ビラ・デ・クルセス

ビラ・デ・クルセスVila de Cruces)は、スペインガリシア州ポンテベドラ県ムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・デサに属する。ガリシア統計局によると、2013年の人口は5,934人(2011年:6,325人、2009年:6,475人、2004年:6,779人)[1]。住民呼称はcruceño/-a。カスティーリャ語表記はVilla de Cruces(ビジャ・デ・クルセス)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.8%(2001年)。

Vila de Cruces

{{{市章説明}}}

Vila de Cruces - Galiza - 070325 075

Flag of Galicia.svg ガリシア州
Flag Pontevedra Province.svg ポンテベドラ県
コマルカ デサ
司法管轄区 ラリン
面積 155.0 km²
教区数 28
居住地区数 141
人口 5,934 人 (2013年)[1]
人口密度 38.28 人/km²
住民呼称 cruceño/-a
ガリシア語率 98.8% (2011年[2]
Vila de Crucesの位置(スペイン内)
Vila de Cruces
Vila de Cruces
スペイン内ビラ・デ・クルセスの位置
Vila de Crucesの位置(ポンテベドラ県内)
Vila de Cruces
Vila de Cruces
ポンテベドラ県内ビラ・デ・クルセスの位置

北緯42度46分36秒 西経8度19分58秒 / 北緯42.77667度 西経8.33278度座標: 北緯42度46分36秒 西経8度19分58秒 / 北緯42.77667度 西経8.33278度
ビラ・デ・クルセス公式サイト

地理

ビラ・デ・クルセスはポンテベドラ県の北部に位置し、コマルカ・デ・デサに属する。隣接する自治体は、北はア・コルーニャ県トウロアルスーアサンティソ、南はシジェーダラリン、東はアゴラーダ、西はボケイション(ア・コルーニャ県)となっている。[3]

ビラ・デ・クルセスはラリン司法管轄区に属す[4]

人口

住民は28の教区の141の地区(集落)に居住する[1]

ビラ・デ・クルセスの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[5]、1996年 - [6]

歴史

ビラ・デ・クルセスは1944年までは、それまで自治体の中心地区であったカルビア教区の名称カルビアで呼ばれていた。1944年9月19日、新庁舎がビラ・デ・クルセス地区に建設され、それを機に自治体の名称もビラ・デ・クルセスに変更された。

祭り

ビラ・デ・クルセスの守護聖人はノサ・セニョーラ・デ・ピエダーデで、8月4日が守護聖人の日として祝われる(その日が土曜日の場合は翌日)。

  • エントロイド(カーニバル) - 多くの教区で催される。
  • ガストロノミー - 11月にはクリ祭り(マゴスト)、2月にはチョリソ(チョウリーソ) 、5月にはニワトリなどのフェスティバルがおこなわれる。

また、毎月4日と17日には市が開かれる。

政治

自治体首長は、ガリシア国民党(PPdeG)のシェスス・オテーロ・バレーラ(Xesús Otero Varela)、自治体評議員はガリシア国民党:8、ガリシア社会党(PSdeG-PSOE):3、ガリシア民族主義ブロック(BNG):2、となっている(2007年自治体選挙結果)。

教区

ビラ・デ・クルセスは28の教区に分けられている。

  • アニョブレ(サン・ペドロ)
  • アルネーゴ(サンタ・マリーア)
  • アソレイ(サンタ・マリーア)
  • バスクアス(サンタ・マリーニャ)
  • ベセーショス(サン・フィス)
  • ボダーニョ(サン・マメーデ)
  • ブランダリス(サン・ミゲル)
  • カマンソ(サン・サルバドール)
  • カルビア(サン・ショアン)
  • アス・クルセス(ノサ・セニョーラ・ダ・ピエダーデ)
  • クメイロ(サン・ペドロ)
  • ドゥシャーメ(サン・ミゲル)
  • フェレイロス(サン・シェス)
  • フォンターオ(サンティアーゴ)
  • グレス(サンティアゴ)
  • ララーソ(サン・ショアン)
  • ローニョ(サン・マメーデ)
  • メルサ(サンタ・マリーア)
  • オブラ(サン・トメ)
  • オイロス(サンタ・マリーア)
  • オジャーレス(サンタ・マリーア)
  • ピローニョ(サンタ・マリーア)
  • ポルトデモウロス(サン・サルバドール)
  • サブレーショ(サンタ・マリーア)
  • サルゲイロス(サン・ペドロ)
  • サン・ペドロ・デ・ロソン(サン・ペドロ)
  • サン・トメ・デ・インスア(サン・トメ)
  • トイリス(サン・ショアン)

参考文献・脚注

  1. ^ a b c IGE(ガリシア統計局)” (ガリシア語). ガリシア自治州政府. 2014年1月14日閲覧。
  2. ^ Neira, Carlos (ガリシア語), Evolución no uso do galego por concellos, Praza Pública.
  3. ^ Dicionario Xeográfico Ilustrado de Galicia vol.27、p.108、Xeogal Publicacións、2009、ISBN 978-84-613-5845-8
  4. ^ Lalín, partido judicial nº8 de Pontevedra” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2012年5月28日閲覧。
  5. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  6. ^ Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.

外部リンク

アゴラーダ

アゴラーダ(Agolada)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・デサに属する。ガリシア統計局によると、2012年の人口は2,803人(2011年:2,926人、2010年:2,995人、2009年:3,094人、2004年:3,678人、2003年:3,875人)。住民呼称はagolense。カスティーリャ語表記はGolada(ゴラーダ)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.95%(2001年)。

アルスーア

アルスーア(Arzúa)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体。コマルカ・デ・アルスーアに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は6,328人(2009年:6,490人、2006年:6,532人、2005年:6,602人、2004年:6,632人、2003年:6,676人)。住民呼称はarzuán/-á。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.40%(2001年)。

カトイラ

カトイラ(Catoira)は、スペイン・ガリシア州ポンテベドラ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・カルダスに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は3,469人(2009年:3,473人、2008年:3,485人、2005年:3,502人、2004年:3,510人)である。住民呼称は、男女同形のcatoirense。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は97.69%(2001年)。

カンポ・ラメイロ

カンポ・ラメイロ(Campo Lameiro)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・ポンテベドラに属する。ガリシア統計局の2009年の人口調査では、自治体人口は2,084人である。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.98%(2001年)。

クレセンテ

クレセンテ(Crecente)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ダ・パラダンタに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は2,540人(2009年:2,596人)。住民呼称は、男女同形のcrecentense。カスティーリャ語による表記はCreciente(クレシエンテ)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.32%(2001年)。

クンティス

クンティス(Cuntis)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・カルダスに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は5,115人(2009年:5,133人、2005年:5,340人)。住民呼称は、男女同形のcuntiense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.53%(2001年)。

コマルカ・デ・デサ

コマルカ・デ・デサ(Comarca de Deza)はスペインガリシア州ポンテベドラ県のコマルカで、同県の最北東部、同州のほぼ中央部に位置する。

アゴラーダ、ドソン、ラリン、ロデイロ、シジェーダ、ビラ・デ・クルセスの6自治体によって構成される。

隣接するコマルカは、北がコマルカ・デ・アルスーアとコマルカ・ダ・テーラ・デ・メリーデ(両コマルカともア・コルーニャ県)、東がコマルカ・ダ・ウジョーアとコマルカ・デ・チャンターダ(両コマルカともルーゴ県)、南がコマルカ・ド・カルバジーニョ(オウレンセ県)、西がコマルカ・デ・タベイロス=テーラ・デ・モンテスとコマルカ・デ・サンティアーゴ(ア・コルーニャ県)である。

面積は1,026.7km²で、2010年の人口は44,769人(2007年:44,870人)。コマルカの中心地区は自治体ラリンのラリン教区のラリン地区。カステーリャ語表記はComarca del Deza。

サンティソ

サンティソ(Santiso)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・ダ・テーラ・デ・メリーデに属する。2009年の人口は、ガリシア統計局によると1,980人(2006年:2,116人、2005年:2,160人、2004年:2,212人、2003年:2,249人)。住民呼称はsantisés/-esa。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は99.55%(2001年)。

シジェーダ

シジェーダ(Silleda)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県を構成する61の自治体のひとつで、コマルカ・デ・デサに属する。面積は168.0平方kmで、ガリシア統計局によると、2012年の人口は9,074人(2011年:9,199人、2010年:9,248人、2009年:9,248人)、33の教区の250の集落に分散している。シジェーダはトラスデサという名前でも知られている。住民呼称は男女同形でsilledense。

シジェーダにはセマーナ・ベルデ・デ・ガリシア(ガリシア緑の週間)を開催するガリシア・インターナショナル・フェアの事務局が置かれている。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合98.24%(2001年)。

セルデード

セルデード(Cerdedo)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体で、コマルカ・デ・タベイロス=テーラ・デ・モンテスに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は2,297人(2009:2,290人、2005年:2,333人)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は97.93%(2001年)。

トウロ

トウロ(Touro)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・アルスーアに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は4,082人(2010年:4,151人、2006年:4,448人、2005年:4,532人、2004年:4,634人、2003年:5,699人)である。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は99.22%(2001年)。

ニグラン

ニグラン(Nigrán)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体で、コマルカ・デ・ビーゴに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は18,021人(2008年:17,869人)。住民呼称はnigranés/-esa。

ニグランは歴史的にはコマルカ・デ・バル・ミニョール(gl:Val Miñor: バイヨーナ、ニグラン、ゴンドマールの各自治体によって構成)に属していたが、ビーゴ都市圏の拡大に伴い、21世紀初頭に現在のように再編された。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は89.93%(2001年)。

ブエウ

ブエウ(Bueu)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ド・モラソに属する。ガリシア統計局によると2011年の人口は12,438人(2009年:12,331人、2004年12,483人)、面積は30.8km²で、人口密度は400.9人/km²である。住民呼称は、男女同形のbuenense、伝統的な形式であるbueueiro/-aも使われる。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は96.88%(2001年)。

ボケイション

ボケイション(Boqueixón)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・サンティアーゴに属する。ガリシア統計局によると2011年の人口は4,430人(2010年:4,444人、2009年:4,462人、2007年:4,437人、2006年:4,406人、2005年:4,378人、2004年:4,337人、2003年:4,263人)となっている。住民呼称はboqueixonés/-nesa。カスティーリャ語表記はBoqueijón:ボケイホン。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は99.00%(2001年)。

ボルゴ・ヴァル・ディ・ターロ

ボルゴ・ヴァル・ディ・ターロ(伊: Borgo Val di Taro)は、イタリア共和国エミリア=ロマーニャ州パルマ県にある、人口約6,900人の基礎自治体(コムーネ)。

ポンテベドラ県

ポンテベドラ県(Provincia de Pontevedra)は、スペインのガリシア州の県で、1833年ハビエル・デ・ブルゴスによって創設された。北は同州のア・コルーニャ県、東は同州のルーゴ県とオウレンセ県、南はポルトガルに接し、西は大西洋に面している。県都はポンテベドラ。

モラーニャ

モラーニャ(Moraña)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・カルダスに属する。ガリシア統計局によると2009年の人口は、4,411人。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.76%(2001年)。

ラリン

ラリン(Lalín)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体。コマルカ・デ・デサに属する。自治体の人口は21,254人(2009年)で、そのうち一万人以上が居住する市街地と、農村部にある52の地区に分けられる。ラリンはコマルカ・ド・デサの中心かつ主要な自治体であり、ポンテベドラ県内ではカンガスに次いで7番目の人口規模を有する。2011年の人口は21,127人(2007年:20,867人)、人口密度は64.6人、面積は326.8 km²で県内で最大、ガリシア州では4番目の広さの自治体である。

ラリンはポンテベドラ県の東北部に位置し、シジェーダ、ビラ・デ・クルセスとは北西部で、西部はフォルカレイと、北東部はアゴラーダとロデイロと、南西部はドソンと、そして南部はオ・イリーショの各自治体と境をなす。オウレンセ県の自治体であるイリーショを除き、これらの隣接自治体はすべてポンテベドラ県の同一コマルカに属する。

住民呼称は男女同形のlalinense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は97.84%(2001年)。

ロデイロ

ロデイロ(Rodeiro)は、スペイン・ガリシア州ポンテベドラ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・デサに属する。ガリシア統計局によると、2016年の人口は2,644人。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は99.24%(2001年)。

Flag Pontevedra Province.svg ポンテベドラ県自治体

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.