イブラーヒーム・パシャ

イブラーヒーム・パシャ(Ibrahim Pasza, 1789年 - 1848年11月10日)は、エジプトムハンマド・アリー朝の第2代君主(在位:1848年)。オスマン帝国のエジプト総督(ワーリー, 在任:1848年)。非常に優秀な政治家、軍人でエジプトの近代化に多大な貢献をした。

IbrahimBaja
イブラーヒーム・パシャ

年譜

外部リンク

1848年

1848年(1848 ねん)は、西暦(グレゴリオ暦)による、土曜日から始まる閏年。

アッコ

アッコ(ヘブライ語: עַכּוֹ‎、アラビア語: عكّا‎、英語: Acre)は、イスラエル北部の西ガリラヤ地方に位置する北部地区にある市。「アッコ」はヘブライ語での読み方であり、アラビア語ではアッカー(アッカ)と呼ばれる。また、アッコン、アクレ、アークル、サン・ジャン・ダクル(Saint-Jean-d’Acre)などとも呼ばれる。新約聖書ではヘレニズム時代の呼称であるトレマイもしくはプトレマイスとして言及される。

アッバース・パシャ

アッバース・パシャまたはアッバース・ヒルミー1世(Abbas Hilmi I, 1813年7月1日-1854年7月16日)は、エジプト、ムハンマド・アリー朝の第3代君主(在位:1848年 - 1854年)。オスマン帝国のエジプト総督(ワーリー, 在任:1848年 - 1854年)。

イスマーイール・パシャ

イスマーイール・パシャ(Isma'il Pasha, 1830年12月31日 - 1895年3月2日)は、エジプト、ムハンマド・アリー朝の第5代君主(在位:1863年 - 1867年)。オスマン帝国のエジプト総督(ワーリー、在任:1863年 - 1867年)であり、1867年から副王(ヘディーヴ、在位:1867年 - 1879年)であった。イブラーヒーム・パシャの次男で、ムハンマド・アリーの孫にあたる。

イブラヒム

イブラヒム、イブラーヒーム、イブラヒーム、イブラーヒムは、イスラーム圏の男性名。

人名

イブラーヒーム (イスラム教) - 旧約聖書の登場人物アブラハムのアラビア語名(アラビア語: إبراهيم‎ イブラーヒーム)。

イブラーヒーム (ウマイヤ朝) - ウマイヤ朝のカリフ。

イブラヒム (オスマン帝国) - オスマン帝国の君主。

イブラーヒーム (ガズナ朝) - ガズナ朝を中興したスルターン。

イブラーヒーム (アフシャール朝) - アフシャール朝のシャー(君主)。

イブラーヒーム・ローディー - ローディー朝の君主。

イブラーヒーム (ムガル皇帝) - ムガル帝国の対立君主。

イブラヒム・ベイ - エジプトのマムルーク。

イブラーヒーム・パシャ - ムハンマド・アリー朝のエジプト総督。

イッザト・イブラーヒーム - サッダーム・フセイン政権時代のイラクの政治家

イブラヒーム・マージド - カタールのサッカー選手。

アブデュルレシト・イブラヒム - ロシア・ムスリムの知識人

イブラヒム・ハマト - エジプトの両腕のない卓球選手。(w:Ibrahim Hamato)

イブラーヒム・ウェイス - モルディブの外交官、大使。その他

イブラーヒーム (クルアーン) - クルアーンにおける第14番目のスーラ。

カラマタ

カラマタ(ギリシア語: Καλαμάτα / Kalamáta)は、ギリシャ共和国ペロポネソス地方にある都市で、その周辺地域を含む基礎自治体(ディモス)。メッシニア県の県都である。メッシニアコス湾の湾奥に位置する重要な港湾都市で、ペロポネソス地方で2番目に大きい町である。

カヴァラ (ギリシャ)

カヴァラ(ギリシア語: Καβάλα / Kavala)は、ギリシャ共和国東マケドニア・トラキア地方の都市。カヴァラ県の県都である。東マケドニア地方を代表する港湾都市であり、約6万の人口を擁する。北部ギリシャではテッサロニキ都市圏に次ぐ第二の都市である。

コルドファン

コルドファン(クルドファン、Kurdufan、Kordofan)はスーダン中央の地域。コルドファンの南端は南スーダンとの境目となっており、境界線に位置するアビエイが石油を産出することから、その帰属をめぐって激しい南北対立が繰り広げられている。

スレイマニヤ

スレイマニヤ(アラビア語: السليمانية‎ / Sulaymaniyah)、クルド名・シレーマニー(クルド語: سلێمانی / Silêmanî)は、イラクのスレイマニヤ県の都市である。イラク北東部のクルディスタン地域にあり、スレイマニヤ県の県都である。

ナザレ

ナザレまたはナザレト、アン=ナースィラ(現代ヘブライ語:

נצרת, Náẓərat ナツラット、ティベリア式ヘブライ語:Nāṣəraṯ ナーツェラス、アラビア語:الناصرة an-Nāṣirah, 英語:Nazareth ナザレス)は、イスラエルの都市。北部地区の中心地である。

住民の多くがアラブ人キリスト教徒だが、イスラム教徒・ユダヤ教徒も多く住む。現在の市長はキリスト教マロン派。

キリスト教徒にとっては、イエス・キリストが幼少期から公生涯に入るまでを過ごした土地であり、彼自身が「ナザレ人」と呼ばれたと新約聖書にあることから、きわめて重要な場所とされる。

ニジプの戦い

ニジプの戦い(ニジプのたたかい、英語: Battle of Nezib)は1839年6月24日、イブラーヒーム・パシャ率いるエジプト軍とハーフィツ・オスマン・パシャ率いるオスマン帝国軍の間の戦闘。また、プロイセン王国出身のヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケ(大モルトケ)が軍事教官としてオスマン軍に従軍、砲兵隊を率いた

マスヤーフ

マスヤーフ(アラビア語:مصياف Maṣyāf)はシリア、ハマー県の都市。中世の城砦があることで知られる。人口およそ3万人。マシャフとも。

ムハンマド・アリー

ムハンマド・アリー・パシャ(アラビア語: محمد علي باشا‎, ラテン文字転写: Muḥammad ʿAlī Bāšā, 1769年? - 1849年8月2日)は、オスマン帝国の属州エジプトの支配者で、ムハンマド・アリー朝の初代君主(在位:1805年 - 1849年)。メフメト・アリー(トルコ語: Mehmet Ali)ともいう。

エジプト・シリア戦役においてオスマン帝国がエジプトへ派遣した300人の部隊の副隊長から頭角を現し、熾烈な権力闘争を制してエジプト総督に就任。国内の支配基盤を固めつつ、近代性と強権性を併せもった富国強兵策を推し進め、アラビア半島やスーダンに勢力を伸ばし、遂にはオスマン帝国からシリアを奪うに至る。

最終的に、勢力伸長を危険視したイギリスの介入によりその富国強兵策は頓挫したが、エジプトのオスマン帝国からの事実上の独立を達成し、その後のエジプト発展の基礎を築いた。近代エジプトの父、エル・キビール(大王)と呼ばれ、死後もエジプトの強さと先進性の象徴であり続けている。

ムハンマド・アリー朝

ムハンマド・アリー朝(ムハンマド・アリーちょう、Muhammad Ali dynasty)は、19世紀初頭からおよそ150年間にわたってエジプトを支配した王朝(1805年(1840年) - 1953年)。駐エジプト・アルバニア人非正規軍の隊長ムハンマド・アリーがオスマン帝国主権下で総督(ワーリー)の地位を獲得したのに始まり、イギリスによる占領、オスマン帝国の形式的な主権からの離脱を経て、エジプト革命によって王制が打倒されるまで続いた。

モカ

モカ(英字転写:Mokha、Mocha、アラビア語: المخا‎、Al Mukha、アル=ムハー)は、イエメン共和国の都市である。

アラビア半島南西端にあり、紅海に面している。

アデンとホデイダが建設されるまでは、イエメンの主要港だった。

第二次サウード王国

第二次サウード王国

الدولة السعودية الثانية

第二次サウード王国の版図

第二次サウード王国は、1824年から1891年まで存在したイスラム国家である。

紙巻きたばこ

紙巻きたばこ(かみまきたばこ、シガレット:英: cigarette)とは、刻んだタバコ葉を紙で巻いてある、使い捨てのたばこ製品のことである。たいていフィルターがついており、また様々なフレイバーを添加しているものもある。パイプなどと違い、他の喫煙器具を要せず、着火装置さえあればたばこ単体でそのまま喫煙できるよう加工されているため、広く普及している。日本では単にたばこと言えば、この紙巻きたばこを指す事がほとんどである。

たばこ製品全般や喫煙具については、たばこを、全般については、喫煙を参照。

19世紀半ばのクリミア戦争(1853年から1856年)にて、パイプの代わりに紙で巻いたのが始まりとされるのが通説であるが、これには諸説ある。いずれにせよ、この戦争後に広く普及していったとされる。19世紀後半には手工業的に生産された。20世紀前半から半ばにかけて、この紙巻きたばこが、たばこの中でも主流となった。

たばこ製品の中でも紙巻きたばこが最も有害だと推定される。薬物の中でも最も多くの死亡者数に結びついているが、40歳以前の禁煙では死亡率に変化は見られなかったという研究も存在する。喫煙と自殺の関連が示されている。たばこの喫煙、また受動的喫煙環境はIARC発がん性でグループ1(発がん性あり)にも分類される。

近代エジプトの国家元首の一覧

近代エジプトの国家元首の一覧(きんだいエジプトのこっかげんしゅのいちらん)は、オスマン帝国宗主権下からイギリスの保護国を経て、独立に至るまでのエジプトの歴代元首の一覧である。

近代レバノンの歴史

近代レバノンの歴史では、現在、レバノンと呼ばれている地域のオスマン帝国の統治下に入った時代から、1918年にフランスの委任統治下に入った時代までの約400年間について描出する。

エジプト及び歴史的シリアを中心に繁栄したマムルーク朝は、オスマン帝国との抗争に敗れ、王朝は、1517年に滅亡した。近代のレバノンの歴史は直接的に、オスマン帝国の盛衰と大きく関わってくる。

地理的な要因、宗派間の対立もあり、レバノンは、ヨーロッパ列強の介入を大きく受けることになる。

ムハンマド・アリー朝の紋章ムハンマド・アリー朝の君主

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.