ハイム・メナヘム・ラビン

ハイム・メナヘム・ラビンChaim Menachem Rabin, Chayyim Mnachem Rabbin, 1915年 - 1996年)はドイツギーセン出身のイスラエルセム語学者・ヘブライ語学者。

専門はヘブライ語学の全領域、アラビア語その他にもわたっているが、特に聖書の古代語訳、死海文書、中世各種ヘブライ語写本に詳しく、ヘブライ大学校訂版の聖書の編集を主幹として行った。

イスラエルで刊行されている現代イスラエル・ヘブライ語の語学辞典はハイム・ラビンの指導によるものが多い。また、イスラエル人の翻訳者訓練の創始者でもある。 ヘブライ語アカデミー会員。

著作

外部リンク

イスラエル人の一覧

イスラエル人の一覧(イスラエルじんのいちらん)

ヘブライ大学

ヘブライ大学(ヘブライ語:האוניברסיטה העברית בירושלים - Hebrew University of Jerusalem)は、イスラエルの国立大学である。

メナヘム (曖昧さ回避)

メナヘムは、ヘブライ語の男性名。「慰められた」という意味を持つ。

メナヘム - 古代イスラエル王国の王。

メナヘム (ガリラヤ) - 1世紀のパレスチナで活動したシカリ派のリーダー。

メナヘム・ゴーラン - イスラエルの映画監督、プロデューサー。

メナヘム・ベギン - イスラエルの政治家。

ハイム・メナヘム・ラビン - ドイツ出身のイスラエルのセム語・ヘブライ語学者。

ラビン

ラビンは、ヘブライ語の人名またはクロアチア語の地名。

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.