エドム人

エドム人は古代パレスチナに居住したセム民族。現在はエジプト人。エドムアカバ湾から死海にかけての地名であった。ヘロデ大王の父アンティパトロスという人物はイドマヤの有力者だった(『ユダヤ古代誌』第XV巻9章)ため、通常ヘロデもエドム系とされる。

Kingdoms around Israel 830 map

聖書に於けるエドム人

聖書ではエドム人はイスラエルの兄弟民族であり、ヤコブの兄エサウの子孫とされ、一度の食事で家督の権を逸した。(『創世記』25章29~34節)モアブの南に拠点を張り、後にダビデ王の代になってイスラエルに朝貢しその属国になったと記されている(『サムエル記(下)』8章14節・『歴代誌(上)』18章13節)が、その後ユダの王がヨラムの時に独立し(『列王記(下)』第8章20~22節)、この後『列王記(下)』では領土をユダに取ったり取られたりを何度か繰り返している(14章や16章など)。

エドム人たちが信仰していた偶像神は『歴代誌(下)』第25章14節に登場するが、モアブ人のケモシュやアンモン人のモロクと違い名前が書かれていない。『ユダヤ古代誌』第XV巻9章によるとエドム人たちが後述のユダヤに同化される前に信仰されてた神は「コーゼ」といい、学者によってはこのコーゼをヘレニズム期からローマ時代にアポロンと同一視された北方アラブで信仰があった「コザー」と同じものとしている[1]

預言書ではしばしばヤハウェの怒りの対象として挙げられている(『アモス書』など)他、エドムの地から仇討のため孤独に戦い赤く染まったものが来るという預言もある。(『イザヤ書』63章)

聖書ではこれ以後エドムがどうなっていたのか未説明だが、別の記録ではマカバイ戦争でユダの王になったハスモン朝のヨハネ・ヒルカノス1世の時代にエドムが征服された際、ヒルカノスの政策でイドマヤ人はユダヤ人に同化され、割礼や律法の順守と引き換えに住み続けることを認められたため大半がユダヤ教徒になり、それから200年ほど後のフラウィウス・ヨセフスの『ユダヤ古代誌』第XIII巻9章1節では「この時以来彼ら(イドマヤ人)はユダヤ人たることを変えていない」としている[2]

言語

カナン諸語に属し、古典ヘブライ語モアブ語と極めて近縁のエドム語を使っていた。

脚注

  1. ^ フラウィウス・ヨセフス 著、秦剛平 訳『ユダヤ古代誌5 新約時代編[XV][XVI][XVII]』株式会社筑摩書房、2000年、ISBN 4-480-08535-1、P84。
  2. ^ フラウィウス・ヨセフス 著、秦剛平 訳『ユダヤ古代誌4 新約時代編[XII][XIII][XIV]』株式会社筑摩書房、2000年、ISBN 4-480-08534-3、P194。

参考文献

  • 新聖書注解いのちのことば社
  • フラウィウス・ヨセフス 著、秦剛平 訳『ユダヤ古代誌4 新約時代編[XII][XIII][XIV]』株式会社筑摩書房、2000年、ISBN 4-480-08534-3
  • フラウィウス・ヨセフス 著、秦剛平 訳『ユダヤ古代誌5 新約時代編[XV][XVI][XVII]』株式会社筑摩書房、2000年、ISBN 4-480-08535-1
アマレク人

アマレク人は古代パレスチナの遊牧民族。後にユダヤ人に吸収されて消滅した。

アモン人

アモン人は古代パレスチナのセム系民族の一つである。アンモン人と訳される事もある。

イスラエルの失われた10支族

イスラエルの失われた10支族(イスラエルのうしなわれたじっしぞく、英: Ten Lost Tribes)とは、旧約聖書に記されたイスラエルの12部族のうち、行方が知られていない10部族(ルベン族、シメオン族、ダン族、ナフタリ族、ガド族、アシェル族、イッサカル族、ゼブルン族、マナセ族、エフライム族)を指す。

日本語では「失われた10部族」ともいうがどちらが正しいということはない。ただし「失われた10氏族」という表記は誤りである。

ウツ (聖書)

ウツ( ヘブライ語: עוּץ‎ 、古代ギリシア語: Αὐσῖτις 、英語: Land of Uz)は、旧約聖書に登場する地名。

ヨブの郷里(ヨブ記1:1)。ウツは元々アラム人の部族に与えられた名前である(創世記10:23、22:20、21)。『哀歌』では、エドム人がウツの地に住んでいると記されている(哀歌4:21)。『エレミヤ書』でもウツの地について述べられており、ペリシテ、エドム、モアブ、アンモンなどと共に挙げられている(エレミヤ書25:20、21)。また、ウツの地はシェバ人やカルデア人から攻撃を受けやすかった(ヨブ記1:15、17)。

エサウ

エサウは旧約聖書、ヘブライ語聖書『創世記』25章~36章に登場する伝説上の人物。父はイサク、母はリベカ。双子の弟ヤコブが自分に与えられるはずだった長子の祝福を授かることに関してこれを争ったが、やがて和解した。エサウの子孫は増えエドム人と呼ばれるようになる。

『創世記』によれば、イサクが60歳のときに生まれた双子がエサウとヤコブであった。先に出てきた子は色が赤くて全身が毛皮(セアル)の衣のようであったため、エサウと名づけられた。

エサウは狩人となり父イサクに愛された。しかし、空腹のあまり弟ヤコブの作っていたレンズマメの煮物を望み、軽い気持ちで自分の長子の権利を譲るという口約束をしてしまった。年をとり目が見えなくなっていたイサクは、長子エサウに祝福を与えようとした。それを知ったリベカは自分の愛したヤコブに知恵をつけ、エサウのふりをさせてイサクの祝福をヤコブに与えることに成功する。祝福を受けられなかったエサウは激怒し、ヤコブを殺そうと考える。リベカは危険を察知してリベカの兄ラバンの元へヤコブを逃亡させる。

エドムの野で暮らしていたエサウのもとに、財産を築いた弟のヤコブから再会を求める使者が訪れる。エサウは四百人の供をつれてこれを迎えたためヤコブは恐れ、ひたすら低姿勢でエサウの元に向かう。ヤコブの恐れは杞憂におわる。エサウはヤコブとの再会を喜び、二人は共に泣いた。やがて父イサクが180歳でなくなるとエサウとヤコブの二人で葬った。

エドム

エドムはパレスチナの南南東、死海の南からアカバ湾に至る地域で、一般に「エドムの地」と言われる。エドムの範囲は、北は死海、南は葦の海(紅海)に至る山地で、北はセレデ川の境界にモアブと接していた。エドム人は後にヘレニズム文化でギリシア語化し、イドマヤ人と呼ばれるようになった。

「エドムの地」とは、イサクの子エサウが住んだ地を意味する。「セイルの地」「セイル山」とも呼ばれているが、「セイル」は「毛皮のよう」つまりエサウの身体の状態を表す言葉から来ているという説がある。

出エジプトの後に、エドムの西の境界の町としてカデシュ (en) をあげている。ホル山もエドムにある。

ヨシュアの領土分割相続の時にユダ族の南の境界は、ツィンの荒野で、エドムとの国境であった。

エドムの地には、アカバ湾からシリヤ・メソポタミヤに通じる王の道があり、エジプトとアラビアを結び交通の要路があったので、農耕、通商、貿易による巨額の収益があった。

エルサレム神殿

エルサレム神殿(エルサレムしんでん)は、古代エルサレムに存在したユダヤ教の礼拝の中心地。唯一の神ヤハウェの聖所であり、アロンの家系の祭司とレビ人と呼ばれるレビ族出身の非祭司階級が祭祀に当たった。

オバデヤ

オバデヤはユダヤ人の男性の名前。「ヤハウェの僕」を意味する。オバドヤとも転写される。旧約聖書の一書『オバデヤ書』の筆者とされる者がもっとも著名である。

オバデヤ書

『オバデヤ書』(オバデヤしょ)は旧約聖書文書のひとつ。『オバデア書』とも。旧約聖書のなかでもっとも短く、1章21節のみからなる予言の書。筆者は伝統的にオバデヤ(オバデア)という名の人物とされる(オバデヤ1、以下「オバ」と略す)。この名は字義通りには「主(ヤハ)の僕(または崇拝者)」を意味する。キリスト教では十二小預言書のひとつと分類され、ユダヤ教では後の預言者に分類される。

シェケル

シェケル(shekel、sheqel)は、古代に使われていた通貨と重さの単位の一つ。シェケルが最初に使われ始めたのは、紀元前3000年頃のメソポタミアと知られている。

最初の音節'she'がアッカド語で大麦を示す事から、もともとは特定の量の大麦を指すものであったと考えられている。

最も初期のシェケルは、1シェケルを180グレーン(8.33グラム)とする重さの単位として使われた。

後に発行された硬貨も、硬貨そのものの重さを政府が保証するという紋章付きであった。もともとこの硬貨はアナトリアの商人らの手で開発され、彼らは使用ごとに硬貨の重さを量り直さなくても良いように、各々の紋章を硬貨に記していたが、後にこの行為は、公的権力の占有行為とされた。

1964年のデトロイト美術館の発表によると、ヘロドトスは最初のシェケル硬貨がクロイソスによって鋳造されたと述べたという。リディア国王のクロイソスは、ペルシア帝国のダリク金貨(20シグロイ・シェケルと等価)や古代アテネのオボルス、ドラクマなどの通貨を流通させた事で有名。硬貨のは複数形で、シェケルス、シェカリムなどと呼ばれる。

アメリカ合衆国の一部地域では、金銭を示す俗語としてこの言葉が使われることがある。

シェケルは、古代ヘブライ人の重量単位として最も良く話題に上がる。他の多くの通貨と同様に、シェケルは時代や地域によってその実質的な重さが異なる。現在では、1シェケルは9から17グラム(額面は11、14、17グラムであった)と考えるのが一般的である。特に、ヘブライ人の間での主要銀貨としてのシェケルなど、金・銀貨は重さと額面が等しい事がある。

シェケルは、西部のセム族の通貨としても用いられた。モアブ人、エドム人、フェニキア人は、重さとしてのシェケルと通貨としてのシェケルを両方とも利用した。

ティルスのシェケル銀貨は、新約聖書に出てくるイスカリオテのユダがイエス・キリストを大祭司らに引き渡す際の裏切りの報酬"30枚の銀貨"としても悪名高い。

1980年以降、シェケルはイスラエルの通貨として採用されている。ただし1985年以降は新シェケルになった。

シェケルは、イギリス人の作家チャイナ・ミーヴィルのBas-LagシリーズNew Crobuzonの通貨の単位として使われているほか、同シリーズThe Scarの主人公のニックネームとしても使われている。

セム族 (民族集団)

セム族(英: Semites)は、セム系の言語を使用する人々の総称である。中東、西アジアや北アフリカ、アラビア半島に分布する古代・現代のさまざまなセム語の話手を指し、アッカド人、古代アッシリア人、バビロニア人、エブラ人、ウガリット人、カナン人、フェニキア人(カルタゴ人を含む)、ヘブライ人(イスラエル人、ユダヤ人、サマリア人)、アラム人、カルデア人、アムル人、モアブ人、エドム人、ヒクソス、ナバタイ人、サバ人、マルタ人、マンダ教徒、サービア教徒、シリア人、アマレク人、アラブ人、アッシリア人、パルミラ人、ケダル人などを含む。

ダビデ

ダビデ(ヘブライ語: דוד‎ Dāwīḏ (ダーウィーズ), ギリシア語: Δαβίδ, ラテン語: David, アラビア語: داود‎ Dāʾūd)は、古代イスラエルの王(在位:前1000年 - 前961年頃)。ダヴィデ、ダヴィドとも。

羊飼いから身をおこして初代イスラエル王サウルに仕え、サウルがペリシテ人と戦って戦死したのちにユダで王位に就くと、ペリシテ人を撃破し要害の地エルサレムに都を置いて全イスラエルの王となり、40年間、王として君臨した。旧約聖書の『サムエル記』および『列王記』に登場し、伝統的に『詩篇』の作者の一人とされている。イスラム教においても預言者の一人に位置づけられている。英語の男性名デイヴィッド(David)などは彼の名に由来する。ダビデ王は自ら犯した姦淫の罪を生涯改めず、いずれの教派に於いても聖人とされることはあり得ない。カトリック教会・聖公会・正教会の聖人である聖デイヴィッドは六世紀ウェールズの守護聖人であり別人。

テラ (聖書)

テラ(ヘブライ語 תרח)は、『旧約聖書』においてアブラハムの父とされ、また、中東地域の多くの国民の祖先であるとされる人物である。

「創世記」によれば、カルデアのウルに居住していた時に、神がアブラハムにカナンの地へと移動するように命令し、テラとその家族たちもアブラハムに従って旅をした。しかし、アブラハムたちとは途中のハランの地で別れ、205歳のときハランで死亡したと伝えられる。

ナバテア王国

ナバテア王国は、紀元前2世紀前半頃にペトラ(現在のヨルダン西部)を中心に栄えたナバテア人の王国。元来ペトラ周辺を拠点に活動していた遊牧民であったナバテア人はキャラバン貿易によって莫大な富を形成し、ペトラに先住していたエドム人を排除して定住生活を営むようになった。紀元前168年に建国され、キャラバン貿易の商隊路に沿う形で領土を広げていった。紀元前63年にハスモン朝イスラエルの内戦に介入するが、共和政ローマ介入によって最終的にローマ軍にペトラ目前まで攻め込まれ、ローマの属国となった。その後、アラビア半島西を通る交易ルートは紅海を通る海上ルートが主流になっていったためペトラの商業都市としての重要性が低下し、その衰退の勢いを止めることができないまま、106年にローマのアラビア・ペトラエア属州に組み込まれて消滅した。

交易の要衝に位置していたこともあり、ナバテア王国は周辺国家との交流が盛んであったと考えられており、当時のペトラは多数の外国人が居住する国際都市であったと考えられている。王国の収入は交易による関税収入が主であり、国民の多くは隊商活動に従事していたと考えられており、そのため王政ではあったものの商業貴族の権力が強かったとされる。国境を接するハスモン朝やローマ帝国、アッシリア、古代エジプトなどの周辺諸国からの文化的、宗教的影響を受けた。権力の誇示のために作られた岩窟墓であるエル・カズネを含むナバテア王国の遺跡群は世界遺産に指定されている。

ヘロデ

ヘロデ(Hērōdēs、ヘーローデース、ヘロド、エロド)はギリシャ語圏の人名「ヘーローデース(Ηρωδης)」に由来する名前。

「Ηρωδης」自体はギリシャ語の「英雄」を意味する「ヘーロース(ηρως)」から派生した言葉。

ヘロデ家ヘロデ大王 - 古代パレスティナの王。

ヘロデ・アンティパス - 古代パレスティナの領主、ヘロデ大王の息子。

ヘロデ・アルケラオス- 古代パレスティナの領主、ヘロデ大王の息子でアンティパスの兄。

ヘロデ・フィリッポス- 古代パレスティナの領主、ヘロデ大王の息子でアンティパスの異母兄弟。

ヘロデヤ - ヘロデ・アンティパスの妻の一人、ヘロデ大王の孫でアグリッパ1世の姉妹。

アグリッパ1世(ヘロデ・アグリッパ1世) - 古代ユダヤの統治者、ヘロデ大王の孫。

アグリッパ2世(ヘロデ・アグリッパ2世) - 古代ユダヤの領主、アグリッパ1世の息子。

ヘロデ朝 紀元前37年-93年頃に存在したエドム人系パレスティナ・ユダヤ地区の国家

ギリシア人

ヘロデス・アッティクス - ギリシア人学者。ソフィスト

アイリオス・ヘロディアノス - ギリシアの文法家。

競走馬

ヘロド (競走馬) - イギリスの競走馬。三大始祖

ロアエロド - フランスの競走馬。

ヘロデ朝

ヘロデ朝

בית הורדוס

ヘロデ大王時代のヘロデ朝の支配地

ヘロデ朝(ヘブライ語: בית הורדוס‎、英語: Herodian Dynasty、紀元前37年 - 92年頃)は、エドム人系のパレスティナ・ユダヤ地区に成立された国家である。ハスモン朝の断絶後に古代ローマ(共和政ローマおよびローマ帝国)よりユダエア属州の統治を委任された。ここでイエス・キリストが生まれた。

ペトラ

ペトラ(アラビア語: البتراء‎)は、ヨルダンにある遺跡。死海とアカバ湾の間にある渓谷にある。死海から約80km南に位置する。またペトラとは、ギリシャ語で崖を意味する。1985年12月6日、ユネスコの世界遺産(文化遺産)へ登録。2007年7月、新・世界七不思議に選出。

ユダヤ属州

ユダヤ属州(ラテン語: Iudaea、ヘブライ語: יהודה‎、現代ヘブライ語:Yehuda、ギリシア語: Ιουδαία)は、現代のパレスチナとイスラエルにあたる地区に設置されていたローマ帝国の属州である。名称は紀元前6世紀に存在したユダ王国にちなむ。なお、ラテン語の原音表記による「ユダエア属州」とも称される。

ユダ王国の後、この地域は、新バビロニア・アケメネス朝・セレウコス朝およびプトレマイオス朝・ハスモン朝の支配を受けてきた。第三次ミトリダテス戦争におけるローマの勝利(紀元前63年)以降、ローマはこの地域に干渉を始め、紀元前1世紀にハスモン朝がローマの保護国(クリエンテス)となり、やがてローマ帝国の属州となった。

ユダヤ属州では、3回の大きな内乱が発生した。第1次ユダヤ戦争(66年 - 70年)、キトス戦争(115年 - 117年)、バル・コクバの乱(132年 - 135年)である。バル・コクバの乱の後に、属州名がシリア・パレスティナ(en:Syria Palestina)に改名された。

ヨルダン

ヨルダン・ハシミテ王国

المملكة الأردنيّة الهاشميّة

国の標語: الله، الوطن، الملك (アラビア語:神、祖国、国王)

国歌:As-salam al-malaki al-urdoni

ヨルダン・ハシミテ王国(ヨルダン・ハシミテおうこく、アラビア語: المملكة الأردنيّة الهاشميّة‎:英語名 Hashemite Kingdom of Jordan)、通称ヨルダンは、中東・西アジアに位置する立憲君主制国家である。首都はアンマン。イスラエル、パレスチナ暫定自治区、サウジアラビア、イラク、シリアと隣接する。イスラエル・パレスチナ暫定自治区とはヨルダン川と死海が国境である。

立憲君主制をとる王国である。イスラームの預言者ムハンマドの従弟アリーとムハンマドの娘ファーティマの夫妻に遡るハーシム家出身の国王が世襲統治する。

国民の半数余りは中東戦争によってイスラエルに占有されたパレスチナから難民として流入した人々(パレスチナ難民)とその子孫である。

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.