セファルディム

セファルディムSephardim, ספרדים)は、ディアスポラユダヤ人の内、主にスペインポルトガルまたはイタリアなどの南欧諸国や、トルコ北アフリカなどに15世紀前後に定住した者を指す言葉。それ以前については目下不明である。セファルディームスファラディSephardi, ספרדי)、スペイン系ユダヤ人などとも言う。語源はオバデヤ書(20節)に見える地名、セパラデ(Sepharad、西暦2世紀以降イベリアと同一視された)である[1]。セファルディはセファルディムの単数形である。

概説

セファルディムは、もうひとつの一大勢力であるアシュケナジムとともに、今日のユダヤ教徒社会の事実上の二大勢力であるとみなされている。イスラエルでは一般に、セファルディムがアジア人または中東系ユダヤ人、アシュケナジムヘブライ語ドイツを意味する)が白系ユダヤ人を指す語として大雑把に使われる場合があるが、これはオスマン朝からイギリス委任統治期を経てイスラエル共和国建国後に至るユダヤ教の宗教行政において「オリエントのユダヤ教徒」(Yahudei ha-Mizrah)がセファルディムの主席ラビの管轄下に置かれていたことに起因する[2]。本来の語義から言うと、どちらも先祖はヨーロッパに定住したユダヤ人だが、人種的にはっきりしたところは不詳で、現在も論争がたえない。少なくとも当初は、地理的な区別に過ぎなかったとされている。

セファルディムは、中世にイベリア半島(スペイン、ポルトガル)に住んでいたユダヤ人の子孫を指す[3]1492年、イベリアに残る最後のイスラム政権を滅ぼしたスペインにおける大規模な排撃で、その多くが南ヨーロッパや中東、北アフリカなどのオスマン帝国の領域に移住し、少数ながら、オランダやイギリスにも移り、20世紀にいたる。セファルディムの言語は、ラディーノ語(別名:ユダヤ・スペイン語、ジュデズモ語)であり、アシュケナジムが話すイディッシュ語とは異なる。

Ottoman 1683
オスマン帝国の最大版図(1683年)

有名なセファルディムの人物・家系

関連項目

外部リンク

出典

  1. ^ "from Hebrew Sefarad, Spain"(britannica.comのSephardiの項より)
  2. ^ 臼杵陽「スファラディーム・ミズラヒーム研究の最近の動向 -雑誌『ペアミーム』を中心にして-」
  3. ^ "a member of the Jews, or their descendants, who lived in Spain and Portugal from the Middle Ages until their persecution and mass expulsion from those countries in the last decades of the 15th century".(britannica.comのSephardiの項より)
アシュケナジム

アシュケナジム(アシュケナージム、Ashkenazim [ˌaʃkəˈnazim], אשכנזים)とは、ユダヤ系のディアスポラのうちドイツ語圏や東欧諸国などに定住した人々、およびその子孫を指す。語源は創世記10章3節ならびに歴代誌上1章6節に登場するアシュケナズ(新共同訳や新改訳での表記。口語訳ではアシケナズと表記)である。単数形はアシュケナジ(Ashkenazi[ˌaʃkəˈnazi], אשכנזי)。

アシュケナジムとセファルディムは、今日のユダヤ社会の二大勢力である。アシュケナージは、ヘブライ語でドイツを意味する。イスラエルでは一般に、前者が白系ユダヤ人、後者がアジア人、南欧系及び中東系ユダヤ人を指す語として大雑把に使われる場合があるが、これはオスマン朝からイギリス委任統治期を経てイスラエル共和国建国後に至るユダヤ教の宗教行政において「オリエントのユダヤ教徒」(Yahudei ha-Mizrah)がセファルディムの主席ラビの管轄下に置かれていたことに起因する。しかし、それ以前の歴史や人種的にはっきりしたことは不詳で、現在も論争がたえない。

アシュケナジム式ヘブライ語

アシュケナジム式ヘブライ語とは、ヘブライ語の発音方式の1つ。アシュケナジー系ユダヤ人が礼拝などでヘブライ語聖書やミシュナーを朗読する際に用いられ、音韻はイディッシュ語や様々なスラヴ語との接触により影響を受けている。今日では、イスラエルにおいて日常的に使用されている現代ヘブライ語とは別の、宗教上の発音方式として生き残っている。

イエメン・ユダヤ人

イエメン・ユダヤ人はイエメンに住む、或いは比較的最近までイエメンに住んでいたユダヤ人またはその子孫をさす言葉。1949年6月から1950年9月にイスラエルによって秘密裏に実施された魔法の絨毯作戦で、事実上、ほとんどのイエメンのユダヤ人(ユダヤ教徒)は国を離れ、現在はイスラエル(少数はアメリカ合衆国)に住んでいる。

イエメン・ユダヤ人は独特のユダヤ教の教えを伝統的に保持しており、アシュケナジムやセファルディムからは明確に区別される。イエメン・ユダヤ人がミズラヒムに含まれるかどうかは議論の余地のあるところで、多くの他のミズラヒムの集団が大なり小なりセファルディムのユダヤ教に同化しているからである。

イスラエル

イスラエル国

מדינת ישראל‎دولة إسرائيل‎

国の標語:不明

国歌: התקווה (ヘブライ語)希望

イスラエル国(イスラエルこく、ヘブライ語: מְדִינַת יִשְׂרָאֵל‎ 、アラビア語: دَوْلَة إِسْرَائِيل‎ 、英語: State of Israel :[ˈɪzrɪəl, ˈɪzreɪəl])、通称イスラエルは、中東のレバントに位置する共和制国家。首都はエルサレムだが、多くの国はテルアビブを首都と見なしている。

北にレバノン、北東にシリア、東にヨルダン、南にエジプトと接する。ガザ地区とヨルダン川西岸地区を支配するパレスチナ自治政府(パレスチナ国)とは南西および東で接する。地中海および紅海にも面している。

イスラエルは、シオニズム運動を経て1948年5月14日に建国された。建国の経緯に根ざす問題は多い。版図に関するものではパレスチナ問題がよく報道される。

クリムチャク人

クリムチャク人は、1世紀に黒海沿岸へ定住したと考えられるユダヤ人。クリミア・タタール人はカライ派ユダヤ教徒(クリミア・カライム人、Караимы、Crimean Karaites)のことを「もみあげ(ペオート)のないユダヤ人」と呼ぶ一方、クリムチャク人のことを「もみあげのあるユダヤ人」と呼び慣わしていた。クリムチャク人自身の呼称はSrel Balaları(イスラエルの子供たち)である。

コンベルソ

コンベルソ(converso)は、スペイン語でユダヤ教からキリスト教への改宗者を指す。

シナゴーグ

シナゴーグ(ヘブライ語: בית כנסת‎、イディッシュ語: שול‎、英: synagogue、独: Synagoge、蘭: synagoge、ハンガリー語: zsinagóga)とは、ユダヤ教の会堂のことである。ギリシャ語のシュナゴゲー(集会所)に由来する。聖書には「会堂」の名で登場し、ユダヤ教会と俗称されることもある。

キリスト教の教会の前身であるが、役割はやや異なる。

元々は聖書の朗読と解説を行う集会所であった。現在では祈りの場であると同時に、各地のディアスポラのユダヤ人の礼拝や結婚、教育の場となり、また文化行事などを行うコミュニティーの中心的存在ともなっている。

エルサレム神殿破壊後はユダヤ教の宗教生活の中心となる。

ディアスポラ民族主義者や改革派は「神殿」という言葉を用いることがあるが、正統派の中にはこういった「擬似神殿」の敷居を跨ぐことを拒否するものもいる。

ディアスポラの地では改革派から超正統派までディアスポラの立場を取る者たちなどによって守られているが、イスラエルへの移住によって無人のシナゴーグ ([1]) も多く出てきている。

テッサロニキ

テッサロニキ(ギリシア語: Θεσσαλονίκη、ラテン文字転写:Thessaloniki [θesaloˈnici] ( 音声ファイル))またはテサロニカ (Thessalonica)は歴史的にはサロニカ(Salonica)の名で知られたギリシャの都市である。テサロニキ・セサロニキとも表記する。ギリシア北部,エーゲ海のテルメ湾に臨む港市。同国では首都アテネに次ぐ2番目に大きな都市で、中央マケドニアの首府であり、マケドニア・トラキア行政管区 (en) (Αποκεντρωμένη Διοίκηση Μακεδονίας-Θράκης)の首府でもある。テッサロニキには Συμπρωτεύουσα (Symprotévusa、共同の首都)と言う称号があり、東ローマ帝国時代にはコンスタンティノープルと並びビザンティンに君臨した都市であった。 1988年、点在する初期キリスト教とビザンチン様式の建造物が、世界遺産(文化遺産)に登録された。

2011年の国勢調査による統計でのテッサロニキ自治体の人口は322,240人でテッサロニキ自治体と隣接する自治体で構成される都市的地域のテッサロニキ都市圏 (en) の人口は790,824人 であった。バルカン半島ではイスタンブール、アテネ、ブカレスト、ソフィア、ベオグラードに次いで6番目に大きな都市圏を形成し、首都でない都市ではイスタンブールに次いで人口が多い都市である。テッサロニキ大都市圏 (en) は周辺地域 1455.62km2の範囲で広がり、2011年現在の人口は1,006,730人に達する。テッサロニキはギリシャ第2の都市として、経済や産業、商業、政治の中心であると共に南東ヨーロッパの交通の一大拠点で、テッサロニキ港はギリシャや南東ヨーロッパの後背地にとっては重要な役割を果たしている。 ギリシャにおいて有名な行事が行われたり、様々な時代の遺構が残されていることから文化的な首都であると考えられている。行事には毎年行われるテッサロニキ国際トレードフェアやテッサロニキ国際映画祭などがあり、半年ごとに行われるギリシャ・デゥアスポラ (en) の会議が開催される。 2014年の欧州青年首都 (en) に選ばれている。

テッサロニキは紀元前315年カッサンドロスによって創建され、以来2,300年の歴史がある都市で、ローマ時代には重要な大都市であった。テッサロニキはビザンティン時代には2番目に富める都市になっており、市内には多くの著名なビザンティン建築が残されている。その中には世界遺産に登録されたテッサロニキの初期キリスト教とビザンティン様式の建造物群も含まれ、同様にローマ時代やオスマン帝国時代のもの、セファルディムの遺構も残されている。

アテネが古代ギリシャを象徴する街なのに対して、中世東ローマ時代のギリシャを象徴する街と言われており、アトス山の修道院共同体もこのテッサロニキが入り口となる。テッサロニキ市のメインとなる大学のアリストテレス大学はギリシャやバルカンでは最大の学生数を誇っている。

テュベテイカ

テュベテイカ (ラテン文字:Tubeteika, Tübätäy、チュベテイカとも表記される) は中央アジアで造られている伝統的な帽子である。現代においてはタジキスタン、カザフスタン、キルギス、ウズベキスタンなどに住むテュルク系民族が伝統衣装として身に付ける事が多い。また、ロシア内でもムスリムの多い地域 (タタールを含む) では衣装として使用されている。テュベテイカはユルトと並び、中央アジアの遊牧民文化を代表する文物であると考えられている。テュベテイカはウズベキスタンではドゥッピもしくはカルパク (kalpoq) と呼ばれて応用美術の一分野とみなされており、伝統民族衣装において重要な役割を果たしている。

また、セファルディムやモロッコのユダヤ人の間ではウズベキスタンのドゥッピをキッパーとして被る事が多い。

ヘブライ語

ヘブライ語(ヘブライご、עברית, Ivrit, ラテン語: Lingua Hebraea)は、アフロ・アジア語族のセム語派に属する北西セム語の一つ。ヘブル語とも呼ばれる。

ポルトガル人

ポルトガル人(ポルトガルじん、葡: os portugueses)は、主にユーラシア大陸の西端、イベリア半島西部のポルトガルやその旧植民地に居住する民族。言語はポルトガル語を使用し、カトリック教徒が多い。

ミズラヒム

ミズラヒム(Mizrachim, ヘブライ語: מזרחים‎)とは、主に中東・カフカス以東に住むユダヤ人。主にスペイン語等を話すセファルディムに対し、伝統的なアラブ世界やイスラム教が多数派の社会のユダヤ人を言うことが多い。ミズラハ Mizrach とはヘブライ語で「東」の意。ミズラヒ Mizrachi は Mizrachim の単数形。

イスラエルで、アシュケナジムやセファルディム社会への反発から始まった用語で、便宜的傾向が強い。

アラブ世界のほか、クルド地方のユダヤ人、グルジア・ユダヤ人、山岳ユダヤ人、ベタ・イスラエル(エチオピアのユダヤ人・Falasha)、インドのユダヤ人、ブハラ・ユダヤ人、中国のユダヤ人(開封のユダヤ人)など、多くの集団を含むこともある。モズラヒムは系統を異にするが、多少のミンハーグの違いはあるが、セファルディムのユダヤ教 Sephardic Judaismであることが多い。

ユダヤ・アラビア語群

ユダヤ・アラビア語群とは、アラビア語圏に住んでいる(あるいは住んでいた)ユダヤ人が話す、アラビア語のユダヤ方言の総称。この語はまた、(とりわけ中世に)ヘブライ文字で書かれた古典アラビア語をも指す。キリスト教圏のユダヤ語にラディーノ語(ユダヤ・スペイン語)やイディッシュ語(ユダヤ・ドイツ語)があるように、イスラム教圏のユダヤ語も地域によって多種多様である。

ユダヤ・アラビア語群においては、アラビア文字よりもヘブライ文字が使われることが多く、ヘブライ語のアルファベットにない発音を表記するために、アラビア文字から子音点を借用することもあった。

1948年の第一次中東戦争の後、アラブ世界のミズラヒムやセファルディムはほぼ全員がユダヤ難民となり、主としてイスラエルかフランスに亡命した。第一世代の亡命者はイスラエルでもフランスでもアラビア語を話す機会を失い、子孫は子孫でフランス語か現代ヘブライ語を母語として育ったため、ユダヤ=アラビア語群は今では危機に瀕する言語と見なされている。

ハラハー研究の古典や聖書の註釈書だけでなく、中世ユダヤ思想の名著のいくつかは中世のユダヤ=アラビア語で書かれている。このため、ヨーロッパのアシュケナジムでも読めるよう、これらの書物は中世ヘブライ語に訳された。この名著の中には、イェフダ・ハレヴィの『クザーリの書』や、マイモニデスの『迷える者への手引き』といった書物が含まれている。

ユダヤ人

ユダヤ人(ヘブライ語: יהודים‎、英語: Jews、ラジノ語: Djudios、イディッシュ語: ייִדן‎)は、ユダヤ教の信者(宗教集団)またはユダヤ人を親に持つ者(血統)によって構成される宗教的民族集団のこと。原義は狭義のイスラエル民族のみを指した。由来はイスラエル民族の一つ、ユダ族がイスラエルの王の家系だったことからきている。ユダヤ教という名称は、ユダヤ民族が多く信仰していた宗教であることによる。

ヨーロッパでは19世紀中頃までは、イスラエル民族としての用法以外には主としてユダヤ教の信者という捉え方がなされていたが、近代的国民国家が成立してからは宗教的民族集団としての捉え方が広まった。ハラーハーでは、ユダヤ人の母親から生まれた者、あるいは正式な手続きを経てユダヤ教に入信した者がユダヤ人であると規定されている。現在の調査では、全世界に1340万を超えるユダヤ教徒が存在する。民族独自の国家としてイスラエルがあるほか、各国に移民が生活している。ヘブライ人やセム人と表記されることもある。

ユダヤ人はディアスポラ以降、世界各地で共同体を形成し、固有の宗教や歴史を有する少数派のエスニック集団として定着した。しかし、それらを総体的に歴史と文化を共有する一つの民族として分類することはできない。言語の面をみても、イディッシュ語の話者もいればラディーノ語の話者もいる。歴史的にはユダヤ人とはユダヤ教徒のことであったが、現状では国籍、言語、人種の枠を超えた、一つの尺度だけでは定義しえない文化的集団としか言いようのないものとなっている。

ユダヤ暦

ユダヤ暦(ユダヤれき、ヘブライ語: הלוח העברי‎、英語: Hebrew calendar)は、ユダヤ人の間で使われている暦法である。

ユダヤ系アメリカ人

ユダヤ系アメリカ人(Jewish Americans, American Jews)は、ユダヤ人のアイデンティティを持つアメリカ合衆国の国民(ユダヤ人の定義についてはユダヤ人を参照)で、その大半は中欧・東欧から移民してきたアシュケナージとその子孫である。セファルディム、ミズラヒムなどユダヤのマイノリティ民族も少なからず存在する。多くのユダヤ人コミュニティはその独自性を今尚保持しており、その宗教のみならず他のヨーロッパ系とは異なる文化を形成している。

2007年時点で、アメリカ合衆国はイスラエルに次ぐ(統計によっては最大の)ユダヤ人居住国家であり、約512万8千人を数える。アメリカ全人口の約1.7%を占める(統計によっては644万4000人というデータも存在し、この場合の人口比は2.2%になる)。ちなみに2007年のユダヤの本拠地イスラエルにおけるユダヤ人人口は543万5800人、で全イスラエル人口の75.7%を占めている。

ラディーノ語

ラディーノ語(ladino)は、イタリア・バルカン半島・中東などに住む、スペイン系ユダヤ教徒・セファルディムのスペイン語方言と位置づけられる言語。ユダヤ・スペイン語(judeoespañol)、ジュデズモ語(dzhudezmo)とも言われる。

1492年、レコンキスタの結果グラナダが陥落し、イスラム教徒が追放されたが、イスラム教徒とキリスト教徒の仲立ち・潤滑油の役割を果たし、文明・文化の伝達役であったユダヤ教徒までもスペインから追放されることとなってしまった。この後、結果的にはスペイン経済の没落を招くことになった(同年ユダヤ教徒の末裔という説も一部にはあるクリストファー・コロンブスがアメリカ大陸を再発見している)。ユダヤ教徒はイタリア、バルカン半島、北アフリカなどに逃れたが、このスペイン語は15世紀末のスペイン語の特徴を一部そのまま残すといわれ、スペイン語歴史文法の研究上貴重な資料を残す。

イディッシュ語ほどユダヤ色は強くない。

なお、アメリカのピアニストマレイ・ペライアはギリシア系セファルディムの旧家の出であり、ニューヨークに生まれ育ったにもかかわらず、最初に覚えた言語はラディーノ語だったという。

ロマニオット

ロマニオット(Romaniotes)はヘレニズム時代から2000年以上にわたってギリシアに住んでいたユダヤ人のことである。母語はギリシア語とイェヴァン語。ギリシアのユダヤ人の多数を占めるセファルディム(1492年のスペイン追放以降にギリシアへ定住)とは異なる集団である。

現在非常に少数で、特にギリシア国内にはほとんど残っていない。

超正統派 (ユダヤ教)

超正統派、ハレーディー(ム)(חֲרֵדִים Haredi または Charedi Judaism, ultra-Orthodox Judaism)とは、ユダヤ教の宗派の一部。ユダヤ教正統派の中でも、特に東部ヨーロッパに由来する伝統的な形態とその人々に対する通俗的な呼称。ヘブライ語では、単数形は「ハレーディー」であり、複数形は「ハレーディーム」(意味は「神を畏れる人」)である。ユダヤ教の最右派。信仰上の理由から出生率が高い(6.9)ため、イスラエル国内で信者数が増加している。人口に占める信者の比率は、2014年時点報道での10%近くから、2019年1月時点の報道では12%(約100万人)へ増えている。21世紀半ばにはイスラエル人口の40%に達するとの予測もある。

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.