シメオン族

シメオン族(シメオンぞく、ヘブライ語: שבט שמעון‎)はイスラエルの12支族の一部族である。ヤコブの子シメオンを祖とする。紀元前1200年頃[1]のイスラエル部族によるカナン征服の後、ヨシュアはイスラエルの12の部族にそれぞれ土地を割り当てた。シメオン族に与えられた土地はカナンの南西にあり、ユダ族の領地と東と南で接していた。ユダ族の領地との境界は曖昧であり、ヨシュア記によればシメオン族の相続地はユダ族の割り当て地の内にあった[2][3]。シメオン族はユダ王国の非主流の部族の一つだった。

Simeão
ポルトガル語のスケッチ、シメオンの名が書かれている

起源

12 Tribes of Israel Map
イスラエルの12支族のカナンにおける領地

トーラーによると、シメオン族はヤコブレアの第2子であるシメオンの直系の子孫によって構成されており、シメオンの名よりシメオン族と呼ばれる。しかし、一部の聖書学者はこれをポストディクションであり、イスラエル連合における他の部族との関連性を説明するための起源論的なエポニムメタファーであると見ている[4]。聖書学者は、シメオン族が原初のイスラエル連合の部族の中の一つであると聖書の著者は見ていたと信じている。しかし、シメオン族は古代のデボラの歌(士師記第5章)では言及されておらず、一部の学者はシメオン族が当初は独立した部族として考えられていなかったのではないかと考えている[5]。イスラエル・フィンケルシュタインによると、デボラの歌の書かれた時代にはシメオン族のいたカナンの南方地域は他の部族から離れた場所に位置する取るに足らない辺境だったとしている[6]

特徴

歴代誌から得られる情報としては、シメオン族が一つの場所に固定されていないことが分かる。歴代誌上の第4章ではシメオン族の一部のメンバーが南方へ移住し、ゲドルにおいてよい牧草地を見つけたとされる[7]。また、ヒゼキヤの支配の間にシメオン族の一部がメウニム人の土地へ行き、彼らを虐殺して土地を奪ったされる[8]。シメオン人の内500人はセイル山 (en)へ移住し、そこに定住していたアマレク人を虐殺したともされている[9]。十数個の町と、ベエル・シェバを含める、シメオン族の領地は、ユダ族によって保持されており[10]、シメオン族はかなり早い段階でユダ族に吸収されていたものと考えられている[11]

ミドラーシュによると、他のイスラエル族の多くの家族は、シメオン族の夫を亡くし寡婦となったシメオン族の女性からの子孫であるとされる[5]

シメオン族は砂漠での放浪の間、最も強い部族の一つであり、そのシンボルはシュケムの町を象徴している門のそれである。

運命

シメオン族に与えられた町はヨシュア記において指定されている[12]。しかし、同書の別の記述ではこれらの町のいくつかはユダ族のものとされている[5][13]。一部の本文批評学者は、ヨシュア記がいくつかの原文から繋ぎ合わされたものであると見ており、町のリストが重複するこの特定のケースは、それぞれ時期の異なる文献がつなぎ合わされたために生じたと考えている[4][5]

シメオンの部族はレビの部族のように、シュケムでの虐殺の罰としてイスラエルの部族の中に散らされると定められた。レビ族は司祭として全イスラエル中に散らされたのに対し、シメオン族はユダ族の中に散らされた。民数記に記述される2回の人口調査において、シメオン族は出エジプトの際には、軍務につくことのできる成人男子は59,300人であり、その数は12部族のうち第3番目だったが、第2回目の人口調査では22,200人と半減して最下位となり、シメオン族の規模は劇的に減少した。聖書では一回目の人口調査を出エジプト時に配置するが、本文批評学者は、この記述がおよそ紀元前700から600年の期間の司祭資料に由来するものだと見ている[5][14]。シメオン族の名前は申命記に記されたモーセの祝福には一切出て来ないため、本文批評学者は、申命記文書作者の時代はこれらの人口調査が行われるよりも後の時代であると考えている[14]七十人訳聖書の写本は、ヘブライ語写本に基かない記述であるシメオンの名を申命記第33章6節の後半部分に挿入することで、この点を修正しようとしたことが見受けられると、学者は見ている[5]

聖書においてシメオン族の衰退は、シュケムにおいてディナが強姦された際のシメオンの行った虐殺に対する神の罰であるように記述され、ディナ自身はシメオンの不幸を説明する原因譚的な神話として、後に作られたものであると見られている[4]。ヤコブの祝福において、その罰によってシメオン族が分けられ、散らされると預言されている。本文批評学者は、ヤコブの祝福が紀元前9 - 8世紀 (900-701 BC)頃の期間に書かれ、シメオン族が衰退していたのと同時期に書かれたと信じており、ポストディクションであると見ている[14]

シメオン族はユダ王国の一部として、最終的にバビロン捕囚を受けた。バビロン捕囚が終わった時には、シメオン族とユダ王国の他の部族との区別を失い、ユダヤ人と共通のアイデンティティを持つようになった。にもかかわらず、ミドラーシュの外典によると、シメオン族はバビロニアからアクスム王国(現在のエチオピア)のthe dark mountainsの背後に追放されたと主張している[5]

出典

  1. ^ Kitchen, Kenneth A. (2003), "On the Reliability of the Old Testament" (Grand Rapids, Michigan. William B. Eerdmans Publishing Company)(ISBN 0-8028-4960-1)
  2. ^ ヨシュア記19章1節 - 9節 ウィキソース
  3. ^ 第一歴代誌4章24節-43節
  4. ^ a b c Peake's commentary on the Bible ISBN 0415051479
  5. ^ a b c d e f g Jewish Encyclopedia”. 2010年12月13日閲覧。
  6. ^ Finkelstein, Israel, and Silberman, Neil Asher (2002). The Bible Unearthed : Archaeology's New Vision of Ancient Israel and the Origin of Its Sacred Texts. Simon & Schuster. ISBN 0-684-86912-8.
  7. ^ 歴代誌上 第4章39節 ウィキソース
  8. ^ 歴代誌上 第4章41節 ウィキソース
  9. ^ 歴代誌上 第4章42 - 43節 ウィキソース
  10. ^ 士師記1章3節、17節
  11. ^ 関根 1956 p.244
  12. ^ ヨシュア記 第19章2 - 6節 ウィキソース
  13. ^ ヨシュア記 第15章26 - 32節、42節 ウィキソース
  14. ^ a b c Richard Elliott Friedman, Who Wrote the Bible? (Harper San Francisco) (1987) ISBN 0-06-063035-3

参考文献

イスラエルの失われた10支族

イスラエルの失われた10支族(イスラエルのうしなわれたじっしぞく、英: Ten Lost Tribes)とは、旧約聖書に記されたイスラエルの12部族のうち、行方が知られていない10部族(ルベン族、シメオン族、ダン族、ナフタリ族、ガド族、アシェル族、イッサカル族、ゼブルン族、マナセ族、エフライム族)を指す。

日本語では「失われた10部族」ともいうがどちらが正しいということはない。ただし「失われた10氏族」という表記は誤りである。

エバル山

エバル山( Mount Ebal、アラビア語表記:アラビア語: جبل عيبال‎{Jabal ‘Aybāl}、ヘブライ語表記:ヘブライ語: הר עיבל‎{Har ‘Eival})はシェケムの谷を挟んで、ゲリジム山と向かい合っている山で、ゲリジム山の北側にある。

海抜938mでシェケムの谷からは472mあり、山の間には主要道路が東西に走っている。

モーセはイスラエルがカナンに入ったら、ゲリジム山には祝福を、エバル山には呪いを置くべきこと、エバル山には石灰を塗った石を立てて、主の御教えのことばを書き記すべきこと、さらに、イスラエルの12部族の半分(ルベン族、ガド族、アシェル族、ゼブルン族、ダン族、ナフタリ族)を呪いのためにエバル山に立たせ、祝福のため残り半分を(シメオン族、レビ族、ユダ族、イッサカル族、ヨセフ族、ベニヤミン族)にゲリジム山に立たせることを命じた。これらの命令はモーセの後継者ヨシュアによって実行された。

シメオン

シメオン(Simeon)は、古代ユダヤに由来する男性名。原義は「聞く、耳を傾ける」。シメオンがギリシャ語化されたものがシモンであり、本来は同じ名前。ギリシャ語表記"Συμεών"は古典ギリシア語の再建音転写では「シュメオーン」となり、現代ギリシア語では「シメオン」となる。

シメオン1世 - 第一次ブルガリア帝国の君主(在位:893年 - 927年)。

シメオン2世(シメオン・サクスコブルクゴツキ) - ブルガリア王(在位:1943年 - 1946年)、ブルガリア共和国首相(2001年 - 2005年)。

シメオン (ヤコブの子) - 旧約聖書『創世記』に登場する族長ヤコブの次男、シメオン族の祖。

抱神者シメオン - ルカによる福音書2:25 - 35に記述されている人物。

シメオン (クロパの子) - エルサレムのキリスト教会の第2代エルサレム主教。

登塔者シメオン - 4世紀末から5世紀半ばまで活動したキリスト教の修道者。柱の行者とも。

新神学者シメオン - 中世の正教会の神学者。

シメオン・メタフラスト - 中世、聖人伝の編纂・月課經の編纂をした正教会の聖人。

シメオン・ウロシュ・パレオロゴス - 14世紀のエピロス専制侯国の君主。

黒田シメオン - 戦国武将、黒田孝高の洗礼名。

シメオン・ベクブラトヴィチ - カシモフ・ハン国のハン。イヴァン4世(雷帝)から一時譲位を受けた人物。

シメオン (ヤコブの子)

シメオンとは、創世記によるとヤコブとレアの第二子であり、イスラエルの十二支族の内シメオン族の祖とされる。しかし、一部の聖書学者はこれをポストディクション、即ちイスラエル連合の各部族の関連性の起源を提供するためのエポニム、メタファーであるとして見ている。聖書学者は、シメオン族は初期のイスラエル連合の一部であると聖書の著者に信じられていたと主張している。しかしながら、そのシメオン族は聖書の一部には書かれておらず(例えば、申命記第31章におけるモーセが死ぬ前にイスラエルの人々を祝福した言葉では、イスラエルの各部族に対してそれぞれ祝福の言葉がかけられるが、シメオンの名前は出てこない)、本文批評学者は例えばデボラの歌のように最も古いものであると主張し、また、一部の学者はシメオンが始めは個別の部族とは考えられていなかったと主張している。

ヨシュア記

『ヨシュア記』(ヨシュアき、ヘブライ語: ספר יהושע‎)は聖書の書物である。

そこには、ヨシュアの指導の下、イスラエル人がカナンに住む諸民族を武力で制圧し、約束の地を征服していく歴史が記されている。この書物は、キリスト教においては「歴史書」に、また、ユダヤ教においては預言書に分類される。

リンモーン

リンモーン(רִמּוֹן, クティーブ・マーレー:רימון rimmôn)はヘブライ語の言葉

トーラーの飾りの一つ。複数形リンモーニーム(רִמּוֹנִים)で呼ぶ。セーフェル・トーラー(トーラーの巻物)の芯の上にかぶせる。古い時代にはエルサレム神殿の柱をかたどった意匠などが存在したが、時代が進むにつれて柘榴と呼ばれるようになった。現在では塔の形をしたものなどがあり、素材としては銀など金属で作った高価なものがある。

リンモーニーム (רימונים rimmônīm) : イスラエルの都市の名前

イスラエルの週刊誌。רימון 参照

パルデース・リンモーニーム pardhes rimmonim(柘榴の庭)は、モーセ・コルドベロによる1548年の本

リモン:政治的にはベニヤミン族に属していた四つのギブオン人の町ベエロト Beeroth (サムエル記下4:2)の人で、レカブとバアナの父。レカブとバアナはダビデの政敵サウルの子イシュ・ボシュトを襲って殺害し、ダビデに「主が邪悪なものに正しく報復された」と主張するが、ダビデは「正しい人を殺害した」と主張し「悪を地上から取り去らなければならない」ということで処刑されてしまう。 (ヨシュア記 9:17 をまた参照)

「リモンの神殿」: 列王記下5:18にのみ見えるシリアの偶像

エン・リモン : 後にシメオン族に与えられたユダの辺境の町の一つ(ヨシュア記) / リモン:歴代誌上に登場する村の名前

リモンの岩場 Rock of Rimmon : ギブアに泊まったレビ人の傍女を、ギブアのベニヤミン族の群集が死に至らしめたことから起こった戦争で、ベニヤミン人が他の部族の攻撃を逃れるために留まった場所

リモン - イスラエル国防軍の特殊部隊 この記事には現在パブリックドメインになっている次の著作物の文章が含まれている: Easton, Matthew George (1897). "要記事名". Easton's Bible Dictionary (New and revised ed.). T. Nelson and Sons.

ルベン族

ルベン族(ルベンぞく、ヘブライ語: שֵׁבֶט רְאוּבֵן)はイスラエルの12氏族の内の一部族である。ヤコブとレアの第1子のルベンを祖としている。

日ユ同祖論

日ユ同祖論(日猶同祖論、にちゆどうそろん)は、日本人(大和民族)の祖先が2700年前にアッシリア人に追放されたイスラエルの失われた十支族の一つとする説。

但し、ユダヤ人(古代イスラエル人のうちのユダ族、ベニヤミン族、レビ族)ではなく、ユダヤ人と共通の先祖ヤコブを持つ兄弟民族である。

スコットランド人が滞日中の明治時代に著した論を発端に、一部のユダヤ人によって提唱され日本でも一部の者が唱えている。英ユ同祖論など、ユダヤ人と他民族文化を関連づけて論じる多数あるユダヤ人同祖論のひとつ。

古代イスラエルの12部族とは、ルベン族、(シメオン族)、レビ族、ユダ族、(ダン族)、ナフタリ族、ガド族、アシェル族、イッサカル族、ゼブルン族、ヨセフ族(マナセ族、エフライム族)、ベニヤミン族を指す。

一般によく認識されているユダヤ民族の祖は、第4族ユダ族と第12族ベニヤミン族に第3族レビ族を加えた3部族であり、失われた10支族から省かれる。

古代イスラエルの失われた10支族とは、ユダヤ民族を除いた、ルベン族、シメオン族、ダン族、ナフタリ族、ガド族、アシェル族、イッサカル族、ゼブルン族、ヨセフ族(マナセ族、エフライム族)を指す。

第9族エフライム族、第5族ガド族、または第7族イッサカル族の数人が日本に、第11族ヨセフ族(マナセ族、エフライム族)はエチオピアに移住したという説がある。

日ユ同祖論は、主に以下がある。

世界に散らばったイスラエルの失われた10支族の1支族(第9族エフライム族、第5族ガド族、または第7族イッサカル族)の数人が日本に移住したという説。

英ユ同祖論における、世界に散らばったイスラエルの失われた10支族の1支族であるという説。

イスラエルの失われた10支族は、日本に渡来したという説。

イスラエルの12部族全部が、日本に来たという説。

古代日本人は、ユダヤ人の先祖であるという説(古代イスラエル12支族=ユダヤ民族(ユダ族、ベニヤミン族、レビ族の3族)との勘違いから派生した説)。

天皇家、物部氏ヨセフ族、出雲神族(クナド大神族)レビ族、出雲族(龍蛇族)ダン族とナフタリ族はイスラエル支族であると言う説。天皇家が分家の武内宿祢の蘇我本家から養子を迎えた所、天皇家へ養子に行った蘇我本家の王は富家レビ族からの養子だったので天皇家が祭司王も兼ねる様になり王権と祭司権の両方を担ったと言う。本項では、主に3について記述する。

ただし後述するように、現在の遺伝学の調査からは、現代日本人と現代ユダヤ民族の遺伝的組成は大きく異なっていることが示唆されており、この観点よりの日ユ同祖論は現時点ではかなり苦しい。当面の所、この議論は主に日ユ「文化」同祖論として捉えるべきかも知れない。

ただ、当時の古代イスラエル人は有色人種であり、白人ユダヤ人(ヘブライ語でドイツを意味するアシュケナジム)は8世紀頃、ハザール人のユダヤ教への改宗によって、ユダヤ人を名乗ったことに由来する点から、日ユ同祖論でいうユダヤ人とは、有色人種としてのユダヤ人(セファルディム)であり、遺伝調査の正確性は問われる。

聖書に登場する地名一覧

聖書に登場する地名一覧(せいしょにとうじょうするちめいいちらん)では、聖書に登場する地名を五十音順に挙げる。

イスラエルの12部族(イスラエルの十二支族)

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.