変更されたバッチ3はマンチェスター級(英: Manchester-class)として区別されることもある。

Mk 32 短魚雷発射管

Mk.32 魚雷発射管(英語: Mark 32 Surface Vessel Torpedo Tubes, SVTT)は、アメリカ海軍が開発した水上艦装備の魚雷発射管。324mm口径であり、Mk.46やMk.50などの短魚雷を使用する。アメリカ海軍のほか、日本の海上自衛隊をはじめとして、西側諸国の海軍で広く使用されており、近距離用対潜兵器のデファクトスタンダードのひとつである。

アーレイ・バーク (ミサイル駆逐艦)

アーレイ・バーク (英語: USS Arleigh Burke, DDG-51)は、アメリカ海軍のミサイル駆逐艦。アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦のネームシップ。元アメリカ海軍作戦部長アーレイ・バーク大将に因んで命名された、命名時に生存中の人名が命名された数少ない米海軍艦艇の一隻。バーク大将はアメリカ海軍で最も有名な提督の一人であり、就役式典に出席している。

アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦

アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦(アーレイ・バークきゅうミサイルくちくかん、英語: Arleigh Burke-class destroyer)は、アメリカ海軍のミサイル駆逐艦の艦級。

元来は防空艦の任務を想定していたが、戦略環境の変化に伴い、現在では、海賊の取り締まりやトマホークによる対地攻撃など、様々な任務を遂行している。高価なイージス艦ではあるが、効率的な設計により、実に70隻以上にもおよぶ大量建造を実現した。これは、第二次世界大戦後にアメリカ海軍が建造した水上戦闘艦としては最多である。

2005年にスプルーアンス級が全艦退役したため、アメリカ海軍が保有する駆逐艦は本級とズムウォルト級のみである。

イージス艦

イージス艦(イージスかん、英:Aegis warship)とは、イージスシステムを搭載した艦艇の総称。通常、高度なシステム艦として構築されている。

フェーズドアレイレーダーと高度な情報処理・射撃指揮システムにより、200を超える目標を追尾し、その中の10個以上の目標(従来のターター・システム搭載艦は2~3目標)を同時攻撃する能力を持つ。開発当初の目的である艦隊防空だけではなく様々な任務に対応可能な汎用性を持つため、アメリカ海軍ではイージス艦のみで水上戦闘群を編成している。但しズムウォルト級ミサイル駆逐艦をイージス艦に含めるか否かは議論の余地がある。

イージス(Aegis)とは、ギリシャ神話の中で最高神ゼウスが娘アテナに与えたという、あらゆる邪悪を払う盾(胸当)アイギス(Aigis)のこと。

キッド級ミサイル駆逐艦

キッド級ミサイル駆逐艦(キッドきゅうミサイルくちくかん、英語: Kidd-class guided missile destroyers)は、アメリカ海軍のミサイル駆逐艦の艦級。

アメリカ合衆国で開発されていたスプルーアンス級駆逐艦の防空艦派生型の設計に基づいて帝政イラン海軍が発注したものの、イラン革命によってキャンセルされた艦をアメリカ海軍が買い取って建造を継続、就役させたものである。イージス艦実用化前夜、有力な防空艦として活躍したものの、イージス艦の増勢に伴って相対的な陳腐化が指摘され、1999年までに運用を終了した。その後、2006年までに全艦が中華民国(台湾)に売却されて、基隆級駆逐艦(Kee Lung-class destroyers)として運用されている。

コール (ミサイル駆逐艦)

コール (英語: USS Cole, DDG-67) は、アメリカ海軍のミサイル駆逐艦。アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の17番艦。艦名は太平洋戦争中、硫黄島の戦いで1945年2月19日に戦死したアメリカ海兵隊軍曹ダレル・S・コールにちなむ。その名を持つ艦としてはウィックス級駆逐艦の一隻であるコール(DD-155)から数えて2隻目である(ただし、こちらの艦名は第一次世界大戦で戦死したエドワード・B・コールの名にちなむ)。

サンプソン (ミサイル駆逐艦・2代)

サンプソン(英語: USS Sampson, DDG-102)は、アメリカ海軍のミサイル駆逐艦。アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の52番艦。艦名はウィリアム・T・サンプソン海軍少将にちなむ。その名を持つ艦としては4隻目である。

ステザム (ミサイル駆逐艦)

ステザム (英語: USS Stethem, DDG-63) は、アメリカ海軍のミサイル駆逐艦。アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の13番艦。

ズムウォルト級ミサイル駆逐艦

ズムウォルト級ミサイル駆逐艦(英語: Zumwalt-class destroyer)は、アメリカ海軍が取得を進めている新型ミサイル駆逐艦の艦級。

高度なステルス性などの先進的な設計と強力な対地射撃能力を備えており、当初は30隻以上の大量建造が計画されていたが、のちにコスト増などのためにナン・マッカーディー制度によってアメリカ合衆国議会にその旨を報告され24隻に、次いで7隻に、最終的には3隻にまで削減された。

ゼネラル・エレクトリック LM2500

ゼネラル・エレクトリック LM2500(General Electric LM2500)は、主に船舶の推進エンジンや発電等の多様な産業用として使用されるゼネラル・エレクトリック社のターボシャフト・ガスタービンエンジンである。

船舶用ガスタービンエンジンの中でも最も販売数の多いものであり、元々は航空機用のゼネラル・エレクトリック CF6-6 ガスタービンエンジンから船舶用へ再設計された派生品である。

最新版のLM2500では33,600軸馬力(25.1MW)が取り出せ、ISO条件下(ISO 3977)では37%の熱効率が得られる。本機はアメリカ海軍の軍艦や、水中翼船、ホバークラフト、高速フェリーやその他の国の軍艦などのさまざまな用途・国籍において使用されている。

チャールズ・F・アダムズ級ミサイル駆逐艦

チャールズ・F・アダムズ級ミサイル駆逐艦(英語: Charles F. Adams-class guided missile destroyers) は、アメリカ海軍のミサイル駆逐艦の艦級。アメリカ海軍がミサイル駆逐艦として建造した初の艦級であるとともに、大戦型艦隊駆逐艦の掉尾を飾る艦級でもあった。基本計画番号はSCB-155。

先行する艦隊駆逐艦であるフォレスト・シャーマン級をもとに、新開発の艦隊防空ミサイル・システムであるターター・システムの搭載など、大幅に拡大発展して設計された。1957年度計画から1961年度計画で23隻、またオーストラリア海軍とドイツ連邦海軍向けにさらに3隻ずつの計29隻が建造された。性能の陳腐化に伴い、アメリカ海軍では1993年までに、またその退役艦の貸与を受けたギリシャ海軍など国外においても、2004年までに運用を終了した。

ノーフォーク海軍基地

ノーフォーク海軍基地(ノーフォークかいぐんきち、Naval Station Norfolk)は、アメリカ合衆国バージニア州ノーフォークにあるアメリカ海軍の基地。世界最大の海軍基地であり、アメリカ艦隊総軍、アメリカ海兵隊総軍および北大西洋条約機構の変革連合軍が司令部を置いている。基地には14の桟橋、11の格納庫がある。

バス鉄工所

バス鉄工所(バスてっこうじょ、Bath Iron Works)はアメリカ合衆国メイン州を流れるケネベック川に位置する造船所。1995年にジェネラル・ダイナミクス社により買収された。少なくとも1970年代よりメイン州最大の雇用主であり続けてきたが、現在はスーパーマーケットチェーンのハナフォード・ブラザーズにその座を譲り渡した可能性がある。

1884年の創業以来、個人用・商用・軍用を問わず多くの艦船の建造・設計を行ってきたバス鉄工所であるが、その最大顧客はアメリカ海軍であり、受注した艦艇としてはフレッチャー級駆逐艦、タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦、アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦、オリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲート、ズムウォルト級ミサイル駆逐艦などが代表的である。

第二次世界大戦期、バス鉄工所が建造した艦艇はその優秀な性能から、"Bath-built is best-built !"と人々に言わしめた。

フィッツジェラルド (ミサイル駆逐艦)

フィッツジェラルド (英語: USS Fitzgerald, DDG-62) は、アメリカ海軍のミサイル駆逐艦。アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の12番艦。艦名はウィリアム・チャールズ・フィッツジェラルド海軍中尉(William Charles Fitzgerald、1938- 1967)に因む。スタンダードミサイルSM-3を搭載するミサイル防衛対応艦船である。

ラージプート級駆逐艦

ラージプート級駆逐艦(英語: Rajput class destroyer)は、インド海軍の駆逐艦(ミサイル駆逐艦)の艦級。ラージプートの名称は、サンスクリット語の「王子」を意味する"rajaputra"に由来する。ソビエト連邦海軍が運用していた61型大型対潜艦(カシン型)をもとに、インド海軍の要請に応じた改正を加えた派生型であり、ソビエト連邦の設計番号としては61ME型、またNATOコードネームではカシンII級(Kashin-II class)と呼ばれた。

横須賀海軍施設

横須賀海軍施設(よこすかかいぐんしせつ、U.S. Fleet Activities Yokosuka FAC3099)は、日本の神奈川県横須賀市にある在日アメリカ海軍の基地。

日本では米軍横須賀基地(べいぐんよこすかきち)や横須賀基地と呼ばれることが多く、地元では「ベース」、アメリカ軍関係者などからは「横須賀ベース」と呼ばれている。日本政府の公的資料では「横須賀海軍施設」と呼称される。

第7艦隊 (アメリカ軍)

第7艦隊(だいななかんたい、U.S. Seventh Fleet)は、アメリカ海軍の艦隊の1つである。ハワイのホノルルに司令部を置く太平洋艦隊の指揮下にあり、国際日付変更線以西の西太平洋・インド洋(中東地域を除く)を担当海域とする。旗艦/司令部は、揚陸指揮艦「ブルー・リッジ」 (USS Blue Ridge, LCC-19)。

第7艦隊は、任務に応じて編成された複数の「任務部隊」(「タスクフォース」)(Task Force, TF)で構成される。

駆逐艦

駆逐艦(くちくかん、英: destroyer)は、19世紀末に出現した艦種である。

艦艇

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.