クレセンテ

クレセンテCrecente)は、スペインガリシア州ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ダ・パラダンタに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は2,540人(2009年:2,596人)。住民呼称は、男女同形のcrecentense。カスティーリャ語による表記はCreciente(クレシエンテ)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.32%(2001年)。

Crecente

{{{市旗説明}}}
  
{{{市章説明}}}

自治体庁舎

自治体庁舎
Flag of Galicia.svg ガリシア州
Flag Pontevedra Province.svg ポンテベドラ県
コマルカ ア・パラダンタ
面積 57.5 km²
人口 2,540 人 (2010年)
人口密度 46.12 人/km²
住民呼称 crecentense
ガリシア語率 98.32% (2011年[1]
Crecenteの位置(スペイン内)
Crecente
Crecente
スペイン内クレセンテの位置
Crecenteの位置(ポンテベドラ県内)
Crecente
Crecente
ポンテベドラ県内クレセンテの位置

北緯42度09分09秒 西経8度13分21秒 / 北緯42.15250度 西経8.22250度座標: 北緯42度09分09秒 西経8度13分21秒 / 北緯42.15250度 西経8.22250度

Situacion Crecente

地理

クレセンテはポンテベドラ県の南東部に位置し、コマルカ・ダ・パラダンタに属する。隣接する自治体は、西がア・カニーサアルボ、そして北がオウレンセ県メロンリバダビアと、東がオウレンセ県のコルテガーダポンテデーバパドレンダの各自治体と隣接、南はミーニョ川をはさんでポルトガルと接している。自治体の中心地区はクレセンテ教区のクレセンテ地区[2]

人口

クレセンテの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[3]、1996年 - [4]

歴史

隣接自治体アルボとの境界地域の山中で、ペトログリフが発見されている。鉄器時代のカストロ文化の遺構としてはキンテーラ教区のシダのカストロが残されており、発見された遺物は、現在ポンテベドラの県立博物館とビーゴの市立キニョーネス・デ・レオン博物館で見ることができる。

古代にはこの地域はトゥロニオ地域に属していた。

カスティーリャ=レオン王フェルナンド4世によってフェルナンド・イアニェスにクレセンテの領主権が授与され、1642年にはスペイン王フェリペ4世によってバルタサール・デ・ソトマジョールにクレセンテ伯領が与えられた。

フォルネーロス城は、ポルトガルの独立をめぐってカスティーリャ王アルフォンソ7世と初代ポルトガル王アフォンソ1世の間で戦われた戦いに起源をもつ。現在塔が残されている。

政治

自治体首長は、ガリシア国民党(PPdeG)のフリオ・セサル・ガルシーア・ルエンゴ・ペレス(Julio César García Luengo Pérez)、自治体評議員はガリシア国民党:7、ガリシア社会党(PSdeG-PSOE):2、ガリシア民族主義ブロック(BNG):2となっている(2007年自治体選挙結果、得票順)。

教区

クレセンテは11の教区に分けられている。太字は自治体中心地区のある教区[2]

  • アルベーオス(サン・ショアン)
  • ア・アメイシェイラ(サン・バルトロメウ)
  • アングーデス(サン・ショアン)
  • クレセンテ(サン・ペドロ)
  • フィルゲイラ(サン・ペドロ)
  • オ・フレイショ(サン・ローケ)
  • キンテーラ(サン・カエターノ)
  • レボルデチャン(サンタ・マリーア)
  • リベイラ(サンタ・マリーニャ)
  • センデージェ(サンタ・クルス)
  • ビラール(サン・ショルシェ)

参考文献

  1. ^ Neira, Carlos (ガリシア語), Evolución no uso do galego por concellos, Praza Pública.
  2. ^ a b Dicionario Xeográfico Ilustrado de Galicia vol.9、p.138-140、Xeogal Publicacións、2009、ISBN 978-84-613-5819-9
  3. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  4. ^ Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.

外部リンク

アルボ

アルボ(Arbo)は、スペイン、ガリシア州ポンテベドラ県の自治体。コマルカ・ダ・パラダンタに属する。ガリシア統計局によると、2010年の人口は3,801人(2009年:3,833人、2004年:4,018人、2003年:4,121人)。住民呼称は男女同形のarbense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は51.45%(2011年)。

ア・カニーサ

ア・カニーサ(A Cañiza)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ダ・パラダンタに属する。ガリシア統計局によると、2012年の人口は5,511人(2011年:6,461人、2010年:6,517人、2009年:6,583人、2003年:6,719人)。住民呼称は、男女同形のcañicense。カスティーリャ語による表記はLa Cañiza(ラ・カニーサ)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は95.80%(2001年)。

オ・ロサル

オ・ロサル(O Rosal)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ド・バイショ・ミーニョに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は6,595人(2009年:6,570人)である。カスティーリャ語による表記はEl Rosal。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は96.21%(2001年)。

カトイラ

カトイラ(Catoira)は、スペイン・ガリシア州ポンテベドラ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・カルダスに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は3,469人(2009年:3,473人、2008年:3,485人、2005年:3,502人、2004年:3,510人)である。住民呼称は、男女同形のcatoirense。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は97.69%(2001年)。

カンポ・ラメイロ

カンポ・ラメイロ(Campo Lameiro)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・ポンテベドラに属する。ガリシア統計局の2009年の人口調査では、自治体人口は2,084人である。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.98%(2001年)。

クンティス

クンティス(Cuntis)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・カルダスに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は5,115人(2009年:5,133人、2005年:5,340人)。住民呼称は、男女同形のcuntiense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.53%(2001年)。

コマルカ・ダ・パラダンタ

コマルカ・ダ・パラダンタ(Comarca da Paradanta)はガリシア州ポンテベドラ県のコマルカで、同県の南東部に位置する。

アルボ、ア・カニーサ、コベーロ、クレセンテの4自治体によって構成される。

隣接するコマルカは、北がコマルカ・デ・ビーゴ、北から東がコマルカ・ド・リベイロ、東がコマルカ・ダ・テーラ・デ・セラノーバ、西がコマルカ・ド・コンダードで、南はポルトガルのメルガーソと接している。

面積は332.2km²で、2010年の人口は16,199人(2009年:16,411人、2007年:16,796人)。コマルカの中心地区は自治体ア・カニーサのア・カニーサ教区のア・カニーサ地区。カスティーリャ語による表記はComarca de Paradanta(コマルカ・デ・パラダンタ)。

コルテガーダ

コルテガーダ(Cortegada)はスペイン、ガリシア州、オウレンセ県の自治体で、コマルカ・ド・リベイロに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は1,344人である。住民呼称はcortegao/-gá。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.40%(2001年)。

セルデード

セルデード(Cerdedo)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体で、コマルカ・デ・タベイロス=テーラ・デ・モンテスに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は2,297人(2009:2,290人、2005年:2,333人)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は97.93%(2001年)。

ソウトマイヨール

ソウトマイヨール(Soutomaior)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体で、コマルカ・デ・ビーゴに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は7,223人(2009年:6,867人)。住民呼称は、男女同形のsoutomaiorense。カスティーリャ語表記はSotomayor(ソトマジョール)。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は97.45%(2001年)。

パドレンダ

パドレンダ(Padrenda)はスペイン、ガリシア州、オウレンセ県の自治体、コマルカ・ダ・テーラ・デ・セラノーバに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は2,355人(2010年:2,297人、2009年:2,367人、2003年:2,530人)。住民呼称はpadrendés/-esa。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は98.49%(2001年)。

ブエウ

ブエウ(Bueu)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ド・モラソに属する。ガリシア統計局によると2011年の人口は12,438人(2009年:12,331人、2004年12,483人)、面積は30.8km²で、人口密度は400.9人/km²である。住民呼称は、男女同形のbuenense、伝統的な形式であるbueueiro/-aも使われる。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は96.88%(2001年)。

ポルタス

ポルタス(Portas)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・カルダスに属する。ガリシア統計局によると、2012年の人口は3,073人(2011年:3,070人、2010年:3,078人、2009年:3,089人)。住民呼称は、男女同形のportense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は95.89%(2001年)。

ポンテデーバ

ポンテデーバ(Pontedeva)は、スペイン、ガリシア州、オウレンセ県の自治体。コマルカ・ダ・テーラ・デ・セラノーバに属す。ガリシア統計局によると、2010年の人口は661人(2009年:680人、2004年:647人、2003年:664人)。住民呼称はpontedevés/-esa、あるいは男女同形のpontedevense。カスティーリャ語表記はPuentedeva(プエンテデーバ)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は99.09%(2001年)。

ポンテベドラ県

ポンテベドラ県(Provincia de Pontevedra)は、スペインのガリシア州の県で、1833年ハビエル・デ・ブルゴスによって創設された。北は同州のア・コルーニャ県、東は同州のルーゴ県とオウレンセ県、南はポルトガルに接し、西は大西洋に面している。県都はポンテベドラ。

メロン (スペイン)

メロン(Melón)は、スペイン、ガリシア州、オウレンセ県の自治体、コマルカ・ド・リベイロに属する。スペイン国立統計局によれば、2010年の人口は1,463人(2009年:1,498人、2008年:1,504人、2004年:1,552人、2003年:1,530人)。住民呼称は、melonés/-esa。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は98.45%(2001年)

モラーニャ

モラーニャ(Moraña)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・カルダスに属する。ガリシア統計局によると2009年の人口は、4,411人。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.76%(2001年)。

リバダビア (スペイン)

リバダビア(Ribadavia)は、スペイン・ガリシア州オウレンセ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・ド・リベイロに属する。ガリシア統計局によれば、2012年の人口は5,319人(2011年:5,459人、2010年:5,490人、2009年:5,519人、2008年:5,491人、2003年:5,540人)。住民呼称は、男女同形でribadaviense。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は96.46%(2001年)。

ロデイロ

ロデイロ(Rodeiro)は、スペイン・ガリシア州ポンテベドラ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・デサに属する。ガリシア統計局によると、2016年の人口は2,644人。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は99.24%(2001年)。

Flag Pontevedra Province.svg ポンテベドラ県自治体

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.