カイナン

カイナンヘブライ語: קֵינָן, 現代ヘブライ語: Qeinan)は、旧約聖書の『創世記』にその名前が現れる人物。創世記5章9節から14節によると、カイナンはセトの孫で、父エノスが90歳のときに生まれ、自身が70歳のときに子マハラレルが生まれ、910歳で死んだとされる。

訳による表記の違い

日本語訳聖書では訳本によって表記が異なる。

ルカによる福音書での記述

文語訳聖書と口語訳聖書、新世界訳聖書ではルカによる福音書に述べられているイエス・キリストの系譜内にカイナンが2度登場する。一つは創世記5章9節同様に「エノスの子、マハラレルの父」として[1]。もう一つは「シェラの父、アルパクシャドの子」とされている[2]。しかし、創世記におけるセムの系図に関する記述では「アルパクシャドは35歳になってシェラを生んだ」とされており[3]カイナンは登場しない。

新共同訳聖書でのルカによる福音書では、「エノスの子」として「ケナン」が登場し、「アルパクシャドの子」として「カイナム」が登場している[4]。しかし、創世記におけるセムの系図の記述ではアルパクシャドは35歳になってシェラを生んだ」とあり、どちらも登場しない。

脚注

  1. ^ ルカによる福音書3章37節
  2. ^ 口語訳聖書 ルカによる福音書3章36節
  3. ^ 創世記11章12節
  4. ^ 新共同訳訳聖書 ルカによる福音書3章36節

関連項目

APG II

APG II は、APG植物分類体系の、2003年に発表された第2版である。

APG III

APG III は、APG体系の、2009年に公表された第3版である。

APG IV

APG IV は、主に分子系統学に基づいた被子植物の分類体系であるAPG体系の第4版である。Angiosperm Phylogeny Groupから2016年に発表されたもので、先行するAPG III (2009年)から7年、最初のAPG体系 (1998年)から18年更新された体系である。2009年にはAPG IIIの発表とは別に、標本庫整備に必要な各科の順序を定めているが、APG IVの発表論文では2009年の順序と新しい順序を併記している。

APG IVは基本的にAPG IIIの分類体系を踏襲するが、APG III発表以降に十分な根拠が提示され、従来の分類方法では齟齬が生じることがわかった点について改訂を行なうという保守的な姿勢で作られている。

CAGE FORCE 02

CAGE FORCE 02(ケージ・フォース・ツー)は、日本の総合格闘技団体「CAGE FORCE」の大会の一つ。2007年3月17日、東京都江東区有明のディファ有明で開催された。

PXC王者一覧

PXC王者一覧は、アメリカ合衆国の総合格闘技団体「PXC」の王座変遷表である。

エノク

エノク(ヘブライ語: חנוך, חֲנוֹךְ‎; ギリシア語: Ενώχ, Enōkh, エノフ; アラビア語: إدريس‎, イドリース; 英語: Enoch, イーノック、イノック)は、旧約聖書の『創世記』や、エチオピア正教では旧約聖書の正典に含まれる『エノク書』、『ヨベル書』にその名前が現れる人物。エノクとは「従う者」という意味。ヤレド(イエレド)の子、メトセラの父とされる。

エノス

エノス(ヘブライ語: אֱנוֹשׁ, 現代ヘブライ語: Enoš)は、旧約聖書の『創世記』に現るセトの子。アダムの孫にあたるとされる。聖書では、325年、90歳のときカイナンが生まれ、905歳まで生きたとされる。

マンダ教では真実の預言者の一人とされ、世界の終末において偽預言者であるイエスと戦いこれを打ち破るとされている。

カイナンサラサドウダン

カイナンサラサドウダン(海南更紗満天星、学名:Enkianthus sikokianus)はツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木。

カイナンボク科

カイナンボク科(海南木科、Dichapetalaceae)は双子葉植物の科のひとつで、3属200種ほどからなる。世界の熱帯・亜熱帯に分布する木本(一部つる性)。

日本には自生しないが、Dichapetalum属の2種が中国・海南島に自生することから「海南木」の和名がある(中国名は「毒鼠子」)。葉は全縁の単葉で互生。花は4-5数性で花弁とがくのある小型の両性花で花序をつくる。果実は核果。この属は毒を持つものが多く、特に南アフリカ原産の"ジフブラール"(Gifblaar、D. cymosum)は猛毒のモノフルオロ酢酸を含有することで知られる。

クロンキスト体系ではニシキギ目としていた。APG植物分類体系ではキントラノオ目に移し、第2版ではクリソバラヌス科に含めてもよいとしていたが、第3版(APG III)では独立の科としている。

キントラノオ目

キントラノオ目 (Malpighiales) は、被子植物に属する目のひとつである。APG植物分類体系で採用された。伝統的分類体系でスミレ目、ミカン目など異なった目に属していた37の科で構成されている。一年草から高木まであり、また水草や多肉植物も含み、熱帯地方に多く分布するものの、スミレ科のように、かなり寒い地方や高山帯にも分布するものがある。バラ類の中で最も多くの科を含み、多様性に富む目である。

ギルバート・メレンデス

ギルバート・メレンデス(Gilbert Melendez、1982年4月12日 - )は、アメリカ合衆国の男性総合格闘家。カリフォルニア州サンタアナ出身。スクラップ・パック所属。元Strikeforce世界ライト級王者。元WEC世界ライト級王者。

カーリーヘアと遠距離から打ち込む独特のファイトスタイルが特徴。メキシコ人の血を引いており、「僕にはメキシカン・ボクサーのファイティング・スピリットが宿っている」と常々語っている。かつては非UFC系で最強と言われていた。

サラサドウダン

サラサドウダン(更紗灯台、更紗満天星、学名:Enkianthus campanulatus)はツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木。別名、フウリンツツジ。

セム

セムは、旧約聖書創世記の第6章から11章にかけての「ノアの方舟」のエピソードに出てくる人物で、ノアの3人の息子のうちの一人。他の2人はハム、ヤペテ。

(この兄弟の年齢順は諸説あり、一般的にヘブライ語の聖書では「ハムが末子」「セムがヤペテの兄」という記述から「セム>ヤペテ>ハム」の年齢順としているが、七十人訳聖書では本文の「セム、ハム、ヤペテ」は下から数えていると判断されているらしく「末子→より若い」「ヤペテの兄→ヤペテの弟」という記述にされている。)

大洪水後、ノアが酔いつぶれて全裸で寝てしまった時にヤペテとともに気遣って上着をかけて隠してやり、これによってノアにヤペテとともに感謝されて祝福を受けたとされる。

また、大洪水の後他の兄弟とともに子孫を各地に広げた人物とされており、『創世記』第10章の系譜によると大洪水後にセムにはエラム、アシュル、アルパクシャド、ルド、アラム​という息子が生まれ、それぞれが以下の民族の始祖とされた。

(後の地名との対応は『ユダヤ古代誌』第I巻vi章の解説より)

エラム→エラム

アシュル→アシュル(アッシリア)

アルパクシャド→カルデア他

ルド→リュディア

アラム​→アラムこれらのうちアラムとアルパクシャドの息子はさらに植民を広げたとされ、アラムの息子たちはさらに以下の様に分かれた。

ウツ→トラコニティス(ガリラヤ湖東方)とダマスカス

フル→アルメニア

ゲテル→バクトリア

マシュ→スパシヌー・カラックス(メソポタミアの河口付近の地名)」次にアルパクシャドの息子たちの系譜は長くなるので一部中略(詳しくは「アルパクシャド」を参照)、アルパクシャドから8代目の子孫がアブラハムで、彼や甥のロトはカルデアで生まれたが、中東に移住してイスラエル・エドムとナバテア・ミデヤンなどのアラビア半島の民族(以上アブラハム系)・モアブ・アンモン(以上ロト系)といった民族の祖先となったとされ、その後『創世記』によればセムは600歳で死んだことになっている。

後の研究でヘブライ語、アラム語、アラビア語やエチオピアの諸言語は比較言語学的に親縁関係にあることが明らかになり、アウグスト・シュレーツァーによってこのセムの子孫たちの神話にちなみセム語と名づけられた。

イエメンの首都サナアを建設したと伝えられる。

ドウダンツツジ属

ドウダンツツジ属(どうだんつつじぞく、学名:Enkianthus、和名漢字表記:満天星躑躅属、灯台躑躅属)はツツジ科の属の一つ。

ニシキギ目

ニシキギ目 (Celastrales) は被子植物の目の一つ。ニシキギ科をタイプ科とする。

マハラレル

マハラレル(ヘブライ語: מהללאל, 現代ヘブライ語:Mahalal'el)は、旧約聖書の『創世記』に現れる人物。カイナンの子で、65歳に子ヤレドが生まれ、895歳で死んだとされる。

モノフルオロ酢酸

モノフルオロ酢酸(モノフルオロさくさん)は化学式C2H3FO2の化学物質で、カルボン酸の一種である。フルオロ酢酸(fluoroacetic acid)、gifblaar poison とも呼ばれる。

酢酸のメチル基を構成する水素の1つが、フッ素原子に置き換わったものである。

日本では毒物及び劇物取締法(毒劇法)により、特定毒物に指定される物質である。

熊野來神エーワッショー

熊野來神エーワッショー(くまのらいじん - )は和歌山県海南市で活動しているローカルヒーロー。

聖書の登場人物の一覧

聖書の登場人物の一覧(せいしょのとうじょうじんぶつのいちらん)は、聖書に登場する人物の一覧である。

旧約聖書の系図(アダムからダビデまで)

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.