ベドラ

ベドラVedra)はスペインガリシア州ア・コルーニャ県の自治体で、コマルカ・デ・サンティアーゴに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は5,059人(2007年:5,088人、2006年:5,052人、2005年:5,054人、2004人:5,057人、2003年:5,037人)。住民呼称は、vedrés/-esa、または男女同形のvedrense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.69%(2001年)。

Vedra

{{{市旗説明}}}
  
{{{市章説明}}}

自治体庁舎

自治体庁舎
Flag of Galicia.svg ガリシア州
ア・コルーニャ県
コマルカ サンティアーゴ
面積 52.8 km²
人口 5,059 人 (2009年)
人口密度 95.89 人/km²
住民呼称 vedrés/-esa、vedrense
ガリシア語率 98.69% (2011年[1]
Vedraの位置(スペイン内)
Vedra
Vedra
スペイン内ベドラの位置
Vedraの位置(ア・コルーニャ県内)
Vedra
Vedra
ア・コルーニャ県内ベドラの位置

北緯42度47分 西経8度28分 / 北緯42.783度 西経8.467度座標: 北緯42度47分 西経8度28分 / 北緯42.783度 西経8.467度

Situacion Vedra

地理

ベドラは、北はサンティアゴ・デ・コンポステーラボケイションと、西はテオと、南から東にかけてはウジャ川をはさんでポンテベドラ県ア・エストラーダの各自治体と境界をなしている。

自治体内をサンティアゴ・デ・コンポステーラとオウレンセを結ぶ国道525号線(N-525)と高速道路53号線(AP-53)が横切っている。国道525号線はアルスーアとパドロンを結ぶLC-241と交差している。

ベドラはウジャ川の形成する谷に位置し、ペレイロ川、トモンデ川、ブシェイロス川、サン・クリストーボ川などの河川が流れている。自治体内での最高地点は、ピコ・サクロ(聖なる頂)の隣にある、ペナス・パルダスで海抜449mである。気候は海洋性の影響を受け、すごしやすい気候である。

政治

2007年の自治体選挙の結果、自治体首長はガリシア社会党(PSdeG-PSOE)のオドン・カシミーロ・コバス・ガルシア(Odón Casimiro Cobas García)、自治体評議員は、ガリシア社会党:6、ガリシア国民党(PPdeG):5、ガリシア民族主義ブロック(BNG):1、その他(TEGA、Terra Galega):1となっている。

教区

ベドラは12の教区に分けられる。

  • イジョブレ(サント・アンドレ)
  • メリン(サン・クリストボ)
  • ア・ポンテ・ウジャ(サンタ・マリーア・マダネーラ)
  • サン・フィンス・デ・サレス(サン・フィンス)
  • サン・マメーデ・デ・リバドゥージャ(サン・マメーデ)
  • サン・ミゲル・デ・サランドン(サン・ミゲル)
  • サン・ペドロ・デ・サランドン(サン・ペドロ)
  • サン・ペドロ・デ・ビラノバ(サン・ペドロ)
  • サン・シアン・デ・サレス(サン・シアン)
  • サンタ・クルス・デ・リバドゥージャ(サンタ・クルス)
  • トローベ(サント・アンドレ)
  • ベドラ(サンタ・エウラリア)

ギャラリー

Ponteulla Vedra Galicia 02

ア・ポンテ・ウジャ教区

Ponteulla Vedra Galicia 07

ウジャ川にかかる石橋

Ponteulla Vedra Galicia 05

ア・ポンテ・ウジャ教区のサンタ・マリー・マダレーナ教会

Ponteulla Vedra Galicia 08

ア・ポンテ・ウジャ教区

Ponteulla Vedra Galicia 12

オレオ

外部リンク

  1. ^ Neira, Carlos (ガリシア語), Evolución no uso do galego por concellos, Praza Pública.
PGAツアー

PGAツアー(英語: PGA TOUR)は、アメリカ合衆国及び北米における男子プロゴルフツアーを運営する団体、およびこの団体が運営するツアートーナメントの名称。

1968年、ツアー運営のため全米プロゴルフ協会(英語: PGA of America)から独立し、1975年に団体名称を"PGAツアー"とした。クラブプロ、レッスンプロなどが所属する全米プロゴルフ協会に対し、PGAツアーにはツアープロが所属する。

なおこの団体が運営する基幹ツアートーナメントの名称も「PGAツアー」であり、他にシニア向けの「チャンピオンズツアー」、PGAツアーの下部ツアーにあたる「ウェブドットコムツアー」の運営も行っている。フロリダ州ジャクソンビル郊外のポンテ・ベドラ・ビーチに本部がある。

ア・エストラーダ

ア・エストラーダ(A Estrada)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体で、コマルカ・デ・タベイロス=テーラ・デ・モンテスに属する。ガリシア統計局によると、2012年の人口は21,657人(2011年:21,759人、2010年:21,828人、2009年:21,880人、2008年は21,886人、2004年:22,217人)。カスティーリャ語表記はLa Estrada(ラ・エストラーダ)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は97.96%(2001年)となっている。

ア・コルーニャ県

ア・コルーニャ県(ガリシア語:Provincia da Coruña)は、スペイン・ガリシア州の県。ガリシア州にある4つの県のうちの1つであり、現在の県は1833年にハビエル・デ・ブルゴスによって創設された。東は同州のルーゴ県、南はポンテベドラ県に接し、北と西は大西洋に面している。県都はア・コルーニャ。スペイン語による県名はラ・コルーニャ県(Provincia de la Coruña)であるが、ガリシア語の名称が公式名称となっている。

オローソ

オローソ(Oroso)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体で、コマルカ・デ・オルデスに属する。ガリシア統計局によると、2010年の人口は7,050人(2009年の人口は6,987人、2006年:6,526人、2005年:6,345人、2004年:6,155人、2003年:5,933人)である。住民呼称はorosán/-sá。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は95.03%(2001年)。

オ・ピノ

オ・ピノ(O Pino)は、スペイン・ガリシア州ア・コルーニャ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・アルスーアに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は4,710人(2006年:4,885人、2005年:4,901人、2004年:4,940人、2003年:4,948人)となっている。カスティーリャ語表記はEl Pino(エル・ピノ)。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は98.46%(2001年)。

カマリーニャス

カマリーニャス(Camariñas)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県のコスタ・ダ・モルテ (es:Costa da Morte) 地域にある自治体で、コマルカ・ダ・テーラ・デ・ソネイラに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は6,224人(2008年:6,207人、2007年:6,275人、2006年:6,323人、2005年:6,467人、2004年:6,502人、2003年:6,597人)。住民呼称はcamariñán/-ñá。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.94%(2001年)。

カリーニョ

カリーニョ(Cariño)は、スペイン・ガリシア州ア・コルーニャ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・ド・オルテガルに属する。1988年オルティゲイラより分離、ガリシア州の313番目の自治体として創設された。ガリシア統計局によると、2010年の人口は4,530人(2009年:4,590人、2006年:4,700人、2005年:4,788人、2004年:4,798人、2003年:4,812人)である。住民呼称はcariñés/-esa。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は95.22%(2001年)。

クルティス

クルティス(Curtis)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・ベタンソスに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は4,246人(2006年:4,287人、2005年:4,369人、2004年:4,421人、2003年:4,438人)である。住民呼称は、男女同形のcurtiense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.24%(2001年)。

コマルカ・デ・サンティアーゴ

コマルカ・デ・サンティアーゴ(Comarca de Santiago)はスペインガリシア州ア・コルーニャ県のコマルカで、同県の南部に位置する。

アメス、ボケイション、ブリオン、サンティアゴ・デ・コンポステーラ、テオ、バル・ド・ドゥブラ、ベドラの7自治体によって構成される。

隣接するコマルカは、北がコマルカ・デ・オルデス、東がコマルカ・デ・アルスーアとコマルカ・デ・デサ(ポンテベドラ県)、南がコマルカ・デ・タベイロス=テーラ・デ・モンテス(ポンテベドラ県)とコマルカ・ド・サール、西がコマルカ・デ・ノイアとコマルカ・ダ・バルカーラとコマルカ・ド・シャージャスである。

面積は689.5km²で、2010年の人口は161,893人(2007年:156,833人)。コマルカの中心となっている自治体はガリシア州の州都でもあるサンティアゴ・デ・コンポステーラ。

コルクビョン

コルクビョン(Corcubión)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・フィステーラに属する。ア・コルーニャ県にある自治体で最も面積が小さい。ガリシア統計局によると、2010年の人口は1,803人(2009年の:1,815人、2006年:1,912人、2005年:1,927人、2004年:1,964人、2003年:1,997人)である。住民呼称はcorcubionés/-esa。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は96.99%(2001年)。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ

サンティアゴ・デ・コンポステーラ(Santiago de Compostela)は、スペイン・ガリシア州ア・コルーニャ県のムニシピオ(基礎自治体)。ガリシア州の州都である。コマルカ・デ・サンティアーゴ郡に属する。ガリシア統計局によると、2012年の人口は95,671人(2010年:94,824人)で、州内ではビーゴ、ア・コルーニャ、オウレンセ、ルーゴに次ぐ5番目の人口規模の街である。住民呼称はcompostelán/-lá、santiagués/-esa、またpicheleiro/-aなどが使われる。本都市を中心に近隣の自治体アメス、ボケイション、ブリオン、テオ、バル・ド・ドゥブラ、ベドラとコマルカ(県と市の中間単位、コマルカ・デ・サンティアーゴ)を構成している。

サンティアゴ・デ・コンポステーラには自治州政府(シュンタ・デ・ガリシア)が置かれ、ガリシア州の政治の中心であると同時に、宗教的には大司教座が置かれている。旧市街は1985年にUNESCO世界遺産に登録されており、また、エルサレム、バチカンと並ぶキリスト教三大巡礼地のひとつでもあり、世界遺産に登録されているサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の終着地でもある。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は35.92%(2011年)。

セデイラ

セデイラ(Cedeira)は、スペイン・ガリシア州ア・コルーニャ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・フェロルに属する。スペイン国立統計局によると、2017年の人口は6,888人だった。住民呼称は、男女同形のcedeirense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は93.81%(2001年)。

セー (スペイン)

セー(Cee)は、スペインガリシア州ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・フィステーラに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は7,712人(2006年:7,489人、2005年:7,467人2004年:7,344人、2003年:7,308人)である。住民呼称は、男女同形のceense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は97.64%(2001年)

テオ

テオ(Teo)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・サンティアーゴに属する。ガリシア統計局によると、2014年の人口は18,254人(2012年:18,454人、2010年:17,940人、2009年:17,807人、2007年:17,441人、2006年:17,168人、2005年:16,809人、2004年:16,428人、2003年:16,028人)。住民呼称は男女同形で、teense。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は49.80%(2011年)。

パデルネ

パデルネ(Paderne)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体。コマルカ・デ・ベタンソスに属する。スペイン統計局によると、2009年の人口は2,672人(2006年:2,735人、2005年:2,715人、2004年:2,689人、2003年:2,680人)である。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は96.96%(2001年)。

ビラサンタール

ビラサンタール(Vilasantar)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・ベタンソスに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は1,415人(2006年:1,496人、2005年:1,538人、2004年:1,574人、2003年:1,610人)である。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は99.30%(2001年)。

ボイロ

ボイロ(Boiro)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・ド・バルバンサに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は19,076人(2006年:18,554人、2005年:18,469人、2004年:18,302人、2003年:18,241人)である。住民呼称は、男女同形のboirense。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は98.67%(2001年)。

ボケイション

ボケイション(Boqueixón)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・サンティアーゴに属する。ガリシア統計局によると2011年の人口は4,430人(2010年:4,444人、2009年:4,462人、2007年:4,437人、2006年:4,406人、2005年:4,378人、2004年:4,337人、2003年:4,263人)となっている。住民呼称はboqueixonés/-nesa。カスティーリャ語表記はBoqueijón:ボケイホン。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は99.00%(2001年)。

モエーチェ

モエーチェ(Moeche)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・フェロルに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は1,416人(2006年:1,437人、2005年:1,469人、2004年:1,461人、2003年:1,478人)である。住民呼称はmodestino/-a。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は97.87%(2001年)。

ア・コルーニャ県自治体

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.