ブイヨン

ブイヨン: Bouillon)は、主にフランス料理において主にスープのベースとして用いられる香味野菜からとる出汁

英語圏では「ブロス」 (Broth) あるいは「スープストック」 (soup stock)、イタリア語圏では「ブロード」 (Brodo) と称する。この出汁のレシピを起源とする細菌研究の培養実験に用いられる古典的な培地が、ブイヨン培地である。

Bouillon de volaille
鶏ガラと香味野菜を8時間煮込んだ鶏のブイヨン (Bouillon de volaille)

概要

フランス料理の味の基本となるダシは、大きくブイヨンとフォンに分かれる。主としてポタージュをはじめとするスープの基本素材となるものがブイヨン、ソースの基本素材やシチューのベースになる出汁がフォンである[1]。野菜から出る優しい旨みがソースの味を邪魔する心配がないので、フォンと比べて野菜の味をより強く出す。などの動物質を野菜などとともに長時間煮込んで作るが、この全体がポトフ、汁の部分を取り出したものがブイヨンである。コンソメはこうして得られたブイヨンからさらに幾工程もの調理を施して作る、完成度の高いスープ料理である。

日本では簡便な固形調味料としての印象が強く、比較的短時間でひき肉と刻み野菜を弱火で煮込むという簡略化した手法もある。だが本来ブイヨンを作るには、(10リットル作るためのレシピの一例ではあるが)牛すね肉4kg・牛の脛骨2kg・鶏1羽・鶏がら6羽分・タマネギ2個・ニンジン3本、さらに香味野菜のセロリネギブーケガルニといった大量の材料を使い、弱火で1日かけて煮込み、煮込んでいる間は監視してしっかりとエキュメ(あく取り)する必要があるなど[2]、費用と手間が非常にかかるため、とても贅沢な出汁の取り方と言える。

イタリアの「ブロード」

イタリア料理における「ブロード」は、使用する材料により肉のブロード (brodo di carne)、魚介のブロード (brodo di pesce)、野菜のブロード (brodo di verdure) に大別される。他の料理の素材として使う他に、そのままスープとしても供される。

脚注

  1. ^ 辻調理師学校編 『料理上手の基礎知識』 p.91 1984年
  2. ^ 同 p.92の記述するレシピ。
1100年

1100年(1100 ねん)は、西暦(ユリウス暦)による、閏年。

1995年ベルギーグランプリ

1995年ベルギーグランプリ(1995 Belgian Grand Prix)は、1995年のF1世界選手権第11戦として、1995年8月27日にサーキット・スパ・フランコルシャンで開催された。

1995年モナコグランプリ

1995年モナコグランプリ(LIII Grand Prix de Monaco)は、1995年のF1世界選手権第5戦として5月28日にモンテカルロ市街地コースで開催された。レースは78周で争われ、2番手スタートのベネトン、ミハエル・シューマッハが優勝した。ポールポジションからスタートしたウィリアムズのデイモン・ヒルは23周をリードし、2位でフィニッシュした。フェラーリのゲルハルト・ベルガーが3位に入り、4位はジョニー・ハーバート、5位がマーク・ブランデル、6位がハインツ=ハラルド・フレンツェンであった。シューマッハはシーズン3勝目を挙げ、ヒルに対して5ポイントまで差を広げた。この勝利はルノーにとって初のモナコにおける勝利であった。

シューマッハはヒルに30秒以上差を付けて余裕で勝利した。ヒルは予選においていずれのラップもシューマッハより1秒以上速かったが、決勝でスピードのアドバンテージは消え失せ、シューマッハは重い燃料を積んで1ストップ戦略を採ったにもかかわらず、2ストップ戦略のウィリアムズに序盤から近接することが可能であった。ヒルが最初のピットストップを行うと、シューマッハが首位に立ち、そのままヒルを従えてフィニッシュした。ヒルはまた、1ストップ戦略のフェラーリのジャン・アレジにも後れを取ったものの、アレジは42ラップ目にスピンしたリジェのマーティン・ブランドルを避けようとしてスピン、リタイアした。ヒルのチームメイト、デビッド・クルサードは序盤3位を走行したものの、ギアボックスのトラブルでリタイアした。26台中16台がリタイアし、その中にはシムテックの2台も含まれていたが、チームは資金を使い果たしカナダグランプリの前に撤退することとなる。また、このレースは1ラップ目の第1コーナーで生じたアクシデントでも記憶される。クルサード、アレジ、ベルガーが巻き込まれ、コースがブロックされたため再スタートが行われた。

7月22日

7月22日(しちがつにじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から203日目(閏年では204日目)にあたり、年末まであと162日ある。誕生花はペチュニア、ナツツバキ。

アルデンヌ県

アルデンヌ県 (Ardennes) は、フランスのアルザス=シャンパーニュ=アルデンヌ=ロレーヌ地域圏の県である。ここからさらにベルギー南部にかけた地域を、アルデンヌ地方という。

コンソメ

コンソメ(仏: consommé)は、フランス料理におけるスープのひとつで、澄んだスープの一種。琥珀色、淡黄色である。

ゴドフロワ・ド・ブイヨン

ゴドフロワ・ド・ブイヨン(Godefroy de Bouillon, 1060年頃 - 1100年7月18日)は、第1回十字軍の指導者の一人。エルサレムの初代聖墓守護者となる。下ロートリンゲン公(在位:1087年 - 1100年)。

ザウバー・C14

ザウバー・C14 (Sauber C14) は、ザウバーが1995年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。設計者はアンドレ・デ・コルタンツ。1995年の開幕戦から最終戦まで実戦投入された。

シチュー

シチュー(英: stew [stjuː])は、野菜や肉、魚介類を出汁やソースで煮込んだ煮込み料理の英語による総称である。フランス料理では調理方法や鍋の種類で呼称が分かれ、料理の名称ではラグー(フランス語: ragoût)などが対応する語として挙げられる。

英語では煮込むことを stewing と呼ぶ。

ジャン=クリストフ・ブイヨン

ジャン=クリストフ・ジョエル・ルイ・ブイヨン(Jean-Christophe Joël Louis Boullion 、1969年12月27日 - )は、フランス出身の元F1ドライバーである。

スープ

スープ(フランス語: Soupe、英語: Soup、ドイツ語: Suppe)は、肉、野菜や魚介類などを煮込んだ水分の多い料理。広義には、日本で汁(しる)や汁物(しるもの)とする料理や、羹(あつもの)や吸物(すいもの)とする料理など、および料理の構成要素である出汁(だし)やつゆなどを含めるが、狭義には欧風の汁物料理を指して言う。スープは本質的にソースと共通する部分が多いが、風味の濃縮度がやや低く、単体で食べる点が異なる。

ソース (調味料)

ソースとは

他の食品に添えたり調理に用いられる液状またはペースト状の調味料。本項で詳述する。

市販のウスターソースのこと。(日本語の狭義での用法)ソース(sauce)は、調理において、他の食品に添えたり調理に用いられる液状またはペースト状の調味料である。ソースは単体で消費されることはなく、他の料理に風味、水分および装飾を加える。「sauce」はラテン語で塩味のを意味するsalsusを語源とするフランス語に由来する。ソースの多くは液状であるが、パスタのような料理では固形物を含む。

トマトソース

トマトソース(英: Tomato sauce)は、イタリア料理の基本となるソースの一つ。パスタやピザなどのソース、ブイヨンなどで薄めてスープにするなど、幅広く使用される。本国イタリアでは1692年にレシピが執筆されている。

ベルギー料理

本稿ではベルギーで食べられている料理について解説する。

ベルギーの郷土料理はフランスの料理とよく似たワロン料理とフランス料理を基礎に独自の発展を遂げたフランドル料理に大別される。共に伝統的なフランスの料理を基礎としているため、ベルギーの食文化はおおむねフランス北部のものと似通っている。

フランス北部同様バターやクリームを大量に使い、煮込む料理とグラタンが多い。メインコースは大きな皿に一人前をたっぷりと盛りつける。

相違点としては、フリッツ(フライドポテト)やマッシュポテトといったジャガイモの付け合わせが、主食にあたるものとして確固たる地位を築いていること。ブドウの栽培に適さない気候のためワインはほぼ輸入で賄い、ビールの種類が豊富なこと。そして、ビールを使った煮込み料理。

ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ

ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ(EUROPEAN LE MANS SERIES、通称:ELMS)は、ヨーロッパを中心に世界各国を転戦して行われるスポーツカーレースのシリーズ。

ラーデルンの戦い

ラーデルンの戦い(ラーデルンのたたかい、ドイツ語: Gefecht bei Rhadern)は七年戦争中の1760年9月13日、フランス軍がプロイセン・ハノーファー連合軍に勝利した戦闘。

リゾット

リゾット(Risotto)は、もともとイタリアで食べられてきた麦類の料理に東洋(中東)から伝播した米が融合した料理である。イタリアでは下記の料理法で調理した米料理のみを指し、フランスではピラフの別名として用いられてきた。

もっぱら日本では、洋風に仕立てた雑炊のことをリゾットということが多いが、前述の通り生米から作るリゾットと炊いた米(米飯)から作る雑炊は全く別の料理である。

出汁

出汁(だし)は、昆布や鰹節などの食品を煮て出した汁。「煮出汁」(にだしじる)の略で、「出し汁」(だしじる)、「にだし」ともいう。

樋口可南子

樋口 可南子(ひぐち かなこ、1958年12月13日 - )は、日本の女優。戸籍名は糸井 可南子(いとい かなこ)、旧姓は樋口。

新潟県加茂市出身。ユマニテ所属。新潟県立加茂高等学校、女子美術大学(中退)。夫は糸井重里。

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.