バイヨーナ

バイヨーナBaiona)はスペインガリシア州ポンテベドラ県の自治体で、コマルカ・デ・ビーゴに属する。ガリシア統計局によると、2012年の人口は12,063人(2011年:12,258人、2009年:12,091人)となっている[1]。住民呼称はbaionés/-esa。カスティーリャ語表記はBayona(バヨーナ)。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は93.35%(2001年)。

Baiona

{{{市旗説明}}}
  
{{{市章説明}}}

Vista do porto de Baiona desde Monterreal-cropped

Flag of Galicia.svg ガリシア州
Flag Pontevedra Province.svg ポンテベドラ県
コマルカ ビーゴ
司法管轄区 ビーゴ
面積 34.5 km²
人口 12,063 人 (2012年)[1]
人口密度 349.65 人/km²
住民呼称 baionés/-esa
ガリシア語率 93.35% (2011年[2]
自治体首長
(2011年)
ヘスス・バスケス・アルムイーニャ
PPdeG
Baionaの位置(スペイン内)
Baiona
Baiona
スペイン内バイヨーナの位置
Baionaの位置(ポンテベドラ県内)
Baiona
Baiona
ポンテベドラ県内バイヨーナの位置

北緯42度07分 西経8度50分 / 北緯42.117度 西経8.833度座標: 北緯42度07分 西経8度50分 / 北緯42.117度 西経8.833度

Estuario del Río Miñor
バイヨーナに近い入江

地理

バイヨーナは、ポンテベドラ県の西南部に位置し、コマルカ・デ・ビーゴに属する。北は大西洋、リア・デ・バイヨーナに面し、ニグランと、東はゴンドマールトミーニョと、南はオイアの各自治体と接している、自治体の中心地区はバイヨーナ教区のバイヨーナ地区[3]

バイヨーナは最高地点600mを超える内陸部と、大西洋につながるリア(入江)に面した海岸部の二つの地域に分けられる。気候は温暖である。

バイヨーナはビーゴ司法管轄区に属す[4]

人口

自治体人口の25%は中心地区のバイヨーナ教区に居住している。

バイヨーナの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[5]、1996年 - [6]

歴史

バイヨーナの創設は紀元前140年にさかのぼる。1201年5月7日アルフォンソ9世より、エリサーナと呼ばれていた名称をバイヨーナに変えるCarta Póboaが与えられた。1493年3月1日マルティン・アロンソ・ピンソンに率いられたピンタ号が寄港した。コロンブスの第1回目の航海の、スペインへの帰還で最初に寄港した港がバイヨーナの港であった。

経済

主要な経済は観光業で、特にパラドールは重要である。また農業は、自家用が多いものの、一部は出荷されている。水産業は、沿岸漁業と貝などの魚介類採集がおこなわれている。

政治

自治体首長はガリシア国民党(PPdeG)のヘスス・バスケス・アルムイーニャ(Jesús Vázquez Almuíña[7]、自治体評議員はガリシア国民党:10、ガリシア社会党(PSdeG-PSOE):4、ガリシア民族主義ブロック(BNG):2、ガリシア連合・進歩・民主主義(UPyD):1となっている(2011年5月22日の自治体選挙結果、得票順)[8]

1999年6月13日自治体選挙[8]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 2,499 40.50% 7
VIB[9] 1,316 21.33% 4
PSdeG-PSOE 776 12.57% 2
BNG 745 12.07% 2
ABI[10] 733 11.88% 2

首長当選者:エミリオ・イグレシアス・アルバレス(PSdeG-PSOE)

2003年5月25日自治体選挙[8]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 1,790 26.99% 5
PSdeG-PSOE 1,623 24.47% 5
VIB 1,130 17.04% 3
CMÑ[11] 934 14.08% 2
BNG 721 10.87% 2
PDB[12] 171 2.58% 0
UBI[13] 171 2.58% 0

首長当選者:ルイス・カルロス・デ・ラ・ペーニャ(PSdeG-PSOE)

2007年5月27日自治体選挙[8]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 3,129 44.27% 8
PSdeG-PSOE 2,270 32.12% 6
BNG 766 10.84% 2
CMÑ 508 7.19% 1
VIB 279 3.95% 0

首長当選者:ヘスス・バスケス・アルムイーニャ(PPdeG)

2011年5月22日自治体選挙[8]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 3,596 52.44% 10
PSdeG-PSOE 1,565 22.82% 4
BNG 952 13.88% 2
UPyD 557 8.12% 1

首長当選者:ヘスス・バスケス・アルムイーニャ(PPdeG)

教区

バイヨーナは5つの教区に分けられる。太字は自治体中心地区のある教区[3]

  • バイーニャ(サンタ・マリーニャ)
  • バイヨーナ(サンタ・マリーア・デ・フォラ)
  • バレード(サンタ・マリーア)
  • ベレサール(サン・ロウレンソ)
  • サンタ・クリスティーナ・ダ・ラマジョーサ(サンタ・クリスティーナ)

参考文献・脚注

  1. ^ a b IGE(ガリシア統計局)” (ガリシア語). ガリシア自治州政府. 2013年12月29日閲覧。
  2. ^ Neira, Carlos (ガリシア語), Evolución no uso do galego por concellos, Praza Pública.
  3. ^ a b Dicionario Xeográfico Ilustrado de Galicia vol.2、p.310-312、Xeogal Publicacións、2009、ISBN 978-84-613-5811-3
  4. ^ Vigo, partido judicial nº3 de Pontevedra” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2012年9月2日閲覧。
  5. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  6. ^ Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.
  7. ^ Alcaldes Elecciones 2011” (スペイン語). Gobierno de España, Ministerio de Política Territorial y Administración Pública. 2012年9月2日閲覧。
  8. ^ a b c d e Consulta de Resultados Electorales” (スペイン語). Gobierno de España, Ministerio de Interior, Subsecretaría Dirección General de Política Interior. 2012年9月2日閲覧。
  9. ^ VIBはVecinos Independientes de Baiona(バイヨーナの無所属住民)、ローカル政党。
  10. ^ ABIはAlternativa de Baioneses Independientes、ローカル政党。
  11. ^ CMÑはCoalición Miñorana(ミニョール連合)、ローカル政党。
  12. ^ PDBはPartido Democrático Baiona(バイヨーナ民主党)、ローカル政党。
  13. ^ UBIはUnión Bayoneses Independientes(バイヨーナ無所属連合)、ローカル政党。
オイア

オイア(Oia)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ド・バイショ・ミーニョに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は3,197人(2009年:3,227人)である。住民呼称は、男女同形のoiense。カスティーリャ語による表記はOya。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.0%(2001年)。

オ・ロサル

オ・ロサル(O Rosal)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ド・バイショ・ミーニョに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は6,595人(2009年:6,570人)である。カスティーリャ語による表記はEl Rosal。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は96.21%(2001年)。

カトイラ

カトイラ(Catoira)は、スペイン・ガリシア州ポンテベドラ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・カルダスに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は3,469人(2009年:3,473人、2008年:3,485人、2005年:3,502人、2004年:3,510人)である。住民呼称は、男女同形のcatoirense。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は97.69%(2001年)。

カンポ・ラメイロ

カンポ・ラメイロ(Campo Lameiro)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・ポンテベドラに属する。ガリシア統計局の2009年の人口調査では、自治体人口は2,084人である。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.98%(2001年)。

クレセンテ

クレセンテ(Crecente)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ダ・パラダンタに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は2,540人(2009年:2,596人)。住民呼称は、男女同形のcrecentense。カスティーリャ語による表記はCreciente(クレシエンテ)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.32%(2001年)。

クンティス

クンティス(Cuntis)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・カルダスに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は5,115人(2009年:5,133人、2005年:5,340人)。住民呼称は、男女同形のcuntiense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.53%(2001年)。

コマルカ・デ・ビーゴ

コマルカ・デ・ビーゴ(Comarca de Vigo)はガリシア州ポンテベドラ県のコマルカで、同県の南部に位置する。

バイヨーナ、フォルネーロス・デ・モンテス、ゴンドマール、モス、ニグラン、パソス・デ・ボルベン、オ・ポリーニョ、レドンデーラ、サルセーダ・デ・カセーラス、ソウトマイヨール、ビーゴの11の自治体によって構成される。

隣接するコマルカは、北がコマルカ・デ・ポンテベドラとコマルカ・デ・タベイロス=テーラ・デ・モンテス、東がコマルカ・ド・リベイロ(オウレンセ県)とコマルカ・ダ・パラダンタとコマルカ・ド・コンダード、西はリア・デ・ビーゴに面している。リア・デ・ビーゴの対岸はコマルカ・ド・モラソ。

面積は613.4km²で、2010年の人口は424,656人(2007年:418,025人)である。コマルカの中心自治体はビーゴ。

ゴンドマール (スペイン)

ゴンドマール(Gondomar)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体で、コマルカ・デ・ビーゴに属する。ガリシア統計局によると2012年の人口は13,954人(2009年の人口は13,841人)。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は95.64%(2001年)。

セルデード

セルデード(Cerdedo)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体で、コマルカ・デ・タベイロス=テーラ・デ・モンテスに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は2,297人(2009:2,290人、2005年:2,333人)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は97.93%(2001年)。

トミーニョ

トミーニョ(Tomiño)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ド・バイショ・ミーニョに属する。ガリシア統計局によると、2012年の人口は13,738人(2010年:13,492人、2009年:13,315人)である。住民呼称はtomiñés/-esa。面積は106.6km²。ミーニョ川とリア・デ・ビーゴに挟まれた、伝統的にトゥロニオ(Turonio)と呼ばれた地域に位置している。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は97.02%(2001年)。

ニグラン

ニグラン(Nigrán)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体で、コマルカ・デ・ビーゴに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は18,021人(2008年:17,869人)。住民呼称はnigranés/-esa。

ニグランは歴史的にはコマルカ・デ・バル・ミニョール(gl:Val Miñor: バイヨーナ、ニグラン、ゴンドマールの各自治体によって構成)に属していたが、ビーゴ都市圏の拡大に伴い、21世紀初頭に現在のように再編された。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は89.93%(2001年)。

ビーゴ (スペイン)

ビーゴ(Vigo)は、スペイン・ガリシア州ポンテベドラ県にあるムニシピオ(基礎自治体)。大西洋のリア・デ・ビーゴ(Ría de Vigo)に沿って広がる港湾都市であり、スペイン最大の漁港がある。

ガリシア統計局によると2014年の人口は294.997人(2012年:297,355人、2010年:97,124人)で、州都サンティアゴ・デ・コンポステーラや県都ポンテベドラよりも人口が多く、ガリシア州最大の都市であり、ガリシア一の工業都市でもある。

また、オ・ポリーニョ、バイヨーナ、フォルネーロス・デ・モンテス、ゴンドマール、モス、ニグラン、パソス・デ・ボルベン、レドンデーラ、サルセーダ・デ・カセーラス、ソウトマイヨールなどの周辺自治体とコマルカ(コマルカ・デ・ビーゴ、州と市の中間単位)を形成している。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は15.42%(2011年)。

フアン・セバスティアン・エルカーノ

フアン・セバスティアン・エルカーノ(Juan Sebastián Elcano、1476年 - 1526年8月4日)はスペイン王国に仕えたスペインの探検家(バスク人)である。スペインのバスク地方・ギプスコア地域、ゲタリア出身。

フェルディナンド・マゼランの船団の指揮を引き継ぎ、1522年に史上初となる世界周航を達成した。姓はデル・カーノ(del Cano)とする場合や、エルカーノ(Elkano)と綴られる場合がある。複合名の後半部分のセバスティアンは日本では通例「セバスチャン」と表記される。

ブエウ

ブエウ(Bueu)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ド・モラソに属する。ガリシア統計局によると2011年の人口は12,438人(2009年:12,331人、2004年12,483人)、面積は30.8km²で、人口密度は400.9人/km²である。住民呼称は、男女同形のbuenense、伝統的な形式であるbueueiro/-aも使われる。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は96.88%(2001年)。

ブエルタ・ア・エスパーニャ2016

ブエルタ・ア・エスパーニャ2016(スペイン語: Vuelta a España 2016)は、ブエルタ・ア・エスパーニャの第71回目の大会である。2016年8月20日から9月11日まで行われた。

ポンテベドラ県

ポンテベドラ県(Provincia de Pontevedra)は、スペインのガリシア州の県で、1833年ハビエル・デ・ブルゴスによって創設された。北は同州のア・コルーニャ県、東は同州のルーゴ県とオウレンセ県、南はポルトガルに接し、西は大西洋に面している。県都はポンテベドラ。

モアーニャ

モアーニャ(Moaña)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ド・モラソに属する。ガリシア統計局によると、2013年の人口は19,309人(2010年:19,231人、2009年:29,014人)。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は97.01%(2001年)。

モラーニャ

モラーニャ(Moraña)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・カルダスに属する。ガリシア統計局によると2009年の人口は、4,411人。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.76%(2001年)。

ロデイロ

ロデイロ(Rodeiro)は、スペイン・ガリシア州ポンテベドラ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・デサに属する。ガリシア統計局によると、2016年の人口は2,644人。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は99.24%(2001年)。

Flag Pontevedra Province.svg ポンテベドラ県自治体

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.