エフライム族

エフライム族(エフライムぞく)は、イスラエルの12支族の中の1部族であり、ヨセフ族から分かれた2部族(マナセ族、エフライム族)の内の1つである[1]

エフライム部族に割り当てられた地域は、北はメクメタテ、南はベテ・ホロンゲゼルに及ぶ中央パレスチナの丘陵地帯であり、パレスチナの中でもっとも豊かな地域の一つである。

聖書の中でエフライムは重要な位置をしめて、シロベテルが礼拝の中心地になった。ヨシュアエルアザルの墓はエフライムの山地にあった。

やがて、古代イスラエル王国が分裂すると、北イスラエル王国の首都シェケムのすぐ隣にエフライムの領土があった。初代北イスラエル王国の王ヤロブアム1世はエフライム出身であったので、紀元前745年頃から、北イスラエル王国はエフライムと呼ぶようになった。

シリア・エフライム戦争紀元前736年 - 紀元前732年)。

日ユ同祖論

久保有政は、天皇家のルーツをエフライム族の王家であるとしている。[2]

出典

  1. ^ ヨシュア記 第14章 4節 ウィキソース
  2. ^ 久保 2003 p.170

参考文献

  • 『新キリスト教辞典』いのちのことば社、1985
  • 久保有政『日本の中のユダヤ文化』学研研究社、2003年
アブドン

アブドン(英語: Abdon 、ヘブライ語: עַבְדּוֹן‎ (Abdon)、古代ギリシア語: Αβδών、「僕」を意味する語根に由来 )は、旧約聖書の登場人物または町。

イスラエルの士師。エフライム族のピルアトン人ヒレルの子。アブドンは40人の息子と30人の孫を持っていた。彼らは70頭のろばを乗っていたことから、富と地位を得ていたことが窺える。8年間イスラエルを裁いた後、死後、エフライムの地のアマレク人の山、ピルアトンに葬られた(士師記 12:13-15)。

ベニヤミン族のギブオンの父エイエル(七十人訳聖書)と妻マアカの長子(歴代誌上 8:30、9:36)。

ユダ族の王ヨシヤの廷臣。ミカの子(歴代誌下 34:20)。列王記下22章12節のアクボルと同一人物であると考えられる。

ベニヤミン族のシャシャクの子。エルサレムに住んだ長の一人(歴代誌上 8:23-28)。

レビ族のゲルションの氏族に与えられたアシェル族の町(ヨシュア記 21:27-30、歴代誌上 6:71-74)。アシェル族には四つのレビ族の町がある。放牧地と共にゲルション人に分与された。場所は恐らくキルヤト・アルベ (Khirbet Abdeh)、テル・アブドン (Tel Avdon) と同定される。

アヤロン

アヤロンは成文トーラー(ヘブライ聖書、キリスト教徒の言い方では「旧約聖書」)に登場する南ユダ王国の北西部、エルサレムからシャロン平原に向かって伸びるアヤロン峡谷にあった町である。現在のヤロおよびテル・エル・コーカであると言われる。

イスラエルのカナン定住の頃に、ヨシュアはこの付近でカナン南部の諸王が組織した同盟軍を打ち破った。

カナン分割相続の際にはダン族に与えられ、レビ人ケハテ氏族の居住地の一つになった。しかし、すでにアヤロンにはエモリ人が住んでいたために、すぐに占領はできなかった。やがて、ダン族はアヤロン付近の所有を放棄して、北方に移住する。

後に、エフライム族が占領するが、後にベミヤミン族領になる。

一時ペリシテ人の支配下にあったこともあるが、イスラエル王国のダビデ王が完全な征服を成し遂げ、ソロモン王が統治権を受け継いで第2の行政区域に含めた。レハブアムはアヤロンを要塞化して、エルサレムに北西地方の防備を行った。

しかし、アハズ王時代にはペリシテ人に再び奪還された。

イスラエルの失われた10支族

イスラエルの失われた10支族(イスラエルのうしなわれたじっしぞく、英: Ten Lost Tribes)とは、旧約聖書に記されたイスラエルの12部族のうち、行方が知られていない10部族(ルベン族、シメオン族、ダン族、ナフタリ族、ガド族、アシェル族、イッサカル族、ゼブルン族、マナセ族、エフライム族)を指す。

日本語では「失われた10部族」ともいうがどちらが正しいということはない。ただし「失われた10氏族」という表記は誤りである。

エフタ

エフタ(英語: Jephthah 、Jephtha 、Jephte 、ヘブライ語: יפתח‎ (Yiftach)、古代ギリシア語: Ιεφθάε、「(神は)開いてくださった、(神は)開いてくださるように」の意 )は、旧約聖書の登場人物。イスラエルの士師。マナセ族(民数記 26:29、士師記 11:1)。エフタに関わる物語は『士師記』10章から12章に描かれている。

エフライム

エフライム(Ephraim)は、旧約聖書の創世記に登場する古代ヘブライ人の族長の一人。ヨセフの息子でエフライム族の始祖となった。彼にちなんでヨーロッパ系の男性名としても用いられ、ロシア人の名前に見られるエフレムに対応する。英語ではイーフレイムとなる。エフレイムの表記も見られる。

名エフライム・カツィール - ウクライナ出身のイスラエルの生物物理学者。

エフライム・キション - ハンガリー出身のイスラエルの作家。

イーフレイム・チェンバーズ - イギリスの百科事典編纂者。姓ホーガン・エフレイム - イングランド出身のサッカー選手。

シェケム

シェケム(Shechem,ヘブライ語: שְׁכֶםまたは文字列שְׁכָם

)は旧約聖書に登場する地名である。パレスチナの中央に位置し、今日のヨルダン川西岸地区におけるナーブルス(英語 Nablus,アラビア語: نابلس) )附近のテル・エル・バラータ(Tell Balata,アラビア語: تل بلاطة)であるとされている。新約聖書時代のスカルであると言われる。

シェケムが最初に登場するのは、アブラハムがカランを出発してカナンに入ったときに、最初に滞在した場所の近くとしてである。モレ(Moreh)の樫の木がある場所で、主がアブラハムに現れて契約を更新された。アブラハムはそこに祭壇を築いて、そこから32km南のベテルに移動した。

ヤコブはパダン・アラムからの帰途の途上で、シェケムの前で宿営をした、ハモルの息子たちから土地を買って、祭壇を築き、エル・エロヘ・イスラエルと名付けた。ユダヤ人の伝承によるとその時にヤコブが井戸を掘り、それが、「ヤコブの泉」と呼ばれていると言われ、ヨハネの福音書第4章に登場する。

ヨセフの遺体はエジプトから運び出されてシェケムに葬られた。

イスラエルのカナン占領後に、ヨシュアは民をシェケムに招集して集会を開いた。民の歴史を回顧して、神とイスラエルの契約の証として、主の聖所のある樫の木の下に大きな石を立てた。

シェケムは後に、エフライム族とマナセ族の境界線になり、逃れの町、レビ人の町としてケハテの子らに与えられた。

ヤロブアム1世がシェケムにおいて北イスラエル王国を建国した。その後、しばらく北イスラエル王国の首都になった。しかし、南ユダ王国の攻撃を防ぐためにヤロブアム1世は首都をペヌエル、ティルツァに移した。

ホセアやエレミヤの時代もシェケムは重要な町であった。しかし、バビロン捕囚以降サマリアの中心的な町になったが、前108年ヨハネ・ヒルカノス1世によって破壊された。

シボレス (文化)

シボレス (英語: Shibboleth) は、ある社会集団の構成員と非構成員を見分けるための文化的指標を表す用語であり、シボレスの代表的な例として言葉の発音や習慣風習の差異などがある。またこの集団内の観念ではこの差異に正しい/正しくない、優れている/劣っている、といった価値判断が下される場合がある。

シロ

シロ・しろ

もつ(鳥獣肉の内臓)。白肉。

警察などで使われる隠語で、犯人でないという意味。

シロ (旧約聖書) - 旧約聖書に登場するイスラエルのエフライム族の相続地にある町。

シロ (企業) - かつて存在した企業。ジャスコに合併。

実在の人物

シロ (アストゥリアス王) - アストゥリアス王国の王。

天野シロ - 漫画家、イラストレーター。

しろ (イラストレーター) - イラストレーター、コンピューターゲーム原画家。

電脳少女シロ - 株式会社アップランドが運営する日本のバーチャルYouTuber。

架空のキャラクター

シロ (クレヨンしんちゃん) - 漫画・アニメ『クレヨンしんちゃん』に登場する犬。

小峰シロ - 財団法人白河観光物産協会の公認キャラクター。

漫画・アニメ『荒川アンダー ザ ブリッジ』の登場人物。

漫画・アニメ『暗殺教室』の登場人物。

漫画『エアリセ』の登場人物。

漫画・アニメ『鬼灯の冷徹』に登場する犬。

アニメ『K』の主人公、伊佐那社の愛称。

漫画・アニメ『デッドマン・ワンダーランド』の登場人物。

漫画『トライピース』の登場人物。

アニメ『リルリルフェアリル』の登場人物。

ゲーム『天外魔境II 卍MARU』に登場する犬。

犬塚シロ - 漫画・アニメ『GS美神 極楽大作戦!!』の登場人物。

シロ (旧約聖書)

シロは旧約聖書に登場するエフライム族の相続地にある町であり、エルサレムが建設される前はイスラエルの宗教的政治的な中心地だった。ベテルの北北東およそ15kmにある、セイルンの遺跡がシロである。

エルサレムからベテルを経て、シェケムへ北上する大路の東にある。シロが位置しているのは、エフライム山地の中の小平野であり海抜は低い。

イスラエルのカナン占領作戦中は、ギルガルに司令部を置いた。しかし、作戦が終了した後は、シロに本営を移し、会見の天幕(幕屋)を立てた。この時からシロはイスラエルの宗教と政治の中心になった。

会見の天幕は、シロに安置されて、移動しなくなり、神殿が建設された。後に、「神の宮」「主の宮」と呼ばれた。後に、祭司エリ、サムエルが活躍した。

その後、ペリシテ人の台頭により、シロは侵略されるようになる。サウル王のアフェクの決戦で、イスラエルは敗北して、契約の箱が奪われ、シロの町と神殿は破壊された。これは、エレミヤが預言の中で、エルサレムの神殿の破壊と引き合いに用いた。

ソロモン王に対して、南北分裂の預言をしたアヒヤはシロ出身の預言者であった。

ダン (聖書)

ダン(Dan)は旧約聖書に登場する町の名前である。ヨルダン川上流にある、現在のテル・エル・カディ(アラビア語:تل القاضي、意味:「さばきの丘」)のことで、イスラエル名をテル・ダン(アルファベット表記:Tel Dan、ヘブライ語表記:תל דן 、意味:ダンの山)と言う。この丘はかつては政治的、宗教的に重要な町であった。

カナン定着時代に、ダン族にはその相続地として、ユダ族とベニヤミン族の領土の西方が割り当てられたが、エモリ人やペリシテ人の圧迫を受けたので、ダン部族は移住を決意して、北上してライシュ(レシェム)を占領して、その地をダンと改名し、ダン部族の首都とした。

ダンは旧約聖書で規定されるイスラエル北端の町であり、南端のベエル・シェバと組み合わせた「ダンからベエル・シェバに至るまで」は「イスラエル全土」を表す慣用表現である。歴代誌では、「ベエル・シェバからダンまで」となっている。

旧ライシュは、イスラエル人が来る前は、フェニキヤ人(シドン人)が居住する場所である。ダン部族の人々は移住の際に、エフライム族ミカの家から略奪してきた彫像を建立して、モーセの孫ヨナタンを祭司にした。この祭司はアッシリア捕囚期まで続いた。

北イスラエル王国の初代王ヤロブアム1世は、ダンとベテルに聖所を建設して、子牛の像を据えた。これは、イスラエルの信仰の堕落を招き預言者から非難を受けた。

北イスラエル王バシャの時代には、南王国ユダと同盟を結んだダマスコの王ベン・ハダデを攻撃した、この地は北方からの侵略者により度々蹂躙された。

ベニヤミン族

ベニヤミン族は、ベニヤミンを祖とするとされる古代イスラエルの部族である。

ヘブライ語で「ヤーミーン」が「南」を意味するところから、この部族と南との関連性を指摘する学説がある。

ホセア

ホセアは、ヘブライ語の男性名で「救い」を意味する。ホシェアとも表記される。旧約聖書に以下の人物が登場する。

下記のヨシュアはこの名前から改名しており「ヤハウェの救い」の意味を持つ。

ホセア (預言者) - 北イスラエル王国出身で、ユダ王国で活動した預言者。『ホセア書』を著したとされる。

ホセア (イスラエル王) - 北イスラエル王国の最後の王。

ヨシュアの元の名前。

「歴代誌上」第27章に登場する、ダビデの時代のエフライム族の長。アザズヤの子。

「ネヘミヤ記」第10章に登場する民のかしら。

マナセ

マナセ(ヘブライ語: מְנַשֶּׁה‎、古希: Μανασσής)は、ユダヤ人男性の名。ヘブライ語で「忘れさせる者」の意。旧約聖書の登場人物としてのマナセは、以下の通りとなっている。

ヨセフの長子で、ヤコブの孫。本項で詳述する。

マナセ (ユダ王) - 南王国ユダの第14代の王。

パハト・モアブの子と、ハシュムの子。ともに捕囚中に異邦人の女と結婚し、帰還後にはエズラの勧めによって離婚した(エズラ記 10:30、33、44)。

ユディトの夫。同族・同じ家系の裕福な男性で、麦の刈り入れの際、日射病に倒れて寝込んだ末に死亡した。(ユディト記)

マナセは、ヨセフの長子で、ヤコブの孫。弟はエフライム。母親はエジプトのオンの祭司ポティ・フェラの娘アセテナ(創世記 41:45、50)。

ヤコブ (旧約聖書)

ヤコブ(羅: Jacob / ヘブライ語: יעקב(ヤアコーブ)/アラビア語: يعقوب(ヤアクーブ))は、旧約聖書の創世記に登場するヘブライ人の族長。別名をイスラエルといい、イスラエルの民すなわちユダヤ人はみなヤコブの子孫を称する。

ヨシュア記

『ヨシュア記』(ヨシュアき、ヘブライ語: ספר יהושע‎)は聖書の書物である。

そこには、ヨシュアの指導の下、イスラエル人がカナンに住む諸民族を武力で制圧し、約束の地を征服していく歴史が記されている。この書物は、キリスト教においては「歴史書」に、また、ユダヤ教においては預言書に分類される。

ヨセフ族

ヨセフ族(ヨセフぞく)はイスラエルの12部族のうちの一つであり、ヨセフ族はエフライム族とマナセ族の二つの半部族に分離して、両方とも北イスラエル王国に属した。

士師記

『士師記』(ししき)は聖書の書物である。ヨシュアの死後、サムエルの登場に至るまでのイスラエル人の歴史が含まれており、他民族の侵略を受けたイスラエルの民を、「士師」と呼ばれる歴代の英雄達が救済する内容である。この書物は、キリスト教においては旧約聖書に、また、ユダヤ教においては預言者に分類される。この書物の原作者は、伝統的にサムエルであると信じられている。

日ユ同祖論

日ユ同祖論(日猶同祖論、にちゆどうそろん)は、日本人(大和民族)の祖先が2700年前にアッシリア人に追放されたイスラエルの失われた十支族の一つとする説。

但し、ユダヤ人(古代イスラエル人のうちのユダ族、ベニヤミン族、レビ族)ではなく、ユダヤ人と共通の先祖ヤコブを持つ兄弟民族である。

スコットランド人が滞日中の明治時代に著した論を発端に、一部のユダヤ人によって提唱され日本でも一部の者が唱えている。英ユ同祖論など、ユダヤ人と他民族文化を関連づけて論じる多数あるユダヤ人同祖論のひとつ。

古代イスラエルの12部族とは、ルベン族、(シメオン族)、レビ族、ユダ族、(ダン族)、ナフタリ族、ガド族、アシェル族、イッサカル族、ゼブルン族、ヨセフ族(マナセ族、エフライム族)、ベニヤミン族を指す。

一般によく認識されているユダヤ民族の祖は、第4族ユダ族と第12族ベニヤミン族に第3族レビ族を加えた3部族であり、失われた10支族から省かれる。

古代イスラエルの失われた10支族とは、ユダヤ民族を除いた、ルベン族、シメオン族、ダン族、ナフタリ族、ガド族、アシェル族、イッサカル族、ゼブルン族、ヨセフ族(マナセ族、エフライム族)を指す。

第9族エフライム族、第5族ガド族、または第7族イッサカル族の数人が日本に、第11族ヨセフ族(マナセ族、エフライム族)はエチオピアに移住したという説がある。

日ユ同祖論は、主に以下がある。

世界に散らばったイスラエルの失われた10支族の1支族(第9族エフライム族、第5族ガド族、または第7族イッサカル族)の数人が日本に移住したという説。

英ユ同祖論における、世界に散らばったイスラエルの失われた10支族の1支族であるという説。

イスラエルの失われた10支族は、日本に渡来したという説。

イスラエルの12部族全部が、日本に来たという説。

古代日本人は、ユダヤ人の先祖であるという説(古代イスラエル12支族=ユダヤ民族(ユダ族、ベニヤミン族、レビ族の3族)との勘違いから派生した説)。

天皇家、物部氏ヨセフ族、出雲神族(クナド大神族)レビ族、出雲族(龍蛇族)ダン族とナフタリ族はイスラエル支族であると言う説。天皇家が分家の武内宿祢の蘇我本家から養子を迎えた所、天皇家へ養子に行った蘇我本家の王は富家レビ族からの養子だったので天皇家が祭司王も兼ねる様になり王権と祭司権の両方を担ったと言う。本項では、主に3について記述する。

ただし後述するように、現在の遺伝学の調査からは、現代日本人と現代ユダヤ民族の遺伝的組成は大きく異なっていることが示唆されており、この観点よりの日ユ同祖論は現時点ではかなり苦しい。当面の所、この議論は主に日ユ「文化」同祖論として捉えるべきかも知れない。

ただ、当時の古代イスラエル人は有色人種であり、白人ユダヤ人(ヘブライ語でドイツを意味するアシュケナジム)は8世紀頃、ハザール人のユダヤ教への改宗によって、ユダヤ人を名乗ったことに由来する点から、日ユ同祖論でいうユダヤ人とは、有色人種としてのユダヤ人(セファルディム)であり、遺伝調査の正確性は問われる。

聖書に登場する地名一覧

聖書に登場する地名一覧(せいしょにとうじょうするちめいいちらん)では、聖書に登場する地名を五十音順に挙げる。

イスラエルの12部族(イスラエルの十二支族)

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.