パデルネ

パデルネPaderne)は、スペインガリシア州ア・コルーニャ県の自治体。コマルカ・デ・ベタンソスに属する。スペイン統計局によると、2009年の人口は2,672人(2006年:2,735人、2005年:2,715人、2004年:2,689人、2003年:2,680人)である。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は96.96%(2001年)。

Paderne

{{{市章説明}}}

Casa do concello de Paderne

自治体庁舎
Flag of Galicia.svg ガリシア州
ア・コルーニャ県
コマルカ ベタンソス
面積 39.8 km²
人口 2,672 人 (2009年)
人口密度 68.39 人/km²
Paderneの位置(スペイン内)
Paderne
Paderne
スペイン内パデルネの位置
Paderneの位置(ア・コルーニャ県内)
Paderne
Paderne
ア・コルーニャ県内パデルネの位置

北緯43度17分00秒 西経8度10分28秒 / 北緯43.28333度 西経8.17444度座標: 北緯43度17分00秒 西経8度10分28秒 / 北緯43.28333度 西経8.17444度

Situacion Paderne

地理

パデルネはア・コルーニャ県の北東部に位置し、コマルカ・デ・ベタンソスに属する。北はミーニョフラーデスと、東はイリショーアと、南はコイロスと、西はベルゴンドベタンソスと隣接している[1]。面積は39.8km²

人口

パデルネの人口は9の教区の61の集落に分散している。

パデルネの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[2]、1996年 - [3]

政治

自治体首長はガリシア社会党(PSdeG-PSOE)のセサル・ロンゴ・ケイホ(César Longo Queijo)、自治体評議員はガリシア社会党:7、ガリシア国民党(PPdeG):3、ガリシア民族主義ブロック(BNG):1となっている(2007年の自治体選挙の結果)。

教区

パデルネは9の教区に分けられている。

  • アドラゴンテ(サンティアーゴ)
  • オブレ(サント・アンドレ)
  • パデルネ(サン・ショアン)
  • キンタス(サント・エステーボ)
  • サン・パンタレオン・ダス・ビーニャス(サン・パンタレオン)
  • サン・シュリアン・デ・ビーゴ(サン・シュリアン)
  • ソウト(サンタ・マリーア)
  • ビラモウレル(サン・ショアン)
  • ビロウサス(サン・サルバドール)

参考文献・脚注

  1. ^ Dicionario Xeográfico Ilustrado de Galicia vol.18、p.73-74、Xeogal Publicacións、2009、ISBN 978-84-613-5828-1
  2. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  3. ^ Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.

外部リンク

アジャリス

アジャリス(Allariz)は、スペイン・ガリシア州オウレンセ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・アジャリス=マセーダに属する。ガリシア統計局によると、2013年の人口は6,056人(2012年:6,059人、2010年:5,910人、2009年:5,821人、2007年:5,506人、2006年:5,433人、2005年:5,351人、2004年:5,313人。2003年:5,216人)。住民呼称は、男女同形のallaricense、またはalaricano/-a。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は96.12%(2001年)。

ア・コルーニャ県

ア・コルーニャ県(ガリシア語:Provincia da Coruña)は、スペイン・ガリシア州の県。ガリシア州にある4つの県のうちの1つであり、現在の県は1833年にハビエル・デ・ブルゴスによって創設された。東は同州のルーゴ県、南はポンテベドラ県に接し、北と西は大西洋に面している。県都はア・コルーニャ。スペイン語による県名はラ・コルーニャ県(Provincia de la Coruña)であるが、ガリシア語の名称が公式名称となっている。

イリショーア

イリショーア(Irixoa)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体。コマルカ・デ・ベタンソスに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は1,502人(2009年:1,526人、2006年:1,552人、2005年:1,579人、2004年:1,619人、2003年:1,632人)である。カスティーリャ語表記はIrijoa(イリホーア)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.15%(2001年)。

エスゴス

エスゴス(Esgos)はスペイン、ガリシア州、オウレンセ県の自治体。コマルカ・デ・オウレンセとリベイラ・サクラ地区に属する。自治体住民名簿によると2009年の人口は1,234人(2003年:1,318人)。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は97.02%(2001年)。

オウレンセ県

オウレンセ県(ガリシア語: Provincia de Ourense)は、スペインのガリシア州の県で、同州で唯一海に接していない内陸県である。北は同州のルーゴ県、北から西にかけてはポンテベドラ県、東はカスティーリャ・イ・レオン州のレオン県とサモーラ県、南はポルトガルのブラガ県、ヴィラ・レアル県、ブラガンサ県と、西はポルトガルのヴィアナ・ド・カステロ県 に接している。県都はオウレンセ。カスティーリャ語表記ではProvincia de Orense(オレンセ県)。

オ・ペレイロ・デ・アギアール

オ・ペレイロ・デ・アギアール(O Pereiro de Aguiar)は、スペイン・ガリシア州オウレンセ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・オウレンセに属する。また、リベイラ・サクラ地域を構成する自治体でもある。ガリシア統計局によれば、2010年の人口は6,134人(2009年:6,135人、2003年:5,326人)、また同自治体の15歳以下の全住民人口に占める割合は11.86%となっている。カスティーリャ語での表記は定冠詞のないペレイロ・デ・アギアール(Pereiro de Aguiar)。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は96.59%(2001年)。

クルティス

クルティス(Curtis)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・ベタンソスに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は4,246人(2006年:4,287人、2005年:4,369人、2004年:4,421人、2003年:4,438人)である。住民呼称は、男女同形のcurtiense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.24%(2001年)。

コイロス

コイロス(Coirós)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体。コマルカ・デ・ベタンソスに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は1,771人(2010年:1,722人、2009年:1,713人、2008年:1,713人、2007年:1,660人、2006年:1,654人、2005年:1,654人、2004年:1,650人、2003年:1,602人)である。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.05%(2001年)。

コマルカ・デ・アジャリス=マセーダ

コマルカ・デ・アジャリス=マセーダ(Comarca de Allariz - Maceda)はスペインのガリシア州オウレンセ県のコマルカで、同県の中部に位置する。

アジャリス、バーニョス・デ・モルガス、マセーダ、パデルネ・デ・アジャリス、シュンケイラ・デ・アンビーア、シュンケイラ・デ・エスパダネードの6自治体によって構成される。

隣接するコマルカは、北がコマルカ・デ・オウレンセ、東がコマルカ・ダ・テーラ・デ・カルデーラス、南がコマルカ・ダ・リミア、西がコマルカ・ダ・テーラ・デ・セラノーバと接している。

面積は382.15km²で、2010年の人口は15,155人(2009年:15,154人、2007年:15,015人)。コマルカの中心的地区はアジャリスのサンティアゴ・デ・アジャリス教区のアジャリス地区とマセーダのマセーダ教区のマセーダ地区。

コマルカ・デ・ベタンソス

コマルカ・デ・ベタンソス(Comarca de Betanzos)はガリシア州ア・コルーニャ県のコマルカで、同県の東部に位置する。

アランガ、ベタンソス、セスーラス、コイロス、クルティス、イリショーア、ミーニョ、オサ・ドス・リオス、パデルネ、ビラルマイヨール、ビラサンタールの11自治体によって構成される。

隣接するコマルカは、北がコマルカ・ド・エウメ、東がルーゴ県のコマルカ・ダ・テーラ・チャ、南がコマルカ・ダ・テーラ・デ・メリーデ、コマルカ・デ・アルスーア、南西がコマルカ・デ・オルデス、西がコマルカ・ダ・コルーニャ。そして最北西部がリア・デ・ベタンソスに面している。

面積は677.0km²で、2010年の人口は39,621人(2007年:39,261人)。コマルカの中心となっている地区は自治体ベタンソスのベタンソス教区内のベタンソス地区。

サン・シブラーオ・ダス・ビーニャス

サン・シブラーオ・ダス・ビーニャス(San Cibrao das Viñas)はスペイン、ガリシア州、オウレンセ県の自治体、コマルカ・デ・オウレンセに属す。ガリシア統計局によると、2010年の人口は4,441人(2009年:4,310人、2004年:3,867人、2003年:3,840人)。住民呼称は、男女同形のcibrense。カスティーリャ語表記はSan Ciprián de Viñas(サン・シプリアン・デ・ビーニャス)。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は94.99%(2001年)。

シュンケイラ・デ・アンビーア

シュンケイラ・デ・アンビーア(Xunqueira de Ambía)は、スペイン、ガリシア州、オウレンセ県の自治体。コマルカ・デ・アジャリス=マセーダに属する。バーニョス・デ・モルガス、ビラール・デ・バリオ、サレアウス、サンディアス、アジャリス、パデルネ・デ・アジャリスの各自治体と接する。スペイン国立統計局によれば、2010年の人口は1,733人(2009年:1,789人、2006年:1,863人、2005年:1,901人、2004年:1,934人、2003年:1,997人)。住民呼称はxunqueirao/-rá。カスティーリャ語表記はJunquera de Ambía(フンケーラ・デ・アンビーア)。シュンケイラ・デ・アンビーアは6つの教区に分けられ、40の集落が存在する。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は99.39%(2001年)。

タボアデーラ

タボアデーラ(Taboadela)はスペイン、ガリシア州、オウレンセ県の自治体で、コマルカ・デ・オウレンセに属する。ガリシア統計局によると2009年の人口は1,697人(2003年:1,701人)。住民呼称は、男女同形のtaboadelense。

ガリシア語話者の自治体重門に占める割合は98.09%(2001年)。

バーニョス・デ・モルガス

バーニョス・デ・モルガス(Baños de Molgas)は、スペイン、ガリシア州、オウレンセ県の自治体。コマルカ・デ・アジャリス=マセーダに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は1,807人(2009年:1,846人、2006年:1,970人、2005年:2,014人、2004年:2,038人、2003年:2,088人)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.91%(2001年)。

パデルネ・デ・アジャリス

パデルネ・デ・アジャリス(Paderne de Allariz)は、スペイン、ガリシア州、オウレンセ県の自治体。コマルカ・デ・アジャリス=マセーダに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は1,601人(2010年:1,604人、2009年:1,597人、2004年:1,630人、2003年:1,643人)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は96.84%2001年)。

ベタンソス

ベタンソス(Betanzos)は、スペイン・ガリシア州ア・コルーニャ県のムニシピオ(基礎自治体)。近隣の自治体と構成するベタンソス郡の中心自治体であり、ガリシア統計局によると、2012年の人口は13,565人(2009年:13,680人、2007年:13,328人、2006年:13,165人、2005年:13,059人、2004年:12,990人、2003年:12,822人)。住民呼称はbetanceiro/-ra、またはbrigantino/-na。ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は、2001年時点において90.91%だった。

ベルゴンド

ベルゴンド(Bergondo)はスペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体。コマルカ・ダ・コルーニャに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は6,722人(2010年:6,758人、2009年:6,696人、2007年:6,540人、2006人:6,539人、2005年:6,495人、2004年:6,413人)。住民呼称はbergondés/-esa。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は90.90%(2001年)。

マセーダ

マセーダ(Maceda)は、スペイン、ガリシア州、オウレンセ県の自治体、コマルカ・デ・アジャリス=マセーダとリベイラ・サクラ地区に属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は3,139人(2004年:3,262人、2003年:3,307人)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は97.03%2001年)。

ミーニョ

ミーニョ(Miño)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体。コマルカ・デ・ベタンソスに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は5,760人(2010年:5,628人、2009年:5,488人、2007年:5,256人、2006年:5,162人、2005年:5,127人、2004年:5,089人、2003年:5,096人)。住民呼称は、男女同形のmiñense。1910年まで、自治体はカストロの名称で呼ばれた。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は94.78%(2001年)。

ア・コルーニャ県自治体

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.