カンポ・ラメイロ

カンポ・ラメイロCampo Lameiro)は、スペインガリシア州ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・ポンテベドラに属する。ガリシア統計局の2009年の人口調査では、自治体人口は2,084人である。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.98%(2001年)。

Campo Lameiro

{{{市章説明}}}

自治体庁舎

自治体庁舎
Flag of Galicia.svg ガリシア州
Flag Pontevedra Province.svg ポンテベドラ県
コマルカ ポンテベドラ
面積 63.8 km²
人口 2,084 人 (2009年)
人口密度 33.12 人/km²
ガリシア語率 98.98% (2011年[1]
Campo Lameiroの位置(スペイン内)
Campo Lameiro
Campo Lameiro
スペイン内カンポ・ラメイロの位置
Campo Lameiroの位置(ポンテベドラ県内)
Campo Lameiro
Campo Lameiro
ポンテベドラ県内カンポ・ラメイロの位置

北緯42度32分32秒 西経8度32分34秒 / 北緯42.54222度 西経8.54278度座標: 北緯42度32分32秒 西経8度32分34秒 / 北緯42.54222度 西経8.54278度

Situacion Campo Lameiro

地理

カンポ・ラメイロはポンテベドラ県の中部に位置し、コマルカ・デ・ポンテベドラに属する。隣接する自治体は、北がクンティスア・エストラーダ、東がセルデード、南がポンテベドラコトバーデ、西がモラーニャである[2]

人口

カンポ・ラメイロの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[3]、1996年 - [4]

史跡・名所

カンポ・ラメイロはペトログリフが残されていることで知られている。この線刻画はおよそ紀元前3200年ごろのものと考えられている。また、自治体内には多くの石碑(pedras gravadas)が見つかっている。青銅器時代鉄器時代にはカストロ文化(cultura castrexa)の重要な拠点の一つであったと考えられている。

政治

自治体首長はガリシア国民党(PPdeG)のフリオ・サジャンス・ブガージョ(Julio Sayáns Bugallo)、自治体評議員はガリシア国民党:9、ガリシア民族主義ブロック(BNG):1、ガリシア社会党(PSdeG-PSOE):1となっている(2007年自治体選挙結果)。

教区

カンポ・ラメイロは6の教区に分けられる。

  • オ・カンポ(サン・ミゲル)
  • オ・コウソ(サン・クリストーボ)
  • フラガス(サンタ・マリーニャ)
  • モイメンタ(サンタ・マリーア)
  • モンテス(サン・イシードロ)
  • モリージャス(サンティアーゴ)

ギャラリー

Ciervo cuernos

ペトログリフ

参考文献・脚注

  1. ^ Neira, Carlos (ガリシア語), Evolución no uso do galego por concellos, Praza Pública.
  2. ^ Dicionario Xeográfico Ilustrado de Galicia vol.5、p.255、Xeogal Publicacións、2009、ISBN 978-84-613-5815-1
  3. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  4. ^ Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.

外部リンク

アルボ

アルボ(Arbo)は、スペイン、ガリシア州ポンテベドラ県の自治体。コマルカ・ダ・パラダンタに属する。ガリシア統計局によると、2010年の人口は3,801人(2009年:3,833人、2004年:4,018人、2003年:4,121人)。住民呼称は男女同形のarbense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は51.45%(2011年)。

ア・エストラーダ

ア・エストラーダ(A Estrada)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体で、コマルカ・デ・タベイロス=テーラ・デ・モンテスに属する。ガリシア統計局によると、2012年の人口は21,657人(2011年:21,759人、2010年:21,828人、2009年:21,880人、2008年は21,886人、2004年:22,217人)。カスティーリャ語表記はLa Estrada(ラ・エストラーダ)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は97.96%(2001年)となっている。

オ・グローベ

オ・グローベ(O Grove)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体。リア・デ・アロウサ(アロウサ湾)の南岸に位置する。コマルカ・ド・サルネスを構成する自治体のひとつ。ガリシア統計局によると2009年の人口は11,250人(2007年:11,226人)、男女別では男性5,549人、女性が5,677人となっている。カスティーリャ語による表記はEl Grove エル・グローベ。

住民呼称は男女同形のgrovense、またはgroveiro/-a、meco/-a。

ガリシア語話者は自治体人口の96.93%(2001年)。

オ・ロサル

オ・ロサル(O Rosal)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ド・バイショ・ミーニョに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は6,595人(2009年:6,570人)である。カスティーリャ語による表記はEl Rosal。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は96.21%(2001年)。

カトイラ

カトイラ(Catoira)は、スペイン・ガリシア州ポンテベドラ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・カルダスに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は3,469人(2009年:3,473人、2008年:3,485人、2005年:3,502人、2004年:3,510人)である。住民呼称は、男女同形のcatoirense。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は97.69%(2001年)。

カルダス・デ・レイス

カルダス・デ・レイス(Caldas de Reis)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・カルダスに属する。ガリシア統計局によると、2012年の人口は10,008人(2011年:10,060人、2010年:10,045人、2009年:10,036人、2004年:9,522人)。住民呼称は、男女同形のcaldense。カスティーリャ語表記はCaldas de Reyes(カルダス・デ・レージェス)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は94.61%(2001年)。

クレセンテ

クレセンテ(Crecente)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ダ・パラダンタに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は2,540人(2009年:2,596人)。住民呼称は、男女同形のcrecentense。カスティーリャ語による表記はCreciente(クレシエンテ)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.32%(2001年)。

クンティス

クンティス(Cuntis)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・カルダスに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は5,115人(2009年:5,133人、2005年:5,340人)。住民呼称は、男女同形のcuntiense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.53%(2001年)。

コトバーデ

コトバーデ (Cotobade) は、スペイン・ガリシア州ポンテベドラ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・ポンテベドラに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は4,432人(2010年:4,427人、2009年:4,448人、2004年:4,644人)。カスティーリャ語表記はCotobad(コトバッド)。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は95.33%(2001年)。

コマルカ・デ・ポンテベドラ

コマルカ・デ・ポンテベドラ(Comarca de Pontevedra)はスペインガリシア州ポンテベドラ県のコマルカで、同県のほぼ中央に位置する。

バーロ、カンポ・ラメイロ、コトバーデ、ア・ラマ、ポイオ、ポンテ・カルデーラス、ポンテベドラ、ビラボーアの8の自治体によって構成される。

隣接するコマルカは、北がコマルカ・デ・カルダスとコマルカ・デ・タベイロス=テーラ・デ・モンテス、東がコマルカ・ド・リベイロとコマルカ・ド・カルバジーニョ(ともにオウレンセ県)、南がコマルカ・デ・ビーゴ、西がコマルカ・ド・モラソとコマルカ・ド・サルネスとなっている。

面積は624.0km²で、2010年の人口は123,733人(2009年:123,135人、2008年:122,137人)で、およそ66%の人口がコマルカの中心自治体ポンテベドラに、13%がポイオに居住している。

セルデード

セルデード(Cerdedo)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体で、コマルカ・デ・タベイロス=テーラ・デ・モンテスに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は2,297人(2009:2,290人、2005年:2,333人)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は97.93%(2001年)。

ソウトマイヨール

ソウトマイヨール(Soutomaior)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体で、コマルカ・デ・ビーゴに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は7,223人(2009年:6,867人)。住民呼称は、男女同形のsoutomaiorense。カスティーリャ語表記はSotomayor(ソトマジョール)。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は97.45%(2001年)。

ニグラン

ニグラン(Nigrán)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体で、コマルカ・デ・ビーゴに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は18,021人(2008年:17,869人)。住民呼称はnigranés/-esa。

ニグランは歴史的にはコマルカ・デ・バル・ミニョール(gl:Val Miñor: バイヨーナ、ニグラン、ゴンドマールの各自治体によって構成)に属していたが、ビーゴ都市圏の拡大に伴い、21世紀初頭に現在のように再編された。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は89.93%(2001年)。

ブエウ

ブエウ(Bueu)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ド・モラソに属する。ガリシア統計局によると2011年の人口は12,438人(2009年:12,331人、2004年12,483人)、面積は30.8km²で、人口密度は400.9人/km²である。住民呼称は、男女同形のbuenense、伝統的な形式であるbueueiro/-aも使われる。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は96.88%(2001年)。

ポルタス

ポルタス(Portas)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・カルダスに属する。ガリシア統計局によると、2012年の人口は3,073人(2011年:3,070人、2010年:3,078人、2009年:3,089人)。住民呼称は、男女同形のportense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は95.89%(2001年)。

ポンテベドラ

ポンテベドラ(Pontevedra)は、スペインガリシア州の南西部、リアス・バイシャスに位置する都市で、ポンテベドラ県の県都である。ガリシア7都市(7 cidades)のひとつに数えられる。レレス川河岸とリア・デ・ポンテベドラ沿岸にある。近隣の自治体バーロ、カンポ・ラメイロ、コトバーデ、ア・ラマ、ポイオ、ポンテ・カルデーラス、ビラボーアとコマルカ(県と市町村の中間単位、コマルカ・デ・ポンテベドラ)を構成する。

ガリシア統計局によると、2012年の人口は82,684人(2010年:81,981人、2009年:81,576人、2007年:80,191人、2004年:78,715人)。県内ではビーゴに次ぐ、2番目の規模の都市である。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は69.09%(2001年)。2006年に、中世の雰囲気が漂う中心街への車の乗り入れを禁止したため静けさと歩行者の安全を取り戻した。駐車場は地下や市街地に多数整備された。

ポンテベドラ県

ポンテベドラ県(Provincia de Pontevedra)は、スペインのガリシア州の県で、1833年ハビエル・デ・ブルゴスによって創設された。北は同州のア・コルーニャ県、東は同州のルーゴ県とオウレンセ県、南はポルトガルに接し、西は大西洋に面している。県都はポンテベドラ。

モラーニャ

モラーニャ(Moraña)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・カルダスに属する。ガリシア統計局によると2009年の人口は、4,411人。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.76%(2001年)。

ロデイロ

ロデイロ(Rodeiro)は、スペイン・ガリシア州ポンテベドラ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・デサに属する。ガリシア統計局によると、2016年の人口は2,644人。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は99.24%(2001年)。

Flag Pontevedra Province.svg ポンテベドラ県自治体

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.