フィンランドの国章

フィンランド国章(フィンランドのこくしょう)には、赤地に戴冠した金色のライオンが描かれている。右前足は剣を掲げる腕に置き換えられ、後足は剣を踏みつけている。またライオンの周りには9個の銀色の薔薇がちりばめられている。この国章が公式に制定されたのは1978年であるが、1580年より前には既に作成されていたことが分かっている。

フィンランドの国章
Coat of arms of Finland
詳細
使用者 フィンランド
採用 1978年

背景

Magnus Ladulås sköld, Nordisk familjebok
フォルクンガ朝の紋章
Valdemar Birgerssons vapen (1252)
ヴァルデマール王の紋章

北欧の国章にみられるライオン

西欧ではライオンが描かれている紋章が多く、いくつかの欧州の国家では国章にライオンが描かれている。北欧諸国では12世紀後半のデンマークの国章に初めてライオンが描かれた。12世紀初頭、フィンランドの地はスウェーデン王国によって属州とされた。最初にスウェーデンでライオンを使った紋章はスウェーデン王族のエリック10世とエリック11世の紋章で、それぞれ2頭、3頭のライオンが描かれていた。フォルクンガ朝の最初の王であるヴァルデマール王も、自らの紋章に3頭のライオンを描いた。3頭のライオンの背後には、たくさんのハートの模様が描かれている。

フィンランド公国時代

Seal of duke valdemar of finland
ヴァルデマール公の紋章

最初のフィンランド公であるベネディクト王と二代目のヴァルデマール公の紋章にも、王冠を被り、後ろ足で立ったライオンが描かれている。この紋章は現在のフィンランド国章とよく似ているが、まだ剣を持っていない。

剣を持った腕

Coat of Arms of Finland
グスタフ1世の墓碑に刻まれた自身の紋章(ウプサラ大聖堂スウェーデン
Coat of Arms of Karelia
グスタフ1世の墓碑に刻まれたカレリアの国章(ウプサラ大聖堂、スウェーデン)

フィンランドとカレリアの王(1577年にフィンランド大公に改称)であったヨハン3世の時代に、ライオンは大公の紋章と密接に結びつけられた。大公の紋章はイェータ・ライオン(フォルクンガ・ライオンが原型)とカレリアの国章を組み合わせたものだと考えられている。この結果、ライオンは一本の腕で剣を掲げ、落ちている剣を踏みつけるというデザインになった。

一番良く知られている大公の紋章はウプサラ大聖堂にあるグスタフ1世の墓標に刻まれたものである。それはヨハン3世もしくは彼の異父兄のエリック14世が考案したと伝えられている。どちらが考案したかは正確には分かっていないが、エリック14世は紋章学に興味を持っていたことが知られている。

この墓標はフランドル建築家彫刻家で、スウェーデンでも活躍したギヨーム・ボイエンによって制作された。彼は1562年アントワープで仕事にとりかかり、10年後には国王夫妻の彫像が完成したものの、彼の金銭問題が原因で、石棺は1583年までウプサラに運ばれなかった。完成したのは1591年の事である。墓碑にはスウェーデン国章とフィンランド国章に加え、南北フィンランド、タバスティア、カレリアなど11州の紋章が描かれている。ギョーム・ボイエンの仕事はとても素晴らしい物であったが、それは、ライオンがフランスの紋章において特徴的だったということが一因として考えられる。おそらく彼は国王の仕事を受ける前にライオンの紋章を多く作成していたと考えられるからである。

紋章には戴冠した金のライオンが剣を右前足で持ち掲げ、後ろ足でロシアのサーベルを踏みつけている様が描かれているが、これはグスタフ1世とヨハン3世がロシアとの戦いに苦闘していたと言うことを考えれば、特に驚くべき事ではない。ライオンの周りには、9個の薔薇がちりばめられている。これは単なる装飾であると考えられているが、フィンランドの歴史的な9つの州を表しているという仮説も存在する。

国章の変遷

スウェーデン時代

ライオンは17世紀に何度もデザインの変更を経験した。カール10世グスタフの葬儀用の旗には剣を持っている腕以外の3本の脚でサーベルを踏んでいた。フィンランドの国章に再びウプサラ・ライオンが使われるようになったのは、19世紀後半のことである。

ロシア帝国時代

Suuriruhtinaskunnanvaakuna

ロシア皇帝の紋章の中に描かれたフィンランド国章

Lesser Coat of Arms of Russian Empire

ロシア帝国の小紋章の中に描かれたフィンランド国章(右下)

Greater Coat of Arms of the Russian Empire 1700x1767 pix Igor Barbe 2006

ロシア帝国の紋章一覧の中にフィンランド国章を見ることが出来る(右下)

フィンランドが第二次ロシア・スウェーデン戦争でロシアに割譲されたあと、エリック・ブレンナーはロシア帝国のなかのフィンランドの象徴として、新しい国章を作成した。1809年に出された法令で、紋章は赤地に銀の薔薇がちりばめられ、剣を右手でもち、ロシアのサーベルを左手でつかむという形に変更された。ここで、ロシアのサーベルを踏みつけているという解釈は消滅した。

1857年のロシアの紋章改変時に、フィンランドの国章は再度変更された。主な変更点は、ライオンが犬に似た風貌になったことと、紋章の上に、ワシをあしらった小さなアーチ型の王冠を載せたことだった。

ロシア皇帝がフィンランドのロシア化を進めたことで、このフィンランド国章の使用は増加し、広く国民に知れ渡ることになった。

1886年、フィンランドの国立公文書館のカール・ボマンソンはに国章の外観をウプサラ・ライオンに似たデザインに再構成した。しかし、ライオンがサーベルを踏みつける点では、若干の変更があった。また、ロシア型の王冠は、ドイツのものによく似た王冠に取り替えられた。この紋章は、フィンランド独立後、数年間使用された。

独立初期

Finland greater arms suggestion 1936
使われることの無かった国章案

1920から30年代に、国章は論争の的になった。それはライオンをに変更するかどうかと言うことだった。フィンランドの民俗学上、熊は重要なファクターであった。既に1557年に北フィンランドの紋章として熊が使われており、現在もサタクンタ県の紋章には熊が描かれている。しかし、フィンランド以外の国々では、熊はロシアのシンボルとして認知されていた。この論争はくすぶり続けたが、その後もライオンの国章は使われ続けた。 1936年、委員会が妥協案として、小さなライオンの国章の下に木の枝を置き、両脇に1頭ずつ熊を配置したデザインを提案した。しかしこのデザインが使われることはなかった。[1]

現在

1978年5月26日(381/78)の法令で、現在の国章が制定された。紋章デザインの専門家であるオロフ・エリクソンが作成した。

国章に描かれているライオンは1マルッカ硬貨やフィンランドのユーロ硬貨に使用されている。ほかにも、軍隊、警察など、様々な組織のシンボルとして使用されている。その際、その組織の特徴を表す為にさまざまな変更が加えられている。また一方で、フィンランドの地方自治体の紋章は盾型であるが、ライオンは描かれていない。(ヤコブスタードを除く)

7 Ohjuslaivue lippu

フィンランド海軍第7ミサイル隊: 下半身が魚になり、三叉の矛を持っている。

TykPr-lippu

フィンランド陸軍砲兵旅団: 大砲を持っている。

Pion- ja SKoul lippu

フィンランド陸軍NBC兵器技術学校: 盾を持つ様は、核・生物・化学兵器からの保護を意味している。

Suomen Maavoimien tunnus

フィンランド陸軍: 緑地のフィンランド国章の後ろにクロスした剣が描かれている。

PvKvK-lippu

フィンランド国防軍インターナショナルセンター: 杖を持っている。

Mpkk-lippu

フィンランド国防大学: フィンランド士官の階級記章である薔薇が描かれた盾を持っている。

フィンランド警察: 剣の持ち手がライオンになっている。

Asekoulu lippu

フィンランド陸軍技術教育センター: 金床の上にライオンが描かれている。

引用文献

  1. ^ Pikku Jättiläinen. WSOY 1985. ISBN 951-0-12416-8. Page 1040.

参考文献

  • Talvio, Tuukka. The Lion of Finland. ISBN 951-616-040-9.

関連項目

外部リンク

オーランド諸島

オーランド自治政府

Landskapet Åland

地域の標語:なし

地域の歌:オーランド人の唄

オーランド諸島(オーランドしょとう、スウェーデン語: Landskapet Åland [ˈland.skɑːpət ˈoːland]、フィンランド語: Ahvenanmaan maakunta)は、バルト海、ボスニア湾の入り口に位置する6,500を超える島々からなるフィンランドの自治領。住民のほとんどはスウェーデン系で、公用語はスウェーデン語。自治政府の旗はスウェーデンの国旗の意匠である青地に黄色の十字架に、フィンランドの国章に使用されている赤を加味したものとなっている。フィンランドでは、他の県と同じくmaakuntaと書かれるため、日本語でもオーランド(自治)県と表記されることもある。また、2010年1月1日に、オーランドを含むフィンランドの全州が廃止されるまでは、他州と同様にlääniとも書かれたため、オーランド(自治)州と書かれることもあった。

オーランド諸島の旗

オーランド諸島の旗(スウェーデン語: Ålands flagga, フィンランド語: Ahvenanmaan lippu)は1954年に制定され、1954年4月3日にフィンランド自治領オーランド諸島の主都マリエハムンに掲揚された。

オーランド諸島の旗は、スウェーデン沖合のバルト海に浮かぶ、スウェーデン文化を受け継ぐ人々の住むフィンランド自治領の島、という政治的・地理的・文化的位置を反映している。青地に黄色のスカンディナヴィア十字というスウェーデンの国旗と同じデザインの上に赤いスカンディナヴィア十字を加え、黄色と赤というフィンランドのシンボルカラーも同時に表している(今日のフィンランドの国旗は白地に青い十字のためフィンランドの色といえば白に青と連想されるが、フィンランド民族主義の初期においては、フィンランドの国章に使われる黄色と赤がフィンランドの色とされていた)。

旗の各色の帯の幅は、横は左から16:3:4:3:26の割合、縦は上から12:3:4:3:12の割合となる。掲揚されるときはフィンランドの国旗と同時に掲揚される。

フィンランドのユーロ硬貨

フィンランドのユーロ硬貨(フィンランドのユーロこうか)では、フィンランドにおけるユーロ硬貨について記述する。

ユーロ (EUR, €) は、欧州連合に加盟しているフィンランドを含む多くの国で使われている通貨である。

ユーロ硬貨の片面はユーロ圏全域共通のデザイン、もう片面は各国の独自のデザインとなっている。各国共通の表面の詳細はユーロ硬貨を参照。2ユーロ硬貨以外の縁(へり)のデザインもまた、全域で共通である。独自デザインとされている裏面も、欧州連合を象徴する12個の星と発行年を西暦で表示することは共通である。

フィンランドのユーロ硬貨は、フィンランド銀行によって発行されている。

フィンランドの国旗

フィンランドの国旗 (フィンランド語: Suomen lippu、スウェーデン語: Finlands flagga) は、20世紀初頭から使用されるようになった国旗。場合によっては、siniristilippu(「青十字旗」の意)とも呼ばれる。白地にキリスト教を反映しているとされる青のスカンディナヴィア十字を描いた旗。政府公用旗は、市民旗に四角形のフィンランドの国章がスカンディナヴィア十字の交点の部分に配置された物である。この政府公用旗の旗尾に燕尾型にしたものが軍旗として使用される。更に大統領旗も制定されており、こちらは軍旗の左上の白い部分に、自由十字勲章にちなんだ自由十字が配置されている。スウェーデンの旗のように、フィンランドの国旗は、スカンディナヴィア十字を基にした旗である。この国旗は、フィンランドがロシア帝国の属国(フィンランド大公国)から独立を宣言して成立したフィンランド王国で採用された。これは、多くの愛国的なフィンランド人達が自分たちの国のための特別な旗を欲していた際に制定された。ただし、このデザイン自体は19世紀に行われている。この国旗に使われた青の色は、フィンランドにある数千の湖と海と空を、白が国土を覆う雪を反映しているとされる。この色の組み合わせは、100を超えるフィンランドの州旗、軍旗、自治体旗に使用されている。

フィンランドの旗の一覧

フィンランドの旗の一覧

フィンランドの独立

フィンランドの独立は、1917年12月6日のフィンランド独立宣言によりなされた。フィンランドは近世にスウェーデン=フィンランドとしてスウェーデンの1州だった時代や、ロシア帝国と同君連合のフィンランド大公国での自治時代を経て徐々に民族主義が高揚し、やがて独立につながった。

フィンランド白薔薇勲章

フィンランド白薔薇勲章(フィンランドしろばらくんしょう、フィンランド語: Suomen Valkoisen Ruusun ritarikunta)は、フィンランドの勲章。

フィンランド関係記事の一覧

フィンランド関係記事の一覧(フィンランドかんけいきじのいちらん)は、フィンランドに関係する記事の一覧。

国章の一覧

国章の一覧(こくしょうのいちらん)は、世界の国の国章の一覧である。

掲載対象は国の一覧に準ずる。公式のものでない場合はその旨を記す。

ヨーロッパ国章(関連カテゴリ:国章)

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.