トウロ

トウロTouro)は、スペインガリシア州ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・アルスーアに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は4,082人(2010年:4,151人、2006年:4,448人、2005年:4,532人、2004年:4,634人、2003年:5,699人)である[1]

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は99.22%(2001年)。

Touro

{{{市章説明}}}

自治体庁舎

自治体庁舎
Flag of Galicia.svg ガリシア州
ア・コルーニャ県
コマルカ アルスーア
司法管轄区 アルスーア
面積 115.3 [1] km²
教区数 19
居住地区数 139
人口 4,082 人 (2011年)
人口密度 35.4 [1] 人/km²
ガリシア語率 99.22% (2011年[2]
自治体首長
(2011年)
イグナシオ・コデシード・バレイロ
PPdeG
Touroの位置(スペイン内)
Touro
Touro
スペイン内トウロの位置
Touroの位置(ア・コルーニャ県内)
Touro
Touro
ア・コルーニャ県内トウロの位置

北緯42度52分 西経8度17分 / 北緯42.867度 西経8.283度座標: 北緯42度52分 西経8度17分 / 北緯42.867度 西経8.283度

Situacion Touro

地理

トウロはア・コルーニャ県の南部に位置し、コマルカ・デ・アルスーアに属する。北はオ・ピノと、東はアルスーアと、南はポンテベドラ県ビラ・デ・クルセスと、西から西にかけてはボケイションの各自治体と隣接、自治体の中心地区は、トウロ教区のフォンテ・ディアス地区[3]

トウロはアルスーア司法管轄区に属す[4]

人口

住民は19教区の139集落に分散している[5]

トウロの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[6]、1996年 - [7]

政治

自治体首長はガリシア国民党(PPdeG)のイグナシオ・コデシード・バレイロ(Ignacio Codesido Barreiro)[8]、自治体評議員はガリシア国民党:8、ガリシア民族主義ブロック(BNG):2、ガリシア社会党(PSdeG-PSOE):1となっている(2011年5月22日の自治体選挙結果、得票順)[9]

1999年6月13日自治体選挙[10]
政党 得票数 得票率 獲得議席
DG[11] 1,723 52.13% 7
PPdeG 1,199 36.28% 5
BNG 229 6.93% 1
PSdeG-PSOE 149 4.51% 0

首長当選者:イグナシオ・コデシード・バレイロ(DG)

2003年5月25日自治体選挙[10]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 2,141 69.31% 9
BNG 690 22.34% 2
PSdeG-PSOE 221 7.15% 0

首長当選者:イグナシオ・コデシード・バレイロ(PPdeG)

2007年5月27日自治体選挙[10]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 1,859 60.12% 8
BNG 648 20.96% 2
PSdeG-PSOE 367 11.87% 1
PG[12] 191 6.18% 0

首長当選者:イグナシオ・コデシード・バレイロ(PPdeG)

'2011年5月22日自治体選挙[9]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 1,870 68.93% 8
BNG 541 19.94% 2
PSdeG-PSOE 249 9.18% 1

首長当選者:イグナシオ・コデシード・バレイロ(PPdeG)

教区

トウロは19の教区に分けられている。太字は自治体中心地区のある教区[3]

  • アンデアーデ(サンティアーゴ)
  • バーマ(サン・ビセンソ)
  • ベンダーニャ(サンタ・マリーア)
  • ベセーニョ(サン・クリストーボ)
  • カルボス・デ・ソカミーニョ(サン・マルティーニョ)
  • シルセス(サンタ・マリーニャ)
  • コルナード(サンティーソ)
  • エンケレンテス(サン・ミゲル)
  • ファオ(サンタ・ウシーア)
  • フォンテス・ロサス(サン・ショアン)
  • フォシャス(サン・ブレイショ)
  • ロショ(サンタ・マリーア)
  • ノベフォンテス(サンティアーゴ)
  • プレベディーニョス(サンティアーゴ)
  • サン・フィス・デ・キオン(サン・フィス)
  • サン・ミゲル・デ・ビラール(サン・ミゲル)
  • サン・ペドロ・デ・リベイラ(サン・ペドロ)
  • トウロ(サン・ショアン)
  • トゥルセス(サンタ・マリーア)

参考文献・脚注

  1. ^ a b c IGE(ガリシア統計局)” (ガリシア語). ガリシア自治州政府. 2012年2月13日閲覧。
  2. ^ Neira, Carlos (ガリシア語), Evolución no uso do galego por concellos, Praza Pública.
  3. ^ a b Dicionario Xeográfico Ilustrado de Galicia vol.26、p.25-31、Xeogal Publicacións、2009、ISBN 978-84-613-5844-1
  4. ^ Arzúa, partido judicial nº8 de Coruña (A)
  5. ^ Concello de Touro” (ガリシア語). 2011年7月9日閲覧。
  6. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  7. ^ Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.
  8. ^ Alcaldes de los municipios de Galicia” (スペイン語). Ministerio de Política Territorial y Administración Pública de España Secretaría de Estado de Cooperación Territorial Dirección General de Cooperación Local. 2011年8月7日閲覧。
  9. ^ a b スペイン内務省 2011年地方選挙結果
  10. ^ a b c スペイン内務省 地方選挙結果(過去)” (スペイン語). スペイン政府 内務省. 2011年7月9日閲覧。
  11. ^ DGはDemocracia Galega(ガリシア民主主義)、中道民族主義政党
  12. ^ PGはPartido Galeguista(ガリシア主義党)、民族主義政党

外部リンク

アルスーア

アルスーア(Arzúa)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体。コマルカ・デ・アルスーアに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は6,328人(2009年:6,490人、2006年:6,532人、2005年:6,602人、2004年:6,632人、2003年:6,676人)。住民呼称はarzuán/-á。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.40%(2001年)。

ア・コルーニャ県

ア・コルーニャ県(ガリシア語:Provincia da Coruña)は、スペイン・ガリシア州の県。ガリシア州にある4つの県のうちの1つであり、現在の県は1833年にハビエル・デ・ブルゴスによって創設された。東は同州のルーゴ県、南はポンテベドラ県に接し、北と西は大西洋に面している。県都はア・コルーニャ。スペイン語による県名はラ・コルーニャ県(Provincia de la Coruña)であるが、ガリシア語の名称が公式名称となっている。

オ・ピノ

オ・ピノ(O Pino)は、スペイン・ガリシア州ア・コルーニャ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・アルスーアに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は4,710人(2006年:4,885人、2005年:4,901人、2004年:4,940人、2003年:4,948人)となっている。カスティーリャ語表記はEl Pino(エル・ピノ)。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は98.46%(2001年)。

カマリーニャス

カマリーニャス(Camariñas)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県のコスタ・ダ・モルテ (es:Costa da Morte) 地域にある自治体で、コマルカ・ダ・テーラ・デ・ソネイラに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は6,224人(2008年:6,207人、2007年:6,275人、2006年:6,323人、2005年:6,467人、2004年:6,502人、2003年:6,597人)。住民呼称はcamariñán/-ñá。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.94%(2001年)。

カリーニョ

カリーニョ(Cariño)は、スペイン・ガリシア州ア・コルーニャ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・ド・オルテガルに属する。1988年オルティゲイラより分離、ガリシア州の313番目の自治体として創設された。ガリシア統計局によると、2010年の人口は4,530人(2009年:4,590人、2006年:4,700人、2005年:4,788人、2004年:4,798人、2003年:4,812人)である。住民呼称はcariñés/-esa。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は95.22%(2001年)。

クルティス

クルティス(Curtis)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・ベタンソスに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は4,246人(2006年:4,287人、2005年:4,369人、2004年:4,421人、2003年:4,438人)である。住民呼称は、男女同形のcurtiense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.24%(2001年)。

コマルカ・デ・アルスーア

コマルカ・デ・アルスーア(Comarca de Arzúa)はスペインガリシア州ア・コルーニャ県のコマルカで、同県の南東部に位置する。

アルスーア、ボイモルト、オ・ピノ、トウロの4自治体によって構成される。

隣接するコマルカは、北がコマルカ・デ・オルデスとコマルカ・デ・ベタンソス、東がコマルカ・ダ・テーラ・デ・メリーデ、西がコマルカ・デ・サンティアーゴ、南はポンテベドラ県のコマルカ・デ・デサ。

面積は485.0km²で、2010年の人口は17,549人(2009年:17,718人、2007年:18,084人)。コマルカの中心となっている地区は自治体アルスーアのアルスーア教区内のアルスーア地区。

サンティソ

サンティソ(Santiso)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・ダ・テーラ・デ・メリーデに属する。2009年の人口は、ガリシア統計局によると1,980人(2006年:2,116人、2005年:2,160人、2004年:2,212人、2003年:2,249人)。住民呼称はsantisés/-esa。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は99.55%(2001年)。

セデイラ

セデイラ(Cedeira)は、スペイン・ガリシア州ア・コルーニャ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・フェロルに属する。スペイン国立統計局によると、2017年の人口は6,888人だった。住民呼称は、男女同形のcedeirense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は93.81%(2001年)。

セー (スペイン)

セー(Cee)は、スペインガリシア州ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・フィステーラに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は7,712人(2006年:7,489人、2005年:7,467人2004年:7,344人、2003年:7,308人)である。住民呼称は、男女同形のceense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は97.64%(2001年)

ニューポート (ロードアイランド州)

ニューポート(Newport)はアメリカ合衆国ロードアイランド州南東部、ニューポート郡に位置する港湾都市。州都プロビデンスの南約48km、ボストンの南約100kmに位置する。人口は26,475人(2000年国勢調査)。ロードアイランド州に深く切り込んだナラガンセット湾(Narragansett)に浮かぶ大きな島、アクイドネック島(Aquidneck、別名ロード・アイランド)の先端に位置し、湾の対岸とはニューポート・ブリッジという吊り橋を含む長大な海上道路で結ばれている。

港湾のほか保養地・別荘地としても名高く、19世紀末以降に建てられた豪邸が街の南の風光明媚な海岸に並ぶ。またアメリカ海軍大学校(United States Naval War College)、海軍水中戦センター(Naval Undersea Warfare Center)、その他アメリカ海軍の訓練施設などが立地している。黒船を率いて日本や琉球などを訪れたマシュー・ペリーなど、海軍ゆかりの出身者も多い。

パデルネ

パデルネ(Paderne)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体。コマルカ・デ・ベタンソスに属する。スペイン統計局によると、2009年の人口は2,672人(2006年:2,735人、2005年:2,715人、2004年:2,689人、2003年:2,680人)である。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は96.96%(2001年)。

ビラサンタール

ビラサンタール(Vilasantar)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・ベタンソスに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は1,415人(2006年:1,496人、2005年:1,538人、2004年:1,574人、2003年:1,610人)である。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は99.30%(2001年)。

ベドラ

ベドラ(Vedra)はスペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体で、コマルカ・デ・サンティアーゴに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は5,059人(2007年:5,088人、2006年:5,052人、2005年:5,054人、2004人:5,057人、2003年:5,037人)。住民呼称は、vedrés/-esa、または男女同形のvedrense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.69%(2001年)。

ボイロ

ボイロ(Boiro)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・ド・バルバンサに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は19,076人(2006年:18,554人、2005年:18,469人、2004年:18,302人、2003年:18,241人)である。住民呼称は、男女同形のboirense。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は98.67%(2001年)。

ボケイション

ボケイション(Boqueixón)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・サンティアーゴに属する。ガリシア統計局によると2011年の人口は4,430人(2010年:4,444人、2009年:4,462人、2007年:4,437人、2006年:4,406人、2005年:4,378人、2004年:4,337人、2003年:4,263人)となっている。住民呼称はboqueixonés/-nesa。カスティーリャ語表記はBoqueijón:ボケイホン。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は99.00%(2001年)。

ムガルドス

ムガルドス(Mugardos)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・フェロルに属する。ガリシア統計局によると、2010年の人口は5,536人(2009年:5,565人、2007年:5,636人、2006年:5,638人、2005年:5,628人、2004年:5,612人、2003年:5,737人)である。住民呼称はmugardés/-esa。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は95.22%(2001年)。

蘂取村

蘂取村(しべとろむら)は、北海道根室振興局蘂取郡に属する村。同じく北方領土に存在する留別村、紗那村、留夜別村に次いで日本で4番目に大きな面積を持つ村であり、日本最北端の村でもある。ただし、2017年現在蘂取村を含む北方領土に日本の施政権は及んでおらず、法律上のみ存在する村となっている。

村名の由来は、アイヌ語のシ・ペッ・オロ(大きい川のところ)から。

当該地域の領有権に関する詳細は千島列島及び北方領土問題の項目を、現状に関しては現在の択捉島の項目を参照のこと。

蘂取郡

蘂取郡(しべとろぐん)は、北海道(千島国)根室振興局の郡。

以下の1村を含む。

蘂取村(しべとろむら)当該地域の領有権に関する詳細は千島列島及び北方領土問題の項目を参照のこと。

ア・コルーニャ県自治体

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.