コルクビョン

コルクビョンCorcubión)は、スペインガリシア州ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・フィステーラに属する。ア・コルーニャ県にある自治体で最も面積が小さい。ガリシア統計局によると、2010年の人口は1,803人(2009年の:1,815人、2006年:1,912人、2005年:1,927人、2004年:1,964人、2003年:1,997人)である。住民呼称はcorcubionés/-esa。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は96.99%(2001年)。

Corcubión

{{{市章説明}}}

自治体庁舎

自治体庁舎
Flag of Galicia.svg ガリシア州
ア・コルーニャ県
面積 6.5 km²
人口 1,803 人 (2010年)
人口密度 280.31 人/km²
住民呼称 corcubionés/-esa
ガリシア語率 96.99% (2011年[1]
Corcubiónの位置(スペイン内)
Corcubión
Corcubión
スペイン内コルクビョンの位置
Corcubiónの位置(ア・コルーニャ県内)
Corcubión
Corcubión
ア・コルーニャ県内コルクビョンの位置

北緯42度56分39秒 西経9度11分33秒 / 北緯42.94417度 西経9.19250度座標: 北緯42度56分39秒 西経9度11分33秒 / 北緯42.94417度 西経9.19250度

Situacion Corcubión

地理

コルクビョンはア・コルーニャ県の西部に位置し、コマルカ・デ・フィステーラに属する。コルクビョンは半島状の地形で、隣接する自治体は北のセーのみで、東はリア・デ・コルクビョンに、南と西は大西洋に面している。自治体の中心地区は、コルクビョン教区のコルクビョン地区[2]

人口

コルクビョンの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[3]、1996年 - [4]

政治

自治体首長はガリシア社会党(PSdeG-PSOE)のフランシスコ・レーマ・フエンテス(Francisco Lema Fuentes)、自治体評議員はガリシア社会党:4、ガリシア民族主義ブロック(BNG):4、ガリシア国民党(PPdeG):1となっている(2007年の自治体選挙の結果、得票順)。

教区

コルクビョンは2つの教区に分けられている。太字は自治体中心地区のある教区[2]

  • コルクビョン(サン・マルコス)
  • レドンダ(サン・ペドロ)

参考文献・脚注

  1. ^ Neira, Carlos (ガリシア語), Evolución no uso do galego por concellos, Praza Pública.
  2. ^ a b Dicionario Xeográfico Ilustrado de Galicia vol.8、p.201-202、Xeogal Publicacións、2009、ISBN 978-84-613-5818-2
  3. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  4. ^ Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.

外部リンク

ア・コルーニャ県

ア・コルーニャ県(ガリシア語:Provincia da Coruña)は、スペイン・ガリシア州の県。ガリシア州にある4つの県のうちの1つであり、現在の県は1833年にハビエル・デ・ブルゴスによって創設された。東は同州のルーゴ県、南はポンテベドラ県に接し、北と西は大西洋に面している。県都はア・コルーニャ。スペイン語による県名はラ・コルーニャ県(Provincia de la Coruña)であるが、ガリシア語の名称が公式名称となっている。

オ・ピノ

オ・ピノ(O Pino)は、スペイン・ガリシア州ア・コルーニャ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・アルスーアに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は4,710人(2006年:4,885人、2005年:4,901人、2004年:4,940人、2003年:4,948人)となっている。カスティーリャ語表記はEl Pino(エル・ピノ)。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は98.46%(2001年)。

カマリーニャス

カマリーニャス(Camariñas)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県のコスタ・ダ・モルテ (es:Costa da Morte) 地域にある自治体で、コマルカ・ダ・テーラ・デ・ソネイラに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は6,224人(2008年:6,207人、2007年:6,275人、2006年:6,323人、2005年:6,467人、2004年:6,502人、2003年:6,597人)。住民呼称はcamariñán/-ñá。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.94%(2001年)。

カルノータ

カルノータ(Carnota)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体。コマルカ・デ・ムーロスに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は4,834人(2010年:4,904人。2009年:4,938人、2008年:4,958人、2007年:5,017人、2006年:5,112人、2005年:5,244人、2004年:5,285人、2003年:5,421人)となっている。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は99.33%(2001年)。

クルティス

クルティス(Curtis)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・ベタンソスに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は4,246人(2006年:4,287人、2005年:4,369人、2004年:4,421人、2003年:4,438人)である。住民呼称は、男女同形のcurtiense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.24%(2001年)。

グロリオーソの航海

グロリオーソの航海(グロリオーソのこうかい、英語: Voyage of the Glorioso)はジェンキンスの耳の戦争中に4度行われた、スペインの70門艦グロリオーソとそれを拿捕しようとした、グレートブリテン王国の小艦隊の戦闘。グロリオーソはアメリカからの銀貨4百万ドルを載せてスペインへ航行、アゾレス諸島とフィニステレ岬沖でそれぞれイギリス艦隊の攻撃を退け、スペインのコルクビョン港で積荷を降ろした。

数日後、グロリオーソは修理のためにカディスへ向かっている最中、サン・ヴィセンテ岬沖でイギリスの私掠船4隻、続いてジョン・ビング提督の艦隊から派遣された戦列艦ダートマスとラッセルの攻撃を受けた。ダートマスは爆発して乗員のほとんどが死亡したが、92門艦のラッセルはグロリオーソに降伏を強いることに成功した。ラッセルはグロリオーソをリスボンまで連行したが、グロリオーソがひどく損傷していたため結局解体された。グロリオーソの指揮官ペドロ・メシア・デ・ラ・セルダと乗員たちは捕虜としてイギリスに連行されたが、彼らはスペインでは英雄として扱われ、イギリスでも尊敬を受けた。イギリスの海軍士官数人は軍法会議にかけられて海軍から追放された。

コマルカ・デ・フィステーラ

コマルカ・デ・フィステーラ(Comarca de Fisterra)はスペインガリシア州ア・コルーニャ県のコマルカで、同県の最北西部に位置する。

セー、コルクビョン、ドゥンブリーア、フィステーラ、ムシーアの5自治体によって構成される。

北から西が大西洋に面している。隣接するコマルカは、北から東にかけてがコマルカ・ダ・テーラ・デ・ソネイラと、東がコマルカ・ド・シャージャス、南がコマルカ・デ・ムーロスとなっており、南、西、北は大西洋に面している。

面積は339.4km²で、2010年の人口は23,744人(2009年:23,793人、2007年:23,966人)。コマルカの中心となっている地区は、自治体フィステーラのフィステーラ教区内のフィステーラ地区。カスティーリャ語による表記はComarca de Finisterre(コマルカ・デ・フィニステレ)。

サス (スペイン)

サス(Zas)は、スペイン・ガリシア州ア・コルーニャ県のムニシピオ(基礎自治体)コマルカ・ダ・テーラ・デ・ソネイラに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は5,219人(2010年:5,295人、2008年:5,459人、2006年:5,674人、2005年:5,780人、2004年:5,867人、2003年:5,978人)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は99.49%(2001年)。

セデイラ

セデイラ(Cedeira)は、スペイン・ガリシア州ア・コルーニャ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・フェロルに属する。スペイン国立統計局によると、2017年の人口は6,888人だった。住民呼称は、男女同形のcedeirense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は93.81%(2001年)。

セー (スペイン)

セー(Cee)は、スペインガリシア州ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・フィステーラに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は7,712人(2006年:7,489人、2005年:7,467人2004年:7,344人、2003年:7,308人)である。住民呼称は、男女同形のceense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は97.64%(2001年)

ドゥンブリーア

ドゥンブリーア(Dumbría)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・フィステーラに属し、またコスタ・ダ・モルテ地域を構成する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は(2010年:3,705人、2006年:3,970人、2005年:4,067人、2004年:4,166人、2003年:4,307人)である。住民呼称はdumbriés/-esa。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は90.40%(2011年)。

パデルネ

パデルネ(Paderne)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体。コマルカ・デ・ベタンソスに属する。スペイン統計局によると、2009年の人口は2,672人(2006年:2,735人、2005年:2,715人、2004年:2,689人、2003年:2,680人)である。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は96.96%(2001年)。

ビミアンソ

ビミアンソ(Vimianzo)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体。コマルカ・ダ・テーラ・デ・ソネイラに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は8,039人(2010年:8,128人、2009年:8,204人、2006年:8,402人、2005年:8,466人、2004年:8,517人、2003年:8,653人)。住民呼称は、vimiancés/-esa。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は99.49%(2001年)。

ビラサンタール

ビラサンタール(Vilasantar)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・ベタンソスに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は1,415人(2006年:1,496人、2005年:1,538人、2004年:1,574人、2003年:1,610人)である。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は99.30%(2001年)。

フィステーラ

フィステーラ(Fisterra)は、スペイン北西部ガリシア州ア・コルーニャ県の自治体である、コマルカ・デ・フィステーラに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は4,983人(2010年:4,995人、2009年:5,005人、2007年:4,971人、2006年:5,009人、2005年:5,042人、2004年:5,093人、2003年:5,141人)。住民呼称はfisterrán/-rrá。カスティーリャ語表記はFinisterre(フィニステレ)。自治体内に、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の最終地点であるフィステーラ岬(フィニステレ岬)がある。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は71.21%(2011年)。

ベドラ

ベドラ(Vedra)はスペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体で、コマルカ・デ・サンティアーゴに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は5,059人(2007年:5,088人、2006年:5,052人、2005年:5,054人、2004人:5,057人、2003年:5,037人)。住民呼称は、vedrés/-esa、または男女同形のvedrense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.69%(2001年)。

ボイロ

ボイロ(Boiro)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・ド・バルバンサに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は19,076人(2006年:18,554人、2005年:18,469人、2004年:18,302人、2003年:18,241人)である。住民呼称は、男女同形のboirense。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は98.67%(2001年)。

ムガルドス

ムガルドス(Mugardos)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・フェロルに属する。ガリシア統計局によると、2010年の人口は5,536人(2009年:5,565人、2007年:5,636人、2006年:5,638人、2005年:5,628人、2004年:5,612人、2003年:5,737人)である。住民呼称はmugardés/-esa。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は95.22%(2001年)。

ムシーア

ムシーア(Muxía)は、スペイン・ガリシア州ア・コルーニャ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・フィステーラに属する。ガリシア統計局によると、2012年の自治体人口は5,269人(2009年:5,510人、2007年:5,663人、2006年:5,746人、2005年:5,823人、2004年:5,899人、2003年:6,029人)。住民呼称はmuxián/-á。カスティーリャ語による表記はMugía(ムヒーア)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は、99.59%(2001年)。

ア・コルーニャ県自治体

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.