ペルシア帝国

ペルシア帝国(ペルシアていこく)とは、現在のイランを中心に成立していた歴史上の国家を指し、一般的にはアケメネス朝アルサケス朝サーサーン朝に対する総称である。

イランの歴史
イランの歴史
イランの先史時代
原エラム
エラム
ジーロフト文化
マンナエ
メディア王国
ペルシア帝国
アケメネス朝
セレウコス朝
アルサケス朝
サーサーン朝
イスラームの征服
ウマイヤ朝
アッバース朝
ターヒル朝
サッファール朝
サーマーン朝
ズィヤール朝
ブワイフ朝 ガズナ朝
セルジューク朝 ゴール朝
ホラズム・シャー朝
イルハン朝
ムザッファル朝 ティムール朝
黒羊朝 白羊朝
サファヴィー朝
アフシャール朝
ザンド朝
ガージャール朝
パフラヴィー朝
イスラーム共和国

名称の由来

アケメネス朝(ハカーマニシュ朝)がザーグロス山脈南部のパールサ地方(現在のファールス州一帯)から勃興して以来、イラン高原周辺を古典ギリシア語でペルシス ἡ Περσίς / hê Persís、ラテン語ペルシア Persia と呼ばれてきたことに由来するが、パフラヴィー朝時代の1935年イラン帝国と改称を諸外国に要請したが混乱が見られ、1959年にイランとペルシアは代替可能な名称と定めた。

歴史

アケメネス朝

アケメネス朝は、キュロス2世により、メディア王国リディア王国新バビロニア王国を滅ぼし、新バビロニア王国により移住させられたユダヤ人を解放し、バビロン捕囚を終焉させた。キュロス2世の息子カンビュセス2世(カンブジャ)により、エジプトを併合して、古代オリエント世界を統一した。ダレイオス1世ペルシア戦争を起こしたが敗北した。ダレイオス3世のときマケドニアのアレクサンドロスにより征服され滅亡した。

アルサケス朝

アルサケス朝は、アルシャク朝、パルティアとも呼び、古代中国では安息国と呼ぶ。セレウコス朝シリアから独立し、アルサケス(アルシャク)により建国された。共和政ローマとの抗争で、ローマ将軍のクラッススを戦死させるなど、隣国のローマとは争いが続き、帝政化した後のローマとの争いも含めて第八次までパルティア戦争は続いた。 末期には反乱が多発し、それに乗じたサーサーン朝に攻め滅ぼされた。

サーサーン朝

サーサーン朝は、アケメネス朝の正統な後継者を称し、アルサケス朝と戦いに勝利し、アケメネス朝ペルシアの称号を引き継いだ。ローマ帝国との抗争ではシャープール1世ヴァレリアヌスを捕虜にした。東ローマ帝国との抗争ではホスロー1世ユスティニアヌス1世から賠償金を得た。 ホスロー1世突厥室点蜜と同盟を結び、サーサーン朝を圧迫していたエフタルを滅ぼした。ヤズデギルド3世の時代にニハーヴァンドの戦い正統カリフ時代のイスラム帝国に敗北して崩壊し、再起を目指したが滅亡した。

君主の称号

イラン高原周辺の君主称号君主号)は、古代にあっては古代ペルシア語で「王」を意味するフシャーヤティヤー χšāyaθiya- 、あるいはその上位称号で「諸王の王」を意味する χšāyaθiya χšāyaθiyānām などが用いられた。サーサーン朝や7世紀以降のイスラーム時代からは、前者はその中期ペルシア語、近世ペルシア語形であるシャー Mlk/šāh, شاه shāh、後者はシャーハーン・シャー(シャーハンシャー;「シャーたちのシャー」の意味) Mlk'n Mlk/šāhān šāh, شاهنشاه shāhan-shāh という形で用いられて来た。

宗教

アケメネス朝アルサケス朝サーサーン朝では、ゾロアスター教が信奉されていた。

関連項目

アケメネス朝

アケメネス朝

haxāmanišiya

アケメネス朝の最大版図

アケメネス朝(古代ペルシア語: 𐏃𐎧𐎠𐎶𐎴𐎡𐏁 Haxāmaniš ハカーマニシュ、古代ギリシア語: Ἀχαιμένης アカイメネース)は、古代オリエントに存在した王朝・帝国・遊牧国家。アケメネス朝ペルシアまたは単にペルシア帝国とも呼ばれる。インド・ヨーロッパ語系の民族であるペルシア人が建設し、4王国(メディア、リュディア、新バビロニア、エジプト)に分立していたオリエント世界を統一した。ダレイオス1世の時代には、エーゲ海沿岸からインダス川流域に及ぶ広大な世界帝国となったものの、紀元前330年にアレクサンドロス大王の遠征軍によって滅ぼされた。

アッカド

アッカド(𒆳𒌵𒆠 - KUR.URIKI - AGA.DĒKI、英語:Akkad)は、メソポタミア(現在のイラク)南部を占めるバビロニアの北半分の地域、またはそこに興ったアッカド帝国の都。アガデとも。南側にシュメール、北西側にアッシリアが隣接していた。

バビロン

バビロン(Babylon)はメソポタミア地方の古代都市。市域はバグダードの南方約90kmの地点にユーフラテス川をまたいで広がる。その遺跡は、2019年にUNESCOの世界遺産リストに登録された。

パフラヴィー朝

ペルシア帝国(1935年まで)イラン帝国(1935年から)

دولت شاهنشاهی ایران‎Dowlat-e Shâhanshâhi-ye Irân

国の標語: مرا داد فرمود و خود داور است国歌: سرود شاهنشاهی ایران‎

パフラヴィー朝(パフラヴィーちょう、ペルシア語: دودمان پهلوی‎, ラテン文字転写: dudmân Pahlavi)は1925年から1979年までイランを統治した、イラン最後の王朝である。パフレヴィー朝、パーレビ朝、パーラヴィ朝とも呼ばれる。

ペルシア

ペルシア、ペルシャ(ギリシャ語 Περσία)は、現在のイランを表すヨーロッパ側の古名である。漢名は波斯(はし)・波斯国(はしこく)。波斯と書いてペルシャ、ペルシヤと読ませることもある。イランの主要民族・主要言語の名称でもある。

古代ペルシア語

古代ペルシア語(こだいペルシアご)はイラン語派に属する言語のひとつである。古代ペルシア帝国(アケメネス朝)の公用語の一つで、古代ペルシア楔形文字を用いて書かれた紀元前6世紀から紀元前4世紀までの碑文が残る。

アヴェスター語とともに古代イラン語に含まれる。中世ペルシア語(パフラヴィー語)や現代ペルシア語の祖先にあたる。

紀元前361年

紀元前361年は、ローマ暦の年である。

当時は、「ストロとペティクスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元393年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前361年と表記されるのが一般的となった。

紀元前362年

紀元前362年は、ローマ暦の年である。

当時は、「アハラとアヴェンティネンシスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元392年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前362年と表記されるのが一般的となった。

紀元前386年

紀元前386年は、ローマ暦の年である。

当時は、「カミルス、コルネリウス、フィデナス、キンキナトゥス、プルウイルス、ポプリコラが護民官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元368年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前386年と表記されるのが一般的となった。

紀元前395年

紀元前395年は、ローマ暦の年である。

当時は、「コッスス、メドゥリヌス、スキピオ、フィデナス、アンブストゥス、ラクトゥキヌスが護民官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元359年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前395年と表記されるのが一般的となった。

紀元前396年

紀元前396年は、ローマ暦の年である。

当時は、「サックス、カピトリヌス、エスキリヌス、アウグリヌス、カピトリヌス、プリスクスが護民官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元358年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前396年と表記されるのが一般的となった。

紀元前400年

紀元前400年(きげんぜんよんひゃくねん)は、ローマ暦の年である。

当時は、「Esquilinus、Capitolinus、Vulso、Medullinus、Saccus、Vulscusが護民官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元354年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前400年と表記されるのが一般的となった。

紀元前401年

紀元前401年は、ローマ暦の年である。

当時は、「ポティトゥス、コッスス、カミルス、アンブストゥス、マメルキヌス、ルルスが護民官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元353年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前401年と表記されるのが一般的となった。

紀元前404年

紀元前404年は、ローマ暦の年である。

当時は、「ウォルスス、コッスス、フィデナス、アムブストゥス、マルギネンシス、ルティルスが護民官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元350年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前404年と表記されるのが一般的となった。

紀元前408年

紀元前408年は、ローマ暦の年である。

当時は、「イウルス、アハラ、コッススが護民官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元346年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前408年と表記されるのが一般的となった。

紀元前424年

紀元前424年は、ローマ暦の年である。

当時は、「クラッスス、フィデナス、ルティルス、イウルスが護民官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元330年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前424年と表記されるのが一般的となった。

紀元前425年

紀元前425年は、ローマ暦の年である。

当時は、「アトラティヌス、メドゥリヌス、キンキナトゥス、バルバトゥスが護民官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元329年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前425年と表記されるのが一般的となった。

紀元前485年

紀元前485年は、ローマ暦の年である。

当時は、「コルネリウスとウィブラヌスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元269年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前485年と表記されるのが一般的となった。

聖書に登場する地名一覧

聖書に登場する地名一覧(せいしょにとうじょうするちめいいちらん)では、聖書に登場する地名を五十音順に挙げる。

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.