サムエル記

サムエル記』(サムエルき)は旧約聖書におさめられた古代ユダヤの歴史書の1つ。元来、『列王記』とあわせて1つの書物だったものが分割されたようである。また『サムエル記』自体も上下にわかれているが、これはギリシャ語聖書以来の伝統である。また、正教会においては列王記第一列王記第二と呼称される。内容的には『士師記』のあとを受け、『列王記』へと続いていく。タイトルは最後の士師であり、祭司であったサムエルに由来。ユダヤ教の分類では『ヨシュア記』『士師記』『列王記』と共に「前の預言者」にあたる。

この書物の原作者は、サムエルナタン、ガドであると伝えられている(歴代誌上 29:29)。

内容

  • 最後の士師サムエルとその師エリの物語(上1:1-7:17)
    • サムエルの召しだし(上1:1-3:21)
    • イスラエルの敗北と神の箱の喪失(上4:1-7:1)
    • サムエルのイスラエル指導(上7:2-7:17)
  • イスラエルの王政の始まり(上8:1-12:25)
    • サウルの選びと即位(上8:1-11:15)
    • サムエルの告別の辞(上12:1-12:25)
  • サウルダビデ(上13:1-下2:7)
    • サウルの戦い(上13:1-15:35)
    • ダビデの選び(上16章)
    • ダビデとゴリアテ(上17章)
    • サウルの敵意とダビデの逃亡(上18章-上30章)
      • サムエルの死(上25章)
    • サウル親子の死(上31章-下2:7)
  • ダビデの治世(下2:8-20:26)
    • ユダとイスラエルの内戦(下2:8-4:12)
    • ダビデの即位と戦い(下5:1-10:19)
    • ダビデとバト・シェバ(下11:1-12:25)
    • ラバの占領(下12:26-31)
    • アムノンとタマル(下13:1-13:22)
    • アブサロムの復讐(下13:23-14:33)
    • アブサロムの反乱(下15:1-19:9)
    • ダビデのエルサレム帰還(下20:10-20:26)
  • 付記(下21:1-24:25)
    • サウルの子孫(下21:1-21:22)
    • ダビデの歌(下22:1-22:51)
    • ダビデの最後の言葉(下23:1-23:7)
    • ダビデの家臣たち(下23:8-23:38)
    • ダビデの人口調査(下24:1-24:25)

関連項目

エッサイ

エッサイ(英語: JesseまたはYishay, ヘブライ語 יִשַׁי, ギリシア語: Ιεσσαί)とは、『旧約聖書』の登場人物。古代イスラエル王国第2代王ダビデの父。日本正教会ではイエッセイと転写される。

ゴリアテ

ゴリアテ(ヘブライ語: גָּלְיָת‎、Golyat‎)は、旧約聖書の「サムエル記」に登場するペリシテ人の巨人兵士。英語発音でゴライアス(Goliath)とも呼ばれる。

身長は6キュビト半(約2.9メートル)、身にまとっていた銅の小札かたびら(鎧)は5000シェケル(約57キログラム)、槍の鉄の刃は600シェケル(約6.8キログラム)あったという。このため他より大型な生物の種小名や乗り物など、巨大さの象徴としてこの名が使われている。

サウル王治下のイスラエル王国の兵士と対峙し彼らの神であるヤハウェを嘲ったが、羊飼いの少年であったダビデが投石器から放った石を額に受けて昏倒し、自らの剣で首を刎ねられ絶命した。この故事にちなんで、弱小な者が強大な者を打ち負かす番狂わせの喩えを「ジャイアント・キリング」と呼ぶ。

サウル

サウル(Saul、ヘブライ語:שָׁאוּל)は、旧約聖書『サムエル記』に登場する、紀元前10世紀頃のイスラエル王国の最初の王。

サムエル

サムエルは、旧約聖書の『サムエル記』に登場するユダヤの預言者、士師(民族指導者)。名前の語義はヘブライ語で「彼の名は神」。実在の人物である場合、紀元前11世紀の人。

ダゴン

ダゴン(英: Dagon、ヘブライ語: דָּגוֹן‎ [dagon])あるいはダガン(英: Dagan、 シュメール語: 𒀭𒁕𒃶 [dda-gan])は、古代メソポタミアおよび古代カナンの神。マリとテルカに神殿が発見されている。

聖書によって古代パレスチナにおいてペリシテ人が信奉しており、ガザとアシュドッドに大きな神殿があったことが知られる。名前の由来はヒエロニムスによって、ヘブライ語のダグ(דָּג‏‎ [dag]、魚)と誤って関連せしめられ下半身が魚形の海神と考えられた。ダゴンという語の本当の由来は麦といわれ大地の豊穣と関係の深い神とされる。父親はエル。伝承によってはバアルの父とされる。

旧約聖書の中ではイスラエル人と敵対したペリシテ人の崇拝した神と悪神扱いされたが、これは何もダゴンに限らず、多くの神が悪魔に落とされている。古い神が次第に悪魔や怪物と貶められる事は、神話の世界では常にあることであり、もともとダゴンは邪悪な神ではなかったはずだが、ユダヤ教で悪神とされ、ユダヤ教から発生したキリスト教でも同様の扱いを受けたことから悪神として定着した。

ダビデ

ダビデ(ヘブライ語: דוד‎ Dāwīḏ (ダーウィーズ), ギリシア語: Δαβίδ, ラテン語: David, アラビア語: داود‎ Dāʾūd)は、古代イスラエルの王(在位:前1000年 - 前961年頃)。ダヴィデ、ダヴィドとも。

羊飼いから身をおこして初代イスラエル王サウルに仕え、サウルがペリシテ人と戦って戦死したのちにユダで王位に就くと、ペリシテ人を撃破し要害の地エルサレムに都を置いて全イスラエルの王となり、40年間、王として君臨した。旧約聖書の『サムエル記』および『列王記』に登場し、伝統的に『詩篇』の作者の一人とされている。イスラム教においても預言者の一人に位置づけられている。英語の男性名デイヴィッド(David)などは彼の名に由来する。ダビデ王は自ら犯した姦淫の罪を生涯改めず、いずれの教派に於いても聖人とされることはあり得ない。カトリック教会・聖公会・正教会の聖人である聖デイヴィッドは六世紀ウェールズの守護聖人であり別人。

フーゴー・グレスマン

フーゴー・グレスマン(Hugo Gressmann、1877年3月21日 - 1927年4月6日)は、ドイツの神学者。旧約聖書の学者として著名なヘルマン・グンケルの盟友である。

グレスマンは、グンケルの聖書学研究における類型批評の方法で用いられていたグンケルの研究を引き継いだ。そして、旧約聖書の「出エジプト記」、「ヨシュア記」、「士師記」、「サムエル記」、「列王記」に導入した。

また、十戒の研究の方法においては、ヴェルハウゼンの学説と対立した。

ベリアル

ベリアル(Belial、Beliar、Berial)は、悪魔、堕天使の一人。その名は「悪」、を意味するとされている。

ペリシテ人

ペリシテ人、あるいはフィリスティア人(ヘブライ語:p'lishtīm>ギリシア語:Philistînoi>ラテン語:Philistīni>英語:Philistines)とは、古代カナン南部の地中海沿岸地域周辺に入植した民族群である。アシュドド、アシュケロン、エクロン、ガザ、ガトの5つの自治都市に定着して五市連合を形成していた。古代イスラエルの主要な敵として知られ、聖書の『士師記』や『サムエル記』で頻繁に登場する。特に、士師サムソンの物語や、戦士ゴリアテと戦ったダビデの物語などが有名である。

現在のヨーロッパ諸語では、ペリシテ人とは「芸術や文学などに関心のない無趣味な人」の比喩として使用される。

また、パレスチナ(Palestina)は「ペリシテ人の土地」という意味だが、現在のパレスチナ人はアラブ民族であり、ペリシテ人と直接関係があるかは分かっていない。

メシア

メシアは、ヘブライ語のマシアハ(משיח)に由来し、「(油を)塗られた者」の意。

出エジプト記には祭司が、サムエル記下には王が、その就任の際に油を塗られたことが書かれている。後にそれは理想的な統治をする為政者を意味するようになり、さらに神的な救済者を指すようになった。

メシアのギリシャ語訳がクリストス(Χριστός)で、「キリスト」はその日本語的表記である。キリスト教徒はナザレのイエスがそのメシアであると考えている。イエスをメシアとして認めた場合の呼称がイエス・キリストである。イスラム教徒もイエスをメシア(マスィーフ)と呼ぶが、キリスト教とは捉え方が異なっている。

ヘブライ語マシアハがギリシャ語にはいってメシアス(μεσσίας)となった。日本語のメシアはメシアスに由来する。メサイアは同じ語に由来する英語。

モアブ

モアブ(モアブ語:𐤌𐤀𐤁)は、古代イスラエルの東に隣接した地域の古代の地名であり、死海の東岸、アルノン川(現ヨルダン・ハシミテ王国のワディ・アル・ムジブ)以南からゼレド川以北(現ヨルダンのワディ・アル・ハサ)の高原地帯に広がる地域を指す。この地域は、現在のヨルダン・ハシミテ王国のカラク高原地域(カラク県)にほぼ等しい。

なおモアブと呼ばれた地域は、中世イスラム期にはマアブ(Maāb)と呼ばれていたことが、9世紀のアラブ人地理学者ヤアクービーの記述から分かる。

旧約聖書によれば、ロトとロトの長女との間に生まれた息子モアブ(מואב ヘブライ語で「父によって」の意)に由来し、その子孫がモアブ人となってエミム人を打ち払ってその地域に定住したとされている。

列王記

『列王記』(れつおうき)は旧約聖書におさめられた古代ユダヤの歴史書の1つ。元来、『サムエル記』とあわせて1つの書物だったものが分割されたようである。また『列王記』自体も上下にわかれているが、これは七十人訳聖書以来の伝統である。また、正教会においては『列王記第三』、『列王記第四』と呼称される。内容的には『サムエル記』のあとを受けており、また『歴代誌』とは一部内容が重複している。ユダヤ教の分類では『ヨシュア記』『士師記』『サムエル記』と共に「前の預言者」にあたる。

この書物の原作者は、伝統的にエレミヤであると伝えられている。

占い

占い(うらない)とは様々な方法で、人の心の内や運勢や未来など、直接観察することのできないものについて判断することや、その方法をいう。卜占(ぼくせん)や占卜(せんぼく)ともいう。

友情

友情(ゆうじょう)は、共感や信頼の情を抱き合って互いを肯定し合う人間関係、もしくはそういった感情のこと。友達同士の間に生まれる情愛。しかし、それはすべての友達にあるものではなく、自己犠牲ができるほどの友達関係の中に存在する。

報復

報復(ほうふく)、仕返し(しかえし)、復讐(ふくしゅう)とは、一般にひどい仕打ちを受けた者が相手に対して行うやり返す攻撃行動の総称である。

旧約聖書

旧約聖書(きゅうやくせいしょ)は、ユダヤ教およびキリスト教の正典である。「旧約聖書」という呼称は旧約の成就としての『新約聖書』を持つキリスト教の立場からのもので、ユダヤ教ではこれが唯一の「聖書」(タナハ)である。そのためユダヤ教では旧約聖書とは呼ばれず、単に聖書と呼ばれる。『旧約聖書』は原則としてヘブライ語で記載され、一部にアラム語で記載されている。また、イスラム教においてもその一部(モーセ五書と詩篇に相当するもので現在読まれているものとは異なる。それらはそれぞれ、アラビア語で「タウラー」「ザブール」と呼ばれる)が啓典とされている。

歴代誌

『歴代誌』(れきだいし, ヘブライ語: דברי הימים‎ Dibhrēy hayYāmīm ディブレー・ハイ=ヤーミーム、英: Books of Chronicles)は旧約聖書におさめられたユダヤの歴史書。歴代誌という書名は聖書の日本語訳者によって様々に表記され、歴代志、歴代史、歴代の書、歴代誌略などとも表記される。2巻に分かれており、ダビデの死までが書かれた巻は上や第一、第一巻などと呼ばれ、バビロン捕囚までが書かれた巻は下や第二、第二巻などと呼ばれる。『サムエル記』『列王記』と内容が重複している。ユダヤ教では「預言書」でなく「諸書」の1つになっている。

キリスト教では歴史書として『列王記』と同列に扱われ、その後におさめられている。『歴代誌』(ラテン語:Chronica)という題名はヒエロニムスが初めて使用したものである。ギリシア語聖書では『パレレイポメナ』(省略されたもの)というタイトルがついていて、『列王記』などの歴史書の補足という意味合いをもたされている。

この書物の原作者は、伝統的にエズラであると伝えられている。文体や記述法が似通っているため、批評学的には『エズラ記』『ネヘミヤ記』と同じ著者グループによってかかれたものではないかと考えられている。

神託

神託(しんたく、英語: Oracle)とは、神の意を伺う事。また、その時伝えられた言葉。

道具により神の意を推し測る占いに近いものと、トランス状態になったシャーマンの口から伝えられるものとに分けられるが、何かを媒介にする点では同じである。

霊媒

霊媒(れいばい、medium または spirit medium)とは、超自然的存在(霊的存在)と人間とを直接に媒介することが可能な人物のことである。

日本では口寄せという名でも知られている

。また霊媒者(れいばいしゃ)、霊媒師(れいばいし)などとも呼ばれる。

ネビーイーム預言者
歴史書・知恵文学・預言書(旧約聖書モーセ五書以外)

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.