バス勲章

バス勲章英語:Order of the Bath)はイギリスの騎士団勲章(Order)のひとつ。正式タイトルは「The Most Honourable Military Order of the Bath(最も名誉あるバス軍事勲章)」。1725年に現在のような勲章となった。綬の色からレッドリボンとも呼ばれている。

ヨーロッパの“Order”は中世の騎士団に由来、あるいはその制度に倣った栄典制度であり、騎士団へ入団することが栄誉とされていた。やがて騎士団の団員証である勲章も意味するようになり、その授与が栄典と見なされるようになった。このような勲章は他の種類の勲章(decoration等)と区別するために“騎士団勲章” とも表記される[1][2]"Order of the Bath" の場合は、休眠状態だった世俗騎士団の名称を受継いだ勲章騎士団である[3]

GCB mantle
バス騎士団のマント(文民用)

歴史

Knight Grand Cross of the Order of the Bath
バス騎士団の正装(19世紀)

バス騎士団は1399年に行われたヘンリー4世の戴冠式に際して創設された[4]。名称はかつて騎士の叙任式に清めの入浴(bath=風呂)を行ったことに由来する[5]。当時は団員証(勲章)が制定されておらず、ナイトの称号のみが与えられる栄典だった[6]。ただし、チャールズ2世の戴冠式(1661年)の際に75個の徽章が作成されたとされている[7]。この戴冠式の後、騎士団員への叙任が行われなくなり、実体のない騎士団となっていたが、1725年ジョージ1世によってその名を冠した勲章が制定された。当初はナイト・コンパニオンの単一等級であった。受章者は軍人が圧倒的に多かったが、1815年に3等級とされると共に文民用と軍人用に分けられて、それらのデザインも異なるものとなった。制度改正時にナイト・コンパニオンであった者はナイト・グランド・クロスへ叙された[8]。これにより、文官にも多少の叙勲枠が確保された。このように、軍人や高級官僚用の勲章であるため、1971年まで女王以外の女性に授与されることはなかった。[9][10][11]

GeorgeIKneller1714

ジョージ1世

Horatio Nelson00

バス勲章を着けたホレーショ・ネルソン。

概要

General Sir Michael Walker
ナイト・グランド・クロス章を着用した陸軍将官。
Sir Clive Loader
バス勲章ナイト・コマンダー章を着用した空軍将官

現在の階級は3等級となっており、1等は男性がナイト・グランド・クロス (Knight Grand Cross)で女性はデーム・グランド・クロス (Dame Grand Cross)、2等は男性がナイト・コマンダー (Knight Commander)で女性はデーム・コマンダー (Dame Commander)、3等はコンパニオン (Companion) である。上位2等級の受章者にはナイトの爵位が与えられ、ナイト・グランド・クロス及びデーム・グランド・クロスにはGCB、ナイト・コマンダーはKCB、デーム・コマンダーはDCB、コンパニオンはCBのポスト・ノミナル・レターズの使用が許される。騎士団の定員は、ナイト・グランド・クロス/デーム・グランド・クロスが120名、ナイト・コマンダー/デーム・コマンダーは295名、コンパニオンは1,455名と定められている[12]

軍人用は高級将校、文民用は高級官僚が主な授与対象であり、重要な役職を務めた功績に対して与えられる[13]。外国人に対しては、共和国の大統領等政府首脳級の政治家にナイト・グランド・クロスが贈られる[14]

Lord Downes

文民用ナイト・グランド・クロスの大綬章と星章を佩用した第2代ダウンズ男爵ユリシーズ・バーグ

Insignia of Civil GCB

文民用ナイト・グランド・クロスの頸飾と星章。

文民用ナイト・グランド・クロスの大綬章と星章。

Order of bath star

文民用ナイト・グランド・クロスの星章。

Sir Richard Johns

バス勲章ナイト・グランド・クロスを着用した空軍将官リチャード・ジョンズ。

Insignia of Military GCB

軍人用ナイト・グランド・クロスの頸飾と星章。

Order of the Bath - Breast Star

軍人用ナイト・コマンダー星章。

Order of the Bath DSC05151

軍人用コンパニオンの中綬章。

日本人では伊藤博文が最初に受章し、その後は乃木希典1912年)、桂太郎竹下勇らが受章している[15]

Maresuke Nogi, 近世名士写真 其1 - Photo only

軍人用ナイト・グランド・クロスの星章を着用した乃木希典。

11 KatsuraT

文民用ナイト・グランド・クロスの頸飾と星章を着用した桂太郎。

脚注

  1. ^ 小川 P 147
  2. ^ 毎日新聞社
  3. ^ 君塚 P 253
  4. ^ 君塚 P 253
  5. ^ 英王室公式サイト
  6. ^ 君塚 P 253
  7. ^ 英王室公式サイト
  8. ^ The London Gazette: no. 16972. pp. 17–18. 1815年1月4日。2013年2月14日閲覧。
  9. ^ 君塚 P 253-258
  10. ^ 英王室公式サイト
  11. ^ 小川 P 92
  12. ^ 英王室公式サイト
  13. ^ 小川 第4章
  14. ^ 君塚 P 255
  15. ^ 君塚 P 255

参考資料

書籍等

  • 小川賢治『勲章の社会学』晃洋書房、2009年3月。ISBN 978-4-7710-2039-9。
  • 君塚直隆『女王陛下のブルーリボン-ガーター勲章とイギリス外交-』NTT出版、2004年。ISBN 4757140738。
  • 総理府賞勲局監修『勲章』毎日新聞社、1976年(昭和51年)。
  • London Gazette: no. 56878. 14 March 2003. Supplement No.1.

外部リンク

関連項目

アブドゥッラー2世

アブドゥッラー2世・ビン・アル=フセイン(アラビア語: عبد الله الثاني بن الحسين‎, ラテン文字転写: Abdullāh aṯ-Ṯānī bin al-Ḥusayn、1962年1月30日 - )は、ヨルダン国王(在位:1999年2月7日 - )。

アーサー (コノート公)

初代コノート=ストラサーン公爵アーサー王子(英語: Prince Arthur, 1st Duke of Connaught and Strathearn、全名:アーサー・ウィリアム・パトリック・アルバート(英語: Arthur William Patrick Albert))、1850年5月1日 - 1942年1月16日)は、イギリスの王族。

ヴィクトリア女王の三男であり、主に陸軍軍人として活躍した。最終階級は陸軍元帥。1911年から1916年にかけてはカナダ総督を務めた。

オーラヴ5世 (ノルウェー王)

オーラヴ5世(ノルウェー語: Olav V,1903年7月2日 - 1991年1月17日)は、ノルウェー国王(在位:1957年 - 1991年)。

ジャック・シラク

ジャック・ルネ・シラク( Jacques René Chirac, 1932年11月29日 - )は、フランスの政治家。国民運動連合所属。

ヴァレリー・ジスカール・デスタン大統領、及び第1次コアビタシオンで大統領のフランソワ・ミッテランのもとで首相(在任・1974年5月27日 - 1976年8月26日、1986年3月20日 - 1988年5月10日)、第22代フランス大統領(第五共和政)およびアンドラ公国共同元首(在任・1995年5月17日 - 2007年5月16日)を歴任した。

ジョージ・マーシャル

ジョージ・キャトレット・マーシャル・ジュニア(英語: George Catlett Marshall, Jr.、1880年12月31日 - 1959年10月16日)は、アメリカ合衆国の陸軍軍人、政治家。最終階級は元帥。第二次世界大戦中の陸軍参謀総長としてアメリカを勝利に導き、戦後は政治家として第50代国務長官、第3代国防長官を歴任し、マーシャル・プランによってヨーロッパ復興を指導した。ウェストポイント以外の出身者として異例の出世をしている。

スタッフォード・ノースコート (初代イデスリー伯爵)

初代イデスリー伯爵スタッフォード・ヘンリー・ノースコート(英: Stafford Henry Northcote, 1st Earl of Iddesleigh, 、1818年10月27日 - 1887年1月12日)は、イギリスの政治家、貴族。

ヴィクトリア朝の保守党政権で閣僚職を歴任した。1881年に保守党党首ベンジャミン・ディズレーリが死去すると貴族院保守党の指導者ソールズベリー侯爵とともに党首を務めた。しかし庶民院保守党を固めきれず、やがてソールズベリー侯爵が保守党の主導的地位を確立していき、1885年の保守党の政権奪還の際にもソールズベリー侯爵が首相職に就いている。

イデスリー伯爵位を与えられる前の1851年から1885年にかけてはサー・スタッフォード・ノースコート准男爵の称号を使用した。

チェスター・ニミッツ

チェスター・ウィリアム・ニミッツ・シニア(Chester William Nimitz, Sr. 1885年2月24日 - 1966年2月20日)は、アメリカ海軍の軍人、最終階級は海軍元帥(Fleet Admiral of the United States Navy)。テキサス州出身。第二次世界大戦中のアメリカ太平洋艦隊司令長官兼太平洋戦域最高司令官(Commander in Chief, United States Pacific Fleet and Commander in Chief, Pacific Ocean Areas. 略称CINCPAC-CINCPOA)として日本軍と戦った。

チャールズ (プリンス・オブ・ウェールズ)

ウェールズ公チャールズ王子(Prince Charles, The Prince of Wales 、洗礼名: チャールズ・フィリップ・アーサー・ジョージ(Charles Philip Arthur George )、1948年11月14日 - )は、イギリスの王族。王位の法定推定相続人で、第21代ウェールズ公(プリンス・オブ・ウェールズ)。イギリス陸海空軍元帥。公邸はクラレンス・ハウス。

母・エリザベス2世が1952年2月6日に女王に即位して以来、67年間王位継承順位第1位であり(法定推定相続人として世界歴代最長記録、プリンス・オブ・ウェールズとしての期間も61年間で最長記録)、70歳での法定推定相続人は2019年現在、世界第2位の年長者である。

バーナード・モントゴメリー

初代アラメインのモントゴメリー子爵 バーナード・ロー・モントゴメリー(英: Bernard Law Montgomery, 1st Viscount Montgomery of Alamein, 、1887年11月17日 - 1976年3月24日)はイギリスの陸軍軍人、政治家。モンティ(Monty)の愛称で呼ばれた。又、モンゴメリーと呼ばれることもある。

モントゴメリーは十分な軍備を整えた上で作戦行動に移ることを基本方針としたため、批判もされたが確実な勝利を得る堅実さで部下の士気を高めた。

モントゴメリーとゲオルギー・ジューコフは、第二次大戦中最も成功した「守備的な将軍」だったとも評されている。

ホレーショ・ネルソン (初代ネルソン子爵)

初代ネルソン子爵ホレーショ・ネルソン(英: Horatio Nelson, 1st Viscount Nelson KB, 1758年9月29日 - 1805年10月21日)は、アメリカ独立戦争、ナポレオン戦争などで活躍したイギリス海軍提督。ナイルの海戦でフランス艦隊を壊滅させる武功を挙げた。さらにトラファルガー海戦でフランス・スペイン連合艦隊に対して戦史上まれに見る大勝利を収めてナポレオンによる制海権獲得・英本土侵攻を阻止したが、自身は同海戦で戦死した。イギリス最大の英雄とされる。

ラルフ・アバークロンビー (軍人)

サー・ラルフ・アバークロンビー(Sir Ralph Abercromby(またはAbercrombie)、1734年10月7日 – 1801年3月28日)は、イギリス陸軍中将、バス勲爵士(KB)。ナポレオン戦争での活動によって知られている。

レズリー・スティーヴン

レズリー・スティーヴン(Leslie Stephen、1832年11月28日 - 1904年2月22日)はイギリスの文学史家、思想史家、登山家。『英国人名辞典』の主幹。画家ヴァネッサ・ベル、小説家ヴァージニア・ウルフは娘にあたる。

ヴァーツラフ・ハヴェル

ヴァーツラフ・ハヴェル(Václav Havel、1936年10月5日 - 2011年12月18日)は、チェコの劇作家、チェコスロバキア大統領(1989年 - 1992年)、チェコ共和国初代大統領(1993年 - 2003年)。プラハ生まれ。

伏見宮貞愛親王

伏見宮貞愛親王(ふしみのみや さだなるしんのう、1858年6月9日(安政5年4月28日) - 1923年(大正12年)2月4日)は、日本の皇族、陸軍軍人、帝国軍人後援会総裁(初代)。官位は元帥陸軍大将大勲位功二級内大臣。伏見宮邦家親王第14王子。母は鷹司政煕の女鷹司景子。伏見宮第22代および第24代。

寺内正毅

寺内 正毅(てらうち まさたけ、旧字体: 寺內 正毅、嘉永5年2月5日(1852年2月24日) - 大正8年(1919年)11月3日)は、日本の武士(長州藩士)、陸軍軍人、政治家。階級は元帥陸軍大将。位階は従一位。勲等は大勲位。功級は功一級。爵位は伯爵。

書の雅号は桜圃、魯庵。「ビリケン宰相」の異名を持つ。

陸軍大臣(第7代)、外務大臣臨時兼任(第2次桂内閣・寺内内閣)、韓国統監(第3代)、朝鮮総督(初代)、内閣総理大臣(第18代)、大蔵大臣(第19代)などを歴任した。

明治から大正にかけて陸軍軍人として活躍し、第1次桂内閣では児玉源太郎の後任として陸軍大臣に就任した。以来、第1次西園寺内閣や第2次桂内閣でも陸軍大臣を務めた。その後、曾禰荒助の後任として韓国統監に就任し、日本への併合を推し進めた。韓国併合後は朝鮮総督に就任した。のちに内地に帰還すると、寺内内閣を発足させ、内閣総理大臣を務めるとともに、外務大臣や大蔵大臣といった国務大臣を兼任した。元帥府に列せられていることから、階級を呼称する際には元帥の称号を冠して「元帥陸軍大将」と称される。

小村壽太郎

小村 寿太郎(こむら じゅたろう、正体字:壽太郞、1855年10月26日(安政2年9月16日) - 1911年(明治44年)11月26日)は、日本の外交官、政治家。外務大臣、貴族院議員(侯爵終身)などを務めた。侯爵。初代拓務次官の小村欣一は長男。

斎藤実

斎藤 実(さいとう まこと、旧字体:齋藤 實、1858年12月2日(安政5年10月27日) - 1936年(昭和11年)2月26日)は、日本の海軍軍人、政治家。階級は海軍大将。位階は従一位。勲等は大勲位。功級は功二級。爵位は子爵。出生時の名前は富五郎(とみごろう)といったが、海軍兵学校卒業後に改名した。号は皋水(こうすい)。

第一次西園寺・第二次桂・第二次西園寺・第三次桂・第一次山本の5内閣で海軍大臣を務めた後、シーメンス汚職事件により大臣を引責辞任した。その後、ジュネーブ海軍軍縮会議の主席全権を務め、朝鮮総督を2期務めているあいだに、子爵を授爵。

犬養毅首相が海軍将校らによって殺害された五・一五事件のあとの第30代内閣総理大臣として、陸軍関東軍による前年からの満州事変など混迷した政局に対処し、満州国を認めなかった国際連盟を脱退しながらも、2年1か月という当時としては長い政権を保ったが、帝人事件での政府批判の高まりにより内閣総辞職した。その後内大臣となって宮中にまわったが、直後に二・二六事件で暗殺された。

桂太郎

桂 太郎(かつら たろう、弘化4年11月28日(1848年1月4日) - 大正2年(1913年)10月10日)は、日本の武士(長州藩士)、陸軍軍人、政治家。階級は陸軍大将。位階勲等功級爵位は、従一位大勲位功三級公爵。諱は清澄(きよずみ)。幼名は寿熊、左中。号は海城。元老・井上馨とは義理の親子の関係。

児玉源太郎、川上操六とともに、「明治陸軍の三羽烏」とされる。

台湾総督(第2代)、陸軍大臣(第5代)、内務大臣(第18代)、文部大臣(第23代)、大蔵大臣(第13代)、貴族院議員、内大臣、外務大臣(第17代)内閣総理大臣(第11代、13代、15代)などを歴任した。総理大臣在任日数2886日はこれまでで最も長い。元老の一人であったという説もある

聖マイケル・聖ジョージ勲章

聖マイケル・聖ジョージ勲章(Order of St Michael and St George)はグレートブリテン及び北アイルランド連合王国の騎士団勲章。正式タイトルは“The Most Distinguished Order of Saint Michael and Saint George”。

イギリスの栄典

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.