デヴィッド・リカード

デヴィッド・リカード: David Ricardo1772年4月19日 - 1823年9月11日)は、自由貿易を擁護する理論を唱えたイギリス経済学者。各国が比較優位に立つ産品を重点的に輸出することで経済厚生は高まる、とする「比較生産費説」を主張した。スミスマルクスケインズと並ぶ経済学の黎明期の重要人物とされるが、その中でもリカードは特に「近代経済学の創始者」として評価されている[1]

デヴィッド・リカード
古典派経済学
David ricardo
デヴィッド・リカード
生誕 1772年4月19日
死没 1823年9月11日(51歳没)
実績 比較生産費説を主張し、労働価値説の立場に立つ。自由貿易を擁護

生涯

Ricardo - Opere, 1852 - 5181784
Works, 1852

リカードは17人兄弟の3番目としてロンドンで生まれた。彼の家はスペイン系およびポルトガル系のユダヤ人で、彼が生まれるほんの少し前に、オランダからイギリスへ移住して来た。14歳のとき、リカードはロンドン証券取引所で父親エイブラハム・リカードの仕事に加わった。21歳のとき、リカードは家族の正統派ユダヤ教の信仰を拒絶し、クエーカー教徒のプリシラ・アン・ウィルキンソンと駆け落ちする。これによって父親から勘当されることになり、ケンブリッジ大学を中退して、自ら株式仲買人として独立することになった。その後リカードはユニテリアン派の教徒となっている。

リカードの証券取引所での成功は彼を裕福にし、42歳となった1814年に仕事を引退。グロスター州ギャトコム・パークに邸宅を購入し、生涯の住処とした。1819年にはアイルランドの都市選挙区であるポーターリングトンから庶民院(下院)に出馬、当選して代議士として自由貿易を主張し、また、穀物法の廃止を主張した。1821年にはトーマス・トゥックやジェームズ・ミルトマス・ロバート・マルサスジェレミ・ベンサムなど著名な経済学者とともに、政治経済クラブの設立に尽力した。

1823年、耳の伝染病のため51歳で急逝、遺産として7500万ポンド(約150億円)を残した[2]

リカードは、ジェームズ・ミルの親友であり、ミルは彼に政治への大志や経済学の著述を勧めた。他の著名な友人の中にマルサスやベンサムがいる。死の10日前、論敵でもあったマルサスに対して手紙で「議論が私たちの友情を決して傷つけなかった。君が私の説に賛成してくれたとしても、そのことで今以上にあなたを好きになることはありません」と記している[3]

思想

リカードは、1799年アダム・スミスの『国富論』を読み、経済学に興味を持つようになった。その少し前の1797年イングランド銀行金本位制を停止し不換紙幣の増発からインフレーションを招来することになったが、これについて1810年にリカードは『地金の価格高騰について--紙幣暴落の証明』[4]という小論を発表、貨幣数量説に立って金本位制への復帰を主張した。

リカードは、『経済学および課税の原理』の第7章で比較優位理論による自由貿易の利益を論証した[5]。また、リカードは『経済学および課税の原理』の第3版の第31章「機械について」で、固定資本(機械)が導入されることによって労働者が失業する可能性はあるかという問題を取り上げた[5]。リカードは、『経済学および課税の原理』の第2版まで、機械の導入による失業の可能性はなく、機械の導入は労働者にとって利益になると考えていたが、1821年に刊行した『経済学および課税の原理』の第3版では、短期的には失業の可能性を認めている[5]

リカードで特に有名なのが、穀物法をめぐるマルサスとの論争から生まれた自由貿易の主張と地代論であり、自由貿易による利潤蓄積の増大→国富の増進と労働価値説に拠った収穫逓減による結果としての地代の形成を『経済学および課税の原理』で主張した。ただ、論争する点が多かったマルサスの主張についても、彼が『人口論』で言及した人口に対する見解については同意し、『経済学および課税の原理』の議論で前提としている。

リカードに関連した他の思想

評価

日本を代表する経済学者である森嶋通夫は経済学史における「特別な巨人」としてアダム・スミス、リカード、カール・マルクスケインズの四人を挙げているが、特にリカードを「近代経済学の父」として評価している[1]

リカードの学説はマルクスとワルラスによって後世の経済学に影響を与えている。リカードの労働価値説はマルクスの経済学の中心的枠組みになっており、ヒルファディングローザ・ルクセンブルクなどのマルクス主義者によって発展させられた[7]。また、リカードの差額地代論は希少性理論としてワルラスによって発展させられ、後の新古典派経済学に貢献した[7]

著作

  • The High Price of Bullion, a Proof of the Depreciation of Bank Notes』(1810年)、金属通貨の採用を提唱した。
  • Essay on the Influence of a Low Price of Corn on the Profits of Stock』(1815年)、穀物法の廃止が、社会の生産的構成員に、より多くの富を分配するだろうと主張した。
    • 農業保護政策批判 地代論 大川一司訳 岩波文庫、1948年
    • 農業経済論集 服部一馬訳 春秋社 1950
  • Principles of Political Economy and Taxation』(1817年、『経済学および課税の原理』)、地代が人口増加につれて成長すると結論付けた分析。また、ある国がすべての財の生産においてその貿易相手国ほど効率的でなかったとしても、すべての国が自由貿易から利益を得ることができる、ということを示す「比較生産費説」を明確に展開した。
    • 経済学及課税之原理 小泉信三訳 岩波文庫、1928年
    • 経済学及び課税の原理 竹内謙二訳 東大出版会 1973年
    • 経済学および課税の原理 羽鳥卓也、吉沢芳樹訳 岩波文庫、1987年
  • マルサスへの手紙 中野正訳 岩波文庫、1949年
  • リカアドオのマカロックへの手紙 中野正訳 岩波文庫、1949年
  • リカアドオのトラワアへの手紙 ジェイムズ・ボナア、ジェイコブ・H.ホランダア編 中野正訳 岩波文庫、1955年
  • デイヴィド・リカードウ全集 全11巻 雄松堂書店 1971 - 1999年
第1巻 経済学および課税の原理 堀経夫
第2巻 マルサス経済学原理評注 鈴木鴻一郎

脚注

  1. ^ a b 森嶋 1994, p. 3.
  2. ^ 中矢俊博 『やさしい経済学史』 日本経済評論社、2012年、30頁。
  3. ^ 日本経済新聞社編 『経済学をつくった巨人たち-先駆者の理論・時代・思想』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、52頁。
  4. ^ : The High Price of Bullion, a Proof of the Depreciation of Bank Notes
  5. ^ a b c 経済学史の窓から 第8回 リカードウは技術的失業の予言者か? 書斎の窓
  6. ^ 日本経済新聞社編著 『経済学をつくった巨人たち-先駆者の理論・時代・思想』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、51頁。
  7. ^ a b 森嶋 1994, p. 4.

参考文献

  • 森嶋通夫 『思想としての近代経済学』 岩波書店〈岩波新書〉、1994年。ISBN 978-4004303213。

外部リンク

1772年

1772年(1772 ねん)は、西暦(グレゴリオ暦)による、水曜日から始まる閏年。

1823年

1823年(1823 ねん)は、西暦(グレゴリオ暦)による、水曜日から始まる平年。

9月11日

9月11日(くがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から254日目(閏年では255日目)にあたり、年末まであと111日ある。

トマス・ロバート・マルサス

トマス・ロバート・マルサス(Thomas Robert Malthus、1766年2月14日 - 1834年12月23日)は、イングランドのサリー州ウットン出身の経済学者。古典派経済学を代表する経済学者で、過少消費説、有効需要論を唱えた人物として知られる。

ブルジョワジー

ブルジョワジー(仏: Bourgeoisie)は、中産階級の事であり、有産階級とも。特に17 - 19世紀においては革命の主体になりうるほどの数と広がりを持つ階層であったが、市民革命における革命の推進主体となった都市における有産の市民階級をさす場合も有る。貴族や農民と区別して使われた。

短くブルジョワ(仏: Bourgeois)ともいうが、これは単数形で個人を指す。20世紀の共産主義思想の下で産業資本家を指す言葉に転化し、共産主義者の間では概ね蔑称として用いられたが、この資本家階級という意味では上層ブルジョワジーのみをさしている。

マルクス経済学

マルクス経済学(マルクスけいざいがく、英: Marxian economics)は、カール・マルクスの主著『資本論』において展開された、諸カテゴリー及び方法論に依拠した体系である。

マルクスは、アダム・スミス、デヴィッド・リカードらのいわゆるイギリス古典派経済学の諸成果、殊にその労働価値説を批判的に継承し、「剰余価値」概念を確立するとともに、その剰余価値論によって資本の本質を分析し、同時に古典派経済学の視界を越えて、資本主義の歴史的性格をその内的構成から解明しようとした。

レッセフェール

レッセフェール(仏: laissez-faire)とは、フランス語で「なすに任せよ」の意。経済学で頻繁に用いられており、その場合は「政府が企業や個人の経済活動に干渉せず市場のはたらきに任せること」を指す。自由放任主義(じゆうほうにんしゅぎ)と一般には訳される。

価値

価値(かち)とは、あるものを他のものよりも上位に位置づける理由となる性質、人間の肉体的、精神的欲求を満たす性質、あるいは真・善・美・愛あるいは仁など人間社会の存続にとってプラスの普遍性をもつと考えられる概念の総称。

殆どの場合、物事の持つ、目的の実現に役に立つ性質、もしくは重要な性質や程度を指す。何に価値があり、何には価値がない、とするひとりひとりのうちにある判断の体系を価値観と言う。

労働価値説

労働価値説(ろうどうかちせつ、labour theory of value)とは、人間の労働が価値を生み、労働が商品の価値を決めるという理論。アダム・スミス、デヴィッド・リカードを中心とする古典派経済学の基本理論として発展し、カール・マルクスに受け継がれた。

取引

取引(とりひき、英: transaction)とは、契約や合意などのもとに、金品や事柄をやり取りを行うこと。

古典派経済学

古典派経済学(こてんはけいざいがく、classical political economy)とは、労働価値説を理論的基調とする経済学の総称である。18世紀後半からスミス、マルサス、リカード、ミルといったイギリスの経済学者によって発展されたため、イギリス古典派経済学とも呼ばれる。

経済学史上初の主流派経済学であったが、1870年代に誕生した新古典派経済学によって論駁され、主流派の座から退いた。

マルクス経済学は古典派経済学を継承しており、マルクスも古典派経済学者に分類されることがある。

古典的自由主義

古典的自由主義(こてんてきじゆうしゅぎ、英: Classical liberalism)は、個人の自由と小さな政府を強調する思想であり、伝統的自由主義、レッセフェール自由主義、市場自由主義、また英語ではリバタリアニズム、英米以外では単に自由主義(リベラリズム)と呼ばれることもある。

人間の合理性、個人の財産権、自然権、自由権の保障、個人の拘束からの自由、政府に対する憲法的制約、自由市場、そして政府に財政面の制約を課すための金本位制を重視する。これらの価値は、ジョン・ロック、アダム・スミス、デイヴィッド・ヒューム、デヴィッド・リカード、ヴォルテール、モンテスキューらの書物で挙げられているものである。このことから分かるように、古典的自由主義は、18世紀末から19世紀にかけての経済学的自由主義と政治的自由主義が融合したものである。古典的自由主義の規範の中心となるのは、レッセ・フェール(自由放任)の経済によって、内在的秩序、すなわち見えざる手が働き、社会全体の利益となるという考えである。ただし、国家が一定の基本的な公共財(公共財となる物は、非常に限定的に考えられているが)を提供することには必ずしも反対しない。

「古典的」という形容は、より新しい、20世紀の自由主義(リベラリズム)や、それに関連した社会自由主義のような動きと区別するために、後から付けられたものである。この新しい自由主義(以下、この意味では「リベラリズム」という訳語を用いる)は、経済的問題について国家が介入者としてのより強い役割を担うことを促すものである。一方、古典的自由主義者らは、最小の政府の枠を超えることに懐疑的であり、福祉国家論に反対の立場をとる。

古典的自由主義は、19世紀末から20世紀にかけていったん廃れたが、20世紀に古典的自由主義の復活に寄与したと目されるのが、ルートヴィヒ・フォン・ミーゼス、フリードリヒ・ハイエク、ミルトン・フリードマンの3人である。経済学的局面において、この復活は、主にその反対者から、新自由主義(ネオリベラリズム)と呼ばれることがある。なお、ドイツの「オードリベラリズム (ordoliberalism)」は、これとは全く意味が異なる。アレクサンダー・リュストウ(Alexander Rüstow)やウィルヘルム・レプケ(Wilhelm Röpke)は、レッセ・フェール自由主義者と異なり、より国家による介入を指向しているからである。古典的自由主義は、現代のリバタリアニズムと共通する面が多く、この二つの用語は、小さな政府を主張する人によってほぼ互換的に用いられている。

地主

地主(じぬし)とは、家屋、アパート、マンションまたは不動産等の所有者である。そこでは、個人またはビジネス上の賃貸借契約が為され、借主は、借家人、居住者、店子等と呼ばれる。法人がその立場にいる場合もある。他の用語としては貸家人やオーナーがある。「女将」という言葉は女性オーナーに使うことができる。しかし、地主は、両方の性に適応する。

所得分布

経済学において所得分布(しょとくぶんぷ、income distribution)とは、ある国の国内総生産(GDP)が人口にどのように配分されているかという点である。

所得分布は常に経済学の理論や経済政策において議論中心となるテーマである。アダム・スミス・トーマス・マルサス・デヴィッド・リカードなどの古典派経済学者は、主に所得分布要素について関心を持っており、その範囲は生産要素・土地・労働力・資本などであった。

コミュニティにおける所得分布は、ローレンツ曲線といった形となる。

森嶋通夫

森嶋 通夫(もりしま みちお、1923年7月18日 - 2004年7月13日)は、経済学者。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス (LSE) 名誉教授・元LSE Sir John Hicks Professor。大阪大学名誉教授。イギリス学士院会員。大阪府生まれ。

比較優位

比較優位(ひかくゆうい、英: comparative advantage)とは、経済学者であったデヴィッド・リカードが提唱した概念で、比較生産費説やリカード理論と呼ばれる学説・理論の柱となる、貿易理論における最も基本的な概念である。アダム・スミスが提唱した絶対優位(absolute advantage)の概念を柱とする学説・理論を修正する形で提唱された。

これは、自由貿易において各経済主体が(複数あり得る自身の優位分野の中から)自身の最も優位な分野(より機会費用の少ない、自身の利益・収益性を最大化できる財の生産)に特化・集中することで、それぞれの労働生産性が増大され、互いにより高品質の財やサービスと高い利益・収益を享受・獲得できるようになることを説明する概念である。

アダム・スミスの絶対優位は、各分野における経済主体間の単純な優劣を表現するに留まるため、自由貿易と分業の利点や実態が限定的にしか表現できていないのに対し、リカードの比較優位は、各経済主体内において複数あり得る優位分野間の時間的な収益性・効率性の比較とその選択・集中にまで踏み込むため、より精度の高い自由貿易・分業の説明・擁護に成功している。

比較優位における労働生産性とは一人当たりの実質付加価値高を意味する。

比較優位の解説に際しては、国家による統制を核としている重商主義に対する批判から始まった歴史的な経緯もあって、国家間の貿易が好く引き合いにされるが、地方公共団体及び企業や個人などのあらゆる経済主体においても同様である。

自由貿易

自由貿易(じゆうぼうえき、free trade)は、関税など国家の介入、干渉を排して生産者や商人が自由に行う貿易のこと。19世紀に重商主義に基づく保護貿易に対して、イギリスのアダム・スミス、デヴィッド・リカード、フランスのフランソワ・ケネーらによって唱えられた。

現在はWTO(世界貿易機関)が、諸国間の取引のルールを定め、より自由貿易に近い状態が実現されるよう努めている

貨幣

貨幣(かへい、英: money)とは、

商品交換の際の媒介物で、価値尺度、流通手段、価値貯蔵の3機能を持つもののこと。

商品の価値尺度、交換手段として社会に流通しているもので、またそれ自体が価値あるもの、富として蓄蔵を図られるもの。

負債の一形式であり、経済において交換手段として受け入れられた特殊な負債のこと。特に現代経済においては、すべての経済主体が信頼する借用書のこと。今日、多くの国において貨幣として流通するものは、現金通貨(中央銀行券と鋳貨)と預金通貨(銀行預金)とされている。現代経済では貨幣の大半が銀行預金であり、借入れの需要に対する商業銀行の貸出しによって、預金という貨幣が新たに創造され、返済されることで消滅する。また、政府支出によって銀行預金が創造され、納税することで消滅する。現代の貨幣の信用・価値は国家の徴税権によって保証されている。

需要と供給

需要と供給(じゅようときょうきゅう、英: supply and demand)すなわち、需要および供給の定義から説明すると、

需要とは、個人や企業などの経済主体が、市場において交換・販売を目的として提供されている財やサービスを購入しようとする行為であり、供給とは経済主体が市場で交換・販売を目的とし自己の所有物を提供する行為である。「需要と供給」は合わせて短縮して需給(じゅきゅう)とも呼ばれる。

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.