ソロモン

ソロモンヘブライ語: שלמהŠəlōmōh Shlomoギリシア語: Σολομώνラテン語: Salomonアラビア語: سليمانSulaymānトルコ語: Süleyman、 紀元前1011年頃 - 紀元前931年頃)は、旧約聖書の『列王記』に登場する古代イスラエルイスラエル王国)の第3代の王[1](在位紀元前971年 - 紀元前931年頃)。父はダビデ。母はバト・シェバエジプトに臣下の礼をとり、ファラオの娘を降嫁されることで安全保障を確立し、古代イスラエルの最盛期を築いた。

正教会聖人とされる。

ソロモン
Solomon(שְׁלֹמֹה)
イスラエル王
Saabaghiberti
シバの女王と会談するソロモン(サン・ジョヴァンニ洗礼堂、フィレンツェ
在位 紀元前971年 - 紀元前931年

出生 紀元前1011年
イェルサレム
死去 紀元前931年
イェルサレム
配偶者 ナアマ
  エジプトファラオの娘
子女 レハブアム
王朝 ダビデ朝
父親 ダビデ
母親 バト・シェバ

生涯

084.The Judgment of Solomon
知者ソロモンの裁き(ギュスターヴ・ドレ

イスラエルの王ダビデは家臣ウリヤの妻バト・シェバと不義の関係を結び、夫ウリヤを死に追いやった。この2人の最初の子が神の怒りに触れて死んだ後、2人目の子として生まれたのがソロモンであり、彼は父の死後、兄のアドニヤなど他の王位継承を狙う者たちを打倒して王となった。

ソロモンはエジプトファラオ[2] の娘をめとり、ギブオンで盛大なささげものをした[3]。そこでがソロモンの夢枕に立ち、「何でも願うものを与えよう」というと、ソロモンは知恵を求めた[4]。神はこれを喜び、多くのものを与えることを約束した[5]。ここからソロモンは知恵者のシンボルとなり、ソロモンが子供のことで争う2人の女の一件で賢明な判断を示した逸話[6]は広く世界に伝わり、後に江戸時代の大岡裁きの話にも取り込まれた[7]

このことから、長きにわたってユダヤ教の伝承ではソロモンは知恵文学の著者とされていたが、歴史的な裏付は無く、考古学的には疑問視する意見も少なくない。また、一説には神から知恵(指輪)を授かった、もしくはユダヤ教の秘儀カバラが記された『ラジエルの書』を託されたとも言われ、多くの天使や悪魔を使役したとされる。またソロモンの指輪という指輪をはめて動物や植物との会話もしたという。

ソロモンはダビデとは正反対に内政を重んじて、外国との交易を広げて国の経済を発展させ、統治システムとしての官僚制度を確立して国内制度の整備を行った。また、外国との貿易のための隊商路を整備のため要塞化された補給基地を建て、大規模な土木工事をもって国内各地の都市も強化している。さらに軍事面ならびに外交面では、近隣王国と条約を交わし、政略結婚[8] を重ねて自国を強国に育てあげた。イスラエル王国の領土はユーフラテス川からガザにまでおよび、誰もが安心して暮らすことができた[9]。ソロモンは初めてエルサレム神殿を築いた。

ソロモンの知恵の深さと浩瀚な知識は周辺諸国にも知られ、親交を求めて来朝する王や使者が絶えなかったという。なかでも最も親交の深かったのは、ツロの王ヒラムであった。こうしたなかにエチオピアの女王もおり、ソロモンの英知を試すため、わざわざみずからやってきたという。『ユダヤ古代誌』には、エチオピアの女王のことばとして、以下のことばを掲載している[9]

わたしは、ヘブル人の民は幸福だと思います。あなたの僕や友人方も同様です。毎日あなたに拝謁し、あなたの知恵に絶えず耳を傾けることができます。

ソロモンの長い統治は経済的繁栄と国際的名声をもたらしたが、彼の野心的な事業は重税と賦役を民衆に課した。またソロモンが自分の出身部族であるユダ族を優遇した[10] ことも当時の部族長を中心とする寡頭政治の限界を暴き出し、君主政治支持者と部族分離主義者との対立を拡大させた。

晩年、民衆への負担が激増していく中で享楽に耽ったため財政が悪化。さらにユダヤ教以外の信仰を黙認したことは、ユダヤ教徒と他の宗教信者との宗教的対立を誘発した[11]

ソロモンの死後、息子のレハブアムが継いだが、非妥協的であったため、紀元前922年ヤロブアムを擁した10支族によってイスラエルは南北に分裂、対立していくことになる。皮肉にもソロモンの政策は王国に内在していた矛盾を増幅させ、それがソロモンの死とともに一気に噴出して、国家分裂を誘発してしまったのである。レハブアムは、ユダ王国の初代の王として、残されたユダ族、ベニヤミン族レビ族を統治することとなった。ユダ王国は南に、イスラエル王国は北に生まれた。

金の盾

シバの女王との出会いの後に、ソロモンは金でできた大盾200個と金でできた小盾300個を作ったが、のちにエジプト第22王朝ファラオシェションク1世に略奪された[12]

キリスト教徒・イスラム教徒からみたソロモン

エチオピア正教におけるソロモン

エチオピア正教では、エチオピアの女王シバの女王もソロモンの知恵と王都エルサレムの繁栄を見て驚いたと伝えている。エチオピア帝国が13世紀に編纂した歴史書によれば、ソロモンとシバの女王の息子(メネリク1世)がソロモン朝エチオピアを建国したとされる。

ユスティニアヌス帝のことば

537年12月、東ローマ帝国の皇帝ユスティニアヌス1世は苦難の末に改修したコンスタンティノープル聖ソフィア教会の竣工式において、祭壇に立って手をさしのべ、「我にかかる事業をなさせ給う神に栄光あれ。ソロモンよ、我は汝に勝てり」と叫んだといわれる[13]

諸教父の評価

こうして聖書に描かれるソロモンは、死後、救われたのだろうか。カトリックや正教など多くのキリスト教会は、特定の人について確実に地獄に墜ちた、と断言することは決してない。しかし、このように放縦な生活をおくり、為政者としての姿勢も信仰もそぞろだったソロモンについて、手厳しい評価をする教父は多く、カトリック教会の浦川和三郎司教は、「聖書は、ソロモンの堕落を述べて、その痛悔を語っていません。彼が、はたして父ダヴィドのように改心して神さまのおん赦しをいただいたか、随分疑わしいものだ、という人が多い」としている[14]

イスラム社会におけるソロモン王

ソロモンはイスラム教においても預言者の一人とされ、現代でもアラビア語ではスライマーン(سليمانSulaymān)と呼ばれ、また、現代ペルシア語ではソレイマーン (Soleymān)、トルコ語でもスレイマン(Süleyman)とされ、ごく一般的な男子の名として普通に用いられる。ムスリムにあっては、預言者スライマーンは、知恵に満ちていたと同時に、アラブ民間伝承である精霊ジン)を自由自在に操ったとされている。

ソロモン伝承と偽ソロモン文書

旧約聖書には書かれていないが、第三代イスラエル王であったソロモンがその英知をもって悪霊を支配していたという話はヘレニズム期のユダヤ人の間に流布していた[15]。このような偉大な知恵者とされたソロモンにまつわる伝説から、その後千年に亘って、ソロモンに由来すると偽った文献群(ノーマン・コーンは偽ソロモン文書 pseudo-Solomonic books と呼んだ[16])がヘブライ語ギリシア語アラビア語で書かれることになったが、中世盛期以降、魔術師が悪霊を呼び出す術(ネクロマンシー)について記した、それまでとは趣を異にする偽ソロモン文書がヨーロッパで流布するようになった[17]

脚注

  1. ^ デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年1月13日閲覧。
  2. ^ シアメンであるという説が有力であるが確定していない。資料はカルナック神殿の碑文である。
  3. ^ 列王紀上(口語訳)#3:1-4
  4. ^ 列王紀上(口語訳)#3:5-9
  5. ^ 列王紀上(口語訳)#3:10-14
  6. ^ 列王紀上(口語訳)#3:16-28
  7. ^ 大岡裁判の大本に聖書あり お江戸今昔堂
  8. ^ エジプト第21王朝の後ろから2番目のファラオであったシアメンの娘と結婚(フランソワ・トレモリエール、カトリーヌ・リシ編者、樺山紘一日本語版監修『ラルース 図説 世界史人物百科』Ⅰ 古代ー中世 原書房 2004年 26ページ)
  9. ^ a b 島崎(2010)pp.44-45
  10. ^ 税金や雑役の免除などに対して他の部族では不満が強まった
  11. ^ 異国の妻が原因で異国の神々に従うようになり、主の怒りをかったとされる。列王紀上(口語訳)#11:1-13
  12. ^ 歴代志下12:9 ウィキソース
  13. ^ 島崎(2010)pp.126-127
  14. ^ 浦川和三郎『旧約のはなし』第27課、天主堂、1927年
  15. ^ ソロモンが悪霊の軍団を遣わした、悪霊の手を借りてエルサレムを建設した、などといったソロモンと悪霊に関する話が、さまざまな古代のグノーシス文書偽典に散見される (南條 2010, p. 59)。1世紀から3世紀に成立したと言われるギリシア語の旧約偽典『ソロモンの聖約』(『ソロモンの遺訓』とも)には、エルサレム神殿を建設していた頃のソロモンが、大天使ミカエルより悪霊を支配する指輪(ソロモンの指輪)を授かり、悪霊たちを神殿建設に駆り出したことが記されている。同書にもベルゼブルアスモデウスなどさまざまな悪霊が登場し、36名の悪霊とその撃退法を列挙した箇所もある (南條 2010, p. 60, pp. 190-217)。
  16. ^ Cohn 1993, p. 104
  17. ^ コーン & 山本 1983, p. 224

出典

  • 島崎晋『名言でたどる世界の歴史』PHPエディター・グループ、2010年6月。ISBN 978-4-569-77939-3
  • ノーマン・コーン『魔女狩りの社会史』山本通訳、岩波書店、1983年。
  • 南條竹則『悪魔学入門』講談社、2010年。ISBN 978-4-06-216126-8。
  • Norman Cohn (1993) [1973]. Europe's Inner Demons (Rev. ed.). Chicago: The University of Chicago Press. ISBN 0-226-11307-8.

関連項目

古代イスラエル王国

先代
ダビデ

古代イスラエル国王
紀元前1035年頃 - 紀元前925年

次代 イスラエル王国
ヤロブアム1世
次代 ユダ王国
レハブアム
2013年

2013年(2013 ねん)は、西暦(グレゴリオ暦)による、火曜日から始まる平年。平成25年。

この項目では、国際的な視点に基づいた2013年について記載する。

アナベル・ガトー

アナベル・ガトー(Anavel Gato)は、OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場する架空の人物。声は大塚明夫。

エチオピア

エチオピア連邦民主共和国

የኢትዮጵያ ፈደራላዊ ዲሞክራሲያዊ ሪፐብሊክItyop'iya Federalawi Demokrasiyawi Ripeblik(アムハラ語)

国の標語:なし

国歌:親愛なる聖エチオピア

エチオピア連邦民主共和国(エチオピアれんぽうみんしゅきょうわこく、アムハラ語: የኢትዮጵያ ፈደራላዊ ዲሞክራሲያዊ ሪፐብሊክ)、通称エチオピアは、東アフリカに位置する連邦共和制国家。首都はアディスアベバ。

東をソマリア、南をケニア、西を南スーダン、北西をスーダン、北をエリトリア、北東をジブチに囲まれた内陸国。隣国エリトリアは1991年にエチオピアから分離した国家である。

アフリカ最古の独立国および現存する世界最古の独立国の一つである。人口は約1億200万人(2016年7月推定)で、サハラ以南のアフリカでは、ナイジェリアに次いで二番目に人口の多い国である。

ガダルカナル島

ガダルカナル島(ガダルカナルとう、英語: Guadalcanal)は、ソロモン諸島最大の島であり、同国の首都ホニアラがある。第二次世界大戦の激戦地で、展開した日本軍部隊の多くが補給路を絶たれ、多数の餓死者を出したことから、略称のガ島を捩った餓島(がとう)とも呼ばれた。

ガダルカナル島の戦い

ガダルカナル島の戦い(ガダルカナルとうのたたかい、Battle of Guadalcanal)は、第二次世界大戦において1942(昭和17)年8月以降日本軍と連合軍が西太平洋ソロモン諸島のガダルカナル島を巡って繰り広げた戦いである。ミッドウェー海戦と共に太平洋戦争(大東亜戦争)における攻守の転換点となった。日本側は激しい消耗戦により兵員に多数の餓死者を発生させたうえ、軍艦、航空機、燃料、武器等多くを失った。

サッカー選手一覧

サッカー選手一覧では、地域別のサッカー選手の一覧について記述する(女子選手については女子サッカー選手一覧に記述)。

ソロモン (ガンダムシリーズ)

ソロモン(SOLOMON)は、アニメ『機動戦士ガンダム』『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』などのガンダムシリーズ劇中に登場する架空の宇宙要塞。

元々は「ルナツー」などと同じく資源採掘用にアステロイドベルトから運ばれてきた小惑星だったが、一年戦争前にジオン公国が軍事用に改装して宇宙要塞となる。地球連邦軍による占領後はコンペ島と改称し、引き続き軍事要塞として使用された。なお、OVA作品『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』以降の設定ではコンペイ島(Confeito)となっている。

ソロモン諸島

ソロモン諸島

Solomon Islands

国の標語:To Lead is to Serve(英語: 先導こそ貢献)

国歌:ソロモン諸島の国歌

ソロモン諸島(ソロモンしょとう、英: Solomon Islands)は、南太平洋のメラネシアにある島嶼群であり、またその島々を国土とする国家である。ただし、地理的にはソロモン諸島に属するブーゲンビル島は、国家の領域的にはパプアニューギニアに属す。

オーストラリアの北東、パプアニューギニアの東に位置する。北にはナウル、東にはツバル、南東にはフィジー、南にはバヌアツがある。イギリス連邦の一員にして英連邦王国の一国。首都であるホニアラは、ガダルカナル島に位置している。

ソロモン諸島の戦い

ソロモン諸島の戦い(ソロモンしょとうのたたかい)は、第二次世界大戦中に日本軍と連合軍の間で、南太平洋ソロモン諸島の争奪をめぐり行われた戦闘である。一連の戦闘の中で大きなものはガダルカナル島の戦いとブーゲンビル島の戦いであるが、このほかにも多くの陸海空の戦闘が行われた。

タワーレコード

タワーレコード(TOWER RECORDS)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サクラメントに本社を置く大手CDショップチェーンである。世界各国に展開されている。キャッチコピーは"NO MUSIC, NO LIFE."。

日本では「タワレコ」「タワー」の略称が用いられる。

パプアニューギニア

パプアニューギニア独立国

Independent State of Papua New Guinea(英語)Independen Stet bilong Papua Niugini(トク・ピシン)Papua Niu Gini(ヒリモツ語)

国の標語:多様性は団結なり

国歌:すべてのものよ立ち上がれ

パプアニューギニア独立国(パプアニューギニアどくりつこく)、通称パプアニューギニアは、南太平洋にあるニューギニア島の東半分及び周辺の島々からなる立憲君主制国家。東南アジア諸国連合(ASEAN)の特別オブザーバーであるが、地理的にはオセアニアに属する。オーストラリアの北、ソロモン諸島の西、インドネシアの東、ミクロネシア連邦の南に位置する。イギリス連邦加盟国かつ英連邦王国の一国であり、非白人が国民の多数を占める国としては英連邦王国のうち人口最多・面積最大の国である。

メラネシア

メラネシア(Melanesia)は、オセアニアの海洋部の分類の一つ。

概ね赤道以南、東経180度以西にある島々の総称。オーストラリア大陸より北-北東に位置する。ギリシャ語で μέλας メラス「黒い」+ νῆσος ネソス「島」から「黒い(皮膚の黒い人々が住む)島々」の意味である。

南緯10度線

南緯10度線(なんい10どせん)は、地球の赤道面より南に地理緯度にして10度の角度を成す緯線。大西洋、アフリカ、インド洋、オーストララシア、太平洋、南アメリカを通過する。

この緯度の下では、夏至点時の可照時間は12時間43分であり、冬至点時の可照時間は11時間32分である。

南緯10度線は、ブラジルとペルーの国境を形成する緯線となっている。

太平洋

太平洋(たいへいよう)は、アジア(あるいはユーラシア)、オーストラリア、南極、南北アメリカの各大陸に囲まれる、世界最大の海洋。大西洋やインド洋とともに、三大洋の1つに数えられる。日本列島も太平洋の周縁部に位置する。面積は約1億5555万7千平方キロメートルであり、全地表の約3分の1にあたる。英語名からパシフィックオーシャン(Pacific ocean)とも日本語で表記されることもある。

旧約聖書

旧約聖書(きゅうやくせいしょ)は、ユダヤ教およびキリスト教の正典である。「旧約聖書」という呼称は旧約の成就としての『新約聖書』を持つキリスト教の立場からのもので、ユダヤ教ではこれが唯一の「聖書」(タナハ)である。そのためユダヤ教では旧約聖書とは呼ばれず、単に聖書と呼ばれる。『旧約聖書』は原則としてヘブライ語で記載され、一部にアラム語で記載されている。また、イスラム教においてもその一部(モーセ五書と詩篇に相当するもので現在読まれているものとは異なる。それらはそれぞれ、アラビア語で「タウラー」「ザブール」と呼ばれる)が啓典とされている。

東経160度線

東経160度線(とうけい160どせん)は、本初子午線面から東へ160度の角度を成す経線である。北極点から北極海、アジア、太平洋、オーストララシア、南極海、南極大陸を通過して南極点までを結ぶ。東経160度線は、西経20度線と共に大円を形成する。

南極大陸では、東経160度線がオーストラリア南極領土( オーストラリアが領有権主張)とロス海属領( ニュージーランドが領有権主張)の境界になっている。

機動戦士ガンダム MSV-R 宇宙世紀英雄伝説 虹霓のシン・マツナガ

『機動戦士ガンダム MSV-R 宇宙世紀英雄伝説 虹霓のシン・マツナガ』(きどうせんしガンダム エムエスブイ‐アール こうげいのシン・マツナガ)は、虎哉孝征による日本の漫画作品。原作:富野由悠季、原案:矢立肇、メカニックデザイン:大河原邦男。角川書店の漫画雑誌『ガンダムエース』にて2012年8月号から2017年5月号まで連載された。

第二次ソロモン海戦

第二次ソロモン海戦(だいにじソロモンかいせん)は、第二次世界大戦中、1942年8月24日にソロモン諸島の北で戦われた日本軍とアメリカ軍との間の海戦。連合軍側の呼称は東部ソロモン海戦。日本海軍は空母1隻を喪失、ガダルカナル島への兵員輸送にも失敗して敗北した。

ソロモン王
古代イスラエルの王

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.