ドイツ再統一

ドイツ再統一(ドイツさいとういつ、ドイツ語: Deutsche Wiedervereinigung英語: German reunification)は、1990年10月3日ドイツ連邦共和国Bundesrepublik Deutschland、「西ドイツ」)にドイツ民主共和国Deutsche Demokratische Republik、「東ドイツ」)が編入された出来事である。東西ドイツ統一東西ドイツの統一ドイツの東西統一などとも呼ばれる。

Flag map of Germany (separation)
1990年のドイツ再統一

呼称

Flag of East Germany with cut out emblem
共産主義式国章が切り取られ、穴が開いている東ドイツの国旗
UTafel Deutschland geteilt
看板「ここは、ドイツとヨーロッパが、1989年12月10日10時15分まで分断されていた所です。」

一般的な日本語文献・報道においては、直近のこの東西ドイツ統一のことを単に「ドイツ統一」と呼ぶことも多いが、ドイツ史の歴史的文脈における歴史用語・政治用語としては、ドイツ統一とは現代のドイツという主権国家の枠組みそのものの出発点としてより重要視されるドイツ帝国の成立(1871年1月18日)に至る運動を指しており、1990年の出来事については用語上「ドイツ再統一」として明確に区別されている。

「ドイツ再統一」という表現の法的な問題点

西ドイツは建国以来「憲法(Verfassung)」を持たず、「基本法Grundgesetz)」をもって憲法に代えていた。その理由は、「やがて東ドイツを含めて統一する暁に初めて憲法を持つことにする」との意志を持っていたからで、このことは基本法146条に明記されていた。

しかし、実際に東ドイツが1989年ベルリンの壁崩壊に始まる自壊現象を起こしてしまうと(→東欧革命)、西ドイツはこの基本法上の規定を無視して、新たな州の「加盟」を認める基本法第23条の手続き[1]を利用して、東ドイツにある5つの州[2]および都市州ベルリンが西ドイツ(「連邦」共和国)に新たに「加盟」するという形式で国家統一を成し遂げた。
そのため、法律上の解釈では、ドイツは「再統一」したのでは無く、東ドイツ地域にある各州がドイツ連邦共和国に「加盟」したとしか言えない[3]

ベルリンの壁崩壊から再統一までの経過

ドイツの歴史
ドイツの国章

この記事はシリーズの一部です。
再統一後のドイツ
関連項目
オーストリアの歴史

ドイツ ポータル
1989年
1990年

再統一後の問題点

ドイツは第二次世界大戦後から40年にわたって分断され、旧東西両国が資本主義共産主義という違った経済体制を敷いていたため、旧西ドイツと旧東ドイツでは大きな経済格差があった。旧東ドイツは東側社会主義国の中では一番経済が発展していた「社会主義国の優等生」ではあったが、それでも世界屈指の経済大国である旧西ドイツとの差は非常に大きかったと言われる。再統一後のドイツは深刻な不況に襲われ、その影響は長く続いた。

コール首相は、整理解雇請負会社「ドイツ信託公社」に依頼し、旧東ドイツ国営企業の民営化や大規模な整理解雇を行った。

旧西ドイツでは経済混乱に足をすくわれ、再統一の際に1:1での通貨交換をしてしまったため、5000億マルク(当時の日本円にして約3兆5000億円)が吹き飛び、赤字転落してしまった。また、旧東ドイツでは、民営化された国営企業の相次ぐ倒産により失業者数が増加した。そのあおりで極右政党が移民排斥を主張すると、失業者と競合する国民の共感を得る傾向にあり、東西ドイツ時代には封じられていたネオナチ思想も、格差の残る旧東ドイツを中心に息を吹きかえした。再統一後も旧東ドイツへの援助コスト増大などによって、旧西ドイツの経済は圧迫を強いられた。2006年ごろには景気回復の兆しを見せたが、世界金融危機により、再び不況に陥った(欧州全体が世界金融危機の影響を受けており、ドイツだけが特別ではない)。2010年に欧州連合が経済危機に陥ったギリシャへの金融支援を検討した際、最も強く反対したのは20年近くの不景気にあえぎ続けていたドイツであった。

この頃になると、西側の(アメリカを除く)経済・技術最優秀国という立場は霧散する。ドイツ再統一とほぼ同時期にバブル崩壊により経済低迷が続いていたとされる日本だが、旧東ドイツの経済格差解消のため技術開発も後回しになっていたドイツに比べれば、まだしも投資が続けられていた。ドイツの主要産業は日本とラップしているため、技術的格差を拡げられたため更なる経営難に陥った。そこでドイツはフォルクスワーゲンなど大手雇用口企業を政策で保護するという、ドイツ版逆コースとも言うべき経済政策が施された。しかしこの結果が、フォルクスワーゲンの排ガス規制不正問題を誘発することになる。

2007年10月、ドイツの世論調査会社の調査によると、「東西に分断されていた頃の方が良かった」と答えた人は全体の19%に上るなど、必ずしも全てのドイツ人がドイツ再統一を歓迎していない実態が明らかとなった[4]

脚注

  1. ^ この条文は本来、第二次世界大戦後にドイツから分離されたザール地方の復帰を想定して盛り込まれたものであった。実際にザールはこの条文の規定に基づき、1957年1月1日ドイツ連邦共和国への「加盟」を果たし、ザールラント州となっている。なお、同規定はドイツ再統一が実現した後に廃止された。
  2. ^ ただし、東ドイツでは州が廃止され14の「県 (Bezirk)」に改組されていたため、再統一に際してを復活させた上で、各州議会において西ドイツへの加盟を決議するという手続きをとった。
  3. ^ このことは再統一に至る過程において、憲法ないし基本法そのものをめぐる議論の機会が欠如していたことを意味しており、憲法をめぐる国民的議論を経た上で新国家を樹立すべきだったとの批判も存在する。代表的な論者としては、ユルゲン・ハーバーマス等がいる。
  4. ^ VALENTINA PETROVA (2007年10月2日). “ドイツ人の5人に1人が「ベルリンの壁があった方がよかった」”. AFPBB News 2013年6月22日閲覧。

関連項目

外部リンク

先代:
分断時代のドイツ
連合軍軍政期
ドイツ民主共和国
西ドイツ
1945年-1990年
ドイツの歴史
ドイツ再統一
1990年-現在
次代:
-
.dd

.dd は、ドイツ民主共和国(東ドイツ)に割り当てられた国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)である。

.ddは、東ドイツのISO 3166-1 alpha-2コード(国名コード)"DD"に基づいて選択されたもので、「ドイツ民主共和国」を意味するドイツ語の正式国名「Deutsche Demokratische Republik」に由来する。

IANAの方針に従って.ddを東ドイツのccTLDとして割り当てることはできたが、実際には行われず、ルートサーバに.ddが追加されることもなかった。イェーナ大学とドレスデン工科大学の内部で使われたのが唯一の使用例だった。

1990年のドイツ再統一により、東ドイツはドイツ連邦共和国(西ドイツ。.deが割り当て済)の一部となった。ISO 3166-1コード"DD"は1990年に廃止された。

.de

.deはドイツの国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。DENIC(Deutsches Network Information Center)が管轄している。.uk同様セカンドレベルドメインはない。「de」という国名コードはISO 3166-1で決まったもので、ドイツ語でドイツを意味する「Deutschland」の最初の二文字から取られている。

.deはもともと旧西ドイツのトップレベルドメインとして使用が始まったが、1989年以降は旧東ドイツ地域でも使用されるようになった。ドイツ民主共和国(東ドイツ)の国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)は本来.ddが割り当てられる予定だったが、1990年のドイツ再統一で東ドイツがなくなったため使用されることはなく、.ddもルートサーバに追加されることは無かった。このため、ドイツの国別コードトップレベルドメインとして実際に存在したのは.deのみである。

.deは、現在.cn(中華人民共和国)に次いで二番目に登録数の多い国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)で、トップレベルドメイン(TLD)では.comと.cnに次ぎ三番目に登録数が多い。最初に.deドメインが登録された場所はドルトムント工科大学で、「uni-dortmund.de」が最初に登録された.deドメインだった。

ドメイン名は最低三文字からなる単語である必要があり数字のみのドメイン名は許可されない。例外はdb.de(Deutsche Bahn、ドイツ鉄道)など、三文字ルールが制定される前に登録されたごく少数のドメイン名のみとなっている。国際化ドメイン名での登録も可能であるため、ウムラウトなどドイツ語で使われるダイアクリティカルマークの含まれるドメイン名も登録できる。

10月

10月(じゅうがつ)はグレゴリオ暦で年の第10の月に当たり、31日ある。

日本では、旧暦10月を神無月(かんなづき、かみなしづき)と呼び、新暦10月の別名としても用いる。

英語での月名 October は、ラテン語表記に同じで、これはラテン語で「第8の」という意味の "octo" の語に由来している。一般的な暦では10番目の月であるが、紀元前46年まで使われていたローマ暦では、一般的な暦の3月が年始であり、3月から数えて8番目という意味である。

オリンピックのドイツ選手団

オリンピックのドイツ選手団(オリンピックのドイツせんしゅだん)は、ドイツ帝国時代の1896年アテネオリンピックから参加した。第一次世界大戦後はその敗戦によりオリンピックへ参加が認められなかったが、1928年サンモリッツオリンピックより復帰を果たした。第二次世界大戦での敗戦によりドイツは東西に分断し、1956年コルチナ・ダンペッツオオリンピックから1964年東京オリンピックまでの期間、統一ドイツとして6大会に参加した時期があったが、それ以外の大会では東西ドイツ及びザールは別々の選手団を送った。1990年のドイツ再統一を経て1992年アルベールビルオリンピックより再びドイツとして参加している。これまでドイツで開催されたオリンピックは、1936年ガルミッシュ・パルテンキルヘンオリンピックと1936年ベルリンオリンピックである。また西ドイツ時代には1972年ミュンヘンオリンピックを開催した。

サッカー東ドイツ代表

サッカー東ドイツ代表ないしはサッカードイツ民主共和国代表(Fußballnationalmannschaft der DDR)は東ドイツサッカー協会により編成されたサッカーのナショナルチームである。ドイツ民主共和国(東ドイツ)の消滅により現在は編成されていない。チームカラーは青のシャツに白のパンツ。

1990年のドイツ再統一に際して、東ドイツが西ドイツに対して吸収されたことから西ドイツ代表の記録がドイツ代表に継続されているのに対して、東ドイツ代表の記録は、これと別個に記述される事が一般的である。

ザクセン州

ザクセン州

Freistaat Sachsen

ザクセン州(Freistaat Sachsen)は、ドイツに16ある連邦州の1つである。1990年のドイツ再統一により加盟した5つの新連邦州の1つ。正式名称は「ザクセン自由州」。州都はドレスデン。

中世の初期には、ザクセンというと現在のニーダーザクセン州、ノルトライン=ヴェストファーレン州を合わせた地域を指していた。250~500年頃に現在のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州からこの地域にザクセン人が移住定着し、ザクセン公国の時代に領土を拡大した。その後、ザクセン王国、ドイツ帝国、ヴァイマル共和国、東ドイツなどの歴史を経てきており、ザクセン王国時代におおよそ現在の地域になった。

ザクセン=アンハルト州

ザクセン=アンハルト州

Land Sachsen-Anhalt

ザクセン=アンハルト州 (Land Sachsen-Anhalt) は、ドイツ連邦共和国を構成する16の連邦州のひとつであり、1990年のドイツ再統一により新たに誕生した5州(いわゆる「新連邦州」)のひとつである。州都のマクデブルクは、州のほぼ中心に位置する。州内で最も人口が多いのは、南部の中心地ハレ (ザーレ)である。

テューリンゲン州

テューリンゲン州

Freistaat Thüringen

テューリンゲン州(ドイツ語: Freistaat Thüringen)は、ドイツを構成する16の連邦州のひとつである。ドイツ再統一時に誕生した新連邦州5州の一つ。州都はエアフルト。

正式名称はテューリンゲン自由州。ドイツ語のStaatは英語のstateと同根の単語で、帝政ドイツ時代に「州」の意味で使用されていた。帝政崩壊後のヴァイマル共和政時代以降、これに代わりLandが使われ始めた。現在、多くの州はLandを使用するが、テューリンゲン州、バイエルン州、ザクセン州が"Freistaat"を称している。

ドイツマルク

ドイツマルク(独: Deutsche Mark, DM, DEM 発音)は、1948年6月20日から1998年12月31日までのドイツ連邦共和国(1990年のドイツ再統一までは西ドイツ、それ以降はドイツ)の法定通貨。単にマルクとも呼ばれる。「マルク」の名は、貨幣に刻印(ドイツ語でこれをマルクという)があることから。補助単位はペニヒ (Pfennig 発音) で、1ドイツマルク=100ペニヒ。

ライヒスマルクに代わって導入され、1999年1月1日のユーロ導入により廃止された。1ユーロは1.95583ドイツマルクと等価とされた。ドイツマルクの硬貨と紙幣は2002年に市場から回収されたが、ユーロへの交換はドイツ連邦銀行によって永久保証されている。

ドイツ統一

ドイツ統一(ドイツとういつ)は、ドイツ人がホーエンツォレルン朝プロイセン王国の国王ヴィルヘルム1世をドイツ帝国の皇帝として戴くことを決め、ドイツ人の統一国家を1871年に成立させたことを指す。

日本においては1990年の西ドイツと東ドイツ統一を指して「ドイツ統一」と使用することが多いが、ドイツなどでは「ドイツ統一」(独: Deutsche Reichsgründung, 英: Unification of Germany)とはあくまで1871年の統一を指し、歴史用語・政治用語としても1990年のものは「ドイツ再統一」(独: Deutsche Wiedervereinigung, 英: German reunification)と呼ばれ、明確に区別されている。

ドイツ連邦軍

ドイツ連邦軍(ドイツれんぽうぐん、独: Bundeswehr ブンデスヴェーア)は、ドイツ連邦共和国の陸軍、海軍、空軍および戦力基盤軍、救護業務軍の総体を指す。

フンボルト大学ベルリン

ベルリン・フンボルト大学(Humboldt-Universität zu Berlin)は、ドイツの首都ベルリンに位置する国立の総合大学。ドイツにおけるエクセレンス・イニシアティブ(Exzellenzinitiative)に指定された11の大学の一つであり、Times Higher Education (タイムズ・ハイアー・エデュケーション) の世界大学ランキングにおいては、2015年80位、2016年49位、2017年57位、2018年62位、2019年67位と毎年トップ100位にノミネートする、ドイツもしくはヨーロッパを代表する名門大学の一つである。

フンボルト大学出身のノーベル賞受賞者は29人に登る。またアンゲラ・メルケル現ドイツ連邦共和国首相の夫として知られるヨアヒム・ザウアーも、フンボルト大学出身であり、同大学で教授として働いている。過去には、特に相対性理論で有名な理論物理学者、アルベルト・アインシュタインも10年以上に渡り同大学教授として働いていた。

プロイセン王国に1810年、教育改革者で言語学者のヴィルヘルム・フォン・フンボルトによってフリードリヒ・ヴィルヘルム大学 (Friedrich-Wilhelms-Universität) として創立された。ベルリンでは最も古い大学で、第二次世界大戦後にはフンボルト大学と改称され、ドイツ再統一後に現称となった。以下、本項では「フンボルト大学」と呼称する。

ボン

ボン(Bonn)は、ジーベンゲビルゲ山脈の北部にあるライン川沿いのケルンの南約20 km に位置する、ノルトライン=ヴェストファーレン州に属するドイツ連邦共和国の(19番目に大きい)都市である。人口318,809人(2015年現在)。

分断時代の1949年から1990年まで西ドイツの首都であり、ドイツ再統一後も首都機能を分担する。

1288年から1803年までケルン大司教の在所であり、1818年にボン大学が設置された後は小さな文教都市という位置づけであった。作曲家ベートーヴェンの生誕地・シューマンの終焉の地としても知られている。

メクレンブルク=フォアポンメルン州

メクレンブルク=フォアポンメルン州

Land Mecklenburg-Vorpommern

メクレンブルク=フォアポンメルン州(標準ドイツ語: Mecklenburg-Vorpommern [ˈmeːklənbʊrk ˈfoːɐ̯pɔmɐn], 低地ドイツ語: Mekelnborg-Vörpommern [ˈmɛːkəlbɔɐ̯ç ˈfœɐ̯pɔmɛɐ̯n])は、ドイツに16ある連邦州のひとつであり、1990年のドイツ再統一により加盟した「新連邦州」のひとつ。

バルト海に面し、ドイツで最も人口密度が低い州である。バルト海に浮かぶ島々の海岸や州南部に多数ある湖が、観光スポットである。州内には、2つの総合大学と多くの工科大学がある。州内の郡独立市はシュヴェリーン(州都)、ロストックの2都市である。

なお標準ドイツ語発音をカタカナ転写すれば「メークレンブルク=フォーアポマン」となる。

在ドイツ日本国大使館

在ドイツ日本国大使館(ざいドイツにほんこくたいしかん、独: Botschaft von Japan in Deutschland)は、ドイツに在する日本大使館で、外務省の特別の機関である。ドイツ再統一により、1991年(平成3年)に、ボンの在ドイツ連邦共和国日本国大使館とベルリンの在ドイツ民主共和国日本国大使館が統合された。

特命全権大使は2015年(平成27年)11月より八木毅が務める。

市外局番

市外局番(しがいきょくばん)とは、電話番号の最初の部分として、政府通信当局またはそれに類する組織によって、同一国番号地域内(多くの場合「国内」だが例外もある)の各エリアに割り当てられた番号である。英語では area code(エリアコード)。「市外にかけるときに必要な局番」であり、原則として同一エリア内では省略できる。ただし、エリア境界は必ずしも市町村境ではない。

電話番号の最初の「0」(一部諸国では異なる)は、国内電話であることを示す「国内プレフィックス」であり、市外局番の1桁目ではない。市外局番は電話番号の2桁目から始まる。しかし、しばしばプレフィックスと市外局番はセットで扱われるため、ここでは誤解を避けるため、市外局番を記すとき必要に応じ「(0)」を前置する。

民衆扇動罪

民衆扇動罪(みんしゅうせんどうざい、独: Volksverhetzung)とは、ドイツ刑法典130条に定められている罪。特定の人々に対する憎悪を煽動したり尊厳を傷つける行為をした者に適用される。1990年代にホロコースト否認が、2005年には、ドイツ再統一後に多発したネオナチの示威行為やホロコースト記念碑建設反対運動に関連して、アドルフ・ヒトラーやナチス・ドイツを礼讃・讃美する言動(ナチスの意匠や出版物等を流布するなど)が適用対象に加えられた。

西ドイツ

ドイツ連邦共和国

Bundesrepublik Deutschland

国歌: Das Lied der Deutschen(ドイツ語)ドイツ人の歌

西ドイツ(にしドイツ、独: Westdeutschland、英: West Germany)は、1949年5月23日から1990年10月2日までのドイツ連邦共和国の通称である。略称、西独。

冷戦時代はドイツ民主共和国(東ドイツ)と対峙する分断国家だったが、1990年10月3日、ドイツ民主共和国を併合する東西ドイツ再統一により、この通称は使われなくなった。東西ドイツ再統一まで首都はボンに置かれたが、再統一後はベルリンに移った。ドイツ人は、かつての西ドイツを「ボン共和国」(die Bonner Republik)と呼ぶこともある。ドイツ再統一は法的には「旧東ドイツの各州がドイツ連邦共和国に加入」という形式で行なわれたため、厳密にいうと現在のドイツは再統一により再編成された新しい国家ではなく、「領域を旧東ドイツにも拡大した西ドイツ」である。

連邦州

連邦州(れんぽうしゅう)は、連邦制国家を構成する自治行政単位である。特に、ドイツとオーストリアを構成する州(Land)を指す場合に、ドイツ語の " Bundesland " の訳語として用いられる(" Bund " が「連邦」、" Land " が「州」)。また、インドやオーストラリアなど、他の連邦制国家についても使われる。ただし、ロシアや旧ソ連については、連邦構成主体の訳語が通常用いられる。またアメリカ合衆国では単に「州」と呼ぶ。

連邦州は一般に、主権を連邦政府に委譲する他は、内政面において独立国に近い非常に高度な自治権を保有するため、独自の憲法を持ち、独自の法律・司法制度の下で統治される。ただし、隣接する州の間での制度の違いは一般市民生活や経済活動において不便なことも多いため、内政面でも連邦政府に委ねる範囲が拡大する傾向にある。また、主権を持たないため、そこから派生する外交権はないが、州独自の国際交流が行われている。

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.