ハアレツ

ハアレツヘブライ語: הארץ‎, 英語: Haaretz )は、イスラエル新聞である。新聞の名称のハアレツは、直訳すると「その土地」であり、世界に流浪していたユダヤ人の間で故国イスラエルのことを指す言葉として使われていた。

Newspapers
ハアレツ紙(英語版とヘブライ語版)

概要

論調は中道左派で、労働党に近いとされる。全体的にはシオニズムに属しているが、一部の記事はパレスチナ側に立ったポスト・シオニストの観点もみられる。

イスラエルの新聞社では、大衆紙の『イェディオト・アハロノト』、右派の『エルサレム・ポスト』と共に、英語オンライン版が発行されている。2003年の総選挙前に、アリエル・シャロン首相が、1999年のリクード党首選の際に、2人の息子を窓口に南アフリカの実業家から150万ドル相当の闇献金授受をスクープしたことでも知られる。

パレスチナ問題では、ポスト・シオニストのギデオン・レヴィגדעון לוי)、アミラ・ハスעמירה הס)、イツハク・ラオール(יצחק לאור)らがパレスチナ支援の論陣を張っている。

沿革

ハアレツは1918年にパレスチナの英軍の出資の下、新聞紙として発刊された。

1919年には、それをロシアのシオニスト達が引き継ついだ。誌名は、当初は「ハダショット・ハアレツ」(חדשות הארץ、かの土地の知らせ)と呼ばれたが、その後、短く「ハアレツ」と変更された。その出版部は、当時の主要なユダヤ人記者達を惹きつけた。

当初はエルサレムで発刊されていたが、3年後の1922年12月31日に拠点をテルアビブに移し、1922年から1937年にかけてモーシェ・グラックソンの指導の下、出版は続けられた。

テル・アヴィブの英国当局は、将来の広告に対して前もって広告料を払うことによって、この新聞を経済的に支持した。そして、1937年には、ドイツのシオニスト穏健派であり、デパートチェーンを経営していたサルマン・ショキンが、この新聞を買収した。1939年には息子のグリソム・ショキンが編集長となり、1990年の晩年まで、その地位に留まった。

経営

新聞の編集指針は、1939年から1990年まで編集長をしていたグリソム・ショキンによって決定され、ショキン一家がこの新聞を保有した。編集責任者は、2004年4月、デビット・ランダウハノッチ・マーマリヨエル・エストロンから引き継ぐ形で就任し、そのランダウも、2008年4月にデヴィ・アフロンに交代し、2011年8月からアルフ・ベンが今の責任者である。

一方、英語版の編集者は2005年から2007年までアダル・プリモル(אדר פרימור)で、その後、シャルロッテ・ヘラ(Charlotte Halle)が、2007年に英語版編集経営部門の責任者になり、2008年2月には印刷部門の管轄も兼ねた。

また、株式について言うなら、2006年8月にドイツの出版大手デュモン・シャウベルクがハアレツ・グループのそれの25%を保有した。このドイツの報道機関はケルンに本拠を置き、4つの日刊紙と他12種の紙媒体と複数のラジオ局番を保有している。また、ドイツのイスラエル大使、アヴィ・プリモルאבי פרימור)の支持を受けた。

論調

左翼的、リベラルな論陣が特徴であるハアレツであるが、このことが一部の親イスラエルロビー団体や、競合紙である「エルサレム・ポスト」などの右派メディアから批判されている。2001年には「CAMERA」(en)という親イスラエルのメディア・ウォッチ団体が、ハアレツを「反シオニズム」「反イスラエル」と批判した[1]。だが、イェディオト・アハロノトアルーツ・シェバイスラエル・ポストエルサレム・ポストの系列紙)、イスラエル・ハヨムマコール・リションマアリヴといった他のイスラエル・メディアは右翼的な論陣を張ることが多く、その中でハアレツはジャーナリズムの核心である権力階級の監視、批判をためらわないことを評価する見方もある。ハアレツはイスラエル国内での高級紙としての地位を保ち、日本でも国立国会図書館やアジア経済研究所の図書館などで定期購読されている。

しかしながら、イスラエル国内での「ハアレツ」紙の購読割合は非常に低く、「ビビ新聞」(ネタニヤフ首相に肯定的なことから)などと呼ばれる右翼の大衆紙「イスラエル・ハヨム」や、同じく著名な大衆紙「イェディオト・アハロノト」などには遠く及んでいない[2]

著名な出身者

脚注

  1. ^ "Ha’aretz Fuels Anti-Israel Bias"CAMERA公式サイト 2001年8月6日
  2. ^ http://b.walla.co.il/item/2982163 סקר TGI מחצית 2016: "ישראל היום" מגדיל את הפער; "הארץ" קורס

参考文献

外部リンク

アイアンドーム

アイアンドーム(英語: Iron Dome、(ヘブライ語: כִּפַּת בַּרְזֶל‎、kipat barzel)は、Counter-RAMに分類されるイスラエルの防空システム。ラファエル・アドバンスド・ディフェンス・システムズとイスラエル国防軍により共同開発された。

アヴィグドール・リーベルマン

アヴィグドール・リーベルマン(Avigdor Lieberman、ヘブライ語:אביגדור ליברמן、)、生名:イヴェト・リーベルマン(Evet Lvovich Lieberman、ロシア語:Эве́т Льво́вич Ли́берман) は、モルドバ出身のイスラエルの政治家。イスラエル国外務大臣を務めるも、2012年12月に辞任(後述)したが、翌年11月外相に復帰した。2018年時点ではネタニヤフ首相が外務大臣を兼任している。ロシア系ユダヤ人。イスラエル国会議員で当選4回。極右政党「イスラエル我が家」の現党首。カタカナ表記は「リーバーマン」とも。

イスラエル

イスラエル国

מדינת ישראל‎دولة إسرائيل‎

国の標語:不明

国歌: התקווה (ヘブライ語)希望

イスラエル国(イスラエルこく、ヘブライ語: מְדִינַת יִשְׂרָאֵל‎ メディナット・イスラエル、アラビア語: دَوْلَة إِسْرَائِيل‎ ダウラト・イスラーイール、英語: State of Israel [ˈɪzrɪəl, ˈɪzreɪəl])、通称イスラエルは、中東のレバントに位置する国家。北にレバノン、北東にシリア、東にヨルダン、南にエジプトと接する。ガザ地区とヨルダン川西岸地区を支配するパレスチナ自治政府(パレスチナ国)とは南西および東で接する。地中海および紅海にも面している。

イスラエルは、シオニズム運動を経て1948年5月14日に建国された。建国の経緯に根ざす問題は多い。版図に関するものではパレスチナ問題がよく報道される。

ガザ侵攻 (2014年)

ガザ侵攻(ガザしんこう)は、2014年にイスラエル国防軍とパレスチナ自治区のガザ地区を統治するハマース(他にイスラーム聖戦などの武装勢力が存在)との間で行われた紛争。8月26日の無期限停戦で一応終息した。

ギルアド・シャリート

ギルアド・シャリート(ギラッド・シャリットとも ヘブライ語:גלעד שליט、ラテン文字転写:Gilad Shalit、1986年8月28日 - )は、イスラエル国防軍の兵士である。同国にて拘束中の パレスチナ人テロリストの解放を要求するテロ組織によって誘拐、2011年10月18日まで5年半、1941日間にわたり監禁されていた。イスラエルとフランスの二重国籍を保有している。

クネセト

クネセト(ヘブライ語: כנסת‎, アラビア語: كنيست‎)は、イスラエルの立法府である。

シャス

シャス(Shas、ヘブライ語:ש״ס)、正式名称・「トーラーを遵奉するスファラディー同盟」(Shisha Sedarim)は、イスラエルの政党。超正統派を代表する宗教政党で現在は与党。1984年に創設され、同年の総選挙で初めて議席を得る。党首はアリエ・デライ。党の精神的指導者はオワディヤ・ヨセフ師(2013年10月7日死去)。エルサレムに本部を置く。

トルコ軍

トルコ軍(トルコぐん、トルコ語: Türk Silahlı Kuvvetleri)は、ヨーロッパ大陸と小アジアにまたがるトルコ共和国の軍隊。兵員数は約65万人で、兵員規模に関しては北大西洋条約機構(NATO)加盟国で第2位に位置する。

最高指揮権は平時には大統領に属し、戦時には参謀総長(Genelkurmay Başkanı)に属すると憲法によって規定されている。

参謀総長の地位は事実上、陸軍の指定席である。独自の核戦力は保持していないが、2005年まではアメリカ合衆国とニュークリア・シェアリングを行い、核抑止を行っていた。またキューバ危機の解決策として撤去されるまで、核弾頭を搭載したアメリカの準中距離弾道ミサイル(MRBM)「ジュピター」がソ連に向けて配備されていた。

国父アタテュルク以来の国是である世俗主義原則などの体制の守護者を任じ、1960年、1980年の2度の軍事クーデターと2016年にも軍事クーデター未遂を起こすなど、政治色の強い軍隊として知られ、現在でも高い政治的発言力を持つ。

ハニーン・ゾービ

ハニーン・ゾービ(ゾアビ、またはズアビーとも 1969年5月23日 ヘブライ語:חנין זועבי アラビア語:حنين زعبي)は、イスラエルの女性政治家。アラブ系イスラエル人(彼女自身はパレスチナ人であると述べている)。所属政党はバラド。スンナ派イスラム教徒。

バラド

バラド(ヘブライ語:בל"ד 、アラビア語: بلد‎、正式名「国民民主集団」)は、イスラエルの政党。アラブ系イスラエル人政党。1995年結党。現在の党首はジャマール・ザハールカ。2013年のクネセト選挙では3議席を獲得した。

パレスチナ問題

パレスチナ・イスラエル問題と表記することもある。

ベト・シェメシュ

ベト・シェメシュ (ヘブライ語: בֵּית שֶׁמֶשׁ‎、ギリシア語: Βαιθσαμύς、ラテン語: Bethsames) は、イスラエルのエルサレム地区にあるエルサレムの30キロメートルほど西にある都市であり、2010年の人口は80,600人である。ベト・シェメシュの歴史は聖書時代以前に遡る。現在のベト・シェメシュの都市は1950年に建設された。

ベンヤミン・ネタニヤフ

ベンヤミン・ネタニヤフ(בנימין נתניהו, Benjamin Netanyahu, またはBinyamin, ネタニヤウ、若しくはナタニヤウの方がより原音に近い、1949年10月21日 - )は、イスラエルの軍人、政治家。現在、同国首相(13・17代)。外相(17代)、財務相(18・20・24代)を歴任。2005年12月より右派政党リクードの党首に再登板。

イスラエル建国後に生まれた最初の首相経験者であり、歴代首相の中で最年少で首相に就任した人物でもある。イスラエル国内や海外での同胞ユダヤ人たちの間などでは「ビビ」の愛称で呼ばれている。若い頃には、ベン・ニタイ(Ben Nitay,בן ניתאי)という名でメディアに登場したことがある。

ホロコースト

ホロコースト(ドイツ語: Holocaust、英語: The Holocaust: フランス語: La Shoah、イディッシュ語: חורבן אייראפע‎、ヘブライ語: השואה‎)は、第二次世界大戦中の国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)率いるナチス・ドイツがユダヤ人などに対して組織的に行った大量虐殺を指す。

ミュンヘン (映画)

『ミュンヘン』(Munich)は、2005年12月公開のアメリカ映画。スティーヴン・スピルバーグ製作、監督のサスペンス・スパイ映画。

モーシェ・アレンス

モーシェ・アレンス(משה ארנס、Moshe Arens、1925年12月27日 - 2019年1月7日)は、イスラエルの航空工学専門家、外交官・政治家。同国外務大臣、国防大臣などを歴任したほか、ユダヤ・サマリア大学学長なども務めた。リクード党所属。

ヨッビク

ヨッビク-より良いハンガリーのための運動(ハンガリー語:Jobbik Magyarországért Mozgalom)、通称ヨッビクは、ハンガリーの極右政党である。

創世記 1章1節

創世記 1章1節とは創世記の最初の章の最初の節のことであり、天地創造の冒頭部分である。ヘブライ語写本では以下のとおりである。

בְּרֵאשִׁית בָּרָא אֱלֹהִים אֵת הַשָּׁמַיִם וְאֵת הָאָֽרֶץ (音訳: ベレシート バーラー エロヒーム エト ハーシャマイーム ベエト ハアレツ)。この節は少なくとも以下の3通りの訳が考えられる。

宇宙が完全無欠に始まったとする声明文 (「初めに神は天と地を創造した」)

神が創造を開始された時の世界の状態を描写する声明文 (「初めに神が天と地を創造した時、地は自然のままで形がなかった」)

2番目と類似しているが、2節全体を背景ととらえ、主要な主張は3節にあるとするもの (「初めに神が天と地を創造した時、地は自然のままで形がなかったので、神はこう言った。」).西暦2世紀までに1番目の訳が優勢となり、神が無の状態から宇宙を創造されたという概念 (creation ex nihilo) が発展する上で重要なものとなった。しかし、現代の学者たちは、2番目の訳が原文の意味により近いと考えている。

神が無からこの世界を創造されたという概念 (creation ex nihilo) は今日、イスラム教、キリスト教、ユダヤ教において支配的であるが、この概念は創世記ないしはヘブライ語聖書全体の中には直接的には見出すことができないものである。創世記1章は紀元前400-500年頃に書かれたが、その著者たちは物(神が、人が住めるような宇宙に形作った物質)の起源ではなく、宿命の修正に関心があった。これは西暦2世紀でも同じ状況であったが、原始キリスト教の学者たちは、この世を形成する概念と神の全能性との間で葛藤を感じ始めていた。3世紀初頭までにこの葛藤は解消され、この世を形成する概念を克服し、ex nihiloの創造がキリスト教神学の基本信条となった。

農民

農民 (のうみん、英語: peasant)は、農業労働者、特に中世封建社会・前工業社会において、領主に年貢や地代、その他さまざまな税や労働を提供していた人々を指す。ヨーロッパ史上の農民は、その人間の地位によって、完全に領主の個人的資産として扱われた農業奴隷、家庭や住居、農具など最低限の財産所有権はあるものの土地と領主に縛られ隷属する農奴、自ら土地を所有し農業事業の自営が可能な独立自営農民の3階級に分けられる。さらに細かく見れば、農民の地位は土地保有権、免役地代、借地権、土地謄本所有権など様々な義務と権利で規定された。

長きにわたり、農民(peasant)という語は、貧しく土地を持たない農業従事者に対して、「無学な」、「無知な」、「都会の洗練からは程遠い」などといった意を含んで軽蔑的に用いられてきた。また現代においても、開発途上国で人口の大部分を占めるような農業従事者に対して若干侮蔑的なニュアンスを含んで使われることがある。

本項では、西洋における農民(peasant)を中心に記述する。日本史上の農業労働者については「百姓」を、現代の農業従事者については「農家」を参照されたい。

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.