スペインの地方行政区画

スペインには50のprovincia)があり、この50県は17の自治州comunidad autónoma)にまとめられる。アフリカには2つの自治都市ciudad autónomaセウタメリージャがある。各県は自治体にあたる8111のムニシピオmunicipio)から構成される。州によっては県とムニシピオの間にコマルカ(comarca)が設置されている。

Mapa Espanha CC AA
スペインの自治州

歴史

かつてスペインでは県(スペインの県)が1級行政単位だったが、1978年憲法で自治州制度が導入され、1979年から1983年までの間に順次17の自治州が、1995年に2つの自治都市が設置された。

近年の動向

2010年7月27日、カタルーニャ州カタルーニャ自治州議会でベゲリアス法案が与党の賛成多数で可決された。Vegueriaとは中世から1716年のDecreto de Nueva Planta施行までの間、取られていた制度である。現在のカタルーニャ州は4県に分けられているが、ベゲリアス法案によると8つのベゲリアに分けられ、アルト・ピリネウバルセロナカーン・ド・タラゴナジローナセントロールリェイダテール・ド・レブルペネデスが挙げられている。

2017年10月27日、カタルーニャ州議会はカタルーニャの独立を一方的に宣言した(カタルーニャ共和国 (2017年))。対してスペイン政府は同日、カルラス・プッチダモンカタルーニャ州政府首相をはじめカタルーニャ自治州政府閣僚全員を更迭、スペイン憲法第155条に基づき自治権を剥奪した。カタルーニャ州はプラサス・デ・ソベラニアと同様にスペイン政府の直接統治下に置かれ、ソラヤ・サエンス・デ・サンタマリーア中央政府副首相が州首相の職務代行にあたって直接統治に乗り出した[1]。これにより、スペイン1978年憲法体制下では初めて、自治州の自治権が政府によって剥奪されるという事態に至った。2018年6月2日にマリアーノ・ラホイ・ブレイスペイン首相が退任し、6月3日にキム・トーラがカタルーニャ州政府首相に就任したことで、7か月ぶりにカタルーニャ自治州政府に自治権が返還された。

自治州一覧

自治州 州都 県都
アンダルシア州の旗 アンダルシア州 セビリア[2] アルメリア県 アルメリア
カディス県 カディス
コルドバ県 コルドバ
グラナダ県 グラナダ
ウエルバ県 ウエルバ
ハエン県 ハエン
マラガ県 マラガ
セビリア県 セビリア
アラゴン州の旗 アラゴン州 サラゴサ ウエスカ県 ウエスカ
テルエル県 テルエル
サラゴサ県 サラゴサ
アストゥリアス州の旗 アストゥリアス州 オビエド アストゥリアス県 オビエド
バレアレス諸島の旗 バレアレス諸島州 パルマ・デ・マヨルカ バレアレス諸島 パルマ・デ・マヨルカ
バスク州の旗 バスク州 ビトリア=ガステイス[3] アラバ県 ビトリア=ガステイス
ギプスコア県 サン・セバスティアン
ビスカヤ県 ビルバオ
カナリア諸島の旗 カナリア諸島州 サンタ・クルス・デ・テネリフェ
ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア
(共同州都)
サンタ・クルス・デ・テネリフェ県 サンタ・クルス・デ・テネリフェ
ラス・パルマス県 ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア
カンタブリア州の旗 カンタブリア州 サンタンデール カンタブリア県 サンタンデール
カスティーリャ・ラ・マンチャ州の旗 カスティーリャ=ラ・マンチャ州 トレド[4] アルバセーテ県 アルバセーテ
シウダ・レアル県 シウダ・レアル
クエンカ県 クエンカ
グアダラハラ県 グアダラハーラ
トレド県 トレド
カスティーリャ・レオン州の旗 カスティーリャ・イ・レオン州 バリャドリッド[5] アビラ県 アビラ
ブルゴス県 ブルゴス
レオン県 レオン
パレンシア県 パレンシア
サラマンカ県 サラマンカ
セゴビア県 セゴビア
ソリア県 ソリア
バリャドリッド県 バリャドリッド
サモーラ県 サモーラ
カタルーニャ州の旗 カタルーニャ州 バルセロナ バルセロナ県 バルセロナ
ジローナ県 ジローナ
リェイダ県 リェイダ
タラゴナ県 タラゴナ
エストレマドゥーラ州の旗 エストレマドゥーラ州 メリダ バダホス県 バダホス
カセレス県 カセレス
ガリシア州の旗 ガリシア州 サンティアゴ・デ・コンポステーラ ア・コルーニャ県 ア・コルーニャ
ルーゴ県 ルーゴ
オウレンセ県 オウレンセ
ポンテベドラ県 ポンテベドラ
ラ・リオハ州(スペイン)の旗 ラ・リオハ州 ログローニョ ラ・リオハ県 ログローニョ
マドリード州の旗 マドリード州 マドリード マドリード県 マドリード
ムルシア州の旗 ムルシア州 ムルシア ムルシア県 ムルシア
ナバラ州の旗 ナバーラ州 パンプローナ ナバーラ県 パンプローナ
バレンシア州の旗 バレンシア州 バレンシア アリカンテ県 アリカンテ
カステリョン県 カステリョン・デ・ラ・プラナ
バレンシア県 バレンシア

脚注

  1. ^ “スペイン検察、前カタルーニャ州首相を起訴 直接統治に混乱なく”. ロイター (ロイター). (2017年10月31日) 2017年10月31日閲覧。
  2. ^ アンダルシア州の州政府・州議会・オンブズマンはセビリアに置かれており、高等裁判所はグラナダに置かれている。
  3. ^ バスク州の州機関はビトリア=ガステイスに置かれているが、公式にビトリア=ガステイスが州都と定められているわけではない。
  4. ^ カスティーリャ=ラ・マンチャ州の州政府と州議会はトレドに置かれており、高等裁判所はアルバセーテに置かれている。
  5. ^ カスティーリャ・イ・レオン州の州政府と州議会はバリャドリッドに置かれており、高等裁判所はブルゴスに置かれており、オンブズマンはレオンに置かれている。公式にバリャドリッドが州都と定められているわけではない。

参考文献

  • 自治体国際化協会(編)『スペインの地方自治』(HTML版, PDF版)、2002年
スペイン

スペイン王国

Reino de España

国の標語:Plus Ultra(ラテン語: 更なる前進)

国歌:Marcha Real(スペイン語)国王行進曲

スペイン王国(スペインおうこく、スペイン語: Reino de España)、通称スペインは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置し、同半島の大部分を占める議会君主制国家。西にポルトガル、南にイギリス領ジブラルタル、北東にフランス、アンドラと国境を接し、飛地のセウタ、メリリャではモロッコと陸上国境を接する。本土以外に、西地中海のバレアレス諸島や、大西洋のカナリア諸島、北アフリカのセウタとメリリャ、アルボラン海のアルボラン島を領有している。首都はマドリード。

スペインのコマルカ

スペインのコマルカは、地理的・経済的・商業的な基準によって複数のムニシピオ(基礎自治体、municipio)で構成される政治・行政単位である。スペイン全土に17ある自治州(comunidad autónoma)の下位区分にあたり、8,114あるムニシピオの上位区分にあたる。日本語では広域区または郡と訳され、2014年時点ではスペイン全土に477のコマルカがある。

コマルカ設置の根拠法令は地方制度基本法42条。基本的には各自治州が必要に応じて設置するものであり、その統括は自治州政府による。2002年時点の州別のコマルカ数はアラゴン州が33、カスティーリャ・イ・レオン州が1、カタルーニャ州が41、バスク自治州が7の計82だったが、その後増えて2014年時点では計477のコマルカがある。

コマルカは自治権や法人格を有しており、コマルカ議会(議員は構成ムニシピオの長や議員の互選)がコマルカの運営を行う。地域整備・都市開発・保健・福祉・文化・スポーツ・教育・公衆衛生・環境などの権限を有している。

コマルカの境界と県の境界が一致していない地域もある。ピレネー山脈東部にあるサルダーニャはスペインとフランスの両国にまたがっており、南西側半分はスペイン領だが、北東側半分はフランス領である。1987年にいち早く全市町村が構成する41のコマルカを設置したカタルーニャ州では、コマルカの創設によって県の存在意義が薄れ、県の廃止を希望しているとされる。

カスティーリャ語ではコマルカ / コマルカス(comarca / comarcas)。カタルーニャ語とバレンシア語ではクマルカ / クマルカス(comarca / comarques, IPA: [kuˈmarkəs]または[koˈmaɾkes])、ガリシア語ではコマルカ / コマルカス(comarca / comarcas, IPA: [koˈmaɾkas])である。英語ではdistrict、county、area、zoneなどの単語に相当する。

スペインの県

スペインには自治州に加え、50の県(けん、provincia)がある。

県名のほとんどはその県都の名前と同じで、例外はアラバ県、アストゥリアス県、ビスカヤ県、カンタブリア県、ギプスコア県、バレアレス諸島、ラ・リオハ県、ナバーラ県である(かつてはアストゥリアス県、カンタブリア県、ラ・リオハ県、ナバーラ県もそれぞれ県都と同じ名称で、オビエド県、サンタンデール県、ログローニョ県、パンプローナ県と呼ばれていた)。州都が県都と別になっている例は、エストレマドゥーラ州のメリダとガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステーラである。

自治州のうち7つは、1つの県だけで構成される。アストゥリアス州、バレアレス諸島州、カンタブリア州、ラ・リオハ州、マドリード州、ムルシア州、ナバーラ州である。

かつてはprovinciaを県ではなく州と訳すこともあった。しかし近年では、自治州と区別するためもあり、州と訳すことは希である。

スペインの自治州旗一覧

スペインの自治州旗一覧(スペインのじちしゅうきいちらん)は、スペインの17自治州と2つの自治都市の旗の一覧である。

スペイン料理

スペイン料理(スペインりょうり)とはスペイン固有の料理のことであり、イベリア半島の山の幸と地中海の海の幸をよく生かした料理で知られる。2010年、イタリア料理、ギリシア料理、モロッコ料理と共に、スペイン料理が、地中海の食事としてユネスコの無形文化遺産に登録された。

スペイン関係記事の一覧

スペイン関係記事の一覧(スペインかんけいきじのいちらん)はスペインに関連する記事を50音順に列挙したものである。

スペイン出身者の一覧については、スペイン人の一覧を参照せよ。

スペインの都市(ムニシピオ)の一覧については、スペインの都市の一覧を参照せよ。

バスク自治州のコマルカ

バスク自治州のコマルカでは、スペイン・バスク自治州の政治・行政単位であるコマルカ(郡または広域区)について説明する。コマルカは自治州、県の下位区分であり、ムニシピオの上位区分である。

ムニシピオ

ムニシピオ(スペイン語: municipio)とは、スペイン語で地方自治体の最小単位である基礎自治体を意味する語彙である。本稿では約8,000存在するスペインの基礎自治体について記す。それぞれのムニシピオは合計50ある県(provincia)を構成しており、各県は17ある自治州を構成している。そのうちいくつかの自治州はムニシピオと県の間にコマルカやマンコムニダードなどの第二階層の地方区分が存在する。ムニシピオあたりの平均的な人口は約5,300人であるが、その格差は大きく、スペイン最多のマドリードの人口が2009年時点で3,255,944人であるのに対し、地方では人口10人未満のムニシピオも存在する。ラ・リオハ州のビジャロージャの人口は2009年時点で10人である。面積は2-40km2が標準的であるが、リェイダ県のトレムのように400km2以上もあるようなムニシピオもある。

ムニシピオの組織は1985年4月2日に法律によって決定され、1986年4月18日の国王令によって完成された。様々な自治体の自治権に関する法令はムニシピオと自治州政府との関係に関する条項を含んでいる。一般的にムニシピオは地域業務に於いて高度な自治を行っている。郡や県の多くの機能は実際にはムニシピオの権限である。

それぞれのムニシピオは独立した法人格を有する法人である。その運営機関(自治体政府)はカスティーリャ語でayuntamiento、カタルーニャ語ではajuntament、ガリシア語ではconcello、アストゥリアス語ではconceyuと呼ばれ、一般に市町村役場を意味する。自治体政府は首長(alcalde)、助役(teniente de alcalde)及び議員(concejal)による本会議(pleno)から構成される。首長と助役は本会議によって選出され、その議員は4年毎に行われる名簿式普通選挙によって選出される。本会議は少なくとも3ヶ月に1回、自治体政府の席上で公開で行われる。また多くの自治体政府には首長が議員から指名した委員によって構成される運営委員会(comisión de gobierno)が存在し、人口5,000人以上の自治体においては設置が義務付けられている。本会議と首長の間を取り持ち首長を補佐する事を任務とする運営委員会は議員の3分の1以上を含む事が出来ない。

1900年時点では約9,300のムニシピオがあり、1960年代から1970年代に大きく減少して約8,000となったが、1981年に増加に転じた。1999年時点では8,101、2008年時点では8,112、2014年時点では8,117、2016年には8,125である。小規模ムニシピオが多いのはカスティーリャ・イ・レオン州、カタルーニャ州、カスティーリャ=ラ・マンチャ州とされている。ムニシピオの平均人口は約5,300人であり、1999年時点ではEU平均の4,000人より多かった。

ヨーロッパ諸国の地方区分の記事一覧

ヨーロッパ諸国の地方区分の記事一覧(ヨーロッパしょこくのちほうくぶんのきじいちらん)では、ヨーロッパ各国の地方区分の記事の一覧を示す。この一覧はすべての行政区分や地域を網羅しているわけではない。

欧州連合加盟国の特別領域

欧州連合加盟国の特別領域(おうしゅうれんごうかめいこくのとくべつりょういき)では、欧州連合加盟各国の海外領域や自治領など、特殊な統治の形態をとっている領域について概説する。

2016年の時点において欧州連合には28の国が加盟しているが、そのほとんどが欧州連合の政策や計画のすべてに加わり、またその行動を規定した文書に署名している。しかしEU法は必ずしもすべての加盟国のすべての領域に適用されるものではない。複数の加盟国は歴史上、地理上、政治上の理由により加盟国の一般の領域とは違って、本国政府やあるいは欧州連合と異なる関係を持つ特殊な領域を有している。それらの領域は欧州連合のすべての政策や計画に参加しているわけではない。なかには欧州連合との関係をまったく持たない領域が存在する一方で、他方では指令、規則や基本条約の附属議定書に従って欧州連合の計画に参加する領域も存在する。

自治共和国

自治共和国(じちきょうわこく)とは、独立国の中に設けられる地方自治政体のうち、通常の州・地区・県・市などに比して広汎・高度の自治権を付与される「国家内国家」の一形態の呼称である。一般に、日本語訳での慣例(日本国外務省、日本の大手地図会社などによる表記)では、自治区・自治州などよりもその自主性・権限は強いものとされる。

日本語表記において「自治共和国」と訳される政体の代表例としてもっとも頻度が多いのは、旧ソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)の自治共和国(ロシア語: Автономная Советская Социалистическая Республика, АССР、英語: Autonomous Soviet Socialist Republics, ASSR)である。

このほか、現在においても「自治共和国」と見なされる自治政体の例は存在する。

自治州

自治州(じちしゅう)とは、少数民族や先住民などの住民に対して自治が認められた州(自治行政区画)を指す。行政システムの内容や、自治の度合いは自治州を設定している国によって区々である。一般に少数民族に対して一定の権利を与えるために設定されることが多い。ただ同じ自治州といっても、スペインでは一級地方行政区である州が全て自治州と呼ばれているのに対して、中国の自治州は省レベル以下の二級行政区である少数民族自治区域を指す。

自治行政区画

自治行政区画(じちぎょうせいくかく、英: autonomous administrative division)は、国の行政区画の内、ある程度の自治権もしくは外部の権力からの自由を有する物のことである。一般的に、自治行政区画は地理的に他の領土から離れた領土(海外領土など)や少数民族が多く住む地域に設けられる。

そのような行政区画への自治の権力と機能の分散は、民主主義の参加や管理の効率を向上させるため、および、内部の衝突の影響力を弱めるために中央政府により行われる。自治区画を含む国は、連合(federacy)、連邦、国家連合である場合がある。自治区画は、領域的自治(territorial autonomy)、小区域領域的自治(subregional territorial autonomy)、地方自治(local autonomy)に分けられる。

ヨーロッパの第一級行政区画 (関連カテゴリ:Category:地方区分の一覧)

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.